散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

風入の日の円覚寺と建長寺(1)

毎年、11月3日~5日に、円覚寺と建長寺の宝物風入が行われる。今年は、3日(木・祝日)~5日(土)に実施された。宝物の写真撮影は厳禁だろうとは思った。それでも、一度は見ておきたいと思い、空いているだろうと予想した4日に出かけた。
見ることは見たのだが、私のシワがなさすぎる脳細胞では殆ど記憶できずじまい。正直に言えば、記憶以前に理解できなかったのだ。ごく一部には読み下せるものもないわけではなかったが、ほぼ完敗。ということで、宝物風入に関しては何も報告することがない。それではあまりに情けない。前回往訪時に気になったところを中心に見て回った。

円覚寺(1)
収蔵している数百点の文化財の虫干しを兼ねて展示する毎年恒例の行事。これを見ると同時に、この期間に合わせて「国宝 舎利殿特別公開」が行われていた。普段は立ち入りの許されない「正続院」の門の内に入り、「国宝 舎利殿」の正面近くまでアクセスしお参りしてきた。
ダイジェストで3ショットをご覧いただく
国宝の舎利殿
舎利殿
佛日庵の茶室・烟足軒
茶室・烟足軒
安寧の茶菓
安寧の茶菓
風入れ会場の大方丈の建物外の様子
繰り返し言うが、宝物の撮影は厳禁だ。ところどころに小さな写真が入った目録が配られたが、それだけ。これじゃ、何年通っても理解できそうにない。以上の状況で、風入そのものは何もコメントできない。
仕方がないので、大方丈の外観と庭などを撮ってみた。当日は光線の加減が良く、比較的良い写真が撮れた。

大方丈裏の心字池
背景になる大方丈や書院が風入の会場になった。そのために、大方丈の雨戸が締め切られていた。そこが異様な感じだったが、どうしようもないこと。気にせずに撮った。
大方丈裏の心字池_1
大方丈裏の心字池_2
大方丈裏の心字池_3
大方丈裏の心字池_4
大方丈裏の心字池_5
大方丈裏の心字池_6
大方丈の唐門
大方丈の唐門_1
大方丈の唐門_2
大方丈の唐門_3
大方丈の唐門_4
大方丈
大方丈_1
大方丈_2
大方丈_3
前庭の石像
廃仏毀釈の嵐の中でも、壊されずに残されていた。有難いことだ。今回は比較的よく撮れたと思うが如何だろうか?
前庭の石像_1
前庭の石像_2
前庭の石像_3
前庭の石像_4
前庭の石像_5
前庭の石像_6
前庭の石像_7
前庭の石像_8
鬼瓦
当たり前だがミツウロコの紋になっている
鬼瓦_1
鬼瓦_2

Comments

今晩は! 
鎌倉の円覚寺、流石立派ですね。
国宝に指定される価値は十分ありますね。
内部の庭園なども立派で素晴らしいです。
写真を撮りたくなりますね。
 
日頃見ることができない貴重な体験でしたね。
こうやって写真を見ると円覚寺は広くて見てないところばかりです。
いつもは被写体としてしか見ていないので今度行くときは
ゆっくり散策しようかなって気になりました。
AzTakさん 
こんばんは
鎌倉は、小学校の修学旅行に行っただけですね。
覚えていません。
こうして多くの寺院を見せていたくととても嬉しいです。
特に禅寺が多いのがいいです。
 
こんばんは。
舎利殿の屋根軒の反り具合が絶妙でとても美しいですね。
ルーツは中国建築でしょうが、その中国はなぜか屋根軒は
これでもかと言うほど不自然に反り返っていますよね。
あれでは優美というより奇異過ぎるかも。
太胡石だらけの庭園などもそうですが、
かの国には“ほどほど”とか“ちょうどいい”とか
中庸の精神はどこに行ってしまったのでしょう(ーー;)。

ryu
Re: 今晩は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 鎌倉の円覚寺、流石立派ですね。
> 国宝に指定される価値は十分ありますね。

舎利殿ですか。今回やっと見ることができました。通算すると相当回数円覚寺に入っていますが、本当の初めてでした。
そのことに自分で感激してしまいました。

> 内部の庭園なども立派で素晴らしいです。
> 写真を撮りたくなりますね。

yosaku03さんのような立派なレンズで撮ると、最高の様子に見えることでしょう。体調が宜しいようでしたら、是非お越し下さい。撮った暁には、ぜひ見させていただきたいものです。
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> 日頃見ることができない貴重な体験でしたね。

本当にそうでした。

> こうやって写真を見ると円覚寺は広くて見てないところばかりです。
> いつもは被写体としてしか見ていないので今度行くときは
> ゆっくり散策しようかなって気になりました。

今回は宝物風入だったのですが、そちらはチンプンカンプンで、その意味ではモトが取れないままかもしれません。普通の日に行き、ゆっくりのんびり見て歩くのが一番かなあと思いました。

Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 鎌倉は、小学校の修学旅行に行っただけですね。
> 覚えていません。

中学の修学旅行は日光と湘南都でした。日光はともかくとし、鎌倉は高校進学後に住む予定のところもすぐ近くです。
ちょっと複雑な気持ちで見たという記憶があります。

> こうして多くの寺院を見せていたくととても嬉しいです。
> 特に禅寺が多いのがいいです。

そうですね。不用意に華美に飾り立てない見識がとても冴えていますね。
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

tgryuさん、こんばんは。

> 舎利殿の屋根軒の反り具合が絶妙でとても美しいですね。
> ルーツは中国建築でしょうが、その中国はなぜか屋根軒は
> これでもかと言うほど不自然に反り返っていますよね。
> あれでは優美というより奇異過ぎるかも。
> 太胡石だらけの庭園などもそうですが、
> かの国には“ほどほど”とか“ちょうどいい”とか
> 中庸の精神はどこに行ってしまったのでしょう(ーー;)。
>
> ryu


私は、日本のそれも中国のそれもいいものだと思います。ですが、日本のものに見慣れているし、感性にも合うので、日本の様式が好きなのは言うまでもありません。
前庭の石像 
お早うございます!前庭の石像の お顔が優しい良いお顔ですね。ただそこにいるだけで 心が落ち着きます。
Re: 前庭の石像 
tugumi365さん、こんばんは。

> お早うございます!前庭の石像の お顔が優しい良いお顔ですね。ただそこにいるだけで 心が落ち着きます。

明治の廃仏毀釈の大嵐の中でも必死に護ったんだと思います。多分、かなり長いこと、人目につかないところに隠したのではないでしょうか。
その甲斐あって、お顔が損なわれること無く残り、今の私達が、ホコっとさせられているわけでしょう。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR