散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

朝夷奈切通を歩いた(2)

横浜市金沢区側の道が続く。ひたすらきつい上り坂ではあるが、路面の状態は鎌倉市側のひどいぬかるみ路と比べれば数段良い。ゼイゼイ言いながらもひたすら登る。
鎌倉七口-朝夷奈切通略図
鎌倉七口-朝夷奈切通略図
上りが続く
いよいよ左右の視界がきかないゾーンに入っていくんだ。広角レンズで撮るとそれほど厳しいようには見えないかもしれないが、相当な勾配だ。粋が切れて、喘ぎながら上っていった。
序破急があるとしたら、エントランス通リが序だったのかもしれない。そこからは破と急ばかりだ。
上りが続く_1
上りが続く_2
上りが続く_3
いよいよ『小切通し」に差し掛かる
上りが続く_4
上りが続く_5
上りが続く_6
上りが続く_7
またもここで峠に差し掛かったかなと思った。でもそうではなかった。
上りが続く_8
それでも後で写真を見る限りでは、ちょっとだけ登り気味の山道にしか見えない。あれだけゼイゼイハーハーの道だったのに。
上りが続く_9
上りが続く_10
上りが続く_11
上りが続く_12
上りが続く_13
以下2点は、完全に見落としたもの。もしかしたら、この先の熊野神社に分岐する道沿いにあったのかなあ?仕方がないので、PDF画像を借用。
これは磨崖仏というべきものだろう。大きさがわからないので、想像するのみだが。
見落としたもの_1
見落としたもの_2

Comments

おはようございます! 
長い坂で腰はおつかれじゃないでしょうか?

この季節は、こんな道でも通りますが暖かくなる絶対に踏み込まない道ですね!

6000歩ぐらいの軽いウォーキングから始められたらどうでしょうか?私も最近、歩いてないので言えないですが・・
 
文章を読んでいるだけでも息がぜいぜいして、モモが痛くなってきそうです。階段はそうでもないですが坂の急な描写はとても難しいと感じます。そんな中での枯葉の道がいい雰囲気ですね。
http://fukeikan.blog.fc2.com/ 
かなりきつい坂道のようですが、歴史を感じる古道ですね。
岸壁の仏道は惜しいことをしましたね^^
拝見しているうちに、四国のお遍路で山の中をひたすら歩いたことを思い出しました^^
明日でしたか 
おはようございます。私は、ここは年に4回通ります、春夏秋冬。季節によって趣が違うんです。熊野神社は明日でしたか。三郎の滝は、当分先になりますね。
こんにちは 
え~~きつい勾配の坂道が延々と続くんですか?
坂道の苦手な助手・・・僕達は無理だろうな(^^;
AzTakさん 
こんばんは
山を切り取って道を通す。
よくぞ切り取ったものです。
Re: おはようございます! 
kazさん、こんばんは。

> 長い坂で腰はおつかれじゃないでしょうか?
>
> この季節は、こんな道でも通りますが暖かくなる絶対に踏み込まない道ですね!
>
> 6000歩ぐらいの軽いウォーキングから始められたらどうでしょうか?私も最近、歩いてないので言えないですが・・

朝夷奈切通の入り口から330m(バスを降りてから580m)の急坂の途中です。まだ、息が切れるだけで、足腰には余りダメージがありませんでした。ダメージを受けたのは、むしろ峠を超えてからの1kmの下り坂でした。悪路で段差がきつく着地のときに自重でかなり腰に来てしまいました。(^_^;)
鎌倉側の少し先のバス停まででも歩き出しから2.5kmほど。大した距離ではなかったのです。
大丈夫だと思っていたのですが、その後、ずっと腰の痛みが続いていて、太極拳での一本足立ちもできないままです。

なんだかんだで毎日5000歩以上歩く感じでは居ますが、それ以上の無理は暫くは避けてボチボチいかないといけないかもしれませんね。
Re: タイトルなし 
MTさん、こんばんは。

> 文章を読んでいるだけでも息がぜいぜいして、モモが痛くなってきそうです。階段はそうでもないですが坂の急な描写はとても難しいと感じます。そんな中での枯葉の道がいい雰囲気ですね。

今になって考えると切通し入り口から峠までの330mは急坂ではありましたが、歩きやすい坂道だったと思います。ただ、息が切れてヒーヒー言っていましたが。
峠を超えてからの出口までの残り1kmが本当は厳しかったです。

もしお出かけになることがあれば、鎌倉市側の入り口から元気のあるうちに1kmのダラダラ坂をのぼりきり、残り330mの急坂は店頭に注意しながらゆっくり下りる。あるいは、横浜市側に出ず、熊野神社に入って十二所果樹園を通るコースのほうが良いかもしれません。
Re: http://fukeikan.blog.fc2.com/ 
ノースさん、こんばんは。

> かなりきつい坂道のようですが、歴史を感じる古道ですね。

かなりきつく感じたんですが、あとで写真を見てみれば、次回のところを除けば大したことがなさそうに見えます。運動不足の極みが必要以上につかく感じさせsたのかもしれません。(^_^;)

> 岸壁の仏道は惜しいことをしましたね^^

たぶん、鎌倉市側から歩いていれば、見落とすことがなかったように思います。時々振り返ってみるのでした。

> 拝見しているうちに、四国のお遍路で山の中をひたすら歩いたことを思い出しました^^

そうですか、お遍路に行きましたか。私は、スペインの巡礼の道を歩きました。あちらの中世の道も大変でした。
Re: 明日でしたか 
> おはようございます。私は、ここは年に4回通ります、春夏秋冬。季節によって趣が違うんです。熊野神社は明日でしたか。三郎の滝は、当分先になりますね。

senri32さん、こんばんは。
年4回ですか。鎌倉市側から歩いたほうが楽そうですね。次回、熊野神社への分かれ道のところを取り上げます。ですが、軟弱者なので、熊野神社そのものはパスです。(^_^;)
まっすぐ悪路のかまくら道を進みました。峠を超えた下り坂だから楽勝だと思っていたのですが、いささか甘かったですね。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> え~~きつい勾配の坂道が延々と続くんですか?
> 坂道の苦手な助手・・・僕達は無理だろうな(^^;

後100mくらいでしょうか。最後が一番きつかったです。
実は峠を越えれば楽なものだと思っていましたが、そこまでで体力を使い果たし、段差のあるところで腰にダメージが来ちゃいました。観光地鎌倉の道だと甘く見すぎました。とんでもない悪路でした。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 山を切り取って道を通す。
> よくぞ切り取ったものです。

一日で、この切通しを作ったという法螺話もあるにはあるんですが、何年かと1日ならば分からないでもありませんが、そんな生易しい話ではありません。
鎌倉なので熊さんは出没しないと思いますが、台湾リスさんが私を見た途端に猛スピードで逃げていきました。熊さんと思ったのでしょうか。
今日は! 
Aztakさん、何時もご訪問とコメントを頂き有り難う御座います。
目の疲れと腰痛で暫く休ませて頂きました。
80歳まで何とか頑張ろうと思っていますが、若い頃の気力が薄れてしまいました。

相変わらずお元気ですね。
朝夷奈切通を歩かれたんですね。
此の朝夷奈切通を何かの散歩番組で見た記憶があります。
確か鎌倉から歩いたように記憶していますが・・・・
若い頃は山が好きで良く出かけましたが、今は到底無理ですね。
AzTakさんが羨ましいですね。
Re: 今日は! 
> Aztakさん、何時もご訪問とコメントを頂き有り難う御座います。
> 目の疲れと腰痛で暫く休ませて頂きました。
> 80歳まで何とか頑張ろうと思っていますが、若い頃の気力が薄れてしまいました。

yosaku03さん、こんばんは。
ただでさえ、体力が急激に落ちる年代に突入です。病気をしていなくとも、それで参ってしまう方もいらっしゃることでしょう。ましてやです。無理だけはしないでくださいね。

> 相変わらずお元気ですね。
> 朝夷奈切通を歩かれたんですね。
> 此の朝夷奈切通を何かの散歩番組で見た記憶があります。
> 確か鎌倉から歩いたように記憶していますが・・・・
> 若い頃は山が好きで良く出かけましたが、今は到底無理ですね。
> AzTakさんが羨ましいですね。

私は、腰椎のすべり症があって、下肢の痺れが起きやすくなっています。加えて、右膝の靭帯の部分断裂が補っている筋肉を疲れやすくさせています。その2つの不具合で、無理はできないのです。
見かけほど身体頑健ではありません。ですが、動かないと、今まで以上に歩けなくなってしまうと思っていて、多少気合を掛けています。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR