散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

初冬の鎌倉(10)

宝戒寺(2)
滅びるってのはこんなものかと無常を感じさせる。ともあれ、700年ほど前までこの地に鎌倉幕府が存在したことだけは確かなことだ。
德崇大権現堂
鎌倉幕府執権北条高時公を德崇大権現として祀る。前述した通り、鎌倉幕府が滅亡した5月22日には、北条氏鎮魂のため、毎年、大般若転読会が行われるそうだ。5月22日は、新田義貞の鎌倉攻めによって北条一族が東勝寺で自刃をし、鎌倉幕府が滅亡した日。1333年のことだった。
『徳崇大権現』とは、後醍醐天皇によって北条高時に贈られた名だそうだが、そんなものを頂いてもちっとも有難くはなかったことだろう。それにしても小さなお堂だ。隣の聖徳太子堂に比してひときわ小さい。お情けで建ててやったということなのだろうか?村の外れにあるお堂程度の大きさだ。

德崇大権現堂_1
德崇大権現堂_2
大聖歓喜天堂
秘仏である大聖歓喜双身天王(歓喜天・聖天様)を祀る。毎年、5月23日には、諸願成就を祈念し大聖歓喜天供が行われるそうだ。何故このような和合仏を、北条方の鎮魂のために建てた寺院に置いておく気になったのか理解に苦しむが、創建の直後からあったものらしい。調べてみると、二代住持の惟賢(足利尊氏の二男または弟)が歓喜天像を安置し、国家安泰を祈願したようだ。そうだとすれば、余人が文句を言えたものではなかったのだろう。鎌倉地方独特の土紋装飾が施されたもので、日本最古の木造聖天といわれているそうだ。
大聖歓喜天堂_1
大聖歓喜天堂_2
こちらの聖天様は大型なのだそうだ。秘仏で、殆どの人は見たことがないはずだが、聖天様自体はこんなイメージだそうだ。
大聖歓喜天堂_3
聖德太子堂
毎年、1月22日に、建築関係者が集まり『太子講』が執り行われる。『太子』とは、建築関係者の神として崇められている『聖徳太子』のこと。太子堂で護摩を焚き、読経のあと、木遣唄が奉納されるそうだ。私が最も理解に苦しむのはこのお堂だ。何故此処に置かねばならないのだろう。
聖德太子堂
梵鐘
梵鐘_1
梵鐘_2
宝篋印塔
滅亡した北条氏並びに、鎌倉合戦東勝寺戦没諸精霊を供養する慰霊塔。鎮魂の祈りを込めた写経・写経石が収められているそうだ。撮り漏らしたのでPDF画像を借用。
宝篋印塔
洒落た庭石
洒落た庭石_1
洒落た庭石_2
御朱印
またもや懲りずに御朱印を取り上げる。北条一族の鎮魂の寺らしくないもののように見えるからだ。宝戒寺のご本尊『木造地蔵菩薩坐像』は、国指定の重要文化財の湯所ある仏像。別名『子育経読地蔵尊』と呼ばれる。それは、『宝戒寺門前で子供が生まれそうになったとき、子どもをとりあげる世話をしてくれた見知らぬお坊さんが地蔵の化身だった』とか、『毎晩夜中に聞こえる読経がお地蔵さまではないか』という伝説からこの名が付いたらしいということだ。有難い別名なので、御朱印にその旨を記しているのだろう。
宝戒寺御朱印

以上で、『初冬の鎌倉』シリーズは終了です。最後までご覧頂き有難うございました。

Comments

おはようございます 
鎌倉幕府は教科書でしっかり教えて込まれますが、実際の所縁のある場所を散策のご様子を拝見させていただいても落ち着いた場所ばかりで、過去の繁栄の様子がなかなか伝わってきづらい気もします。暖かくなったら、私も鎌倉の素敵な写真を撮りに行こうかと思います。^^
AzTakさん 
こんにちは
聖徳太子堂ですか。
どうして建築師たちの神様なんでしょうね
宮大工たちは全国にそれぞれ流派を競っていたようですが。
諏訪にも大隅流があって諏訪大社などを造営していたようです。
現在、諏訪市博物館で大隅流の展示会が開催されていますよ。
勉強になりました。 
700年前に鎌倉幕府が存在したのが、歴史が遠すぎてピンと来ませんでした。今回のように実際に歩かれたのを見て 実感しました。実は30代の頃に 鎌倉に観光に行きました。あまり時間がなくて 源頼朝のお墓に行きました。思っていたのと違い 小さいお墓でした。歴史の本に出てくる方のお墓参りは そこに歴史が存在した証で行って良かったです。
幕府 
鎌倉幕府は、歴史上、最大の幕府だと思っています。間違いでょうか。
こんばんは 
そうですよね、700年前にここに初めて幕府が開かれたんですよね。
そんなことを考えながら巡ると又、感慨があるでしょうね~
歴史好きな僕達もたまりません^^
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 鎌倉幕府は教科書でしっかり教えて込まれますが、実際の所縁のある場所を散策のご様子を拝見させていただいても落ち着いた場所ばかりで、過去の繁栄の様子がなかなか伝わってきづらい気もします。暖かくなったら、私も鎌倉の素敵な写真を撮りに行こうかと思います。^^

鎌倉に幕府が開かれましたが、都は一貫して京都にあり、両者の力関係は微妙なものがあったように思います。
貴族文化への対抗意識があったのか、鎌倉武士はつましく暮らすのを旨としていたように思います。例示すれば、仏像が古い時代のものであっても、文化財指定を受けていないものがほとんどです。せっかく権力を掌握したというのに、どういう気持でいたのでしょうか。
ご自分で回られて、こういうことだったのではなかろうかと感じるしか無いのでしょうね。ぜひとも挑戦してみて、教えていただければ嬉しく思います。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 聖徳太子堂ですか。
> どうして建築師たちの神様なんでしょうね

四天王寺、法隆寺、中宮寺(中宮尼寺)、橘寺、蜂岡寺(広隆寺)、池後寺(法起寺)、葛木寺(葛城尼寺)は『上宮聖徳法王帝説』や、『法隆寺伽藍縁起并流記資財帳』によって聖徳太子が創建した七大寺と称されています。これだけ、施主として建てられたということは、それだけでも有難いし、多分、建築に造詣が深く、宮大工さんたちとも良好な関係を築いていたんでしょう。
そんなことから、大工さんたちの神様と崇められるようになったのでしょう。

> 宮大工たちは全国にそれぞれ流派を競っていたようですが。
> 諏訪にも大隅流があって諏訪大社などを造営していたようです。
> 現在、諏訪市博物館で大隅流の展示会が開催されていますよ。

多分、聖徳太子がいれば、丁々発止とやり合い、素晴らしい寺社を次々と建立していったのでしょうね。もちろんのこと、諏訪大社も素晴らしい建物です。
Re: 勉強になりました。 
tugumi365さん、こんばんは。

> 700年前に鎌倉幕府が存在したのが、歴史が遠すぎてピンと来ませんでした。今回のように実際に歩かれたのを見て 実感しました。実は30代の頃に 鎌倉に観光に行きました。あまり時間がなくて 源頼朝のお墓に行きました。思っていたのと違い 小さいお墓でした。歴史の本に出てくる方のお墓参りは そこに歴史が存在した証で行って良かったです。

小さいと思いましたか。そうかもしれませんね。その近くに島津の墓などがあります。だいぶ格が落ちますが、相馬の墓も。鎌倉幕府は滅びても、次の代へ繋がる確かな動きがあったようです。
鎌倉時代の存在意義が皆無ではなかったように思います。
Re: 幕府 
senri32さん、「こんばんは。

> 鎌倉幕府は、歴史上、最大の幕府だと思っています。間違いでしょうか。

何を持って評価するかでしょう。今までとは違うエポックメイキング的な一時代を築き上げたことは間違いがないでしょう。
でも、何代か続くと、どんな強力な組織でも緩みが出てしまうんでしょう。そこを攻められれば、滅び去るのも道理だったかもしれません。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> そうですよね、830年前にここに初めて幕府が開かれたんですよね。
> そんなことを考えながら巡ると又、感慨があるでしょうね~
> 歴史好きな僕達もたまりません^^

百数十年続き700年ほど前に滅亡した。世の中に登場した時は、こんな強い人達はいないという感じでしたが、維持するのは案外難しかったですね。散っていくのも潔かったかも。
 
おはようございます。
大聖歓喜天堂の秘仏が絵の通りだとしたら
ヒンドゥー教のガネーシャそのものですね。
日本において何故ヒンドゥーの神様が秘仏として
あがめられてきたのか不思議です。
でも秘仏としたのは神様が象だと知られたら
説明に困るからかな?などと邪推してしまいます。


ryu
Re: タイトルなし 
> おはようございます。

tgryuさん、こんばんは。

> 大聖歓喜天堂の秘仏が絵の通りだとしたら
> ヒンドゥー教のガネーシャそのものですね。
> 日本において何故ヒンドゥーの神様が秘仏として
> あがめられてきたのか不思議です。
> でも秘仏としたのは神様が象だと知られたら
> 説明に困るからかな?などと邪推してしまいます。
>
>
> ryu

(ΦωΦ)フフフ…、聖天様も普通はごく小さなものらしいですね。ここのは大きいものだと言われています。さらに、鎌倉地方独特の土紋装飾が施されたもので、日本最古の木造聖天といわれているそうです。
殆どの人が見たことがないものだというのに、細かい話までよく分かるものですね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR