散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫~滋賀~京都(14)

仁和寺(2)
白書院に向かう渡り廊下からの景観が素晴らしい。そして、白書院の正面広縁から眺める景観は更に素晴らしい。もちろん、白書院の室内も負けず劣らずに素晴らしい。
双ヶ岡からの仁和寺の様子
PDF画像を借用して、境内の様子を遠望してみる。行った時は気が付かなかったが、境内の背後には山が迫っていたんだ。今回取り上げる白書院は、画面の左やや下部にある屋根が込み入っている辺りだ。おそらく妻側が大きく見えている建物だと思う。そして、その後方の大きな檜皮葺の右側に少し張り出している建物が宸殿で、小さな檜皮葺の建物が霊明殿だと思う。
双ヶ岡からの仁和寺の様子
白書院に向かう渡り廊下からの景観
南庭越しに宸殿が見えた
白書院に向かう渡り廊下からの景観_1
宸殿と五重塔とが見えた
白書院に向かう渡り廊下からの景観_2
白書院に向かう渡り廊下からの景観_3
白書院に向かう渡り廊下からの景観_4
白書院 登録有形文化財(建造物)
ご下賜された常御殿が宸殿の役割を果たしていたが、明治20(1887)年の火災で焼失してしまった。その直後、明治23(1890)年に仮宸殿として建てられた。その後、大正3(1914)年に宸殿が建てられるまでその役目を果たし、それ以降は、白書院と称されるようになった。
内部の様子
襖絵などは、昭和12年(1937年)に福永晴帆(1883〜1861)画伯の松の絵が部屋全体に描かれた。勢いのある見事な絵だと思った。
内部の様子_1
内部の様子_2
あれ、変だ。何か足らない。直下の像と見比べられたい。
内部の様子_3
同じだろうか?上のショットには、李白の筆『壮観』の拓本がないのだ。どうしたのだろうか? (PDF画像を借用)
内部の様子_3_2
内部の様子_4
内部の様子_5
内部の様子_6
正面広縁からの景観
南庭越しに勅使門が見える
正面広縁からの景観_1
正面広縁からの景観_2
宸殿が見える。手前の樹木が「左近の桜」「右近の橘」のようだ。御所並みということか。
正面広縁からの景観_3
勅使門と二王門とが見える
正面広縁からの景観_4
渡り廊下
宸殿、黒書院、霊明殿と繋がっている
渡り廊下

宸殿と大玄関の間に東面して建ち、桁行一15.8メートル梁間12.5メートル、入母屋造桟瓦葺である。表と裏に三室ずつ配る六室構成で、正面広縁を吹放しとする。表側の室境は竹の節欄間とし座敷にトコと棚を設える。旧宸殿としての格調を備える書院である。

Comments

おはようございます。 
襖に書かれた太い松の絵がダイナミックです。こういう絵を描く時はやはり立てて描くのではなく寝かして描くのでしょうが、連続した大きなキャンバスに書きますので屏風同様大変な作業ですね。消失前はどんな襖絵だったのでしょうかね。興味が尽きません。
おはようございます! 
いい季節がずれてますので、ゆっくり拝観できたんじゃにでしょうか? 曇天なので色のりもいいです。
渋い 
私の好みの寺です。今日も、京都旅行が出来ました。
AzTakさん 
こんにちは
素晴らしい庭です。
邪念いっぱいの熊も、少しばかりは心が洗われるかも知れません。
襖絵も素晴らしいです。
 
こんにちは。
どの宗派も総本山となると立派な伽藍をもっていますが
さすが仁和寺は世界遺産だけあって見応え十分ですね。
我が家は同じ真言宗でも智山派、総本山は智積院ですが
古い建物はほとんど無いので観光客は殆ど行かないようです。
見たことはないですが襖絵は国宝だそうで
信者(?)の端くれとして一度は見たいものです。

ryu
 
AzTakさん、こんばんは。
渡り廊下は通過しながらあちらこちらを見られる長さですか。
渡り廊下も風情がありますね。
南庭越しに見た勅使門は大変凝っていて上品です。

でも本当に李白の筆壮観』の拓本がないと、そこが空白で寂しくて、
どうしたのでしょうね。

鎌倉から今回の旅へと続きAzTakさんの知識はいっそう増し加わり
目は超えてきますね( ^ o ^ )
Re: おはようございます。 
MTさん、こんばんは。

> 襖に書かれた太い松の絵がダイナミックです。こういう絵を描く時はやはり立てて描くのではなく寝かして描くのでしょうが、連続した大きなキャンバスに書きますので屏風同様大変な作業ですね。消失前はどんな襖絵だったのでしょうかね。興味が尽きません。

どうやって制作したのでしょうね。いずれにしても大きな絵画や書をモノにする人たちって、ある種の才能があるんでしょうか?
昔の御殿は、

ご下賜された常御殿が宸殿の役目を果たしていた
その常御殿などその周囲の建物が全て焼けてしまった

と一般向けには書かれているだけで、白書院のところに以前は何があったのかなどは私には見当がつきません。昔は大したものが建っていなくて、常御殿に代わるものが建つまで、応急的に建てられた建物であるようです。素直に考えれば、福永晴帆画伯は『仮宸殿としてふさわしいものであれば、好きに描いていいよ』と言われたのではないかと思います。
松が描かれているところを見ると、あるいは、『常盤木』のイメージを描くように言われたんでしょうかね。
Re: おはようございます! 
kazさん、こんばんは。

> いい季節がずれてますので、ゆっくり拝観できたんじゃないでしょうか? 曇天なので色のりもいいです。

比較的、ゆっくり拝見できたことは確かです。トップ・シーズンだと本当に大変でしょうね。こちらのトップ・シーズンは御室桜が咲く頃でしょうか。
御殿内部の拝観は、当然土足厳禁の世界ですから、靴を脱いで歩きました。安物の薄手の靴下を履いていったので、足がかなり冷えました。写真はたくさん撮ったのに、同じ写真ばかりで、肝心のところが拔けていたり、ピンぼけだったり、…。記録用の写真撮影を目指しているのに、恥ずかしい限りです。
下調べを何もしていかないのが仇になりました。
Re: 渋い 
senri32さん、こんばんは。

> 私の好みの寺です。今日も、京都旅行が出来ました。

今回は4つの寺院を廻りましたが、境内の広い寺院ばかりになりました。時間が相当かかり、最後は閉門時刻で、残念ながら見終わってはいないのに、渋々帰途につくしかありませんでした。
京都在住の友人も良いコースだったと言っていました。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 素晴らしい庭です。
> 邪念いっぱいの熊も、少しばかりは心が洗われるかも知れません。
> 襖絵も素晴らしいです。

あの庭は南庭の方です。名無しの権兵衛扱いにしていた洒落た門は『皇族門』で、登録有形文化財です。そして堂々たる『勅使門』は重要文化財です。その昔、いずれかの門から入ってこられると、後の掃き清めが大変だったことでしょうね。
思ったのですが、勅使と皇族とではどちらが偉いんでしょうか?宮内庁長官と秋篠宮とがどちらが偉いんだろうか、みたいな変な話でしょうか?ちなみに、門は勅使門のほうが遥かに立派です。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

ryuさん、こんばんは。

> どの宗派も総本山となると立派な伽藍をもっていますが
> さすが仁和寺は世界遺産だけあって見応え十分ですね。

そうですね。

> 我が家は同じ真言宗でも智山派、総本山は智積院ですが
> 古い建物はほとんど無いので観光客は殆ど行かないようです。
> 見たことはないですが襖絵は国宝だそうで
> 信者(?)の端くれとして一度は見たいものです。
>
> ryu

この仁和寺は応仁の乱と明治の火事とで、堂宇の殆どが焼けました。智積院も秀吉と対立し全山が焼かれたりしたようです。
どのくらい早い手当したかで、重文、登録有形文化財、京都府指定文化財などに指定が別れていくようです。
智積院も私が行ってみたい寺院の一つなんです。
智山派の総本山ですが、その下の大本山寺院としては、千葉県成田市の成田山新勝寺(成田不動)、神奈川県川崎市の川崎大師平間寺(初詣の人出で例年日本一を争う)及び東京都八王子市の高尾山薬王院があります。凄い宗派だなあと思ってみています。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 渡り廊下は通過しながらあちらこちらを見られる長さですか。
> 渡り廊下も風情がありますね。

そうなんですね。あとで他に人の写真を見たら、渡り廊下からの優れたショットが少なくありませんでした。もう少し粘るんでした。(^_^;)

> 南庭越しに見た勅使門は大変凝っていて上品です。

そうですね。そして、御殿の玄関脇にあった少し小さな門ですが、何と『皇室門』でした。
『勅使門』と『皇室門』とがあるなんて。どちらが大きいかは見たとおりです。

> でも本当に李白の筆壮観』の拓本がないと、そこが空白で寂しくて、
> どうしたのでしょうね。

よくわかりません。修理に出したのかもしれませんね。

> 鎌倉から今回の旅へと続きAzTakさんの知識はいっそう増し加わり
> 目は超えてきますね( ^ o ^ )

いつまで経ってもボンクラのままかも。下調べをしていけば、納得して頭のなかに入ることなんでしょうが。
 
ここは、娘を大学までアッシーくんしたあとによく立ち寄ります。
まだ観光客が少ない早朝はまた雰囲気が違って感じます。
どこか凛とした静けさというのはいいもんですね・・

ここ数年、空海関係の本を読みあさってますが、この人はホント、
化物じみた天才だったのだとつくづく感心。
もしいま、こんな人が現代にいたら何をするんだろうと考えてしまいます・・
こんばんは 
撮影に出かけました。
反省会も終わり、少し早めに帰宅しました。
明日、仕事ですからね~
本日はご挨拶だけで、失礼します。
 
こんばんは。
次回京都観光には、春の仁和寺の御室桜も入れて、、と思っているうち、京都はすっかりかり海外からの観光者の都になってしまって、行くタイミングをつかめずに、今日に至っています。
冬の京都も良いですね。
Re: タイトルなし 
いけ//さん、こんばんは。

> ここは、娘を大学までアッシーくんしたあとによく立ち寄ります。
> まだ観光客が少ない早朝はまた雰囲気が違って感じます。
> どこか凛とした静けさというのはいいもんですね・・

神護寺から始まって、後はどこに行く宛もなかったのですが、何か引きずり込まれるように仁和寺に来てしまいました。
特に朝早くだと、非常にいい雰囲気が四囲を支配していることなんでしょうね。

> ここ数年、空海関係の本を読みあさってますが、この人はホント、
> 化物じみた天才だったのだとつくづく感心。
> もしいま、こんな人が現代にいたら何をするんだろうと考えてしまいます・・

そうですね。私のような浅薄な人間でも、対極で光り輝く偉人として、空海を強く認識しています。ちょっとの差などではない所が良いなと思います。足らない自分を素直に認識できるからかもしれません。実際に足らない所だらけですが。
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
流石、仁和寺、二王門や勅使門が立派過ぎますが
歴代の門跡が皇族ならば当然と言えば当然ですね!

仁和寺にある法師、年寄るまで、石淸水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩よりまうでけり。
歩いてとはいきませんが生きてるうちに一度は訪れたいです 笑)
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 撮影に出かけました。
> 反省会も終わり、少し早めに帰宅しました。
> 明日、仕事ですからね~
> 本日はご挨拶だけで、失礼します。

(ΦωΦ)フフフ…、現役世代は大変ですね。そのエネルギーが日本を動かしているのでしょう。疲れを残さないようにしつつ、ご活躍ください。
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

fukujirou1さん、こんばんは。

> 次回京都観光には、春の仁和寺の御室桜も入れて、、と思っているうち、京都はすっかりかり海外からの観光者の都になってしまって、行くタイミングをつかめずに、今日に至っています。
> 冬の京都も良いですね。

桜と紅葉の季節は外そうと心に決めています。一度だけ秋が深まらないうちに行ったのですが、その年の紅葉は異常に早く、話題になる前に紅葉を堪能したことがありました。永観堂の臥龍廊を見に行ったつもりだったのですが、全山が赤く染まり見事なものでした。すごく興奮してしまいました。
でも、神護寺や高山寺、そして仁和寺には今まで行ったことがなく、今回遅れ馳せながら、年末のノコノコ出掛けました。たとえ赤くなくても雰囲気を楽しむことができました。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 流石、仁和寺、二王門や勅使門が立派過ぎますが
> 歴代の門跡が皇族ならば当然と言えば当然ですね!

そうですね。でも、やはり大変な時期はあったようですよ。応仁の乱で焼かれてしまい、本格的な債権は寛永年間までまたねばならなかったとか、…。

> 仁和寺にある法師、年寄るまで、石淸水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、たゞひとり、徒歩よりまうでけり。
> 歩いてとはいきませんが生きてるうちに一度は訪れたいです 笑)

仁和寺も石清水八幡宮もたまたま、今回の友人の運転する車で行きました。仁和寺から石清水八幡宮まで歩くのは大変だったことでしょうね、私も右膝の靭帯部分断裂以前ならば、あるいは、歩き通したかもしれませんが、…。昔の人は、本当に身体頑健だったんですね。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR