散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫~滋賀~京都(19)

仁和寺(6)
ずっと続けて取り上げてきた仁和寺も今回が最後。しかし、よくもこんなに国宝や重要文化財が揃ったものだ。
金堂 国宝
応仁の乱で堂塔伽藍がことごとく焼失した後始末。重要文化財指定のものは徳川幕府の寄進によるもの。で、金堂は、慶長18年(1613年)に建立された旧皇居の正殿・紫宸殿を寛永年間(1624年-1644年)に移建改築したものだ。建てたばかりの正殿・紫宸殿を移築したのだ。おそらく箔をつけるべく徳川幕府が気遣いをしたのだと思う。
移築の際、宮殿から仏堂への用途変更があった。そのために、屋根を檜皮葺きから瓦葺きに変えるなどの改造が行われているそうだ。当然内部は改造が必要だったと思うが、檜皮葺きから瓦葺きに変える必然性はあったのだろうか?
金堂 国宝_1
何やらぶら下がっているものは、蔀戸を吊るための金具だろうか?
金堂 国宝_2
金堂 国宝_3
金堂 国宝_4
金堂 国宝_5
金堂 国宝_6
金堂 国宝_7
金堂 国宝_8
向拝の軒先には何やら髭の爺様が乗っている。どうやら孔子をイメージしたものらしいと書いているブログがあった。孔子にしてはちょっとひねた爺さん像だなと思い調べたら、黄安(こうあん)という仙人だそうだ。仁和寺の説明では、亀は3000~4000年に一度、水面に顔出すといわれ、黄安はその亀を3~4回見たそうだ。永遠の象徴として安置されているとのことだ。ここで言う亀とは、贔屓(ひいき・びし、拼音:Bìxì、正字体:贔屭)のことを指すようで、中国における伝説上の生物だ。リアル亀での話ならば、私もあの上に像をつくってもらってもおかしくないのだが、…。
金堂 国宝_9
金堂 国宝_10
慶長18年(1613年)に建立された旧皇居の正殿・紫宸殿を寛永年間(1624年-1644年)に移建改築したもので、近世の寝殿造遺構として重要。宮殿から仏堂への用途変更に伴い、屋根を檜皮葺きから瓦葺きに変えるなどの改造が行われているが、宮殿建築の雰囲気をよく残している。
観音堂 国指定重要文化財
修復工事中だった。覆いが掛けられているので、様子を伺うこともできない。PDF画像で見ていただこう。
観音堂 国指定重要文化財
1641-1645年建立。入母屋造、本瓦葺で前後に向拝が付き、たち(軒までの高さ)の高い建物です。本尊は千手観音菩薩で、脇侍として不動明王・降三世明王、その周りには二十八部衆が安置され、須弥壇の背後や壁面、柱などには、白衣観音をはじめ仏・高僧などが極彩色で描かれています。内部は通常非公開とされ、現在も仁和寺に伝わる法流の相承などに使用されています。
修復工事の様子を取り上げた頁にjump

御影堂 国指定重要文化財
1641-1645年建立。旧皇居の清涼殿の用材を用いて建設したもの。宗祖空海を祀る。この堂宇は大事に扱われているんだと思った。旧皇居の清涼殿そのものを移設したのではなくとも、相応の風格があった。
御影堂 国指定重要文化財_1
御影堂 国指定重要文化財_2
御影堂 国指定重要文化財_3
御影堂 国指定重要文化財_4
御影堂 国指定重要文化財_5
御影堂中門 国指定重要文化財
1641-1645年建立。単なる門だと思い、うっかり撮るのを失念してしまった。国指定重要文化財だったんだ。
経蔵 国指定重要文化財
1641-1645年建立の禅宗様建築。五重塔よりも一段高い敷地に、金堂や御影堂などとともに建っている。
経蔵 国指定重要文化財_1
経蔵 国指定重要文化財_2
壮麗な建物であるが、この花頭窓の色合いはちょっと似合わないのではと思った。時間がたった今になってみれば、生で見たときの奇異感は薄らいだのだが。
経蔵 国指定重要文化財_3
経蔵 国指定重要文化財_4
鐘楼 国指定重要文化財
1644年建立。格式を誇る袴腰の鐘楼で保存状態は非常に良さそうだ。非常に立派だが、流石に東照宮の鐘楼・鼓楼ほどには造らなかったんだ。当たり前かな。
鐘楼 国指定重要文化財_1
鐘楼 国指定重要文化財_2

次回は、今回の旅の最後に訪れた妙心寺を取り上げる

Comments

 
孔子にしてはひねた像、確かに。ですが、まあ孔子自身も、彼の人生を調べてみると、かなりひねたところがあるような気がします^^:像として飾されるのは楽しそうですが、レーニンみたいな飾られ方はいやな私です。
 
AZTAKさま こんにちは

仁和寺は「古都京都の文化財」として、世界遺産にも登録されており、 皇室ともゆかりの深い寺で、数々の国宝や国指定重要文化財を要しているようですね。
さすが、真言宗御室派総本山の寺院ですね。
一度参拝しておりますので、とても興味深く拝見いたしました。
 
こんにちは。
耐久性や経済性を鑑みれば瓦の方が断然いいのでしょうけど
優美さでいえば桧皮葺に軍配が上がりますね。
勇壮さなら瓦の方が力強いので徳川好みなのかも。

ryu
 
仁和寺(6)ですか。「どんだけ―」の世界ですね。今日、空き家のフォームで、床材を運んだ、若い衆が、鎌倉建長寺の「新築庫裡」を建てた時運んだ、材料が、半端なく、家の空き家の坂よりきつかったと言ってました。ご報告まで。
AzTakさん 
こんばんは
リアル亀に乗っかって居眠りしている(失礼!!)AzTakさんが見えるようですな
それにしても立派な鐘楼。
鳴らすことは有るんでしょうか?
聞いたことが有るような無いような
今晩は! 
仁和寺が続きましたが、最後になりますか。
然し凄いですね、此ほど見るところがあるとはビックリです。
総てが国宝級で其の凄さが伝わってきます。
細かいところまで良く見てきましたね、屋根の上までとは・・・・
ただ驚くばかりです。
Re: タイトルなし 
八咫烏さん、こんばんは。

> 孔子にしてはひねた像、確かに。ですが、まあ孔子自身も、彼の人生を調べてみると、かなりひねたところがあるような気がします^^:像として飾されるのは楽しそうですが、レーニンみたいな飾られ方はいやな私です。

孔子様を云々するつもりは毛頭ございません。(^_^;)
というか猿顔の爺さんだなあと思いながら見ていたので、ちょっと違和感を覚えたということで。(^_^;)(^_^;)(^_^;)
こんばんは 
僕達は先週末、久しぶりに雪の京都に撮影に行きました。
雪の京都も美しかったです~~
いつも行く京都とは違った情景を堪能してきました^^

古いパソコンで頑張っています。
動きが遅い~~
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 仁和寺は「古都京都の文化財」として、世界遺産にも登録されており、 皇室ともゆかりの深い寺で、数々の国宝や国指定重要文化財を要しているようですね。
> さすが、真言宗御室派総本山の寺院ですね。
> 一度参拝しておりますので、とても興味深く拝見いたしました。

私は恥ずかしながら仁和寺は中に入ったのは初めてでした。門跡寺院を束ねる門跡寺院とは本当に恐れ入る話ですね。あの家光でさえ、動かざるを得なかったんですね。応仁の乱の後始末とは、とんだとばっちりと言えなくもないですが、きちんとやり遂げたんですね。
これで明治の御殿焼失がなければ、西本願寺と肩を並べたところだったのでしょうが。本当にもったいないことでした。

今回はお散歩レンズで気楽に撮りましたが、その分、写真のできが良くありませんでした。再挑戦する機会があれば、スナップ撮影に適したカメラ&レンズでやり直したいものです。何か、毎回同じセリフを吐いている気がしないでもありません。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

ryuさん、こんばんは。

> 耐久性や経済性を鑑みれば瓦の方が断然いいのでしょうけど
> 優美さでいえば桧皮葺に軍配が上がりますね。
> 勇壮さなら瓦の方が力強いので徳川好みなのかも。
>
> ryu

ryuさんに言われて、慌てて東照宮の屋根を確認しちゃいました。確かに瓦屋根でしたね。家光には、経済合理性を考えるきめ細かい一面もあったようですね。うまく飾り立てたりして、芸が細かいものです。
Re: タイトルなし 
senri32さん、こんばんは。

> 仁和寺(6)ですか。「どんだけ―」の世界ですね。今日、空き家のフォームで、床材を運んだ、若い衆が、鎌倉建長寺の「新築庫裡」を建てた時運んだ、材料が、半端なく、家の空き家の坂よりきつかったと言ってました。ご報告まで。

IKKOさんじゃありませんが、そう言いたくなりますよね。この上を行くのは西本願寺くらいでしょうか?
若い衆が話していたのは、建長寺の庫裡と隣接している客殿のことでしょうね。現在入手しうる最高の材料を惜しげもなく使って建築したという話です。特別拝観のときに階段と食堂を通りました。食堂ではけんちん汁を食べましたが、そこまででした。部屋はものすごく立派だという話です。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> リアル亀に乗っかって居眠りしている(失礼!!)AzTakさんが見えるようですな

ははは、河馬のような図体の私がリアル亀さんに乗っかったら、亀さんが圧死してしまいます。そんな酷いことはしませんって。

> それにしても立派な鐘楼。
> 鳴らすことは有るんでしょうか?
> 聞いたことが有るような無いような

袴腰の鐘楼も鼓楼も、見ることは見ていますが、音を聞いたことはありません。間が悪い男の典型かもしれません。一度聞いてみたいものですね。
Re: 今晩は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 仁和寺が続きましたが、最後になりますか。
> 然し凄いですね、此ほど見るところがあるとはビックリです。
> 総てが国宝級で其の凄さが伝わってきます。

私もびっくりしました。もう少し上手く撮らないと、被写体に申し訳ありませんが、今の私の腕前では、精一杯だったかもしれません。次回は、妙心寺を取り上げるつもりでしたが、記事が間に合わず、月曜日に行ったばかりの材木座の光明寺他を取り上げようと思います。
今回は、EOS M3とM2とで、EF-Mマウントのレンズを使用しました。富士山のアップのみ、マウントアダプターを介して、EF-Sマウントのレンズを使用しました。

> 細かいところまで良く見てきましたね、屋根の上までとは・・・・
> ただ驚くばかりです。

あれは、案内してくれた友人の歩くのが早いので、撮るふりをしながら休んでいた最中に実際に撮ったものです。(^_^;)
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 僕達は先週末、久しぶりに雪の京都に撮影に行きました。
> 雪の京都も美しかったです~~
> いつも行く京都とは違った情景を堪能してきました^^

そうなんですよね。確かに美しかったでしょうが、難行苦行だったことでしょう。金閣寺はものすごい観光客の数だったとか聞きました。教えてくれた人の写真を見たら、私も行きたいと思いました。
こればっかりは、予測不能ですから。近場の人とか、たまたま居合わせた幸運な人の特権ですね。

> 古いパソコンで頑張っています。
> 動きが遅い~~

まあ、そんなに長いことじゃないでしょうから、辛抱するしか無いですね。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR