散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

山手西洋館のバレンタイン飾り付けを見に行った(7)

ベーリック・ホール(2)
1階のその他の部屋
大ホール
抽選で結婚式を行っている。この日はそういうものが予定されていなかったため、自由に見ることができた。
大ホール_1
大ホール2
暖炉も雰囲気を出すのに一役買っていたんだ。この邸宅は基本的にセントラル暖冷房だったようで、暖炉はこことダイニングルームのもののみのようだ。暖炉の模様は菊ではなく、ロゼット文様というもの。エジプト発祥で欧州でも伝統的な意匠だそうだ。
大ホール_3
パームルーム
サンルームかと思ったが、北側にサンルームを造る人はいないだろう。観葉植物で華やかにした採光性の良い空間。大ホールとワンセットのイメージだろうか。
普段の日は、このスペースで新聞や書籍に目を通しながら、お茶でも飲んだのだろうか。獅子頭の壁泉が設えられてある。スペインやイタリアあたりの建物の雰囲気を醸し出しているように見えた。

パームルーム_1
パームルーム_2
パームルーム_3
厨房
やたらに大きな厨房だ。カトリックの学校の寄宿舎になっても十分に機能する広さだったんだろう。1枚しか撮らなかったので、全体がわかりにくいと思う。大失敗だった。
厨房
ダイニングルーム裏の通路
ダイニングルーム裏の通路
ニッチ
玄関を入ったところにあった。花が活けられてあった。かつてはマリア様の像でも置かれてあったのだろうか?そういえば、ひところ『ニッチ産業』などという言葉が持て囃されたっけ。
ニッチ
サブの階段
上に行く階段は使用禁止。メイドさんの通路だったのではなかろうか。下に行く階段は主に来館者用のトイレのためだが、使用可能になっている。
サブの階段
地下への階段を降りるとこんな感じ
いわゆるバック・ヤードだ。しっかり造ってある感じだ。
階段
地下への階段
補修した残骸
補修した残骸
かつて使われていたセントラル冷暖房装置
この当時冷媒管を配管して冷房まで行っていたとは、なんという贅沢仕様だったのだろうか
セントラル冷暖房装置_1
セントラル冷暖房装置_2
メインの階段
如何にも華やかな階段だ。よく見るとすごく凝ったものなのだが、撮るのを失念してしまった。
メインの階段_1
メインの階段_2
メインの階段_3

Comments

豊かさとは 
パームルームとか(以前の)お昼寝の部屋とか・・家の作り方が豊かな発想ですね。補修前のドアノブは貴重品です。
息子も趣味で家具(簡単なもの)を作りますが
蝶つがいや取っ手などは インターネットで注文しています。階段の手すりの模様など素敵で 楽しんで拝見しています。
 
こんにちは。
エジプト考古学博物館の入り口で皇室の菊の御紋のような装飾があり
東西の文化は違っても太陽や花を意匠化すると似てくるもんだなと思っていましたが、それがロゼット文様の原型でしたか。
ロゼットって薔薇を意匠化したものだと思い込んでいました(^_^;)。

ryu
今日は! 
山手西洋博物館見応えがありますね。
外から見た家の形も良いですよね、思わずカメラを向けてしまいそうです。
内部の作りも和室と違った雰囲気があり落ち着けますね。
日本人なので和室も良いですが、この様な洋室もあっても良いかなと思います。
階段の長さが凄いですね、日本家屋の階段は十三階段と言われますので倍くらい有りそうですね。
http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
面白いし 趣がありますね 今作れないようなものも多いのではないでしょうか
こんな所カメラ探索してみたいです(*'▽')
素通り 
横浜に60年間住んでいるのに、ここはいつも素通りです。何でかわかりません。
AzTakさん 
こんばんは
時代の最先端を行く冷暖房装置、素晴らしいですねえ
クマの穴倉も夏暑く、冬寒い、季節に合わせていますよ?・・・・
今日も霙交じりでしたよ。
おお サム!!
 
こんばんはー
この邸宅で好きなのは窓とパームルームのガラス戸と床の市松模様は
キリッとしていいなぁっとみてしまいます(⌒_⌒;

でもこの昔々の洋館が暖炉があってもセントラルヒーティング完備だったのは
やはりデラックスで驚きですー‼
Re: 豊かさとは 
tugumi365さん、こんばんは。

> パームルームとか(以前の)お昼寝の部屋とか・・家の作り方が豊かな発想ですね。補修前のドアノブは貴重品です。
> 息子も趣味で家具(簡単なもの)を作りますが
> 蝶つがいや取っ手などは インターネットで注文しています。階段の手すりの模様など素敵で 楽しんで拝見しています。

一生懸命仕事をし、お金を稼ぎ、夢の邸宅を建て、住み始めて10年。そこで、第二次世界大戦が近付き、やむなく家族でカナダのバンクーバーに移住。後ろ髪を引かれる思いだったことでしょう。それから10年後の1952年にカナダで永眠したそうです。
おそらく終の棲家とするつもりだったのでしょうね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> エジプト考古学博物館の入り口で皇室の菊の御紋のような装飾があり
> 東西の文化は違っても太陽や花を意匠化すると似てくるもんだなと思っていましたが、それがロゼット文様の原型でしたか。
> ロゼットって薔薇を意匠化したものだと思い込んでいました(^_^;)。
>
> ryu

私は何度も見ているのに、ずっと菊の花だと思っていました。物が見えていないんですねえ。(^_^;)
ロゼット文様は、調べてみたら、下記のような記述がありました。太陽の光条を象どったものでしたか。菊花ではなかったんですね。画像を拡大して花弁の数を数えたりしたんです。徒労でした。

ロゼット文様は太陽の光条を象どったもので中央から放射線状に広がる円形装飾。「バラ花型」と訳されるが、日本の菊花の文様に似ていてバラには似ていない。メソポタミヤからギリシア、ペルシアでは一種の太陽マークとして、建築のレリーフ、陶器に装飾された。
Re: 今日は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 山手西洋博物館見応えがありますね。

そうですね。彼らの故国の家屋からすれば、狭小住宅も良いところでしょうが、それなりにお金をかけていますね。終の棲家としたかったことでしょうが、故国と日本とが戦争に突入したのでは、どうしようもありませんよね。

> 外から見た家の形も良いですよね、思わずカメラを向けてしまいそうです。
> 内部の作りも和室と違った雰囲気があり落ち着けますね。

此処は商業撮影でない限りはいくら撮っても構いません。入場料もかかりません。写真撮影の得意な方は粘ることなんでしょうね。

> 日本人なので和室も良いですが、この様な洋室もあっても良いかなと思います。
> 階段の長さが凄いですね、日本家屋の階段は十三階段と言われますので倍くらい有りそうですね。

西洋人は13段という数字は縁起が良くないということで、絶対に採用しないことでしょうね。この階段は、意匠が凄いんですよ。わかっていながら、いつも細部を撮るのを忘れてしまいますが、…。
Re: http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
SONOPHOTOさん、こんばんは。

> 面白いし 趣がありますね 今作れないようなものも多いのではないでしょうか

だと思いますね。ベリック氏の念願の邸宅だったのでしょう。これを設計した方の自宅が藤沢市に会ったそうです。それもまた、立派だったと聞いています。焼失してしまいましたが、、何とか再建できないかと動いている方が居るとか。

> こんな所カメラ探索してみたいです(*'▽')

そうですね。時間さえ都合が付けばなのでしょうが、…。難しいことですよね。
Re: 素通り 
senri32さん、こんばんは。

> 横浜に60年間住んでいるのに、ここはいつも素通りです。何でかわかりません。

理由は簡単です。以前は、寄宿舎だったりして、一般人が立ち入ることができない時期が続いていました。内部を補修したりして一般公開をし始めてからやっと15年経過しただけのようです。
前から居た方は、素通りする場所と言う印象が固まってしまっていたのでしょう。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 時代の最先端を行く冷暖房装置、素晴らしいですねえ

あのセントラル冷暖房は、イニシャルコストもランニングコストもべらぼうにかかるんですよ。ランニングコストがかかるのは、空室であっても冷温水が絶えず循環しているからです。その代わりどの部屋も温かく、涼しい。最高の居住環境でしたでしょうね。

> クマの穴倉も夏暑く、冬寒い、季節に合わせていますよ?・・・・
> 今日も霙交じりでしたよ。
> おお サム!!

みぞれくらい何でもないでしょう。
今日は、先日の春一番にまさるとも劣らないほどの強風が吹きました。ツグミとアトリだけで帰ろうとしていたら、ワカケホンセイインコというインコがいました。寒そうに見えましたが、頑張って生きていくしかないのでしょうね。
Re: タイトルなし 
> こんばんはー

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> この邸宅で好きなのは窓とパームルームのガラス戸と床の市松模様は
> キリッとしていいなぁっとみてしまいます(⌒_⌒;

そうですね。素敵ですよね。

> でもこの昔々の洋館が暖炉があってもセントラルヒーティング完備だったのは
> やはりデラックスで驚きですー‼

それも段冷房ともにありですからね。昔のセントラル冷暖房は不使用の部屋の冷温水の循環を止める事ができませんでしたから、相当にお金がかかっていたと思います。その分、どの部屋も最高の居心地だったことでしょう。
こんばんは 
僕は洋館でも日本建築でも神社仏閣でも
階段を撮影するのが大好きなんですよ^^
この奥行感が好きなんです^^
ただ、女性が上っているとカメラを向けられませんけどねw
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 僕は洋館でも日本建築でも神社仏閣でも
> 階段を撮影するのが大好きなんですよ^^
> この奥行感が好きなんです^^
> ただ、女性が上っているとカメラを向けられませんけどねw

この階段、大したもののようです。階段を真横から見るとステップ部分が三角形になっていますが、そこにまで意匠が施されてあります。勿論、手すりも優雅です。
北野の洋館と違って、軋んだりしません。安心して昇降できます。
こんばんは 
冷暖房装置は随分でっかいのが入っていますね。広い建物がすぐに暖かくなりそうなものです。ニッチですが、仕事で普通に使っている言葉ですが、本来はそういう意味だったのですね。とてもためになります。今度、うちの社員たちにも質問してみようっと!^^
Re: こんばんは 
MTさん、お早うございます。

> 冷暖房装置は随分でっかいのが入っていますね。広い建物がすぐに暖かくなりそうなものです。ニッチですが、仕事で普通に使っている言葉ですが、本来はそういう意味だったのですね。とてもためになります。今度、うちの社員たちにも質問してみようっと!^^
セントラルの冷暖房装置は、『相当コストがかかったんだろうな』って、貧乏人の発想しかできませんでした。日本人は、収入を日常生活に有効に活かすということが得手では無い民族かなあ、等と自虐的になったりして、…。

ニッチは、西洋の教会聖堂では普通に存在するものです。それを真似て、一般家庭でも、そういうふうにしたところが多くあったのかも。ビジネス用語に転化するとは、中世の人たちはびっくりしていることなんでしょうね。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR