散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

初冬の鎌倉(9) 2016.12.12 18:42一部修正

宝戒寺(1)
滅亡した鎌倉幕府の北条高時の慰霊のため、その屋敷跡に後醍醐天皇が建立した事になっている。しかし、実際の造営は、後醍醐天皇による建武の新政が崩壊し、同天皇が没した後に足利尊氏らによって行なわれたと推定されているそうだ。いずれにしても、北条高時の慰霊のために作られた寺院であることは間違いがない。
鎌倉幕府が滅亡した5月22日に、北条高時の慰霊のために徳崇大権現会(とくそうだいごんげんえ)・大般若経転読会(だいはんにゃてんどくえ)が行われる。徳崇大権現として祀られている北条高時の御神像を権現堂から本堂に移して、大般若経を転読し、歌舞音曲を奉納する。その時だけは、確かに慰霊のため建立された寺院であると感じられよう。
その他の時は、何のための寺院なのかよくわからない感じがしてならない。
入口付近の様子
進入路
石畳がきれいにデザインされていた
進入路
石碑
『北条九代屋敷 頼経公○後代将軍家鋪』と書かれてあるように読める。代々の執権が暮らしていた北条得宗家邸跡のはずだが、…。藤原頼経公は鎌倉幕府の第4代征夷大将軍だった。北条得宗家の前に住んでいたということなのだろうか?
石碑
お決まりの鎌倉青年会石碑
大正7年建立か。当時の青年たちは、全員鬼籍入りだろうな。
お決まりの鎌倉青年会石碑
山門
山門
更に進入路が続く
更に進入路が続く_1
大きな石に粋な飾りが施されている
更に進入路が続く_2
本堂とその付近
本堂外観
本堂外観_1
本堂外観_2
本堂外観_3
本堂外観_4
本堂内部の様子
本堂内撮影禁止なので、以下2点はPDF画像を借用
画像名にAltar(祭壇)とあったが、宝物殿のようだ。その後調べているうちに、大聖歓喜天堂の内部だとわかった。
画像名にAltar(祭壇)とあったが、宝物殿のようだ
本堂内陣
本堂内陣
本堂前
境内には春先には福寿草が咲いているが、この元気そうな青い葉は明日葉だろうか?
この元気そうな青い葉は明日葉だろうか?

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
そして、お帰りなさい!
先日の北海道に続き
またまたハードな旅だったようですね!
2万歩以上歩いたとのこと!
足腰のいい運動にはなりますが
膝が笑っているのでは?笑)
お疲れ様でした!
これでblogの題材に事欠きませんね♪
お疲れ様ですが(^^) 
おはようございます。
今日からお天気愚図つくようで、ご旅行から戻られてからで、セーフ!というかところにでしょうか?
写真の整理もあったりできっとのんびりしている暇も無いですね。
旅行のブログ楽しみです。
お疲れをとってくださいね(^^)
知らない 
私が、知らない鎌倉があります。それもとっても沢山。あと、何年か先には、AzTakさんを、超える「鎌倉通」になる予定の私と嫁です。お手柔らかに。それまでは。おふざけブログに専念します。
AzTakさん 
こんばんは
本堂の写真の下の変なモノは何ですか?
鬼瓦かな?
気にナッチャッテ今夜寝れない・・・
 
AzTakさん、こんばんは。
宝戒寺は滅亡した鎌倉幕府の高時の慰霊のため、後醍醐天皇が建立した事に
なって、後に足利尊氏らにと推定されてとあってもいずれにしても
寺院が存在して、本当に鎌倉の歴史ある寺院の数は多いですね。

真っ直ぐの石畳を歩かれるのは気持ちよさそうですね(*^_^)
本堂内部や仏像の事などはよくわかりませんが、境内の木々やお花は場所を
得て綺麗に見えます。
提灯の明かりもぽっとして良いですね。
青い葉は以前にテレビで見た明日葉のように見えますけれど...
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> そして、お帰りなさい!
> 先日の北海道に続き
> またまたハードな旅だったようですね!
> 2万歩以上歩いたとのこと!
> 足腰のいい運動にはなりますが
> 膝が笑っているのでは?笑)
> お疲れ様でした!
> これでblogの題材に事欠きませんね♪

まる2日間で4万歩以上歩きました。昨日はかなりアイタタタの状態でした。今日もぎこちない格好で治療を受けに行きました。
まあ、車無しの私には行きたくてもいけないところばかり。精神的にはとても充実した旅でした。
写真が上手ければ最高なのですが、どうにも思う様にはいきません。そんなことを意に介せず近日中に取り上げようと準備中です。
Re: お疲れ様ですが(^^) 
> おはようございます。

ふくみみさん、こんばんは。

> 今日からお天気愚図つくようで、ご旅行から戻られてからで、セーフ!というかところにでしょうか?

京都で少し降られましたが、小雨程度で、却って情緒がありました。

> 写真の整理もあったりできっとのんびりしている暇も無いですね。
> 旅行のブログ楽しみです。
> お疲れをとってくださいね(^^)

ブログの内容も考えなくてはいけませんが、年賀状も書いたりしなければなりません。自転車操業極まれりの状態です。(^_^;)
Re: 知らない 
senri32さん、こんばんは。

> 私が、知らない鎌倉があります。それもとっても沢山。あと、何年か先には、AzTakさんを、超える「鎌倉通」になる予定の私と嫁です。お手柔らかに。それまでは。おふざけブログに専念します。

(ΦωΦ)フフフ…、いっぱい回って、いっぱい発見してください。それを楽しみに待っています。
多分あと数年後は、こちらは足腰がヨボヨボで、動けなくなっている可能性大です。
こんばんは! 
後醍醐天皇が慰霊のために宝戒寺を建立したのですか・・・。たたりとかを怖れてなのでしょうか?それにしても色々な寺院をよくご存知ですね。それも精力的に回られるパワーに感心です。^^
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 本堂の写真の下の変なモノは何ですか?
> 鬼瓦かな?
> 気にナッチャッテ今夜寝れない・・・

瓦の上にあるものですか?
あれだったら、飾り瓦というものでしょう。京都だと鍾馗さまが断然多いと聞いています。写真のものは、『獅子巴蓋』というものでしょうかね。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 宝戒寺は滅亡した鎌倉幕府の高時の慰霊のため、後醍醐天皇が建立した事に
> なって、後に足利尊氏らにと推定されてとあってもいずれにしても
> 寺院が存在して、本当に鎌倉の歴史ある寺院の数は多いですね。

他の年に比べれば多いのでしょうが、京都や奈良の比ではないと思います。これ以上減らないように大事にしていかないといけませんよね。少子高齢化の嵐は、鎌倉の寺院には無縁でしょうかね。

> 真っ直ぐの石畳を歩かれるのは気持ちよさそうですね(*^_^)
> 本堂内部や仏像の事などはよくわかりませんが、境内の木々やお花は場所を
> 得て綺麗に見えます。

こちらの白萩は相当に有名なようです。残念ながら私は見たことがありませんが。福寿草が咲いているのは見たことがありますが。

> 提灯の明かりもぽっとして良いですね。

そうですね。写真撮影が不可なので、堂内の様子は撮れませんでしたが、昔のお寺さんのような佇まいが印象に残りました。
もしかして、関東大震災の影響を免れたのかと調べましたが、そんなに甘くはありませんでした。

本堂・客殿・太子堂・総門全壊。地蔵菩薩像・歓喜天像(共に現、重要文化財)ほか、仏像5躯破損。

> 青い葉は以前にテレビで見た明日葉のように見えますけれど...

私は、伊豆大島で見た記憶があります。そして、天ぷらをも食べました。非常に美味しかったです。
それで、明日葉だったらいいなあと思っています。何でしょうかね?
Re: こんばんは! 
MTさん、こんばんは。

> 後醍醐天皇が慰霊のために宝戒寺を建立したのですか・・・。たたりとかを怖れてなのでしょうか?それにしても色々な寺院をよくご存知ですね。それも精力的に回られるパワーに感心です。^^

多分、祟りを恐れたのでしょうね。度々遷都したり、陰陽師に縋ったりしていますが、後醍醐天皇も例外ではなかったのではないかと思います。
たまたま行ってみた寺院のことは調べたくなる方ですが、決して詳しくはありません。
足腰がよくなくなりかけているので、無理をしない程度に適度に動かすようにしています。
 
当方のブログへのご訪問、コメントをありがとうございました。宝戒寺の前を通ったことはある(鎌倉宮も同様)のですが、参拝したことはありません。『太平記』を読んでおりますので、一度ならず、参拝したいと思います。
足利尊氏は、初めに北条高時から、その後、後醍醐天皇から名前の一字をいただいているし、両者と顔を合わせたことがあるので、いろいろと複雑な気持ちであったろうと思います。夢窓国師が尊氏の人間性を絶賛しているのはある意味で当然のことでしょう。
Re: タイトルなし 
たんめん老人さん、こんばんは。

> 当方のブログへのご訪問、コメントをありがとうございました。宝戒寺の前を通ったことはある(鎌倉宮も同様)のですが、参拝したことはありません。『太平記』を読んでおりますので、一度ならず、参拝したいと思います。
> 足利尊氏は、初めに北条高時から、その後、後醍醐天皇から名前の一字をいただいているし、両者と顔を合わせたことがあるので、いろいろと複雑な気持ちであったろうと思います。夢窓国師が尊氏の人間性を絶賛しているのはある意味で当然のことでしょう。

長寿寺に足利尊氏像がありました。人格円満を絵に描いたような福相なのに驚きました。敵を作らない人物だったのだろうなと思いました。京都に幕府を開いても、鎌倉を見限ったのではなく、それなりに支えたのだと思いました。
でも、何代かするとポテンシャルが失われ、次の勢力にに取って代わられる。仕方がないことなのでしょうか。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR