散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

秋田&青森への1泊の旅(6) 2017.03.15 02:37追記

角館(5)
石黒家(1)
青柳家を辞して、黒塗りの簓子塀(ささらこべい)沿いに石黒家へ向かう。簓子とは、壁板などを張るときに、羽重 (はがさね) にした下見板の押縁 (おしぶち) として、縦に打ちつける細長い木材。裏側には下見板に合わせた刻みをつけ、板に密着するようにしてある。興味のある向きは、図面などで確認していただきたい。
隣の石黒家へ向かう
程なく隣接する石黒家に到着する。現存する角館の武家屋敷の中で格式が一番高い家柄の屋敷だそうだ。
隣の石黒家へ向かう
石黒家の薬医門
青柳家と同様に薬医門が建つ。文化6年(1809年)日付の矢板がある。万延元年(1860年)の青柳家の薬医門よりもさらに古い。青柳家の黒塀は簓子塀だったが、こちらの石黒家のそれは、また、別の様式だ。
石黒家の薬医門_1
石黒家の薬医門_2
石黒家の薬医門_3
石黒家の薬医門_4
石黒家の薬医門_5
薬医門をくぐり、屋敷内部を見学する。嬉しいことに座敷に上がって、説明を受けながらの見学ができる。サービス度としては最上級のものだった。
懸魚の付いた立派な正玄関とやや小ぶりの脇玄関
直進するのではなく、看板にあるようにやや右手に行ってから屋内に入る。あとでわかったのだが、脇玄関から入ったことになる。我々の身分からすれば、そういうことになるのだ。このことは青柳家で学習済みのことだ。この屋敷自体は、薬医門よりもさらに古く、18世紀から19世紀にかけての頃と推定されているようだ。
懸魚の付いた立派な正玄関とやや小ぶりの脇玄関_1
懸魚の付いた立派な正玄関とやや小ぶりの脇玄関_2
懸魚の付いた立派な正玄関とやや小ぶりの脇玄関_3
正玄関を内側から見た様子
見るからに身分の高い人のみの通行しか許さないそういう雰囲気がある。
正玄関を内側から見た様子
雛飾り
3月3日だったので雛飾りがしてあった。有難いことに2セット飾ってあった。今年は見ることができないと覚悟していたので、思いがけず見ることができて感激した。
こちらは古今雛
江戸末期のもののようだ
古今雛_1
古今雛_2
古今雛_3
こちらは束帯雛
平安一甫作の有職雛。並んで飾ってあるのは八橋人形。
こちらは束帯雛_1
こちらは束帯雛_2
こちらは市松人形
こちらは市松人形
青松多寿色の書
『青松多寿色(せい しょう じゅしょく おおし) 』…禅語で「うつろうことのない不動の松の青さこそ、寿の色」という意味。唐の詩人・孟郊の詩の一節だそうだ。禅寺じゃなくても飾ってあったか。『素軒八十一叟』とある。81歳の痩せた老人。最晩年の北村素軒翁の書のようだ。
青松多寿色の書
欄間の意匠
亀が泳いでいるさまを描いたもの。けやきの木目が丁度波紋のように見える。そして、その透かしが反射する。
欄間の意匠_1
欄間の意匠_2
欄間の意匠_3
上品な囲炉裏のある空間
良いなあ
上品な囲炉裏のある空間
この後、明治・大正期に増改築した蔵が展示室となっているが、それを見ることにする。

石黒家(市指定史跡)
石黒家佐竹北家の用人を勤めた家柄で、家伝によると嘉永6年(1853年)に現在地に移転したとなっています。
薬医門には、文化6年(1809年)日付の矢板があり、門を入ると起り破風に懸魚のついた正玄関と脇玄関があります。母屋は萱葺で庭に築山、巨石、樅の大木、東屋があり、武士の格式を示しながら、簡素なたたずまいを呈しています。道路面にはのぞき窓を付けた黒板塀がめぐり現存する武家住宅の中でも最も古いものです。


娘の雛人形
ついでに娘の雛人形を見ていただく。桐箱にそのまましまうことができる極小サイズのもの。孫達へのものは危なくて出せないので、当面、こちらで行く。
娘の雛人形_1
娘の雛人形_2
娘の雛人形_3
娘の雛人形_4

Comments

おはようございます 
江戸時代末期のひな飾りを拝見させていただきましたが、今とは随分、違って素朴でいいと感じました。時代とともにひな飾りも変化しているのがよくわかります。こんなところも武家屋敷らしいですね。3月なので飾られていたのでしょうか。
貝合わせ 
雛人形で一番好きなのは、「貝合わせ」。素敵です。
亀の欄間 
私も説明を受けました。とても親切でした。今と違って 明かりが蝋燭なので
炎が揺れると 亀も揺れると聞きました。その当時に思いを馳せますね。
石黒家のお雛様の横に ちらりと着物が見えました。さすがに旧家ですね。当時のお嬢様の着物でしょうか?AzTak家のお雛様も初めて見る形です。素朴さが良いですね。素敵なものを沢山見せて頂きました。
 
AZTAKさま こんにちは

石黒家は、現存する角館の武家屋敷の中で一番格式の高い家柄のようですが、さすがに立派なお屋敷ですね。
江戸末期の古今雛、さすがにお屋敷に伝わる飾雛は豪華なものです。
それに玩具道具や「貝合わせ」は素晴らしいです。
欄間の透かしも珍しい立派なものですね。

AZTAKさまのお宅のお人形は、奈良県の有名な彫刻師の作品でしたよね・・・・・流石に立派なお人形さんです。
良いものを見せていただきました。
今日は! 
冒頭の画像が角館のメイン通りになるのでしょうか?
此の通りから見る春の枝垂れ桜は見事ですよね。
桜が咲いていないのは残念ですが、咲いていなくても風情を感じさせます。
3月はひな祭りの季節なのでおひな様が飾られていますね。
可成り古さを感じさせるデザインで今の時代とは違った風情を感じさせます。
娘さんのひな人形は木彫りに見えますが・・・・・?
可愛らしいひな人形ですね。
 
こんばんは。
欄間の透かし彫りが影絵のような仕掛けがあるのは初めて見ました。
もちろん端から計算済みなんでしょうね。
ジャワやクメールなど東南アジアには影絵の文化がありますが
日本の地方都市にこのような影絵文化があったとは
お驚きです。

ryu
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 江戸時代末期のひな飾りを拝見させていただきましたが、今とは随分、違って素朴でいいと感じました。時代とともにひな飾りも変化しているのがよくわかります。こんなところも武家屋敷らしいですね。3月なので飾られていたのでしょうか。

古今雛は江戸末期にかなりブームになったお雛様だとか。参勤交代で随伴したような折に、江戸に後れをとるものかとばかりに、買い求めたのかもしれませんね。
説明者からは、『もう一つのとだいぶ違っているでしょう?』と言われました。確かに違っていましたが、『どちらもそれぞれ良さがあるんだなあ』などとどっち付かずの感想を持ちました。
お雛様の時期なので飾ってあったようです。他の展示施設でも雛飾りがあったようですが、ゆっくりペースで見て回ったのが仇になり、これ以上見ることができませんでした。
Re: 貝合わせ 
senri32さん、こんばんは。

> 雛人形で一番好きなのは、「貝合わせ」。素敵です。

たしかに雛人形と一緒に飾られることがありますね。江戸以前の雅な遊び道具だったのでしょうね。
エリスマン邸の雛飾りで、この貝合せが出されていたことがありました。びっくりするほど鮮やかでした。どこぞから借用して展示していたのでしょうかね。
Re: 亀の欄間 
tugumi365さん、こんばんは。

> 私も説明を受けました。とても親切でした。今と違って 明かりが蝋燭なので
> 炎が揺れると 亀も揺れると聞きました。その当時に思いを馳せますね。

そうでしたか。その昔は、皆ろうそくだったんでしょうかね。
ろうそくといえば、グランドピアノに上に平たい部分がありますが、ろうそくを置く場所だったとか。バロック時代の大作曲家たちは、コンサートホールの蝋燭代を工面するのが大仕事だったとか。作曲家兼興行師だったようです。

> 石黒家のお雛様の横に ちらりと着物が見えました。さすがに旧家ですね。当時のお嬢様の着物でしょうか?AzTak家のお雛様も初めて見る形です。素朴さが良いですね。素敵なものを沢山見せて頂きました。

見ていたはずなのに、着物の存在は全く気づきませんでした。相変わらず朴念仁で、困ってしまいます。(^_^;)
長女に買い与えたお雛様は、奈良の仏師が拵えたものです。次女にも同じものをと思いましたが、その方が引退されたかで、似たものですが、お弟子さんの作品になってしまいました。

AzTakさん 
こんばんは
欄間の透かしがこのように映っているのは、初めて見ました。
いいですねえ。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 石黒家は、現存する角館の武家屋敷の中で一番格式の高い家柄のようですが、さすがに立派なお屋敷ですね。

家老に次ぐ地位だったとか。実際には、お金を握っていた役目の権力は絶大なものがあったことでしょう。実質的には家老を凌ぐものがあったのかもしれません。が、実直にその役目を勤め上げ、悪さなどはしなかったようです。
それがあったのでしょうか、最後の角館町長にして、初代の仙北市長もこの家から出たようです。

> 江戸末期の古今雛、さすがにお屋敷に伝わる飾雛は豪華なものです。
> それに玩具道具や「貝合わせ」は素晴らしいです。
> 欄間の透かしも珍しい立派なものですね。

さりげなく、洒落ていますね。勘定役や財用役の役目柄、殿様に随行して、いろいろなものを見て目を肥やす機会があったのかもしれませんね。

> AZTAKさまのお宅のお人形は、奈良県の有名な彫刻師の作品でしたよね・・・・・流石に立派なお人形さんです。
> 良いものを見せていただきました。

よく覚えていらっしゃいましたね。有難うございます。
孫達が小さい内は、危なくなったらまるごと簡単に避難させられるものが良かろうということで、娘のものが現役を張っています。
Re: 今日は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 冒頭の画像が角館のメイン通りになるのでしょうか?

城下町なので、鍵の手状になっていますが、いちばん有名な通りなのでしょうね。

> 此の通りから見る春の枝垂れ桜は見事ですよね。
> 桜が咲いていないのは残念ですが、咲いていなくても風情を感じさせます。

二代目藩主に輿入れした三条西家のお姫様がしだれ桜を3本持ち込んだのが始まりとか。桜の季節と紅葉の季節は大変な賑わいのようです。

> 3月はひな祭りの季節なのでおひな様が飾られていますね。
> 可成り古さを感じさせるデザインで今の時代とは違った風情を感じさせます。

そうですね。どれも素晴らしく見えますが、昔のものは、今と違って細面のようですね。今と違って、栄養事情が違った反映かもしれませんね。

> 娘さんのひな人形は木彫りに見えますが・・・・・?
> 可愛らしいひな人形ですね。

奈良の仏師の方の作品です。大事に持ち続けてほしいものです。
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

tgryuさん、こんばんは。

> 欄間の透かし彫りが影絵のような仕掛けがあるのは初めて見ました。
> もちろん端から計算済みなんでしょうね。

欅の板の木目を波紋に見立てようという事は考えたようです。影絵というか、シルエットというか、そういうものをも意図したかどうかは聞き損ねました。

> ジャワやクメールなど東南アジアには影絵の文化がありますが
> 日本の地方都市にこのような影絵文化があったとは
> 驚きです。
>
> ryu

これが影絵文化だったのかどうかは知りませんが、影絵の第一人者の藤城清治氏は我が家の近所にお住まいのようです。日本人は器用だから、その気になれば、頂点を極める方が出てくるものなんですねえ。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 欄間の透かしがこのように映っているのは、初めて見ました。
> いいですねえ。

いきなり何の説明をするのかと思いましたが、このシルエットが投影されているということでした。ちょっぴり驚き、ちょっぴり感動しました。
こんばんは 
雛飾りが助手は好きなんですよね~
喜んで拝見しています^^
歴史があるお雛様がおいでなんですね^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 雛飾りが助手は好きなんですよね~
> 喜んで拝見しています^^
> 歴史があるお雛様がおいでなんですね^^

そのようですね。今年は、雛人形を見る機会がなく、最後の最後でやっと巡り会えました。古今雛もどことなく雰囲気があるお雛様ですね。

Body

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

3月3日(金)-4日(土)は、秋田県内を旅行中で、私からのアクセスはできなくなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR