散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

近所を歩く(2)

急な坂(1)
目黒区には急な坂が多い。私が居住する中根から自由が丘にかけての途中にある緑が丘には急勾配の坂がいくつかある。同様に馬の背を走る環7に向かっての平町から大岡山にかけても急坂が多い。今回は大岡山の方を散歩してみた。
鉄飛坂(てっぴざか)と寺郷の坂
下図の通り、一本の道に連続する坂だ。鉄飛坂はとんでもないほどの急勾配で、寺郷の坂はさほどでもない。
案内図
寺郷の坂
中里橋から見た様子。自動車の進行方向に確かに九品仏浄真寺がある。ここから歩くと30分弱。奥沢の浄真寺(九品仏)参りの人びとを当て込んだ4軒の水茶屋があったそうだが、開渠の呑川のせせらぎと岡田の森とがあり、一休みするには適当な場所だったかもしれない。
寺郷の坂_1
寺郷の坂_2
鉄飛坂
寺郷の坂の反対側が鉄飛坂。鉄飛とはまた突飛な名前をつけたものだ。まさか鉄の板が飛んで来るわけじゃないだろうが、鉄球を転がしたら、勢いがついて、途中から飛んでいきそうだ。
鉄飛坂_1
鉄飛坂_2
電動アシスト自転車じゃないと、普通の脚力では乗り続けていられないと思う。
鉄飛坂_3
坂の上に見えているのが帝釈堂
何故、こんな急な坂の上にお堂を作ったのだろうか
坂の上に見えているのが帝釈堂_1
腕を勢い良く振らないと推進力がつかなさそうだ
坂の上に見えているのが帝釈堂_2
振り返ると随分段差があることがわかる
振り返ると随分段差があることがわかる_1
振り返ると随分段差があることがわかる_2
道標
発音だけ聞いても、この漢字が思い浮かぶ人はあまりいないことだろう。名前の由来は下記解説を参照されたい。
道標
帝釈堂
帝釈天を祀る小堂だ。堂内に3つの庚申塔があるそうだが、残念ながら見たことがない。
帝釈堂_1
帝釈堂_2
帝釈堂_3
帝釈堂_4
他所から移設された2つの石塔
庚申塔(青面金剛刻像塔)
よくぞ破壊されずに残っていたものだ。近くにあったものとは思うが、この場所にあったものではなさそうだ。
他所から移設された2つの石塔_1
道標兼庚申塔
確かに左に行けば池上に行くし、右に行けば、杉並の堀之内に到達するのだろう。随分と気宇壮大な道標だ。
他所から移設された2つの石塔_2

目黒の坂 鉄飛坂
鉄飛坂は平町ニ丁目と大岡山一丁目の境、呑川遊歩道の中里橋から東へ上る急坂で、坂上の北側に帝釈天を祭る小堂がある。明治25年編さんの「衾村々誌」品川道の条に、「鉄飛坂あり、運輸便ならず、其坂下に呑川あり、之に架するを茶屋橋という」とある。この橋名は、いつのまにか中里橋と変わった。
「鉄飛」という一寸変わった呼び名から、何かいわれがありそうに思われるが、案の定、いろいろな説がある。
その一は、徳川幕府の初期時代、佐渡金山奉行であった大久保石見守長安が、ポルトガル人「ヒモンヤス」「テッピョウス」の2人に、鉱山採掘の方法を聴問し、佐渡金山の大改善を行おうとしたことがあった。このことは「慶長切支丹怪秘記」という書物にでているそうだが、確説であるかどうか疑わしいようだ。また、この2人の名が今の碑文谷・鉄飛の起源であるとも記されているようだが、碑文谷・鉄飛という地名は、はるか以前からあり、これも当てにできない。
そのニは、奥州征討「後三年の役」に従軍した碑文谷の豪族、碑文谷太郎道政が捕虜「鉄の飛」を連れ帰って、この辺に住まわせたということによるもの。
その三は、鎌倉時代、武蔵国の荏原一帯を領していたのが荏原太郎義利という領主であり、その家臣に鉄飛十郎兵衛という人がいて、今の鉄飛坂の上あたりに館を構えていた名主であったということである。鉄飛の館があったから、里人がその名を坂名にしたという。
その四は、元寇襲来のときの金沢殿着到帖に鉄飛五郎の名がみえることによる。
なお、「全国方言辞典」によれば「テッピ」とは「山頂」「てっぺん」などの訛なまりであるとし、「綜合日本民俗語彙」には、比較的高所にある屋敷を「テッピ」と呼ぶ例があったと記してある。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
目黒の坂 寺郷の坂
茶屋坂と言えば、民話「目黒のさんま」に登場する爺々が茶屋(一軒茶屋)にまつわる三田二丁目の茶屋坂が有名だが、実は区内には、もうひとつ茶屋坂がある。平町二丁目と大岡山一丁目の間を西へ下る鉄飛坂に続く道で、中根小学校前を旧名主岡田邸のほうへ上る緩い坂がそれである。
江戸時代の初め、天和のころ、衾村の寺郷(茶屋坂上り口の右手一帯の地名)に、奥沢の浄真寺(九品仏)参りの人びとを当て込んだ4軒の水茶屋があった。
当時の浄真寺へは、江戸だけでなく、方々からの参詣遊山の人びとが、この衾の茶屋の前を通って、九品仏へ向かったという。茶屋が一休みするのに格好な場所にあったことは、岡田邸裏手の中根公園の森がしのばせてくれる。

Comments

振り返ると 
振り返るととても急な坂ですね。北海道だとロードヒーティングをしないと
車が登れません。散歩をしていて 歴史の案内板があるのは 嬉しいですね。
鉄飛坂 由来を読んでいて この急な坂を思うと 山頂・てっぺんの訛りからの
命名が私はピンときました。
おはようございます 
高級住宅街の様子はこんな感じなのですね。落ち着いた街にちょっとしたスポットもあって、たまには私も近所の散策をして見ようと思います。
 
こんにちは。
勾配を写真上でリアリティに表現するのはけっこう難しいんですから
これらの坂はいかにも坂らしい坂に見えるんですから
実際は写真以上の急勾配なんでしょうね。
私の通った高校は丘陵地の天辺にあったので
眺めは良かったですが、冬場はあちこち凍結して怖かったです。

ryu
カメラDE散歩 
おっと、「カメラDE散歩」ですね。普段きずかないことにたっぷりと出会える、、「カメラDE散歩」。毎日していても新鮮です。私の実家は、車さえも入れません。横須賀もそうだったでしょう?東京は整備されています。
急な坂 
AzTakさん、こんばんは。
都内各所の坂道はとても多いですね。
坂の名前は日本的で印象深い名前をよくみます。

鉄飛坂という名前も道標もよいですね。
急勾配も電動アシストでないととても登りきれないキツそうな坂です。
坂道の探訪も名前に由来を調べるといろいろな知識や発見がありそうです。

文京区に作家が多く居住した坂道界隈があって興味を持ったのですが、
坂道に音をあげました(´ヘ`;)

 
目黒区在中だったのですね
いい所にお住まいです

目黒雅叙園の近くに知り合いのクリニックがあよく行きましね
よく行きますよ
目黒川の桜に去年行きました
そろそろ桜も見ごろになりますね
AzTakさん 
こんばんは
左池上、右ほりの内
道程は何キロメートルくらいなのですか?
気になっちゃいました
Re: 振り返ると 
tugumi365

> 振り返るととても急な坂ですね。北海道だとロードヒーティングをしないと
> 車が登れません。散歩をしていて 歴史の案内板があるのは 嬉しいですね。

東京はめったに雪が降りません。日本でも有数の雪が降らない都市でしょう。なので、ロードヒーティングの仕掛けなどありません。
不幸にして雪が降ったときは、自動車の使用を諦める。それしか無いと思います。

> 鉄飛坂 由来を読んでいて この急な坂を思うと 山頂・てっぺんの訛りからの
> 命名が私はピンときました。

この坂、まだこの先もダラダラとのぼり、環7がてっぺんなんです。そういうことなので、地名の由来は謎のままです。江戸時代でも江戸市中に入っていなかった純農村ですから、文書もあまりなかったのでしょう。
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 高級住宅街の様子はこんな感じなのですね。落ち着いた街にちょっとしたスポットもあって、たまには私も近所の散策をして見ようと思います。

高級住宅街とは言い難いと思いますが、落ち着いた住宅街でしょうね。
環7のあるところが昔も主要な往還だったのでしょうか。そうだとすると、そこから折れて、鉄飛坂を下り、寺郷の坂を上り、…という風に坂を登ったり下ったりしながら、九品仏浄真寺に向かったのでしょうか。
このあたりは日蓮宗の勢力が伝統的に強い地区で、後年に、九品仏浄真寺ができたからといって、その道案内を掲げるなんて業腹だと言うようなと土地だったようです。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 勾配を写真上でリアリティに表現するのはけっこう難しいんですから
> これらの坂はいかにも坂らしい坂に見えるんですから
> 実際は写真以上の急勾配なんでしょうね。

目黒区はこういう坂がたくさんあります。昇り降りが困難というほどではありませんが、年を取ったり、若くても体調の悪いときなどは、辛い坂かもしれませんね。

> 私の通った高校は丘陵地の天辺にあったので
> 眺めは良かったですが、冬場はあちこち凍結して怖かったです。
>
> ryu

まあ、そういうこともあるんでしょうね。『陽のあたる坂道』であり続けるといいのですが。
Re: カメラDE散歩 
senri32さん、こんばんは。

> おっと、「カメラDE散歩」ですね。普段きずかないことにたっぷりと出会える、、「カメラDE散歩」。毎日していても新鮮です。私の実家は、車さえも入れません。横須賀もそうだったでしょう?東京は整備されています。

こちらはかなり重症の出不精。腰を上げるまでは大変です。腰を上げてしまえば、ホイホイなんですが。
あちこち歩き回って、面白いものや興味あるものを見つけると嬉しくなりますよね。
足腰もひところの『絶不調』を脱出し、『やや不調』程度になってきました。ボケ内容、もう少し歩き回らないといけませんね。

横須賀は谷戸が多いですから、火事にでもなったら大変だなと思うところが少なくありません。少子高齢化で取り残された老人が買い物に行くのにも困っている。谷戸での生活は厳しいものがありますよね。
Re: 急な坂 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 都内各所の坂道はとても多いですね。
> 坂の名前は日本的で印象深い名前をよくみます。

関東平野の中心なのでまっ平らな土地ばかりだろうと思われる方が少なくないと思いますが、意外に坂道が多いですよね。
素晴らしい名前がついていると、嬉しくなりますね。

> 鉄飛坂という名前も道標もよいですね。
> 急勾配も電動アシストでないととても登りきれないキツそうな坂です。
> 坂道の探訪も名前に由来を調べるといろいろな知識や発見がありそうです。

行った先に坂道があると、何か解説したものがないか結構きょろきょろ探したりします。何の事はない、息が切れて休む時間がほしいだけなのかもしれませんが。(^_^;)

> 文京区に作家が多く居住した坂道界隈があって興味を持ったのですが、
> 坂道に音をあげました(´ヘ`;)

そうですよね。体調が良い日ばかりじゃないので、そうでない日には辛いなあと思うこともあるでしょう。平凡でも平らな土地がありがたいかもしれません。
Re: タイトルなし 
ぴあのさん、こんばんは。

> 目黒区在住だったのですね
> いい所にお住まいです

何処かに行くには便利なところではありますが、個人的には、静かな三浦半島の海辺で暮らしたいものだと思っています。

> 目黒雅叙園の近くに知り合いのクリニックがあり、よく行きますよ
> 目黒川の桜に去年行きました
> そろそろ桜も見ごろになりますね

あちらは目黒区のメインでしょうね。私のところは南側の端っこ、自由が丘の近くです。
雅叙園には百段階段での撮影が許されるイベントが有るときだけ、行くようにしています。
目黒川の桜は近年有名になりすぎて、びっくりしています。日曜日が満開だそうです。
今日の夕方のニュースでは井の頭池の様子がレポートされていましたね。桜の開花程度はこちらと同じくらいでしょうかね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 左池上、右ほりの内
> 道程は何キロメートルくらいなのですか?
> 気になっちゃいました

池上まで7km、堀之内まで10kmだそうです。どちらも環7でほとんど行くことができます。
池上まではよく歩きますから土地勘があるのですが、杉並区の堀之内までは行く用事もなく、もっと遠いように感じていました。意外に近かったので驚きました。
こんばんは 
東京は平野と言うイメージがありますが、
地名に坂が着く場所が沢山ありますよね。
坂が多いんですね~
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 東京は平野と言うイメージがありますが、
> 地名に坂が着く場所が沢山ありますよね。
> 坂が多いんですね~

坂が殆どない平坦な区ももちろんあるのですが、文京区とか目黒区とかは坂が多い区です。
勾配のほどは別問題として、結構有名な坂がありますよね。奈落の底に落ちかけている社会党本部のあった三宅坂、ギョギョッとするような名前の暗闇坂、さだまさしの歌に歌われた無縁坂、…。色々ありますね。
 
おはよーございます

若いころは気にならなくても
いまじゃ坂道は息切れでです
雪が降ったらこわいなぁ~~

なるほどなるほど 由緒ある坂ですね
足腰鍛えてくださいね
Re: タイトルなし 
> おはよーございます

ぴあのさ、、こんばんは。

> 若いころは気にならなくても
> いまじゃ坂道は息切れでです
> 雪が降ったらこわいなぁ~~

雪が振りそうなときは引きこもるしか無いでしょう。事前に食料を買い込んでおけば、何とかなります。
ここは、自動車もよく通る道なので、翌日には雪も片付けられているでしょうが、実は平行している小道も同じような傾斜があります。そちらは除雪がなされないでしょうから、本当に大変だと思います。

> なるほどなるほど 由緒ある坂ですね
> 足腰鍛えてくださいね

我が家からは少し離れています。時々散歩に歩く程度です。同じ道ばかり歩くと、人品卑しい系統の風貌なので、気がひけてしまいます。なろべく、違ったところを歩いたりしています。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR