散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

皇居周辺をぶらぶら(6)

皇居の竹
たまたまなにもないと殺風景なので植えたのだと思うが、各種の竹が植えられている。急に竹やぶが見えるので、意表を突かれる感じだ。
キンメイモクソウ
キンメイモクソウ_1
キンメイモクソウ_2
ギンメイチク
ギンメイチク_1
ギンメイチク_2
キンメイチク
キンメイチク
オウゴンチク
オウゴンチク
説明標識
昭和天皇のおしるしが若竹だったのか。其れを平成8(1996)年に植えたんだ。全部撮っておけば良かった。
>説明標識

松の廊下跡
本丸御殿は現在芝生になっている部分とほぼ同じだと思っていたのだが、そうでもないようだ。この辺も御殿の一部だったのか。
松の廊下跡_1
松の廊下跡_2
CG_1
CG_2
下記の日記を読んでも、細かい事情はわからずじまい。浅野内匠頭には、それ以前に高家旗本筆頭の吉良上野介に、プライドを傷つけられたと思う経緯があったのだろう。
浅野内匠頭は何故刃物を所持できたのか。それが疑問だった。吉良上野介の下で勅使饗応の最終日だったとかで、儀式用に小さ刀(ちいさがたな。礼式用の小刀で脇差とはサイズが違う)で斬りかかったようだ。そうだったのか。
激しやすい主君だと、当該の藩士は大変な運命に否応なく巻き込まれたんだ。

幕府留守居番、梶川與惣兵衞の元禄14年(1701)3月の日記から一部を引用
其後御白書院の方を見候へば、吉良殿御白書院の方より来り申され候故、又坊主呼に遣し、其段吉良殿へ申候へば、承知の由にて此方へ被參候間、拙者大廣間の方御休息の間の障子明て有之、夫より大廣間の方へ出候て、角柱より六七間も可有之処にて雙方より出会ひ、互いに立居候て、今日御使の刻限早く相成り候儀を一言二言申候処、誰やらん吉良殿の後より「此間の遺恨覺えたるか」と聲を掛け切付け申候(其太刀音は強く聞え候へども、後に承り候へば、存じの外、切れ不申、淺手にて有之候)。我等も驚き見候へば、御馳走人の淺野内匠殿なり。
上野介殿「是れは」とて、後の方へ振り向き申され候処を又切付けられ候故、我等方へ向きて逃げんとせられし処を、又二太刀ほど切られ申候。上野介其侭うつ向に倒れ申され候。其時に我等内匠殿へ飛かゝり申候(吉良殿倒れ候と大かたとたんにて、間合は二足か三足程のことにて組付候様に覺え申候)。
右の節、我等片手は内匠殿小さ刀の鍔に當り候故、それともに押付けすくめ申候。其内に近所に居合申されし高家衆、并に内匠殿同役左京殿などかけ付けられ、其外坊主共も見及候処に居合候者共、追々かけ来り取りおさへ申候。


富士見櫓
こちらでは櫓の数は19となっている。以前取り上げたとき、多聞櫓を含めて46としたが、多聞櫓を除くと20となる。どちらが正しいのだろうか?
この方向からは石落としなどは見えない。当たり前といえば当たり前だ。昔はこの本丸を死守することが最重要だったんだ。
富士見櫓_1
富士見櫓_2
富士見櫓_1
説明書きには次のようなことが書かれてある
富士見櫓_3
富士見櫓_4
江戸城旧本丸の東南隅に位置する「富士見櫓」で、品川の海や富士山をご覧になったといわれています。現存の三重櫓は、万治2年(1659年)の再建で、江戸城本丸の遺構として貴重な存在といわれています。
天守閣が明暦3年(1657年)の大火で焼失した後は復旧されなかったので、富士見櫓が天守閣に代用されたと伝えられています。どこから見ても同じ形にみえるために、俗に八方正面の櫓とも呼ばれ、特に石垣上にせり出している石落し仕掛けのある南面の屋根が描く曲線はとても優美です。


石室
時代小説の格好の素材になりそうな石室だ。そこでは、どこぞへの抜け道ということになるのだろうが、実際には、貴重品などを避難させた蔵と考えるのが至当なのかなあ。本当の抜け道なのであれば、存在そのものを目立たないようにしてあったと思う。
石室_1
石室_2
石室_3
石室_4
富士見多聞北側の蓮池濠沿いにある石作りの蔵です。江戸城の遺構の中では比較的小さなもので、表の石組には焼けたような痕があり、多少ずれています。
入り口には扉を取り付けた穴があり、内部は20平方メートルほどの広さとなっています。伊豆半島産の安山岩(伊豆石)の切石で、隙間もないほどキッチリと壁が造られています。江戸城の抜け穴や御金蔵との説もありますが、場所柄から、火災などの際に貴重品などを避難させた蔵と考えられます。

Comments

 
天皇陛下に関して感銘を受けたのは、どこかの水族館だったか忘れましたけれど(葛西臨海公園ですかね)、天皇陛下がある生物に関する論文を発表されていて、それを見たときだったと思います。
論文の内容もお見事。自然にとても興味を持っていらっしゃるようでした。
今回の竹の話もそれに関したことであるように思います。
それにしても、一言で「竹」と言っても色々あるんですね。
狭い了見しかもたない私は、「竹」といえば一つしかないと勘違いしていました^^;
おはようございます 
ブラタモリのようですね。
富士見櫓ですが、名前の通り、富士山が見えるのでしょうね。せっかくなので富士山が見える写真を案内に貼り付ければと思うのですが、周りに高い建物が多く、今は見えないのでしょうかね。^^;
興味深く拝見しています 
皇居内にこの様に 百人番所や櫓や石室が残っているのですね。
堀の外だけが 高いビル群で ここだけが時代がそのままな様子
楽しく拝見しています。
おはようございます。 
皇居は見所がたくさんありますね!
野鳥もこれだけ飛来するのですから自然が上手く残されているのですね
。そうでしたか、儀式用の小さ刀とは知りませんでした^^
大使の赴任時の儀式は歴史と格・があっていいタイミングでしたね。レンズはチョット残伝でしたね^^
 
出羽三山 京都 滋賀 兵庫・・・etc
その他 私自身も訪れたことのある地でありながら
散歩三昧さんのブログで拝見すると
こんなに素敵に撮れるなんて といつも感動します。

儀装馬車の記事も 貴ブログで初めてみました。
洗練されて 気品があって 厳かで 素晴らしいものなのですね!

私の写真は素人で 単にデジカメですが
散歩三昧さんなら どう映されるかなと思うようになりました。




 
こんにちは。
竹は世界中で1300種、うち日本には600種もあるそうなので
せっかくならもっと多品種を植えて紹介しても良かったかも。
そういえば静岡県には竹類専門の植物園がありましたよね。
500種くらいあると聞いたことがあるので
機会があれば訪れてみたいものです。

ryu
今晩は! 
皇居東御苑には珍しい竹が植えられている所が有りましたね。
私も何回も写真を撮りました。
良く根津神社へツツジを撮りに行った帰りに足を伸ばして東御苑へ行きました。
今年は今のところ行く予定はありませんが・・・・・
マダケ 
我が街に自生している竹は、「地主さん」に言わせれば、マダケだということです。竹の種類はわかりません。花の名前もわからないのですから。
AzTakさん 
こんばんは
そうですか
昭和天皇のおしるしは若竹ですか。
知りませんでした。
昭和天皇も、今上天皇も学問には造詣が深いですね。
昭和天皇でしたか、『名もなき人々』『路傍の名もなき植物』などの表現をとても嫌ったようです。
ただ、名を知らないだけ、だとの意識からだそうです。
個々を大事にしましょう。
Re: タイトルなし 
八咫烏さん、こんばんは。

> 天皇陛下に関して感銘を受けたのは、どこかの水族館だったか忘れましたけれど(葛西臨海公園ですかね)、天皇陛下がある生物に関する論文を発表されていて、それを見たときだったと思います。
> 論文の内容もお見事。自然にとても興味を持っていらっしゃるようでした。

あれをやってはいけない。これも駄目。という雁字搦めの世界で生きざるを得ない高貴な方。誰にも迷惑をかけない生き方となると、コツコツと地味な学問・研究を続けるしか無かったのかもしれません。それでも、一生懸命続けられ、それなりの実績も残されているようです。

> 今回の竹の話もそれに関したことであるように思います。
> それにしても、一言で「竹」と言っても色々あるんですね。
> 狭い了見しかもたない私は、「竹」といえば一つしかないと勘違いしていました^^;

頂いたものを捨てるわけにもいかず、本丸エリアの殺風景さを補う一手段として、移植されたようですね。
よく見ると違いがあるのですが、私の単純脳みそでは、途中でよくわからなくなりました。
こんばんは 
ジオラマは僕も助手も大好きです^^
あ!!松の廊下だ!!!
止めてくれるな、梶川殿~ 後一太刀~~~w
Re: おはようございます 
> ブラタモリのようですね。
> 富士見櫓ですが、名前の通り、富士山が見えるのでしょうね。せっかくなので富士山が見える写真を案内に貼り付ければと思うのですが、周りに高い建物が多く、今は見えないのでしょうかね。^^;

石垣の高さは約14.5メートル、櫓の高さは約15.5メートルあるそうです。そして富士山の方角には皇居や御所が広がっています。それ程高い建物ではなく、多分条件が良い日にはよく見えると思います。
皇居より幾分近い西新宿の超高層ビルの高層階から富士山ウォッチングをしていましたが、今の季節はよく見えます。夏は殆ど見えません。皇居からでも同じかなと思います。
何と言っても、西の丸なんて問題じゃない本丸でしたから。
Re: 興味深く拝見しています 
tugumi365さん、こんばんは。

> 皇居内にこの様に 百人番所や櫓や石室が残っているのですね。
> 堀の外だけが 高いビル群で ここだけが時代がそのままな様子
> 楽しく拝見しています。

後世のために何かを残さなければと思ったときにはかなり手遅れになっていたのかもしれませんね。あっという間に経済発展を遂げた国なので。
アンバランスといえばアンバランスなのでしょうが、ちょっと見にはロンドンのようで、私は好きな町並みなんです。
Re: おはようございます。 
ノースさん、こんばんは。

> 皇居は見所がたくさんありますね!
> 野鳥もこれだけ飛来するのですから自然が上手く残されているのですね

皇居はそれなりに見どころがあると思います。
野鳥さんは、あまりにきれいに整備し過ぎで、緑が多く残されている割には他のところよりも少ないかもしれません。
きょうは、別の都心の公園に行きました。上空に大鷹が富んでいてカラスと激しいバトルを繰り広げていて、中小型の野鳥さんたちは小さくなっていました。
それでも河岸を変えて小魚を狙っていたカワセミさんを何枚か写真に撮ることができました。

> 。そうでしたか、儀式用の小さ刀とは知りませんでした^^

まさか、脇差しなどを隠して持ち込むなんてことは、小大名に過ぎなかった浅野内匠頭にはできなかったはずだったでしょう。どうやって、刃物を調達したのかずっと気になっていました。

> 大使の赴任時の儀式は歴史と格・があっていいタイミングでしたね。レンズはチョット残伝でしたね^^

以前慌ててレンズ交換をしてレンズを落としておじゃんにしたことがありました。安物レンズでしたが、私には貴重なレンズ。泣くに泣けませんでした。馬車って結構速く走っていってしまうので、切り替えてそのまま撮ろうと思いました。
Re: タイトルなし 
言の葉ISさん、こんばんは。
ここのところ、読み逃げばかりで失礼しています。m(_ _)m

> 出羽三山 京都 滋賀 兵庫・・・etc
> その他 私自身も訪れたことのある地でありながら
> 散歩三昧さんのブログで拝見すると
> こんなに素敵に撮れるなんて といつも感動します。

なんだか、昨年後半から一気呵成にあちこち生きだした感じでしたね。
弟に先に死なれたりして、自分もこの先…と思うと、見たいところはきちんと見ておこうと思うようになりました。
写真はうまく撮るというよりは、記録しておきたいと思って撮っています。(←センスが無いことの言い訳です)

> 儀装馬車の記事も 貴ブログで初めてみました。
> 洗練されて 気品があって 厳かで 素晴らしいものなのですね!

あれは、本当に良いものだなあと思いました。各国の大使閣下が殆ど選択されるのも首肯できますね。

> 私の写真は素人で 単にデジカメですが
> 散歩三昧さんなら どう映されるかなと思うようになりました。

(ΦωΦ)フフフ…、普通にしつこく撮っています。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 竹は世界中で1300種、うち日本には600種もあるそうなので
> せっかくならもっと多品種を植えて紹介しても良かったかも。
> そういえば静岡県には竹類専門の植物園がありましたよね。
> 500種くらいあると聞いたことがあるので
> 機会があれば訪れてみたいものです。
>
> ryu

さすが博識のtgryuさんです。そんなに種類がありましたか。
欧米人がくると、竹やぶを見て驚くという話を聞き、日本以外にはそれ程存在しないのかと思いこんでいました。が、結構あるものなんですね。う~~ん。
竹は食べ物として認識することが多かったです。普通の筍、姫竹、メンマなど。どれも好きなんです。
Re: 今晩は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 皇居東御苑には珍しい竹が植えられている所が有りましたね。
> 私も何回も写真を撮りました。
> 良く根津神社へツツジを撮りに行った帰りに足を伸ばして東御苑へ行きました。
> 今年は今のところ行く予定はありませんが・・・・・

そうですか。私は今日は、別の都心の公園に花を見に行きました。福寿草が咲きだしたという情報があったので。確かに咲きだしてはいましたが、蕾からほんの少し開いた程度でした。
鳥さんの方は、なぜだか番の大鷹がいて、カラスと激しいバトルを展開中でした。中小の野鳥さんたちは怯えまくり。河岸を変えたカワセミさんを何枚か撮ったきりでした。
いよいよネタ切れ近いです。病気でもないのに、更新できないのは癪に障ります。
Re: マダケ 
senri32さん、こんばんは。

> 我が街に自生している竹は、「地主さん」に言わせれば、マダケだということです。竹の種類はわかりません。花の名前もわからないのですから。

真竹だったら、自分の家にでてきた分なら、自家製のメンマにでもして食べられるかも。何でも食べ物の話に持っていきたがるところが、デブのもとなんでしょうかね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> そうですか
> 昭和天皇のおしるしは若竹ですか。
> 知りませんでした。

女性皇族の方だけかと思っていました。男性皇族にもそういうしきたりがあるんですねえ。

> 昭和天皇も、今上天皇も学問には造詣が深いですね。
> 昭和天皇でしたか、『名もなき人々』『路傍の名もなき植物』などの表現をとても嫌ったようです。
> ただ、名を知らないだけ、だとの意識からだそうです。
> 個々を大事にしましょう。

その辺の雑草にも愛情を抱いて接しておられたのでしょうね。ごもっともだと思います。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> ジオラマは僕も助手も大好きです^^
> あ!!松の廊下だ!!!

あれはどこにあるんでしょうね。三の丸収蔵館でしょうかね。

> 止めてくれるな、梶川殿~ 後一太刀~~~w

『小さ刀』って、ペティナイフ程度のものでしょうかね。着るよりも刺したほうが効果的だったのかもしれませんね。
抱えている重さを考えたら、こういう蛮行に走るべきではなかったと思います。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR