散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

山手西洋館のバレンタイン飾り付けを見に行った(8)

ベーリック・ホール(3)
2階の部屋
子供部屋
こんなに広いんだ
子供部屋
応接間かな
と思ったら、客用寝室という説明書きがあった。相当に広い。採光のための壁の切り抜きがなんとも粋だ。クワットレフォイル(四葉)というようだ。
応接間かな
2階廊下
たっぷり幅がある。しかもしっかり造ってあるようで、私が歩いても軋むような物音が出ることはない。相当に薄暗い日だったのに、相当に明るい室内だ。
2階廊下_1
2階廊下_2
イギリス人貿易商バートラム・ロバート・ベリック氏の執務室
当主の執務室か。すごく立派だ。
ベリック氏の執務室
夫人の部屋
夫人の部屋_1
夫人の部屋_2
夫人の部屋_3
サンポーチ
夢のような部屋だ
サンポーチ_1
サンポーチ_2
見落とした箇所(PDF画像借用)
ここにも壁泉がしつらえてあったんだ。う~~ん。
見落とした箇所(PDF画像借用)

こんなに立派な邸宅を建て、日本をとことん愛したのに、戦争激化のために、泣く泣く日本を去らなければならなかった無念、如何許だったことだろう。気落ちしたのか、カナダに移住して10年後、お亡くなりになられたようだ。(合掌)

はまれぽの紹介記事へjump

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
ベーリック・ホールは独特の窓が印象に残っています♪
子供部屋も家具の置き方ひとつで、ずいぶんと広く感じますね。
バレンタインの飾りつけが少ないように思いますが・・・
これからのアップでしょうか?
いつもありがとうございます。
AzTakさん、おはようございます! 
今日は早おきで6時半ぐらいから鳥撮りへ。
ベーリック・ホール(3)綺麗に撮れてますね、失礼ですが後ろから5枚目(化粧棚)の写真ですが、ピンボケ。この距離で、ピンボケは一度カメラ点検に出されてみられたらどうですか?
イーゼル 
イーゼルが一役かってますね。自作イーゼルが数台あります。100均でも売ってます。玄関にダンの写真をイーゼルに立てかけています。いい感じです。
 
こんにちは。
日本にいながら別世界のような空間ですごく楽しそうですね。
外観も内装もインテリアもどれも素敵ですね。

バレンタインの時期はカラフルで可愛い装飾が多いのでたのしみです♪
こんにちは 
この方は英国の貿易商とのことですが、何を輸出入していたのでしょうかね。日本の絹製品なんかも輸出していたのでしょうか。そんなことをつい考えてみました。
 
立派で素敵な洋館。
紹介記事も見させていただきました。面白かったです。

パンも作られるんですね。
趣味の多さや色んな知識にさすが!
 
こんにちは。
現在は日本建築の古民家を愛する外国人はたくさんいますが
当時はいくら日本が好きでも生活スタイルは自国のままが良かったようですね。
日本家屋が好きでも洋館住まいの方がはくがついたのも理由かも。
当時で日本家屋や生活スタイルまでリスペクトしたのは
小泉八雲くらいでしょうか。

ryu
こんばんは。 
ほんとですね!こんな立派な建物を建てながら、泣く泣く日本を去らざるを得なかったことは無念だったでしょうね!
それにしても見所の多い洋館ですね^^
AzTakさん 
こんばんは
せっかく日本を好きになったのに、離れざるを得なかった・・・
しかし、こうして邸宅が残されて偉業を偲ぶことが出来ます。
日本にも多大な貢献をしてもらったのに、惜しいことです。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> ベーリック・ホールは独特の窓が印象に残っています♪
> 子供部屋も家具の置き方ひとつで、ずいぶんと広く感じますね。

本当に大きな部屋です。

> バレンタインの飾りつけが少ないように思いますが・・・
> これからのアップでしょうか?
> いつもありがとうございます。

19日にアップしたのがベーリック・ホールの飾り付けです。こんな簡単なものなのと言われてしまうかもしれませんが、それだけです。(^_^;)
尚、明日エリスマン邸の飾り付けを取り上げます。こちらはベーリック・ホール以上に簡単な飾り付けでした。
Re: AzTakさん、おはようございます! 
kazさん、こんばんは。

> 今日は早おきで6時半ぐらいから鳥撮りへ。

そうですか、元気ですね。私は恥ずかしながら、鼻血が止まらず、貧血気味。早起きなどできない状況です。金欠だけでなく貧血にまでなったのでは、…。

> ベーリック・ホール(3)綺麗に撮れてますね、失礼ですが後ろから5枚目(化粧棚)の写真ですが、ピンボケ。この距離で、ピンボケは一度カメラ点検に出されてみられたらどうですか?

やっぱりわかってしまいますよね。気になったのですが、撮影枚数が少なく、できの悪いのをも紛れ込ませました。(^_^;)
このお宅、鏡が多いんです。いい感じで撮れたと思ったら、私の醜い姿がバッチリ鏡に写ったりして、…。そればかりが気になって、他の人が映らないように気をつけながら焦って撮ったようです。AFがきかない状態でシャッターが切れてしまったようですね。まあ、これ1枚だけだったので、様子を見てみます。
Re: イーゼル 
senri32さん、こんばんは。

> イーゼルが一役かってますね。自作イーゼルが数台あります。100均でも売ってます。玄関にダンの写真をイーゼルに立てかけています。いい感じです。

高校で美術を選択しましたが、イーゼルなど使ったことがありません。ああいうものがあるだけで、ノーブルな感じになるものですね。不思議なものです。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

ブーくんさま、こんばんは。

> 日本にいながら別世界のような空間ですごく楽しそうですね。
> 外観も内装もインテリアもどれも素敵ですね。

そうですね。センスの塊のような洋館ですね。いつまでも保たせてほしい館です。

> バレンタインの時期はカラフルで可愛い装飾が多いのでたのしみです♪

本当に最近メジャーに浮上したイベントなので、かなり華やかですよね。それもたまには良いのではと思います。
Re: こんにちは 
MTさん、こんばんは。

> この方は英国の貿易商とのことですが、何を輸出入していたのでしょうかね。日本の絹製品なんかも輸出していたのでしょうか。そんなことをつい考えてみました。

文房具や機械などを輸入販売し、和紙、漆器などを輸出していたのではないでしょうか。多分、良いものを見て育ったのか、も宣を見る目が利いた人物だったのではないかと思います。澄んだ邸宅を見ると、そんな気がします。
施主のバートラム・ロバート・ベリック(Bertram Robert berrick、1873年-1952年)はロンドン出身で、親族により経営されていた、文房具や機械、和紙、漆器などを扱う貿易商社「ベリックブラザー商会」を継ぐべく、1898年に25歳で来日。事業を順調に拡大し、1919年には商号を「ベリック商会」に改めた。東京の駐日フィンランド大使館は彼の経歴に注目し、フィンランド領事への就任を要請。ベリックはこれを快諾し、このベリック邸で執務を行った。
Re: タイトルなし 
きらりさん、こんばんは。

> 立派で素敵な洋館。
> 紹介記事も見させていただきました。面白かったです。

有難うございます。マダムには、斜向かいのえの木ていでお茶をするコースがお似合いですよ。

> パンも作られるんですね。
> 趣味の多さや色んな知識にさすが!

下手の横好きです。(^_^;)
最近は例の『数学』がさっぱりだめで、『問題が難しすぎるんだ』と勝手に思い込もうとしています。単に不出来なだけなんですが。その内、バイオリズムが上がるのを待っているところです。あくまで他人任せ、風まかせで生きています。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 現在は日本建築の古民家を愛する外国人はたくさんいますが
> 当時はいくら日本が好きでも生活スタイルは自国のままが良かったようですね。
> 日本家屋が好きでも洋館住まいの方がはくがついたのも理由かも。
> 当時で日本家屋や生活スタイルまでリスペクトしたのは
> 小泉八雲くらいでしょうか。
>
> ryu

う~~ん、結論からすればそういうことなんでしょうかね。
次に取り上げるエリスマン邸は、奥様が日本人で、アメリカンスタイルのバスルームにせず、トイレは浴室と分けたようです。エリスマン邸設計者のアントニン・レーモンドは、フランク・ロイド・ライトの弟子でしたが、かなり日本の良さを取り入れた設計を発表し、師との訣別をしていったとか。目立たないところで、日本調が取り入れられているようです。
Re: こんばんは。 
ノースさん、こんばんは。

> ほんとですね!こんな立派な建物を建てながら、泣く泣く日本を去らざるを得なかったことは無念だったでしょうね!

身を切られるような痛みがあったことでしょう。心血を注いで、日本で仕事をしていたことだったでしょうから。

> それにしても見所の多い洋館ですね^^

そうですね。立派なものです。行くたびにその思いを新たにします。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> せっかく日本を好きになったのに、離れざるを得なかった・・・

無念だったことでしょうね。

> しかし、こうして邸宅が残されて偉業を偲ぶことが出来ます。
> 日本にも多大な貢献をしてもらったのに、惜しいことです。

本当に。残酷な運命がそこにはありましたね。
こんばんは 
本当に広い建物ですね~~
僕もこんな広い家で住んでみたい、と憧れるのですが
助手に「掃除が大変なんだよ!」と言われると
それもそうかな・・・と(^^;
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 本当に広い建物ですね~~
> 僕もこんな広い家で住んでみたい、と憧れるのですが
> 助手に「掃除が大変なんだよ!」と言われると
> それもそうかな・・・と(^^;

(ΦωΦ)フフフ…、そうだと思います。
以前、世田谷に養父のクライアントだった方のお屋敷がありました。あるとき、養父が打合せに伺うとカーテンがいつものものから白いものに。養父が『カーテンを取り替えられましたか』と尋ねたところ、『いいえ、洗濯しただけです』という答えが帰ってきたそうです。迂闊な質問をしたものだと焦ったようです。
いまは、中部地方に移築され、国指定の需要文化財になっているとか。
大きなお屋敷も維持するのが大変なようですよ。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR