散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

鎌倉の紅葉を愛でる(2)

長寿寺(2)
方丈及び書院にて(2)
私のような書を見ることをも目的としている方は少数派のようだ。前庭の景観を愛でに来た人が大半だろう。その期待を裏切らない景観だ。
方丈からの眺め
可動タイプのスクリーンじゃないと撮りにくい。いつものことだが悪戦苦闘してしまう。
方丈からの眺め_1
方丈からの眺め_2
方丈からの眺め_3
方丈からの眺め_4
方丈からの眺め_5
『直指人心 見性成仏』
禅語は難しいなあ。それにしても、書画共に通じているとは羨ましい限りだ。
『直指人心 見性成仏』
この言葉を解説した頁へjump
瓢箪の灯り
またも同じものを撮ってしまった
瓢箪の灯り
観音堂とその周辺の景観
前回触れたと思うが、長寿寺の観音堂は、室町時代創建といわれる奈良円成寺多宝塔の第一層を改造移築した建物だ。でも、もともと観音堂であったような佇まいに見える。
景観
本当に美しい。熱心なリピーターが居るようだ。
景観_1
景観_2
景観_3
方丈では少しでも良い写真を撮ろうと皆さん必死だ
景観_4
聖観世音菩薩像
右手に小鳥をのせた細身の像だ
聖観世音菩薩像_1
聖観世音菩薩像_2
2体の像がお守り役
2体の像がお守り役_1
2体の像がお守り役_2
観音堂の天井
私のカメラとレンズとでは精一杯
観音堂の天井

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
この時期に鎌倉とは♪
紅葉と社寺仏閣は最高の組み合わせですね!
混んでいなければ是非訪れたい処です 汗)

あっ!酔仙翁ですが、
和名「スイセンノウ(酔仙翁)」は、ほろ酔いの仙人を連想
したものですが、「センノウ(仙翁)」は、古く京都の仙翁寺
で栽培されたことにちなむとのこと。
今日は! 
鎌倉に「長寿寺」と言うお寺がありましたか、初めて知りました。
長寿寺の紅葉も良いですね~~~
古いお寺と花やモミジとても似合います。
長寿寺も風情があって良いところですね。
瓢箪ランブ 
いいですね。穴の大きさで、風情が全く変わり、ライトの強弱で風情も変わる。ちいさい穴もいいです。参考になりました。
 
こんにちは。
モミジと寺院の美しいコラボレーションと言えば京都を連想しがちですが
鎌倉だって負けていないじゃありませんか。
これらのモミジがいつの時代から寺院を彩ってきたかは分かりませんが
いつの時代も日本人は梅や桜とともにモミジをこよなく愛し
脈々と受け継ぎまた次の世へとに残してきましたよね。
時代をへても美しいものに対する大和魂は不変だな~と実感します。

ryu
日がな一日 
こんばんは!こんな所で日がな一日”ボ~~”っとしていたいですね。
鎌倉は有名なところしか行かなかったので、もったいないことをしました。
残念です。
こんばんは 
みなさん、覗き込んでいったい何を見ているのでしょうか?
仏像?瓢箪の灯り?書画?!なかなか興味深く、想像いっぱいの1枚です。こういう写真も面白くてアリですね。^^
AzTakさん 
こんばんは
観音堂は元は円城寺の多宝塔とか?
茅葺の屋根の大きさ、立ち姿、良いですねえ。
多宝塔時代は、瓦屋根だったのかな、三層?、五層だっだかな・・・・
なんて想像してしまいます。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> この時期に鎌倉とは♪
> 紅葉と社寺仏閣は最高の組み合わせですね!
> 混んでいなければ是非訪れたい処です 汗)

鎌倉の紅葉が本格化するのは毎年12月に入ってからだと思います。他で美しいものを散々見てきた方には『もう十分だよ』なのかもしれません。ですが、私は今年も紅葉の見事なシーンに出会っていないのです。それもありましたし、もし、紅葉が本格化すれば、長寿寺のそれは最高ではないかと思ったのです。
そんなことで、出掛けました。

> あっ!酔仙翁ですが、
> 和名「スイセンノウ(酔仙翁)」は、ほろ酔いの仙人を連想
> したものですが、「センノウ(仙翁)」は、古く京都の仙翁寺
> で栽培されたことにちなむとのこと。

(ΦωΦ)フフフ…、ありがとうございます。私も『ほろ酔いの仙人』になってみたいですが、フォアグラのせいで、どうもそういう状況にはならないようです。(´Д⊂グスン
こんばんは 
神社仏閣の紅葉は何処で見ても良いですね~~
大好きです!
明暗の差が強すぎたのでしょうか・・・
紅葉が白飛びしたのが残念ですね。
Re: 今日は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 鎌倉に「長寿寺」と言うお寺がありましたか、初めて知りました。

北鎌倉から建長寺に向かうダラダラ坂をあと少しで到着というあたりにあります。足利尊氏の屋敷跡のようです。

> 長寿寺の紅葉も良いですね~~~
> 古いお寺と花やモミジとても似合います。
> 長寿寺も風情があって良いところですね。

つい近年まで一般公開はしない寺院でした。最近、春と秋とに曜日限定で公開するだけですので、知らない方も少なくないと思います。住職さんのローテーションを見ると、宗派内で相当な格付けの寺院のようです。
そんなことはどうでも良いのですが、しっかりと尊氏公の菩提を弔っている頑固なお寺さんのように思います。
こちらは楓が樹木の中心です。なので、この時期が一番見栄えがするのではないかと思います。
Re: 瓢箪ランブ 
senri32さん、こんばんは。

> いいですね。穴の大きさで、風情が全く変わり、ライトの強弱で風情も変わる。ちいさい穴もいいです。参考になりました。

(ΦωΦ)フフフ…、どうしても気になるようですね。穴は極小のものが明けられているようですね。大きい瓢箪も小さな瓢箪も粋に仕上げられていますねえ。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> モミジと寺院の美しいコラボレーションと言えば京都を連想しがちですが
> 鎌倉だって負けていないじゃありませんか。

長寿寺は特別かもしれません。ほかはどこでしょうね。おそらく瑞泉寺辺りがきれいかもしれません。
楓が境内にあるお寺さんをあまり知らないんです。私が知らないだけかもしれませんが。

> これらのモミジがいつの時代から寺院を彩ってきたかは分かりませんが
> いつの時代も日本人は梅や桜とともにモミジをこよなく愛し
> 脈々と受け継ぎまた次の世へとに残してきましたよね。
> 時代をへても美しいものに対する大和魂は不変だな~と実感します。
>
> ryu

行く秋を惜しむ風情が何とも言えずいいですねえ。朴念仁の私でさえ、たまには紅葉を見てみたくなりますから。
明日、瑞泉寺に行ってみましょうかねえ。『紅葉ヶ谷』と呼ばれたところですから、見納めの紅葉がある程度は期待できるのではと思います。
Re: 日がな一日 
tugumi365さん、こんばんは。

> こんばんは!こんな所で日がな一日”ボ~~”っとしていたいですね。

そうですねえ。おそらく許されないでしょうが、お新香をいただきながらお茶を飲み半日程度を過ごしたいものです。
そんな感じがありますね。

> 鎌倉は有名なところしか行かなかったので、もったいないことをしました。
> 残念です。

此処は、春と秋と週末限定での公開ですから、タイミングを合わせるのが難しいかもしれません。
Re: こんばんは 
MTさん、こんばんは。

> みなさん、覗き込んでいったい何を見ているのでしょうか?
> 仏像?瓢箪の灯り?書画?!なかなか興味深く、想像いっぱいの1枚です。こういう写真も面白くてアリですね。^^

観音堂では、聖観世音菩薩像が美しいお姿で立っています。それを見ているのでしょう。ちょっと薄暗いので、写真に撮るにはどうしたら良いのかなあ、などと考えている最中かもしれません。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 観音堂は元は円成寺の多宝塔とか?
> 茅葺の屋根の大きさ、立ち姿、良いですねえ。
> 多宝塔時代は、瓦屋根だったのかな、三層?、五層だっだかな・・・・
> なんて想像してしまいます。

どうだったんでしょうね。多宝塔だと樹皮葺だったりしませんかね。茅葺きではなかったかもしれませんね。
明治大正と寺院経営冬の時代に、お互いに助け合ったんだろうなあと思っています。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 神社仏閣の紅葉は何処で見ても良いですね~~
> 大好きです!
> 明暗の差が強すぎたのでしょうか・・・
> 紅葉が白飛びしたのが残念ですね。

撮影していたときから白飛びは気になっていましたが、観音堂を見せないわけにはいかないので、そのまま撮って出しにしました。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR