散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

またまた横浜を歩く(7)

ベーリック・ホール(2)
以下は、前回往訪時も取り上げたので、長々と続ける訳にはいかない。ごく簡単に取り上げることにする。
ホールではボランティアの演奏家がピアノ演奏中
どんなときでもチャンスは転がっているのかもしれない。頑張れ!!
ホールではボランティアの演奏家がピアノ演奏中
暖炉の上部には、ロゼット文様が
皇室の御紋と見紛う模様だが、勿論、こちらの文様のほうが遥かに長い歴史を持つようだ。
暖炉の上部には、ロゼット文様が
パーム・ルーム
北側にしつらえているのでサンルームではない。表示にもパーム・ルームと記載があった。何故にパーム・ルームなのか、お考えいただきたい。室内には壁泉もしつらえている。
パーム・ルーム
メインの階段
いつも装飾の見事さに驚かされる。それなのに、説明するのを失念していた。手すりの装飾は見事。
メインの階段_1
こちらの側面も負けていない
メインの階段_2
子供部屋
実際には、子息はこの建物が竣工したときには成人だったようだ。でも、子息の居住空間であったことは間違いがなさそうだ。
スチームのラヂエーターが設置してある。僕の日吉の高校の教室にもあったっけ。故郷いわきの中学校の教室には一切暖房がなく、その違いに驚いたものだった。

子供部屋_1
敢えて子供の部屋のような佇まいに飾ってあるとの断り書きが
子供部屋_2
2階の廊下
此処に雑魚寝ができそうなほどだ
2階の廊下
2階応接間兼客間
だったと思う。そうだとして、客人はどういうふうに就寝したのだろうか?往時は、部屋の端に折りたたみ式のベッドが用意されていたのだろうか?どうも些細な事が気になって仕方がない。
2階応接間兼客間
ベーリック氏の執務室
当時はタイプライターの時代だったんだ。オリベッティの製品かと思ったら、違っていた。L.C.Smith & Coronaと記載されてある。かつてはUSAの有名なタイプライターのメーカーだったようだ。
ベーリック氏の執務室_1
ベーリック氏の執務室_2
夫人の居室
かなり広い居住スペースを占有。主婦の力はどこでも偉大だったようだ。
夫人の居室_1
夫人の居室_2
浴室他
この一画もかなり広く、贅沢な仕様。スチームラヂエーターが用意されていたんだ。脳卒中を引き起こさない用心かな。
浴室他
エリスマン邸
こちらは、ベーリック・ホールと人気を二分するエリスマン邸。こちらでも端午の節供の飾り付けが行われていた。その部分のみを取り上げる。
端午の節供の飾り付け
飾り付けは良いはずなのに、私の腕前がひどすぎて、何を撮ろうとしていたのか分からない感じ。時々こういうイベントが行われるので、ご自分の眼で確認されるのもよかろうと思う。
食堂の飾り付け
ベーリック・ホールよりも簡素な飾り付けだと思うが、それでも肩が凝らない飾り付けだ。私には、こちらのほうが好みかな。
食堂の飾り付け_1
食堂の飾り付け_2
食堂の飾り付け_3
食堂の飾り付け_4
食堂の飾り付け_5
サンルームの飾り付け
NHKだったら絶対に許されない絵柄かも。さり気なさが素晴らしい。
サンルームの飾り付け
応接間の飾り付け
自宅でできるとしたら、こんなものかなあ
応接間の飾り付け_1
応接間の飾り付け_2
応接間の飾り付け_3
応接間の飾り付け_4
応接間の飾り付け_5

以上で、『またまた横浜を歩く』のシリーズは終了です。客人に喜んでいただいたかは心もとない限り。最後までご覧いただきありがとうございました。

Comments

 
ベーリック・ホールでピアノの生演奏を聞いたんですか。
いいなあ・・・至福の時間だったでしょうね。
僕は何回も行っているけどまだ聞いたことないです。
ラッキーなひと時でしたね。
おはようございます。 
パーム・ルームは、庭の眺めが良さそうですが・・・休憩するには良さそうですね^^

次の4箇所の’AzTakさんのコメントにはつい笑ってしまいました~^^・・・失礼しました!!
「どんなときでもチャンスは転がっているのかもしれない。頑張れ!!」
「雑魚寝ができそうなほどだ」
「かなり広い居住スペースを占有。主婦の力はどこでも偉大だったようだ。」
「脳卒中を引き起こさない用心かな。」
 
AZTAKさま こんにちは

貿易商バートラム・ロバート・ベリックの邸宅として、1930年に建設されたようですが、100ねん近く前にこれだけの豪邸を建設するとはさすが貿易商ですね。
当時こんな豪邸に住んでいた人とはどんな人なのでしょうかね・・・・・・
日本にも当時の豪商や豪農は豪邸を立てて住んでいたようですが、生活レベルは随分違っていたのでしょうね・・・・・・・
AzTakさん 
こんばんは
チャンスは思いがけなくやってきます。
撮りに行ってると、年に一回位はやってきます。
しかし、悲しいかな、チャンスをモノにするだけの実力が伴わない!!

 
こんばんは。
ベーリック・ホールとエリスマン邸、お互いそれぞれの演出を意識しているのかどうかは分かりませんが、どちらも華美過ぎず、それでいて品良くまとめ上げ素晴らしいですね。
全部真似するわけにはいきませんが、テーブルに少しでも季節の演出があると食卓が楽しくなりますよね。

ryu
こんばんは 
西洋館に日本人形や和菓子のギャップが新鮮です!?プロのコーディネーターさんも毎年、毎回悩むのではないかと思います。
演奏家の方はいったいどんな曲を弾いているのでしょうか。雰囲気が盛り上がりますよね。私は楽器を弾くのはまったくの苦手なので、どんな楽器であれ演奏家にはいつも敬意の念を抱きます。
 
今晩は
こんな素敵な洋館でピアノ演奏~って
至福のひと時ですね~^^
こんばんは 
こんなに素敵な場所でピアノの生演奏を
聞けるなんて良いですね~~~
お洒落な時間を過ごせたでしょうね^^
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> ベーリック・ホールでピアノの生演奏を聞いたんですか。
> いいなあ・・・至福の時間だったでしょうね。
> 僕は何回も行っているけどまだ聞いたことないです。
> ラッキーなひと時でしたね。

ピアノが置いてありますから、いつかは演奏を聞く機会があるかなと思っていました。わたしも、今回が初めてでした。
ですが、最期の曲の最終盤でした。もっと聞きたかったのに。
Re: おはようございます。 
ノースさん、こんばんは。

> パーム・ルームは、庭の眺めが良さそうですが・・・休憩するには良さそうですね^^

全館冷暖房完備のお屋敷なので、北側の部屋でも寒くはなく、開口部が多いので、明るく、読書したり、おしゃべりしたり、色々楽しむことができたのでしょうね。

> 次の4箇所の’AzTakさんのコメントにはつい笑ってしまいました~^^・・・失礼しました!!
> 「どんなときでもチャンスは転がっているのかもしれない。頑張れ!!」
> 「雑魚寝ができそうなほどだ」
> 「かなり広い居住スペースを占有。主婦の力はどこでも偉大だったようだ。」
> 「脳卒中を引き起こさない用心かな。」

いつもこんなことを考えているんですよ。馬鹿な爺さんでしょうかね。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 貿易商バートラム・ロバート・ベリックの邸宅として、1930年に建設されたようですが、100ねん近く前にこれだけの豪邸を建設するとはさすが貿易商ですね。
> 当時こんな豪邸に住んでいた人とはどんな人なのでしょうかね・・・・・・

その昔、テニスが英国で始まり、その1-2年後には、この山手の地でテニスが行われたそうです。本国に負けないハイカラな人たちが大勢いたんでしょうね。その成功組の一人だったのでしょう。
せっかく建てた念願の家だったのに、戦争激化で国外退去を余儀なくされました。無念でならなかったことでしょうね。

> 日本にも当時の豪商や豪農は豪邸を建てて住んでいたようですが、生活レベルは随分違っていたのでしょうね・・・・・・・

どうでしょう。それぞれに良さがあったのでしょうね。文明の利器の利用に関しては彼らの方に分があったと思いますが。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> チャンスは思いがけなくやってきます。
> 撮りに行ってると、年に一回位はやってきます。
> しかし、悲しいかな、チャンスをモノにするだけの実力が伴わない!!

ははは、右に同じ。そういうときに限って、例外なく失敗するものですね。
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

tgryuさん、こんばんは。

> ベーリック・ホールとエリスマン邸、お互いそれぞれの演出を意識しているのかどうかは分かりませんが、どちらも華美過ぎず、それでいて品良くまとめ上げ素晴らしいですね。

お互いに気にしながらやっているのでしょうね。毎年、毎回競争でしょうから。
何だか、週刊新潮と週刊文春の争いを思い出してしまいますね。ここのところ、次々とスクープをものにした文春もとんだことをやらかしてしまったようですね。

> 全部真似するわけにはいきませんが、テーブルに少しでも季節の演出があると食卓が楽しくなりますよね。
>
> ryu

そうですね。大きな刺激を受けますよね。真似できるとは思えませんが。
Re: こんばんは 
MTさん、こんばんは。

> 西洋館に日本人形や和菓子のギャップが新鮮です!?プロのコーディネーターさんも毎年、毎回悩むのではないかと思います。

そうですね。無理偏にげんこつと形容される相撲の世界みたいですよね。『みんな悩んで大きくなった』でしょうかね。

> 演奏家の方はいったいどんな曲を弾いているのでしょうか。雰囲気が盛り上がりますよね。私は楽器を弾くのはまったくの苦手なので、どんな楽器であれ演奏家にはいつも敬意の念を抱きます。

一度、知り合いの芸大の名誉教授が興が乗ったのかピアノを弾き出しました。慌てて私が譜面めくりを努めました。最初の内は、簡単な譜面だったので、遅滞なくめくることができたのですが、込み入ってきたらアウト。ゼスチャーでめくるしかありませんでした。情けない話でした。
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> こんな素敵な洋館でピアノ演奏~って
> 至福のひと時ですね~^^

演奏家も聴衆もともに良かったかもしれませんね。私たちは最期の30秒ほどで終了で、…。何だかなあという感じでした。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> こんなに素敵な場所でピアノの生演奏を
> 聞けるなんて良いですね~~~
> お洒落な時間を過ごせたでしょうね^^

思い出しました。近所に有名なバレエ団の稽古場があったんです。そこで、レッスンの生ピアノが聞こえてくるんです。実に単調なリズムとメロディなんですが、それでも生はいいものでした。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR