散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

光明寺などを訪ねた(3)

光明寺(2)
わざわざ光明寺を見に出かけた大きな理由が内藤家墓所を見ることだった。凄い墓所なのに正直驚いた。世田谷の豪徳寺に井伊家の墓所があるが、それをも凌ぐような印象を受けた。
鐘楼
立派な鐘楼だと思ったら、総ケヤキ瓦葺きで、弘化四年(1847-48年)の建造。170年前のもの。現在の梵鐘は、昭和三十六年(1961年)、法然上人七百五十年遠忌に当たり、鋳造せられたもの。朝夕に鐘が撞かれ鎌倉市内に響き渡るそうだ。
鐘楼_1
鐘楼_2
鐘楼_3
開山堂
関東大震災で余り被害を受けなかった旧祖師堂(旧開山堂)を損壊程度が激しかった旧本堂(阿弥陀堂)の代わりに新しい本堂にしたようだ。阿弥陀堂の本尊は新しい本堂に遷座した。ということで其れまでの開山堂が本堂になってしまったので、代わりとなる開山堂が翌大正十三年、古材等も使用して新たに建てられた。そして、ときが移り、平成十四年、老朽のため再建した。以上が関東大震災後の経緯。
応急的に建てたものはしっかり造られていなかったのかもしれない。建て直されたばかりの開山堂は非常に立派。開山をはじめ歴代法主の御影を祀っている。

開山堂_1
開山堂_2
記主庭園と大聖閣
小堀遠州作と伝える蓮池を中心とした庭園か。立派な庭だ。
記主庭園と大聖閣_1
記主庭園と大聖閣_2
記主庭園と大聖閣_3
光明寺の庭園は浄土宗庭園で記主庭園とも呼んでいます。蓮池には、夏ともなれば優雅な色を持って開花いたします。七月には観蓮会(有料)が開かれ蓮を眼前に抹茶を頂きながら静かな時の流れを感じることが出来ます。庭園内に聳える大聖閣(たいしょうかく)は宗祖法然上人800年大御忌を期して建てられました。お堂の二階には阿弥陀三尊が安置され、回廊よりその尊顔を拝すことが出来ます。
「三尊五祖来迎の庭」
内藤家墓所を一刻も早く見たい。気が逸っていて、完全に見落としてしまったようだ。何と迂闊なことだろう。以下2点はPDF画像を借用。
三尊五祖来迎の庭_1
三尊五祖来迎の庭_2
本堂南側にあり。三尊とは、極楽浄土の阿弥陀仏とその脇士たる観音・勢至の二大菩薩を表し、五祖は浄土教を説法流布された釈尊(印度)善導(中国)法然・鎮西・記主(日本)の浄土宗五大祖師を示します。この三尊五祖が、庭園の中に石で表現されています。庭園全体の構図は、煩悩多いこの世(此岸)と救われていく彼の岸(彼岸)とを明らかに示しています。
内藤家墓所
前回及び今回の記事の冒頭に記述した通り、この寺の旧墓地には、陸奥国磐城平藩の藩主を務めた内藤家の墓所がある。いわき出身の私には、是非ともこれを見ておきたかった。扇ガ谷の薬王寺にある旧墓地には、四国の松山城主蒲生忠知公の奥方と息女のお墓がある。その奥方は、内藤家の娘。もともとは会津の藩主だった蒲生家に嫁いだのだった。
その不憫な娘を思う気持ちを家督を継いだ忠興が斟酌。妹(姉?)の墓を見守る意向があったのではなかろうか?江戸深川の霊巖寺にあった内藤家墓所を鎌倉の光明寺に移設。凄い墓地である。高さ3mにも及ぶ大宝篋印塔がズラリと並ぶさまはまさに壮観。

内藤家墓所_1
内藤家墓所_2
内藤家墓所_3
内藤家墓所_4
内藤家墓所_5
内藤家墓所_6
内藤家墓所_7
内藤家墓所_8
内藤家墓所_9
内藤家墓所_10
内藤家墓所_11
内藤家墓所_12
松壽院と梅嶺院
磐城平城主・内藤左馬助政長の七女。名前は不明。13歳で23歳の蒲生忠知に嫁ぐ。嫡男鶴松は寛永10年3歳で早世。忠知死去の際は20歳懐妊中で、男児であれば蒲生家再興を約束されたが女児を出産。この娘も12歳で死去し、梅嶺院と号す。松壽院は姑『振姫』の陽壽院の壽を用いて号したと伝えられる。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
陸奥国磐城平藩のち日向国延岡藩の領主内藤家歴代の墓所で、歴代藩主の多くやその正室など200基以上の石塔が立つ。江戸の霊巌寺から移されたものである。

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
新宿御苑の内藤家とは違うのですよね!
おはようございます 
これが、江戸時代のお墓の形態なのですね。今と違って、場所も取らないし、形状も素敵な感じです。今は立派なお墓も多いですが、不必要に大きなお墓は手入れも大変だし...、なんて思って、見ています。
 
こんにちは

清々し三尊五祖来迎のお庭ですね
ここで座禅組み過去の過ちをクリアな人生に戻れたらと思います

わたしの体力作りも2日メ
パラパラ小雪が舞ってましたが幸いにも風もなく穏やかなのでGO!!です
本とカメラを持ち10時半に家を出て14時家路に・・・
 
手頃なCafがあればいいのだが無さそうです
唯一マックに 回転すし店 
もう少し探してみよう
それでも今は気持穏やか♪ 只今ガツガツ昼ごはん食べてま~す

聞いたことがある話 
それにしても、凄いお墓。一家代々。墓碑58基ということは、1人一基で58人が眠っているということですかね。親父とお袋が墓を買う時に、あまりでかい墓は買わないほうがいいと聞いた記憶があります。「なぜ?」と聞いたら、「広いと呼び込むから」という返事が返って来ました。
 
こんにちは。
背が高く立派な墓碑ですが関東大震災の際
倒壊しなかったんでしょうかね。
当地の墓地は先の東日本大地震で墓碑はことごく倒壊してしまいました。
我が家は洋型だったので墓石が少しずれただけ済みましたが
新しく立て直しした人は和型に懲りて洋型にしたひとが多かったです。

ryu
 
AzTakさん、こんばんは。
記主庭園の蓮池は立派で夏に優雅な色で開花したら、さぞや綺麗ではと
想像します。取り囲むお庭の造りと建造物に木々が一層引き立てるように
みえます。

それにしても内藤家の墓地の高さ3mにも及ぶ大宝篋印塔が、ズラリと
並ぶのは凄いです。
こういうお墓は初めてみました^^
AzTakさん 
こんばんは
この鐘楼も素晴らしいですね。
木組みがいいです。
豪徳寺は何回か行きましたが、もう記憶のかなたですよ・・・。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 新宿御苑の内藤家とは違うのですよね!

こちらは、磐城平藩や延岡藩の藩主だった内藤家です。ずっと遡れば、出自が一緒だったりするかもしれませんが、通常考えれば、無関係といったほうが良いのではないかと思います。
江戸深川の霊巖寺にあった内藤家墓所をわざわざ鎌倉の光明寺に移設したんですね。参勤交代でも反対方向になる土地に、何故?そのことが頭から離れません。
Re: おはようございます 

MTさん、こんばんは。

> これが、江戸時代のお墓の形態なのですね。今と違って、場所も取らないし、形状も素敵な感じです。今は立派なお墓も多いですが、不必要に大きなお墓は手入れも大変だし...、なんて思って、見ています。

江戸時代の大名家の墓地なんでしょうね。延岡に領地替えになる以前にいわき平藩主だった時代に、こちらの檀家になったそうです。狭く見えるかもしれませんが、見た感じ相当な区画の大きさでした。
豪徳寺の井伊家の墓地も見ましたが、あちらの方が、すっきり感はあるかもしれません。でも、大宝篋印塔が無数にあるのにはびっくり。井伊家には無いものでした。大名家の考え方が反映されたものなんでしょうかね?
Re: タイトルなし 
> こんにちは

ぴあのさん、こんばんは。

> 清々しい三尊五祖来迎のお庭ですね
> ここで座禅組み過去の過ちをクリアな人生に戻れたらと思います

(ΦωΦ)フフフ…、見落としてしまった私にはなんとも言えないところです。何故見落としたのか、今でも不思議です。

> わたしの体力作りも2日メ
> パラパラ小雪が舞ってましたが幸いにも風もなく穏やかなのでGO!!です
> 本とカメラを持ち10時半に家を出て14時家路に・・・
>  
> 手頃なCafがあればいいのだが無さそうです
> 唯一マックに 回転すし店 
> もう少し探してみよう
> それでも今は気持穏やか♪ 只今ガツガツ昼ごはん食べてま~す

今週は月曜日にこの記事の鎌倉に行き、尻切れトンボになったので、水曜日に皇居周辺を歩き、木曜日にマッサージ治療をうけ、そのあと、太極拳の稽古をしました。太極拳をしていたら、梨状筋が痛くなって、…。危険信号点滅状態でした。
今日は休養を兼ねて引きこもっています。ものすごく寒い日でしたねえ。
Re: 聞いたことがある話 
senri32さん、こんばんは。

> それにしても、凄いお墓。一家代々。墓碑58基ということは、1人一基で58人が眠っているということですかね。親父とお袋が墓を買う時に、あまりでかい墓は買わないほうがいいと聞いた記憶があります。「なぜ?」と聞いたら、「広いと呼び込むから」という返事が返って来ました。

1人一基で58人が眠っているのか、まとめた分もあるのか、敷地内に立ち入れないので確認できませんでした。
豪徳寺の井伊家墓地のように立ち入ることができればよいのですが。読むこともできもしないのに、墓標とにらめっこできたかも。

大きいお墓といえば、養父が管理していたかつてのクライアントの方の墓は大きかったです。横長の墓石でしたが、見たことがないような大きさでした。養父が死ぬ前に、かつてのクライアントの遺族の方と話をし、墓の処分をしました。どんな金持ちでも、子孫が外国暮らしで代も代わると、墓を維持することは難しいものです。
この墓地も将来はどうなることなのでしょうか?
こんばんは 
光明時も良いお寺ですね~
大聖閣、良い建物です!
惹かれます~~
お庭も綺麗で、やはり神社仏閣は良いな^^
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

ryuさん、こんばんは。

> 背が高く立派な墓碑ですが関東大震災の際
> 倒壊しなかったんでしょうかね。
> 当地の墓地は先の東日本大地震で墓碑はことごく倒壊してしまいました。
> 我が家は洋型だったので墓石が少しずれただけ済みましたが
> 新しく立て直しした人は和型に懲りて洋型にしたひとが多かったです。
>
> ryu

いつまで経っても、震度などという前近代的な指標で測っていると、地震の大きさが掴めませんね。『人が立っていられない揺れ』なんて基準は曖昧すぎます。
関東大震災は、当時としては被害の規模は極めて大きかったですが、地震の規模としてはそれ程でもなかったと思います。
こちらの墓標も倒れなかったんじゃないかと思います。壊れたような跡がありませんでしたから。

ガルで比較すると、東日本大震災の巨大さがわかるというものです。本当に巨大な地震だったんですね。

2011年: 東日本大震災 M9, 震度7, 2933ガル
2011年: ニュージーランド地震 M6.3, 震度6強, 940ガル
2010年: チリ地震 M8.8, 震度不明, 550ガル
2004年: 新潟県中越地震 M6.8, 震度7, 1700ガル
2003年: 十勝沖地震 M8.2, 震度6, 87ガル
1995年: 阪神大震災 M7.3, 震度7, 800ガル
1923年: 関東大震災 M7.9, 震度7, 300~400ガル
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 記主庭園の蓮池は立派で夏に優雅な色で開花したら、さぞや綺麗ではと
> 想像します。取り囲むお庭の造りと建造物に木々が一層引き立てるように
> みえます。

そうですね。如何に朴念仁の私めでも、これはすごいと唸ってしまいました。季節が到来すれば、極楽浄土も斯くありなんという『美しさになるのでしょうね。

> それにしても内藤家の墓地の高さ3mにも及ぶ大宝篋印塔が、ズラリと
> 並ぶのは凄いです。
> こういうお墓は初めてみました^^

これほど壮観なのは私も初めてです。我が田舎の殿様なので、大した墓地ではないんだろうと思いこんでいましたが、予想と実際とが全然違っていました。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

こんばんは。

> この鐘楼も素晴らしいですね。
> 木組みがいいです。

結構立派な鐘楼でした。写真の腕前がひどいので良さを表現できていませんが、相当に手の込んだ素晴らしいものだと思いました。

> 豪徳寺は何回か行きましたが、もう記憶のかなたですよ・・・。

豪徳寺は落ち着いた良い寺院ですよね。井伊家の菩提寺になって、徐々に運が向いてきたようです。招き猫の効力は凄いものがあったのかもしれません。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 光明寺も良いお寺ですね~
> 大聖閣、良い建物です!
> 惹かれます~~

鎌倉にこんな素敵なお寺さんが残っていたなんて驚きました。いま、立派な佇まいが残っているところは、江戸時代に中興の人物がいて、それでジリ貧にならずに済んだようですね。建長寺や円覚寺でも、江戸時代には泣きついてばかりだったようです。其れ以下の寺院の苦しさがわかろうというものです。

> お庭も綺麗で、やはり神社仏閣は良いな^^

そうですね。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR