散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

兵庫~滋賀~京都(2)

彦根城(1)
明治時代初期の廃城令に伴う破却を免れ、天守が現存する。天守等2棟が国宝、櫓、門、馬屋等5棟が国の重要文化財に指定されている貴重な文化遺産だ。天守が国宝指定された五城の一つ。
写真展を見に行ったお礼にこちらを案内していただいた。有難い話でお誘いに応じさせていただいた。何回かに分けて見た順番に取り上げていきたい。

国宝の天守閣
廃城による取り壊しを回避し、戦災にも遭わず、410年前の姿を現在にとどめている。形は小さいが男性的な天守閣だ。その分、階段が急勾配になっている。覚悟して上る必要がある。彦根35万石といわれるが、天守は18万石の頃の完成だそうだ。画面に写っている大部分が『天守』。確認しなかったが、奥右側に突き出しているのが『附櫓』で、そこにつながっている右端の櫓が『多聞櫓』だと思う。『附櫓』と『多聞櫓』とで1棟と数えるようだ。
国宝の天守閣

彦根城案内図
彦根城案内図
彦根城の復元模型
天守閣よりも御殿の方により興味がある私には、御殿が残っていないのは非常に寂しい。『本丸御殿』はかなりこじんまりしたものだったようだ。普段の用向きは、殆ど全てを『表御殿』が果たしていたのだろう。
彦根城の復元模型
表御殿発掘調査遺構全図
表御殿発掘調査遺構全図
京橋口駐車場に駐車し、京橋を渡って表門橋まで歩いていったが、もっと近い駐車場があったようだ。だが、あとで昼食をとることを考えれば、この駐車場がベストだったかもしれない。
旧西郷家屋敷長屋門
家老西郷家屋敷の長屋門だそうだが、ものすごい長屋門だ。大藩の家老職の家だとしても、このように巨大な長屋門の必要はなかったはずだ。もしかしたら、曲輪のような役目をも果たしていたのだろうか?
旧西郷家屋敷長屋門_1
旧西郷家屋敷長屋門_2

二の丸佐和口多聞櫓(重要文化財)
遠目に見た時は、後年に建造した観光用の施設かと思っていたが、近づいてみると、本物の櫓だとわかった。それも国指定の重要文化財。きちんと見ておくのだった。
二の丸はもう少し本丸に近いところにあると思っていたが、この位置だったのか。江戸時代初期の特上だから良いものの、戦国時代だとかなり厳しい位置になったことだろう。すぐ近くに馬屋(重要文化財)もあったんだ。う~~ん。

二の丸佐和口多聞櫓(重要文化財)_1
こちらは、現在開国記念館として使われている部分のようだ。PDF画像借用
二の丸佐和口多聞櫓(重要文化財)_2
いろは松から彦根城を訪れる時、最初に出逢う櫓。左手に見える櫓は明和8年(1771年)に再建されたものです。現在、重要文化財に指定されています。
手前は昭和35年(1960年)に再建されたもので、現在は開国記念館として使われています。


馬屋(重要文化財)
馬屋が国指定の重要文化財か。昭和43年に解体修理された際に、以前の柿葺きの屋根に戻したのか。う~~ん、時間がないから仕方がなかったが、きちんと見ておくのだった。
PDF画像借用
馬屋(重要文化財)
元禄時代(1688〜1703)に建てられ、常に十数頭の藩主用の馬がつながれていました。
昭和43年に解体修理されたこけら葺きの屋根が美しく、城内に残る馬屋は彦根城だけです。
明和(1764〜1771年)のころ、火災により類焼。修理されましたが、こけらぶきの屋根は棧瓦(さんがわら)ぶきに変えられました。昭和48年解体修理の時、もとのこけらぶきに復元されました。


表門橋
当然のことながら木製の古色蒼然たる橋
表門橋_1
表門橋_2

表門山道
いきなり急勾配の山道だ
表門山道_1
表門山道_2
暫く行くと、国指定重要文化財の天秤櫓が見えてくる。現金なもので、こういうものが見えてくると俄然やる気が湧いてくる。
表門山道_3
表門山道_4
天秤櫓に通じる廊下橋の下を潜る
表門山道_5
廊下橋の下を潜ったら左折して少し石段を上る。その辺りから振り返って天秤櫓を見た様子。結構すごい眺めだ。
表門山道_6

廊下橋
天秤櫓と鐘の丸とを結ぶ木製の橋。元来は、橋に覆い屋根と壁がつけられていた事から、廊下橋の名で呼ばれているそうだ。規模はまるで違うがヴェッキオ橋のようなものか。いや、どちらかと言えば、マディソン郡の橋のようなものだったのかもしれない。非常時には落とし橋となる仕掛けだ。
廊下橋_1
PDF画像借用
廊下橋_2
鐘の丸虎口石垣
鐘の丸虎口石垣_1
鐘の丸虎口石垣_2

天秤櫓(1) 国指定重要文化財
確かに天秤のような形状の櫓だ。秀吉が創築した長浜城大手門を移築したのか。う~~ん。
天秤櫓(1) 国指定重要文化財_1
天秤櫓(1) 国指定重要文化財_2
天秤櫓(1) 国指定重要文化財_3

江戸時代初期、現在の滋賀県彦根市金亀町にある彦根山に、鎮西を担う井伊氏の拠点として置かれた平山城(標高50m)である。山は「金亀山(こんきやま)」との異名を持つため、城は金亀城(こんきじょう)ともいう。多くの大老を輩出した譜代大名である井伊氏14代の居城であった。
明治時代初期の廃城令に伴う破却を免れ、天守が現存する。天守と附櫓(つけやぐら)及び多聞櫓(たもんやぐら)の2棟が国宝に指定されるほか、安土桃山時代から江戸時代の櫓・門など5棟が現存し、国の重要文化財に指定されている。中でも馬屋は重要文化財指定物件として全国的に稀少である。
明治に入り各地の城が廃城令で破壊・売却されていく中、彦根城も例外ではなかった。しかし、明治11年10月、明治天皇が巡幸で彦根を通過した際に城の保存を命じたため破却は逃れたという。その際、巡幸に随行していた大隈重信が城の破却中止を天皇に奉上したという説と、天皇が近江町長沢の福田寺で小休止されたとき、住持攝専(せっせん)夫人で、天皇の従妹にあたるかね子が奉上したという説とがある。
天守が国宝指定された五城の一つに数えられる。姫路城とともに遺構をよく遺している城郭で、1992年(平成4年)に日本の世界遺産暫定リストに掲載されたが、近年の世界遺産登録の厳格化の下、20年以上推薦は見送られている。

Comments

 
こんばんは
いつもありがとうございます
彦根城は3回行ってますので、行って見たい人にはありがたい
写真に説明付きの情報ですね!‼︎

 
こんにちは。
来年のNHK大河ドラマ『おんな城主・直虎』を念頭に目的地に選ばれたのかは分かりませんが少なからずとも井伊家の大河なので
興味が一段と深くなったのでは?
福島県民としては松平定信の大河を期待したいところです。

ryu
こんにちわ! 
短時間の間に上手いこと構成されてますね、流石です。また、来年お会いできれば違うコースを考えておきます。京都も楽しみに!
AzTakさん 
こんばんは
彦根ですね。
ムカシムカシ、名神高速道路が開通した春、車で(当時自家用車を持っているのは相当の家しか無くて、1台はそれを借りてもう1台はレンタカー)で微琵琶湖までドライブ、彦根城も見ましたね。
早朝の関ヶ原辺りも車は走っていなかったですね。
トシをとりました。
こんばんは 
彦根城は名は聞いていましたが、今まで特別に意識したこともなかったのでいいきっかけを与えていただきありがとうございます。こうやって、ブログつながりで色々知ることができるのがとてもありがたいことです。でも本当にこれから盛り上がる前にとは!実にタイムリーな訪問ですね。^^
AzTakさん,今晩は。 
今回はお城の紹介ですね。
お陰様で家に居ながら旅気分,日本史を学びます。
お疲れ様です,気を付けて取材して下しませ。
こんばんは 
明日、大腸の内視鏡検査があります。
辛いです~~~
もう下剤を飲まないといけないので
早めに寝かせて頂きます。
ご挨拶だけで失礼します。
Re: タイトルなし 
> こんばんは

sanbarikiさん、こんばんは。

> いつもありがとうございます
> 彦根城は3回行ってますので、行って見たい人にはありがたい
> 写真に説明付きの情報ですね!‼︎

3度も行きましたか。よほど気に入られたようですね。
天守の階段でもう上りはおしまいと思っていましたが、もっときついのが西の丸の三重櫓に残っていました。翌日は、もっとハードな神護寺や高山寺などに行く予定だったので、途中から足腰の心配をしてしまいました。
見落としとはっきりしない写真ばかりで、帰ってきてがっくりです。(^_^;)
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 来年のNHK大河ドラマ『おんな城主・直虎』を念頭に目的地に選ばれたのかは分かりませんが少なからずとも井伊家の大河なので
> 興味が一段と深くなったのでは?
> 福島県民としては松平定信の大河を期待したいところです。
>
> ryu

連れて行っていただいたので、どこでも嬉しくてホイホイ着いて行きました。大河ドラマは連続してみるのが億劫なので、殆ど見ることがなく、『井伊直虎が本当は男だった』などという見出しが踊り、びっくりしています。
思いがけず話題の先取りになりましたが、ドラマでは彦根城まで話が及ぶのでしょうか?

井伊家繋がりで言えば、井伊家の菩提寺である世田谷の豪徳寺には2度行きました。ものすごいシックなお寺さんです。都区内にもあんな凄い寺があったんですね。井伊家の実力を見た思いがしました。
雨宿りした寺にいた猫が取り持つ縁だとかで、招き猫のそもそもだそうです。
Re: こんにちわ! 
kazさん、こんばんは。

> 短時間の間に上手いこと構成されてますね、流石です。また、来年お会いできれば違うコースを考えておきます。京都も楽しみに!

うまくはありませんが、何とか記事にしています。自転車操業ばかりで、内容を推敲していないのがバレてしまいますね。

京都ですが、最初の神護寺で早くもバテバテになりました。友人と清滝川沿いの道を歩いていたら、野鳥が騒がしいので、何気なく見上げたら、すぐ目の前の木にエナガとコゲラとがいました。位置もバッチリわかり、レンズが十分に届く距離だったのに、うまく撮れませんでした。(´・ω・`)
その後、高山寺と仁和寺、妙心寺と欲張って回りました。
仁和寺は撮影が何処もOKで、境内も室内もともに美しく、気分が最高に良かったです。妙心寺は塔頭が固まって存在していて、その規模に驚きました。ですが、暗くなり、時間切れ。またいかねばならなくなりました。
帰宅後、妻に話したら、十分に状況を知っている様子でした。知らないのは私だけのようでした。(^_^;)
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 彦根ですね。
> ムカシムカシ、名神高速道路が開通した春、車で(当時自家用車を持っているのは相当の家しか無くて、1台はそれを借りてもう1台はレンタカー)で微琵琶湖までドライブ、彦根城も見ましたね。
> 早朝の関ヶ原辺りも車は走っていなかったですね。
> トシをとりました。

信州からは、少し頑張れば関西に行けちゃうんですね。昔は、結構公共交通機関が便利だったので、マイカーの必要を感じずに済みましたが、最近は特にバスの便数が少なくなり、苦労せずに行けるところが少なくなりました。
これからどうしようかと考えてしまいます。
Re: こんばんは 
MTさん、こんばんは。

> 彦根城は名は聞いていましたが、今まで特別に意識したこともなかったのでいいきっかけを与えていただきありがとうございます。こうやって、ブログつながりで色々知ることができるのがとてもありがたいことです。でも本当にこれから盛り上がる前にとは!実にタイムリーな訪問ですね。^^

私も出不精のところがあります。ごくたまにしか腰を上げません。なので、他人様のブログで有難く、『ああ、こういう感じなのか』と見させてもらっています。ですが、それで収まればいいのですが、たまに自分でも行ってみたくなる衝動が抑えきれなくなります。
関西は行きだすと止まらなくなりそうなので、暫く、自粛していたのですが、…。
Re: AzTakさん,今晩は。 
yatyou1116さん、こんばんは。

> 今回はお城の紹介ですね。
> お陰様で家に居ながら旅気分,日本史を学びます。
> お疲れ様です,気を付けて取材して下しませ。

お城ばかりでなく、今回は、翌日、京都の奥の方にも行きました。そしたら、目の前にエナガとコゲラとがいました。そこで、yatyou1116さんのようにシャッターチャンスを逃さず撮れればよかったのですが、あまりにも私の腕が悪すぎました。証拠写真しか撮れませんでした。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 明日、大腸の内視鏡検査があります。
> 辛いです~~~
> もう下剤を飲まないといけないので
> 早めに寝かせて頂きます。
> ご挨拶だけで失礼します。

あれまあ、大変ですね。きちんと定期的に検査を受けて気持ちよくいたいものですね。
良い結果が出ますように。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR