散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫~滋賀~京都(22)

妙心寺(3)
退蔵院(2)
順路表示に従っていくと洒落た門が見えてきた
洒落た門
2013年の『そうだ 京都、行こう』のキャンペーン・ポスターに使われた。石には『余香苑』と書かれてある。
洒落た門_1
洒落た門_2
洒落た門_3
友人と2人で何のデザインかわからず首をひねった。後で瓢箪と鯰だとわかった。瓢鮎図をモチーフにしたデザインだったんだ。
洒落た門_4
陰陽の庭
陽の庭
陽の庭_1
陽の庭_2
陰の庭
陰の庭_1
陰の庭_2
敷砂の色が異なる2つの庭は、物事や人の心の二面性を伝えています。陰の庭に8つ、陽の庭に7つ、合計15の石が配されております。
紅枝垂れ桜と羅漢石
紅枝垂れ桜の枝ぶりだけでも撮ろうかと思ったが、幹と枝だけじゃ、まるで私と同じだ。撮るに値しない。
紅枝垂れ桜と羅漢石_1
紅枝垂れ桜と羅漢石_2
余香苑完成当時に植えられた樹齢50年ほどの紅しだれ桜。平安神宮にある紅しだれ桜の孫桜で、瓢箪・なまずが彫られた門をくぐるとすぐに皆様の眼前に現れます。2013年春の「そうだ、京都いこう」キャンペーンに使用され、大変注目を集めました。
余香苑
日が陰ってきて、庭園の美しさを撮りきれなかった。残念至極。
余香苑_1
余香苑_2
余香苑_3
余香苑_4
余香苑_5
余香苑_6
余香苑_7
余香苑_8
余香苑_9
余香苑_10
余香苑_11
余香苑_12
余香苑_13
余香苑_14
この広大な庭園は造園家・中根金作氏の設計によるもので、昭和38(1963)年に着工し、3年の月日を費やして完成しました。
余香苑は伝統的な造園手法を基盤とした厳しさの中にも優雅さを含み、京都はもとより全国でも有数の昭和の名園と言えます。構造上目立たぬ苦心が随所に払われており、正面から庭園を見渡すと、奥行きが生まれ、庭園が広く見えることなどが例としてあげられます。一年を通して、紅しだれ桜や藤、サツキ、蓮、金木犀、楓などが彩ります。

Comments

おはようございます 
血統書付きのしだれ桜があるのですね。こちらは春の桜の季節はさぞ味わいのある風景が見られるのではないでしょうか。羅漢石なるものはいったいなんなのか、とても気になりました。
そうだ、京都に行こう。 
京都に、行きたくてもいけなかった。同じ職場のやつは、毎年京都に家族旅行をしていた、子供は1人、家は3人。いけるワキャないだろうが。今は、見返してやっている。我慢、忍だけだ。ざま―みろ。俺の勝だ。
 
こんばんは。
『余香苑』へ誘う石畳はまさに『不足の美』の真骨頂ですね。
欧米なら全部の石を規則正しいシンメトリーに仕上げるのでしょうけど
完璧を良しとしない侘び寂びの美学ならではですね。
最近は欧米人もその辺りを相当勉強して見学しているそうです。

ryu
AzTakさん 
こんばんは
そうだ、大本山妙心寺へ行こう!!
今年は行けるかな?
怪しいもんだ
 
こんばんは

言われてみれば鯰です。
瓢箪も言われなければわからないかも!?

いつの季節も日本の庭は素晴らしいです。
日本人の その昔からの美意識とても感じますね。
今回も美しい庭を堪能しました。m(__)m
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 血統書付きのしだれ桜があるのですね。こちらは春の桜の季節はさぞ味わいのある風景が見られるのではないでしょうか。羅漢石なるものはいったいなんなのか、とても気になりました。

この紅枝垂れ桜はポスターを見ただけですが、もともときれいな上に、庭のロケーションでサクラはより異常に光り輝いて見える感じなのだろうと思いました。私が何を言いたいかお分かりいただけないと思いますが、実際にあの場に立てば、お分かりいただけると思います。

羅漢石は、未だによくわかりません。羅漢さんを彫った石像のことを指す場合も、よくわからないのですが、『羅漢石』と呼ばれる石そのものもあるようです。この庭の場合、前者ではなさそうですが。
こんばんは 
こうして画を拝見していると、撮影に行ったときのことを
思い出します^^
枯山水にお庭も素敵で、助手と感動しながら
見入ったものでした^^
Re: そうだ、京都に行こう。 
senri32さん、こんばんは。

> 京都に、行きたくてもいけなかった。同じ職場のやつは、毎年京都に家族旅行をしていた、子供は1人、家は3人。いけるワキャないだろうが。今は、見返してやっている。我慢、忍だけだ。ざま―みろ。俺の勝だ。

まあ、そうなんでしょうが、どうしても行きたければ、思い切って行ったほうが精神衛生上は良いのでしょうね。その代わり、暫くはつましい生活を送らねばならないでしょうが。
行ってみて、にらめっこしてよかったと思うことも少なからずあるのかもしれません。

昔は結構いろいろなところにこまめに出かけていて、行ったことのない県が残り6県というところまで割りと早期に到達しましたが、そこから足踏みしたままで、未踏の県を潰せないでいます。
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

ryuさん、こんばんは。

> 『余香苑』へ誘う石畳はまさに『不足の美』の真骨頂ですね。
> 欧米なら全部の石を規則正しいシンメトリーに仕上げるのでしょうけど
> 完璧を良しとしない侘び寂びの美学ならではですね。
> 最近は欧米人もその辺りを相当勉強して見学しているそうです。
>
> ryu

あの石畳のアプローチは、造園家・中根金作氏が自ら並べたんじゃないかと、私は考えています。根拠など何もないのですが、感性のなせるワザかなと思ったのです。感覚の優れた人材は少なからずいるものなんですねえ。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> そうだ、大本山妙心寺へ行こう!!
> 今年は行けるかな?
> 怪しいもんだ

怪しいもんだ、などと言っていたらこの先もチャンスがないかも。思い切ってお出かけになったら如何でしょうか?
あと2回ほどその他の塔頭の外観だけ取り上げます。結構、それぞれの塔頭に由緒があり、潜り込めれば最高なんですが。何となく客人として迎え入れてくれそうな塔頭がありそうな気がしないでもありません。
Re: タイトルなし 
> こんばんは

そらまめさん、こんばんは

> 言われてみれば鯰です。
> 瓢箪も言われなければわからないかも!?

そうですね。物理的な大きさから瓢箪の口からナマズが入り込むのは無理だと思います。その無理難題をふっかけて、ときの高僧が必死になって、方法を考えたようですね。楷書体の文字も少なからずあります。文字そのものはわかるのですが、肝心の意味合いがわかりません。一人だけでも意味合いがわかれば、面白いのでしょうが。

> いつの季節も日本の庭は素晴らしいです。
> 日本人の その昔からの美意識とても感じますね。
> 今回も美しい庭を堪能しました。m(__)m

写真がうまく撮れなくて申し訳ありませんでした。もう少し天気が良ければよかったのですが。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> こうして画を拝見していると、撮影に行ったときのことを
> 思い出します^^
> 枯山水にお庭も素敵で、助手と感動しながら
> 見入ったものでした^^

カップルで行くのが、一番思い出に残るかもしれませんね。爺さん2人連れだと、抹香臭くていけません。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR