散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

初冬の鎌倉(5)

瑞泉寺(5)
長くなってしまったが、瑞泉寺は今回まで。最後なので、内容を少し充実させたかったが、思うに任せなかった。
瑞泉寺庭園
あまりにも有名な庭園だ。瑞泉寺庭園は、長年に亘って地中に埋もれた状態にあった。その経緯は不明のようだが、方丈の裏手にはそうした庭園があるということは語り伝えられてきていた。存在は十分に認知されていたようだ。
貞享2(1685)年に刊行された『新編鎌倉志』にも記載されている庭園が、わずか300年弱の間に地中にすっぱり埋まってしまったようだ。そんな短期間に通常ならば埋まるものではないと思う。然らば何が原因?
私が勝手に想像するのは、下記のような湘南地区を襲った地震による山崩れによる埋没だったのではないかと。

1703(元禄16)元禄地震   M7.9〜8.2
1782(天明 2)相模湾地震  M7.0
1854(安政 1)安政東海地震 M8.4
1923(大正12)関東大震災  M7.9

それを、昭和44(1974)年から45(1975)年にかけて発掘し復元したのだ。その姿を見て、何を思うか。『何だこんなものか』などとは、間違っても口にしないほうが良かろう。
瑞泉寺庭園_1
瑞泉寺庭園_2
瑞泉寺庭園_3
瑞泉寺庭園_4
瑞泉寺庭園_5
庭園はこちら本堂や庫裡の裏側から見るのが一番なのだと思う。拡大してみると『侍真』と書かれた木の板が掲げられていた。『侍真』とは、禅宗寺院で開山の真影を扱う僧侶のことを言うようだ。
本堂や庫裡の裏側から見るのが一番なのだと思う
開山堂の裏手では、彼らも庭園を見入っていた
開山堂の裏手では、彼らも庭園を見入っていた
夢窓疎石の作と伝えられる本堂(仏殿)背後の庭園は、1970(昭和44)~1971(昭和45)年にかけて発掘され、復元されました。橋をわたり、十八曲がりと呼ばれる石階を上ったところに偏界一覧亭という小さな建物があります。ただし、現在、十八曲がりは立ち入り禁止。偏界一覧亭は非公開です。
開山堂
堂内には国指定の重要文化財『木造夢窓疎石坐像』が祀られている。よほど大事にしているのだろうか、板塀で見えないようになっている。そこには、五七桐紋があしらわれている。五七桐紋は、後醍醐天皇から足利尊氏へ、足利義輝から織田信長へ、正親町天皇から豊臣秀吉へ下賜されているようだ。この場合は、初代鎌倉公方の足利基氏が夢窓疎石に帰依して瑞泉寺を中興したので、その紋を意味するのだろう。
開山堂_1
開山堂_2
地蔵堂
『どこも苦』か。我々も十分認識しなくてはいけないことかもしれない。
地蔵堂_1
地蔵堂_2
地蔵堂_3
地蔵堂_4
本堂の前を過ぎて左手に進むと、地蔵堂があります。もとは鎌倉でも西北寄りの智岸寺ヶ谷の智岸寺地蔵堂にあり、のち鶴岡八幡宮正覚院に本尊とされていた「どこも苦地蔵」が安置されています。
石段(復路)
ゆっくり、紅葉を愛でながら下りたかったが、肝心の紅葉がまだ不十分だった。残念。
石段(復路)_1
石段(復路)_2
石段(復路)_3
石段(復路)_4
石段(復路)_5
石段(復路)_6
石段(復路)_7
石段(復路)_8
石段(復路)_9
石段(復路)_10
石段(復路)_11
石段(復路)_12

Comments

 
おはようございます。
私も初めて訪れた際、梅や水仙は撮りましたが
発掘復元された庭園ややぐらの風景を見て
歴史的背景も知らず『なんだ、こんなもんか』と
ろくな写真も撮りませんでした(^_^;)。
無知とは悲しいものです。
でも風情ある石畳階段や深い緑に触れるけでも
十分癒されました。

ryu
おはようございます 
確かに、庭園の壁面には断層模様のようなものも見えますよね。地盤が特別に弱い場所なのかも知れませんよね。なるほど。昔は富士山の噴火もあったようですし、関東地方は昔からよく揺れたのでしょうね。
http://fukeikan.blog.fc2.com/ 
瑞泉寺庭園は想像を超えた歴史を感じるすばらしい庭園ですね!
一度訪れたいと強く思います。
ありがとうございました!

それと、リンクをさせていただきました。
庭園 
覚えているのは、瑞泉寺の庭園だけ。あとは何も記憶にありません。やはり鎌倉しかない。今後の人生。
お早う御座います! 
目眩で暫くお休みさせて頂きましたが、漸く落ち着きましたので再会させて頂きました。

関西方面でお出かけになったんですね。
寒さが厳しくなりましたので体調を崩さないよう気をつけて旅行楽しんでください。
 
AzTakさん、おはようございます。
瑞泉寺庭園は300年弱の間に地中にすっぱり埋まってしまったのは不可解ですが、
4回もの大地震に見舞われているのはやはり影響大なのでしょうか。

深夜から関西方面へご旅行で、遠くてハードそうですね。
お気をつけて行かれて下さい~~!
AzTakさん 
こんにちは
地震によってほとんどの施設が埋もれてしまったのも、無理は有りません。
明治以降の地震でさえ、忘れているくらいですから・・・。

どこもく
なかなかそうは行きません。
煩悩のみ大かりき。
 
こんにちは

瑞泉寺庭園は、AzTakさんのお蔭で今回初めて拝見しました。
風情があり、また神秘的な場所ですね。
やはり震災等により埋もれていたのでしょうかねぇ・・・
世の中には、まだ表に出ない自然の遺産や建築物等があるのでしょうね。
大阪城周辺にも、最近になり当時の石垣が出てきたみたいですね。
Re: タイトルなし 
> おはようございます。

tgryuさん、こんにちは。

> 私も初めて訪れた際、梅や水仙は撮りましたが
> 発掘復元された庭園ややぐらの風景を見て
> 歴史的背景も知らず『なんだ、こんなもんか』と
> ろくな写真も撮りませんでした(^_^;)。
> 無知とは悲しいものです。
> でも風情ある石畳階段や深い緑に触れるだけでも
> 十分癒されました。
>
> ryu

私は恥ずかしながら今でもその良さが分からないままです。多くの人が口を揃えて言っているし、あの光圀公も様子を写し取らせたほどだったのですから、見る人が見れば、『おおっ、これは』ということになるのでしょうね。
その見取り図というか、スケッチがあったから、間違えることなく発掘復元できたようで、何でも記録が大切なんだなあと思った次第です。
それにしても、それ程猛烈な山の中ではないのに、深山幽谷に入ったような感じになるのは不思議です。まあ、これ以上階段が続くと私にはちょっと厳しいかなあと思ってしまいます。
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 確かに、庭園の壁面には断層模様のようなものも見えますよね。地盤が特別に弱い場所なのかも知れませんよね。なるほど。昔は富士山の噴火もあったようですし、関東地方は昔からよく揺れたのでしょうね。

錦屏山の中腹を開削して造成した上の境内の一番山側ですから、上の土砂が崩れ落ちてきても不思議はないのではないかと思いました。300年足らずで庭園がすべて埋まるほどのことが普通はないと思います。勝手にそう考えているのですが、真相はどうだったのでしょうね。

しかし天変地異は猛威をふるうものですね。東北大震災で、子供の頃、毎日海水浴を楽しんでいた眼の前の海岸が120cmほど地盤が沈下したそうです。知り合いも何人も亡くなりました。
Re: http://fukeikan.blog.fc2.com/ 
ノースさん、こんばんは。

> 瑞泉寺庭園は想像を超えた歴史を感じるすばらしい庭園ですね!
> 一度訪れたいと強く思います。
> ありがとうございました!

恥ずかしながら、私はいつも眺めては『どういう風に素晴らしいものと見るべきなんだろうか?』って、考え込んで答えを出せないでいます。悟りも何も無縁の爺さんで困っています。

> それと、リンクをさせていただきました。

有難うございます。これからも宜しくお願いいたします。
Re: 庭園 
senri32さん、こんばんは。

> 覚えているのは、瑞泉寺の庭園だけ。あとは何も記憶にありません。やはり鎌倉しかない。今後の人生。

そうですか。今後の攻めどころが決まってよかったですね。
私は逗子あたりに住み替えて、毎日鎌倉までアタックしてみたいななどと夢見ていましたが、見果てぬ夢に終わりそうです。
Re: お早う御座います! 
yosaku03さん、こんにちは。

> 目眩で暫くお休みさせて頂きましたが、漸く落ち着きましたので再会させて頂きました。

大変でしたね。思いの外、早くに回復してよかったですね。

> 関西方面でお出かけになったんですね。
> 寒さが厳しくなりましたので体調を崩さないよう気をつけて旅行楽しんでください。

(ΦωΦ)フフフ…、今日の夜行バスで出発なので、まだ自宅にいて、準備中です。防寒対策はしっかりとるつもりです。
yosaku03さんも無理しない程度に収めてくださいね。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、おはようございます。

みすてぃむーんさん、こんにちは。

> 瑞泉寺庭園は300年弱の間に地中にすっぱり埋まってしまったのは不可解ですが、
> 4回もの大地震に見舞われているのはやはり影響大なのでしょうか。

祖父母に子供の頃聞いた記憶では、百数十年前から今日まで目に見えて土地が埋まったようなところはないようです。その先は聞きたくても聞けませんでしたが。洪水とか地震とか噴火とかがなければ、そう簡単には埋まるものではないと個人的には考えています。
勝手な個人的見解です。

> 深夜から関西方面へご旅行で、遠くてハードそうですね。
> お気をつけて行かれて下さい~~!

深夜の3列座席のバスは、それ程窮屈でも、隣の人が気になるでも無く、その上、時間が節約できて好きなんです。個室バスにまでは乗ったことがありませんが、まずまず疲れずに到着できると思います。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんにちは。

> 地震によってほとんどの施設が埋もれてしまったのも、無理は有りません。
> 明治以降の地震でさえ、忘れているくらいですから・・・。

多分地震によるものとは考えていますが、なぜ、埋まったままにしたのかが気になるところです。
徳川初期くらいまでは、鎌倉の寺院も大変だろうということで、幕府もそれなりの援助をしたようですが、それ以降は、幕府財政そのものがかなり厳しく鎌倉にまでは回らなかったんでしょうかね。
掘り返す資力も人力もない。そんな惨めな状況だったのかもしれません。新政府になってからはさらに困窮の度合いが、…。

> どこもく
> なかなかそうは行きません。
> 煩悩のみ大かりき。

生き方の難しいところですね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

芽吹さん、こんにちは。

> 瑞泉寺庭園は、AzTakさんのお蔭で今回初めて拝見しました。
> 風情があり、また神秘的な場所ですね。
> やはり震災等により埋もれていたのでしょうかねぇ・・・

公式の記録がないようで、推測した報告も検索した限りでは見つかりませんでした。
したがって、私の個人的な見解です。

> 世の中には、まだ表に出ない自然の遺産や建築物等があるのでしょうね。
> 大阪城周辺にも、最近になり当時の石垣が出てきたみたいですね。

大阪城は豊臣の痕跡を消すべく、埋めて、その上に大阪城を再建したようですね。イメージ的には豊臣の牙城のようですが、実際は徳川のそれであり、幕府崩壊時の混乱で焼失し、今のものは昭和初期に再建されたものですね。
更に真田丸とか色々話題になっていますね。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR