散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫~滋賀~京都(8)

何度も書いて申し訳ないが、天気が良くなかったので、写真がボケ気味。我慢してご覧頂きたい。
神護寺(2)
楼門をくぐった印象
やっとの思いで参道を上ってきて楼門をくぐった。その先には堂宇が建ち並ぶ感動の世界が待っているのかと思った。それなのに意外な光景が待ち受けていた。前方には白い宝蔵と思しき建物しか見えないのだ。あとでわかったことだが、決して堂宇が存在しないのではなく、見えないような位置に建てられているのだ。
一瞬、呆然としてしまった。その感じがお分かりいただけるだろうか。
楼門をくぐった印象_1
振り向くと楼門が厳しい感じで建っている
楼門をくぐった印象_2
右横には書院が
確かに見落とすような小さなものではないのだが、楼門をくぐったらすぐ前方に視線を送ると思う。そこには何もなさそうに見えたのだ。でも堂々とした書院が右横にあった。見なくてもわかる進入禁止の状態。
書院の唐門は唐破風が側面にある平唐門と呼ばれるもので、田中亀太郎氏の寄進により昭和初期に建立されたものだそうだ。
神護寺の宝物虫払い行事は、毎年5月1日~5月5日まで神護寺書院にて行われるそうだ。国宝の源頼朝像、平重盛像、釈迦如来像、潅頂暦名ほかを展示するとか。その折には、書院の石庭「灌頂の庭」も公開されるらしい。その時だけしか公開していないのかもしれない。

このショットだけは帰りがけのもの。小雨の影響が少なくなってきた感じ。
右横には書院が_1
右横には書院が_2
以下4点はPDF画像を借用
伝源頼朝像(新説では足利直義像) 国宝
伝源頼朝像(新説では足利直義像) 国宝
伝藤原光能像(新説では足利義詮像) 国宝
伝藤原光能像(新説では足利義詮像) 国宝
伝平重盛像(新説では足利尊氏像) 国宝
確かに鎌倉の長寿寺で見た足利尊氏像に酷似している感じだ
伝平重盛像(新説では足利尊氏像) 国宝
灌頂歴名(附:後宇多天皇宸翰施入状) 国宝
空海が密教の入門儀式である結縁灌頂を行った手控えで、弘仁三(812)年十一月、十二月、翌年三月の三回分の記録だそうだ。何と空海の自筆だ。普段はこういう字を書いたたのか。
灌頂歴名(附:後宇多天皇宸翰施入状) 国宝
和気清麻呂公霊廟
開基である和気清麻呂公を祀る霊廟。怪僧道鏡に与せず己が信念を貫いた立派な人物であると思うが、長くなるので説明は省略。楼門をくぐったときには、宝蔵の陰になっていて気づかなかった。
後方に見えているのは鐘楼
和気清麻呂公霊廟_1
和気清麻呂公霊廟_2
PDF画像を借用
和気清麻呂公霊廟_3
鐘楼 京都府指定文化財
毘沙門堂などと同様元和9年(1623年)の再建とされる。楼造の鐘楼で、楼上に国宝の梵鐘がある。これまた、鮮明な画像を撮ることができなかった。和気清麻呂公霊廟脇の石段を登ったところにある。わかりにくいところにひっそりと佇んでいる感じだ。
日本三名鐘の一つ。詞書は橘広相、八韻の銘1首は菅原是善、書は藤原敏行と、当時の三絶による銘が刻まれていることから、「三絶の鐘」と言う。
鐘楼_1
鐘楼_2
PDF画像を借用
鐘楼_3
金堂
楼門を入って境内奥へ進み、右手の石段を上った先に建つ。私たちは、鐘楼から、横移動して此処にたどり着いた。古刹の金堂ということになれば、国宝もしくは国指定の重要文化財というのが通り相場だと思うが、こちらは全くの無印。入母屋造、本瓦葺きの本格的な密教仏堂であるが、建築年はごく新しく、昭和9(1934)年に実業家山口玄洞氏の寄進で建てられたものだそうだ。須弥壇中央の厨子に本尊薬師如来立像(国宝)を安置し、左右に日光・月光(がっこう)菩薩立像(重要文化財)と十二神将立像、左右端に四天王立像を安置する。
今回、堂内に入り、上記仏像を間近で見ることができた。望外の幸せだった。

鐘楼の先に金堂が見えた
鐘楼の先に金堂が見えた
すごい石像もあった
すごい石像もあった
外観
83年前に建立された比較的新しいお堂だが、しっかり建てられている。いずれかには、文化財の指定がなされるものだろう。
外観_1
外観_2
外観_3
神護寺はこんなところ_1
堂内
拝観は可能だったが、撮影は禁止。国宝の薬師如来立像などが収められていた。間近で見る国宝の仏像はものすごい迫力が。
PDF画像を借用
神護寺はこんなところ_2

Comments

おはようございます。 
AzTakさんの多くの描写で気がついたのですが、当時の人物画は首から下がみんな細部もほぼ同じの省エネ画法だったのですね・・・。^^;
Re: おはようございます。 
MTさん、こんばんは。

> AzTakさんの多くの描写で気がついたのですが、当時の人物画は首から下がみんな細部もほぼ同じの省エネ画法だったのですね・・・。^^;


すみません。あの人物画はPDF画像で私が撮影したものではありません。m(_ _)m

頼朝の人物画などは、歴史の教科書にも乗る有名な人物画です。ご指摘のように、首から下は、殆ど同じようなものですね。
肝心の顔ですが、どうも違うのではないかと言われだしたようです。
多分、描いた人物がモデル本人を見たことがなかったのでしょうかね。もしくは、キャプションを付ける役目の人が間違えたのかもしれません。
今だったら、首相に当たるような人物の画像取り違えなどあるはずもありませんが。
 
新年おめでとうございます。

三十三間堂の千手観音など、京都のメジャーな観光地の仏像など、人の流れに押された観光するばかりで、ちゃんと向かい合った事がありません。
次回仏像と対面させてもらうときは、心を澄ませてむかいあってみます。
今年もいっぱい散歩して、いろいろ見せて下さい。
今年もよろしくお願い致します。
Re: タイトルなし 
> 新年おめでとうございます。

fukujirou1さん、こんばんは。そして、新年あけましておめでとうございます。

> 三十三間堂の千手観音など、京都のメジャーな観光地の仏像など、人の流れに押された観光するばかりで、ちゃんと向かい合った事がありません。
> 次回仏像と対面させてもらうときは、心を澄ませてむかいあってみます。

今回の旅行では仁和寺が写真撮影に関しては一番寛容でした。いくら撮っても構わないということでしたし、被写体としても素晴らしいものがありました。悲しいかな、私の腕前がヘボすぎて、…。ただし、見えるところに仏像がなかったですねえ。特別公開の時期などでないと駄目なんでしょうか?
仏像は、人それぞれ好みがあるでしょうから、どこがいいんでしょうかねえ。その前にきちんと見せてくれるところじゃないと話になりませんよねえ。う~~ん。

> 今年もいっぱい散歩して、いろいろ見せて下さい。

見ていただくのが申し訳ないような写真ばかりで落ち込んでいます。もう少し腕を上げなくちゃと思います。

> 今年もよろしくお願い致します。

こちらこそ、宜しくお願いいたします。
 
あけましておめでとうございます
今年も日本中、いや世界を駆け巡る撮影旅行三昧なのでしょうか
行動範囲がごくごく狭い私ですので
行った気にさせてもらっております。
今年もよろしくお願いいたします
Re: タイトルなし 
> あけましておめでとうございます

さのあママさん、こんばんは。そして、新年あけましておめでとうございます。

> 今年も日本中、いや世界を駆け巡る撮影旅行三昧なのでしょうか

(ΦωΦ)フフフ…、そうありたいとは思いますが、先立つお金も体力もありません。おまけに写真の腕も下手くそです。
でも、いつかは海外にも足を運びたいものです。

> 行動範囲がごくごく狭い私ですので
> 行った気にさせてもらっております。

私も他の方のブログを拝見して、どこかに行ったり、ペットと仲良くしたりしている気分になります。
実際の私は、飼い猫にひどくいじめられまくった哀れな飼い主でしたが。会った瞬間に、私の性格を見抜くようです。

> 今年もよろしくお願いいたします

こちらこそ宜しくお願いいたします。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR