散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

自然教育園にて_04/19撮影(2)

ここは国立科学博物館の付属自然教育園だ。自然のあるがままの状態を出来る限り見せるというコンセプトの施設。それ故、美しい草花がふんだんに植えたあったり、見やすくするためのその周囲の野草を排除したり、などということはない。人によっては、故郷で見飽きたものばかりかもしれない。そういう場所なのだ。

カントウタンポポ
たんぽぽも優勢になったセイヨウタンポポの他に、エゾタンポポ、シナノタンポポ、カンサイタンポポ、トウカイタンポポ、ヤツガタケタンポポ、…というふうに多種存在するようだ。この関東蒲公英もかなり劣勢に立たされているようだ。
カントウタンポポ_1
カントウタンポポ_2
イカリソウ
形状が面白い花さん。同時に清楚な感じもする。お好きな方も少なくなさそうだ。
イカリソウ_1
イカリソウ_2
イカリソウ_3
イカリソウ_4
イカリソウ_5
イカリソウ_6
エビネ
ずっと見たいものだと思っていたのに、なかなか巡り会えず、今回初めて実物を見ることができた。ちょっぴり感激。
地下に連なっている茎と、そこから生えている根の様子が、まるでエビの頭を指でつまんで持ち上げたように見えるところから命名されたとか。1600年代の書物にすでに海老根の名が出ているほど、昔からよく知られた花だそうだ。
学名は、エビネがCalanthe discolorで、discolorは二色のという意味合いがあるそうだ。一方、キエビネは、Calanthe sieboldiiで、あのシーボルトの名前が冠せられているそうだ。

エビネ_2
エビネ_3
エビネ_4
エビネ_5
エビネ_6
エビネ_7
エビネ_8
シャガ
あとで、きちんと撮ろうと思っていたのに、撮り直しを忘れた。冴えない画像だなあ。以前にも書いたが、三倍体のため種子ができない。このことから日本に存在する全てのシャガは同一の遺伝子を持ち、またその分布の広がりは人為的に行われたと考えることができるのだそうだ。平たく言えば、誰かが植えない限りはそこには咲かない。そういうものだ。
シャガ
ショウブ
あやめではない方。ヒメガマにしては小さい感じだなと思ってよく見たら、ショウブだった。菖蒲湯に入れるものといえばお分かりいただけるだろうか。
ショウブ

Comments

おはようございます 
今日は三倍体植物の勉強のきっかけを与えていただきありがとうございます。なるほどと思いました。最初に話題にセイヨウタンポポですが、日本のタンポポが二倍体なのに対してセイヨウタンポポは三倍体植物なのですね。生き残りをかけた植物物たちの種の保存の為の戦略も様々あって自然の奥の深さを感じます。
花の名前 
お花は疎くて今回のシリーズは勉強になります。
エビネが1600年代の書物にも登場とは 当時の人たちの
ネーミングのセンスが良かったのでしょうね。
イカリソウとっても華奢な素敵なお花ですね。
おはようございます♪ 
野では、すっかりセイヨウタンポポに支配されてしまい、日本固有のタンポポがほとんど見られなくなり残念ですね~。
今では貴重な「カントウタンポポ」を見せていただ良かったです!^^
僕もイカリソウは好きです^^
和ラン 
「エビネ」。和ランですね。シンビ、デンドロは育ててますけど、「和ラン」は育成が難しい気がして、チャレンジしたことがありません。そのうち、何年か経って人生にもっと落ち着きがてましたら、育ててみたいと思っている「お花」です。
 
春の草花いいですね。
私の旧の散歩道では誇らかに咲いていたシャガですが、
新しい散歩道ではまだ見かけたことがありません。
ああ、シャガの季節になったのだなあと、しみじみと拝見させていただきました。
 
こんばんは。
海老根は50年くらい前までは当地でも里山に自生していましたが
今は1株たりとて見付かりません。
当時エビネがブームがありみんな盗掘されてしまった結果です。
その一部が今でも我が家の庭で生きながらえています(^_^;)。
当時は山菜を採るのと同じで盗掘ってほどの感覚はなかったようです。

ryu
自然教育園 
AzTakさん、こんばんは!
自然教育園の自然のあるがままの状態を見せるというコンセプトは
これはこれでとても自然を生かす植栽でよいですよね。
あまりにも手入れされ過ぎたのは、ちょっとどうもですー
植えられている種類をみるととても納得です。

関東タンポポは劣勢ですか。
エビネは見たことがありませんが、命名理由を読むとこの珍しい
お花さんも見てみたいです。
シャガは初めて見たときは珍しいと思ったら案外とお寺さんや、公園で
見かけることが多くなり今はシーズンの見頃ですか?
自然教育園は自然豊かです。
AzTakさん 
こんばんは
ウチの近くでは見られない花ばっかりですね。
見られて嬉しいです。
http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
春の野の花は美しいですね もうショウブも咲いているのですね かわいいですね(*^^)
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 今日は三倍体植物の勉強のきっかけを与えていただきありがとうございます。なるほどと思いました。最初に話題にセイヨウタンポポですが、日本のタンポポが二倍体なのに対してセイヨウタンポポは三倍体植物なのですね。生き残りをかけた植物物たちの種の保存の為の戦略も様々あって自然の奥の深さを感じます。

三倍体は、化学的に処理して、種無しブドウなどに応用されたということは存じていました。シャガも種では増えないので、誰かがそこに植えたのだろうとも。
ですが、あのセイヨウタンポポも何と3倍体だったんですね。ですが、他の3倍体と異なり、単為生殖で種子をつける。つまり、花粉に関係なく、種子が単独で熟してしまう。そのため繁殖力が強く、都市部を中心として日本各地に広まり、特に近年の攪乱が多い地域を中心に分布を広げたようですね。
無精卵みたいなものなのに、無精卵と違って生命を維持できるものなんですね。う~~ん、複雑ですねえ。
Re: 花の名前 
tugumi365さん、こんばんは。

> お花は疎くて今回のシリーズは勉強になります。
> エビネが1600年代の書物にも登場とは 当時の人たちの
> ネーミングのセンスが良かったのでしょうね。

日本原産と言ってもかまわない植物のようです。古くから多くの人に親しまれてきたようですね。江戸時代になると戦乱が収まり、やることがなくなったらしく、花菖蒲の改良などが初められたようですが、エビネの鑑賞も盛んだったのでしょうかね。

> イカリソウとっても華奢な素敵なお花ですね。

会津若松に行き、鶴ヶ城の敷地にある茶室麟閣の庭で、レンゲショウマとイカリソウとを見ました。あそこのものも、おそらく移植したものでしょうね。何処かで自然に植わっているものを見たいものです。

Re: おはようございます♪ 
ノースさん、こんばんは。

> 野では、すっかりセイヨウタンポポに支配されてしまい、日本固有のタンポポがほとんど見られなくなり残念ですね~。
> 今では貴重な「カントウタンポポ」を見せていただ良かったです!^^

MTさんのコメントで漸く認識したのですが、西洋たんぽぽは、本来は種無しになるはずの3倍体でありながら、単為生殖で種子をつける変わり者なんだそうです。受粉しなくても自分勝手に子孫を増やすんですから、他のものが駆逐されてしまうのは当然かもしれませんね。う~~ん。

> 僕もイカリソウは好きです^^

ピントが上手く合わない写真ばかりで恐縮です。
Re: 和ラン 
senri32さん、こんばんは。

> 「エビネ」。和ランですね。シンビ、デンドロは育ててますけど、「和ラン」は育成が難しい気がして、チャレンジしたことがありません。そのうち、何年か経って人生にもっと落ち着きがてましたら、育ててみたいと思っている「お花」です。

そうですか。うまくいくといいですね。

PS.今日、山下公園と横浜公園の花を見てきました。暇そうな爺さん、婆さんがたくさん見に来ていました。私も、その中のひとりでした。
Re: タイトルなし 
お千さん、こんばんは。

> 春の草花いいですね。
> 私の旧の散歩道では誇らかに咲いていたシャガですが、
> 新しい散歩道ではまだ見かけたことがありません。
> ああ、シャガの季節になったのだなあと、しみじみと拝見させていただきました。

シャガは3倍体で、種ができないんです。なので、誰かが植えない限り、そこには存在しまいものらしいです。きれいで、たくましい花さんですから、そのうち、誰かが、コソッと植えるのではないでしょうか?
こんばんは 
春爛漫、色んなお花が咲いていますね~~
シャガは助手が大好きなお花です^^
いつも見かけると走り寄って撮っています^^
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

tgryuさん、こんばんは。

> 海老根は50年くらい前までは当地でも里山に自生していましたが
> 今は1株たりとて見付かりません。
> 当時エビネがブームがありみんな盗掘されてしまった結果です。
> その一部が今でも我が家の庭で生きながらえています(^_^;)。
> 当時は山菜を採るのと同じで盗掘ってほどの感覚はなかったようです。
>
> ryu

あらまあ、全然見かけなくなりましたか。寂しいことですねえ。
おっしゃられるように盗掘という意識はなかったのだと思います。でも、自宅での栽培は難しいことなんでしょうね。
しかし、エビネって、見たことがあったのかなあ。山菜採りは食い意地が張っていたので、夢中になって行いましたが、食料にならないものは興味がなく、記憶には残っていません。
Re: 自然教育園 
> AzTakさん、こんばんは!

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 自然教育園の自然のあるがままの状態を見せるというコンセプトは
> これはこれでとても自然を生かす植栽でよいですよね。
> あまりにも手入れされ過ぎたのは、ちょっとどうもですー
> 植えられている種類をみるととても納得です。

自然のままなので、手前の野の草がじゃまになったりして、撮影には苦労させられます。最近は良い写真が撮れなくても仕方がないとあきらめがちになっています。

> 関東タンポポは劣勢ですか。

劣勢なんてものじゃないと思います。見ることができたらラッキーというくらいだと思います。

> エビネは見たことがありませんが、命名理由を読むとこの珍しい
> お花さんも見てみたいです。

何時言っても葉っぱばかり見ていました。今回漸く念願かなって、花さんを見ることができました。

> シャガは初めて見たときは珍しいと思ったら案外とお寺さんや、公園で
> 見かけることが多くなり今はシーズンの見頃ですか?

シャガが気持ちよく咲いているのをそこかしこで見かけますね。

> 自然教育園は自然豊かです。

たぬきまで出没するようですから。あ、私のことではありませんよ。私はたぬきさんみたいに可愛くありませんから。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ウチの近くでは見られない花ばっかりですね。
> 見られて嬉しいです。

そうでしたか。身近な花ばかり取り上げるなとお叱りを受けるかなあと少々身構えていたんですが。案外たくさんありませんかね。
Re: http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
SONOPHOTOさん、こんばんは。

> 春の野の花は美しいですね もうショウブも咲いているのですね かわいいですね(*^^)

桜が散ってしまった後、暖かい日が何日かあり、一挙に花さんたちが、やっと出番が来たとばかりに一斉に咲きだしました。1ヶ月位前までは、絶句してしまうほど、花が少なかったんですよ。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 春爛漫、色んなお花が咲いていますね~~
> シャガは助手が大好きなお花です^^
> いつも見かけると走り寄って撮っています^^

此処で地味な花さんばかり見たので、今日、美しい花を見に横浜に行ってきました。自分はどっちも好きです。
 
今晩は
春らしく~色んな花が咲きだしてとっても
華々しいくて綺麗で良いな^^

昔洋ランを栽培してて、、エビネ!
確か?ランの仲間でしたよね~
とっても懐かしいな(笑
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 春らしく~色んな花が咲きだしてとっても
> 華々しいくて綺麗で良いな^^

そうですね。桜が散ってから、その他の花さんたちが、『待ちくたびれた』と言いながら、一斉に咲き始めたような感じです。
春の盛りですね。

> 昔洋ランを栽培してて、、エビネ!
> 確か?ランの仲間でしたよね~
> とっても懐かしいな(笑

高尚なことをされていたんですね。私のところは親子2代、もらってきたものを枯らしてしまう情けなさ。変なところが遺伝してしまいました。

Body

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

5月17日(水)は、イベント参加のため、私からのアクセスは少し遅れ気味になると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR