散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

晩秋を迎えようとする三渓園(3)

月華殿や天授院から聴秋閣に向かう道
雰囲気のある道が続く。が、ちょっとアップダウンがあり、真面目に園内をもれなく回ろうとすると、最後はかなり草臥れるかもしれない。
一旦上った丘から一挙に下りてくる感じ。何気ないようだが、妙に落ち着く感じになっている。
月華殿や天授院から聴秋閣に向かう道_1
月華殿や天授院から聴秋閣に向かう道_2
月華殿や天授院から聴秋閣に向かう道_3

聴秋閣【重要文化財】1623年(元和9年)建築
臨春閣と聴秋閣。三渓園の主要な建物が向かい合っている。こちらは、背後を崖に囲まれていて、虫の声が間断なく聞こえてきそうだ。また、楓の木もたくさん植えられていて、聴秋閣というネーミングが適しているように思う。
建物はかなりユニークな形状だ。それを愛でたい。
聴秋閣【重要文化財】_1
聴秋閣【重要文化財】_2
聴秋閣【重要文化財】_3
聴秋閣【重要文化財】_4
聴秋閣【重要文化財】_5
聴秋閣【重要文化財】_6
徳川家光が二条城内に建て、後に春日局が賜ったと伝わる建物。各部の意匠は独創性・変化に富みますが、書院造としての格や茶亭としての機能に応じて緻密に構成されています。L字型の一段下がった杢板敷きの入口は舟で漕ぎ着ける場を想像させ、当初は水辺に面して建てられたのかもしれません。江戸時代はじめの上流武士階級の風流な文化が伝わります。この建物は江戸時代の武士佐久間将監の作と伝わります。小堀遠州と同時代に幕府の造営・修繕に関わる作事方を務めた人物で両者とも茶の湯に深く似た境遇であったため、遠州はライバル的存在であったのかもしれません。この建物から将監の挑戦・意欲が伺えます。

以下の2つの建物は茶室。園内には、この他に、前回取り上げた金毛窟とまだ取り上げていない林洞庵と横笛庵と、合計5つの茶室がある。季節的なものなのか、お茶会が行われていて華やかだった。
その他にも茶室を備えてある建物もいくつか。聴秋閣もその例だろう。


春草廬【重要文化財】桃山時代建築
織田有楽斎の茶室は国宝に指定された茶室『如庵』もある。そちらとこちらとでは、どこに差があるのだろうか?
横道にそれるが、如庵という庵名は有楽斎のクリスチャンネーム「João」または「Johan」から付けられたという説もあるようだ。う~~ん、ヨハネだったのか。
春草廬【重要文化財】_1
春草廬【重要文化財】_2
春草廬【重要文化財】_3
春草廬【重要文化財】_4
春草廬【重要文化財】_5
春草廬【重要文化財】_6
春草廬【重要文化財】_7
三畳台目(さんじょうだいめ)の小間茶室は、織田有楽斎の作品と伝えられています。
春草廬は、茶室内に九つの窓があることから、かつて"九窓亭"と呼ばれていました。 多くの窓を持つもので、華やかな茶室です。


蓮華院 1917年(大正6年)建築
茶室を作り過ぎと思わないでもないほどだが、当代切っての粋人としては、自らの手になる茶室にこだわらないわけにはいかなかったのだろう。前回取り上げた金毛窟より1年前に建てた。
下記の三渓園の説明文。読み飛ばせば何ということはないのかもしれないが、土間の中央にある太い円柱と、その脇の壁にはめ込まれている格子は、宇治平等院鳳凰堂の古材。蓮華院という名は、三溪が茶会を催した際に広間の琵琶床に、奈良東大寺三月堂の不空羂索観音が手に持っていた蓮華を飾ったことに由来。えーっ、そんなことが可能だったの、と思うようなことがサラッと書かれてある。
蓮華院_1
蓮華院_2
蓮華院_3
蓮華院_4
もとは、現在の春草廬の位置にありましたが、第二次世界大戦後に竹林にある茶室という構想のもとに現在の位置へ再築されました。二畳中板の小間と六畳の広間、土間からなっています。土間の中央にある太い円柱と、その脇の壁にはめ込まれている格子は、宇治平等院鳳凰堂の古材と伝えられています。蓮華院という名は、三溪が茶会を催した際に広間の琵琶床に、奈良東大寺三月堂の不空羂索観音が手に持っていた蓮華を飾ったことに由来しています。

Comments

茶室 
中学の恩師宅に行くと、必ず、茶室に招かれ、お茶をいただきます。茶室は、有志一同で、恩師宅の裏庭に建立いたしました。そこには、私からプレゼントした、瓢箪ランプがともっています。とても、大雑把な茶室ですが、お気に入りの場所です。
 
聴秋閣はとてもユニークな形ですね。改めて障子張りのふすまなどを見れば、紙が寒さを通しにくい素材であると再認識です。紅葉が赤い頃はさらに美しい姿を見ることができるのではないかと思いました。
AzTakさん 
こんにちは
竹林に茶室は良く似合いますね。
雰囲気は好きですが、たしなみは全く有りません。
ガスメーター?が気になる・・・
番茶がせいぜいです。
 
こんにちは。
聴秋閣は楚々とした佇まいの中にも気品があり素敵ですね。
このあたりのセンスが同じ東アジア文化圏の中でも
中国や朝鮮との大きな違いですよね。
跳ね上げ式板戸は昔我が家にもあり
隙間風がぴゅ~ぴゅ~入ってきたもんです(ーー;)。
聴秋閣とは比べ物になりませんが、ろくな暖房もない時代
昔の人は寒さにはめっぽう強かったですね。

ryu
 
AzTakさま こんにちは

三渓園にはいろんなお茶室が配置されているようですね。
竹林を配置したお茶室は粋人らしいこだわりがあるのでしょうね。
当然ですが、こんな立派な茶室があるわけではありませんが、昔は我が家でも時々お茶事を開いておりましたが、今ではこうした機会もなくなりました。
綺麗な庭を拝見しながらお茶を頂くと身も心も癒され落ち着いた気分になります。
たまには、こうした気分を味わいたいものです。
こんばんは 
聴秋閣の周りは楓が沢山あるみたいですね^^
まだ青いですが、これが赤く染まると
とても綺麗になりそうです^^
良い被写体になりそう!
Re: 茶室 
senri32さん、こんばんは。

> 中学の恩師宅に行くと、必ず、茶室に招かれ、お茶をいただきます。茶室は、有志一同で、恩師宅の裏庭に建立いたしました。そこには、私からプレゼントした、瓢箪ランプがともっています。とても、大雑把な茶室ですが、お気に入りの場所です。

あれまあ、器用なものですねえ。名のある人の作品でなくとも心がこもったものであれば、贈られた方は嬉しいものでしょう。
先生との関係がうまくいっていたようですね。羨ましいことです。
Re: タイトルなし 
MTさん、こんばんは。

> 聴秋閣はとてもユニークな形ですね。改めて障子張りのふすまなどを見れば、紙が寒さを通しにくい素材であると再認識です。紅葉が赤い頃はさらに美しい姿を見ることができるのではないかと思いました。

臨春閣は正統派の建物の美しさが見て取れますが、こちら聴秋閣はとても独創的な形状をしています。二条城内にあったときは、もしかしたら、小舟でアクセスする建物だったのかもしれません。相当に粋な建物です。
建物が小さいので、特別公開をしているときでも、三和土から内部を覗くだけ。その範囲からしか写真を撮れませんでした。以前は、建物内部にも上がらせてくれたフシもあるのですが、…。
原三渓氏が存命中は、地球温暖化もそれ程問題になっていなかった頃で、横浜の南部でも美しい紅葉が楽しめたと思います。いまは、どうでしょうね。12月に入ってからです。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 竹林に茶室は良く似合いますね。
> 雰囲気は好きですが、たしなみは全く有りません。

そうですか。私は祖母が教えていたので、だいぶ付き合わさせられました。

> ガスメーター?が気になる・・・

某ガス会社OBが憤慨していました。『正しく設置はしているものの、それだけしかしていない。雰囲気に合うような目隠しをするとかの配慮が全くなされていない。情けない…』と。

> 番茶がせいぜいです。

それでいいのでは。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 聴秋閣は楚々とした佇まいの中にも気品があり素敵ですね。
> このあたりのセンスが同じ東アジア文化圏の中でも
> 中国や朝鮮との大きな違いですよね。

日本人独特の感性があるのかもしれません。それを言うのが朴念仁の私では説得力がありませんが。(^_^;)

> 跳ね上げ式板戸は昔我が家にもあり
> 隙間風がぴゅ~ぴゅ~入ってきたもんです(ーー;)。
> 聴秋閣とは比べ物になりませんが、ろくな暖房もない時代
> 昔の人は寒さにはめっぽう強かったですね。
>
> ryu

そうだったかもしれませんね。中3のとき、高校受験の補習授業に強制的に参加させられました。私には何の価値も見いだせないものでしたが。老朽校舎で暖房も皆無だったので、更けてくると寒さが募り、ついには室内にいるのに、手がかじかんできました。最南端の海沿いでも東北は東北。寒くて居眠りも楽しめない環境でした。そんなことを思い出しました。
Re: タイトルなし 
> AzTakさま こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 三渓園にはいろんなお茶室が配置されているようですね。
> 竹林を配置したお茶室は粋人らしいこだわりがあるのでしょうね。

そうなんでしょうが、大金持ち&粋人の考えることは、スケールが大きすぎて、朴念仁の私にはよくわかりません。

> 当然ですが、こんな立派な茶室があるわけではありませんが、昔は我が家でも時々お茶事を開いておりましたが、今ではこうした機会もなくなりました。
> 綺麗な庭を拝見しながらお茶を頂くと身も心も癒され落ち着いた気分になります。
> たまには、こうした気分を味わいたいものです。

茶の湯はいいものですねえ。日本人の良さが一段とクローズアップされるような気がしています。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 聴秋閣の周りは楓が沢山あるみたいですね^^
> まだ青いですが、これが赤く染まると
> とても綺麗になりそうです^^
> 良い被写体になりそう!

どうなんでしょうねえ。原三渓氏存命中の頃は、ものすごい鮮やかな発色があったものと思います。それから幾星霜。温暖化が進行して、首都圏の楓は冴えない色にしかならなくなってきました。
横浜や鎌倉は、紅葉は12月に入ってからですから、もしかしたら、まかり間違って、凄い紅葉がないとは限らないのですが、…。師走にのんびりと庭園散策する人って、いますかねえ。行こうかなと思うと、何かしら用事が邪魔したり。
こんにちは。 
緑がいっぱい!まるで春の装いですね。
当地は茶に染まった枯れ葉が目立つようになってきました。

この時期に緑が主張する景色も良いですね。
 
AzTakさん、こんばんは。
聴秋閣というネーミングは虫の声が沢山の聞こえてくる立地でしたら
まさに適していますね。
なによりも障子の白さが清々しくて、2階にちょこんと乗ったような
小さな部屋に飾り窓もよく似合っていますー
屋根も温かみがあってそこに陽が上から射しむと一層良さが
増します。
大変な贅沢で竹林もこういう景観にあっていますね(^^ゞ
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 緑がいっぱい!まるで春の装いですね。
> 当地は茶に染まった枯れ葉が目立つようになってきました。
>
> この時期に緑が主張する景色も良いですね。

12月の半ば頃にならないと紅葉せず、首都圏の上空が汚れていて放射冷却もままならず、茶錆色になる確率が高いところが少なくないように思います。此処はどうでしょうね。日中の日当たりが抜群に良いですから、もしかしたら、紅葉が綺麗かもしれません。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 聴秋閣というネーミングは虫の声が沢山の聞こえてくる立地でしたら
> まさに適していますね。

あまりに虫がたくさんいて、聞き分けられないくらいではないかと思います。

> なによりも障子の白さが清々しくて、2階にちょこんと乗ったような
> 小さな部屋に飾り窓もよく似合っていますー
> 屋根も温かみがあってそこに陽が上から射しむと一層良さが
> 増します。
> 大変な贅沢で竹林もこういう景観にあっていますね(^^ゞ

殿様かお大尽になったような気分になりますよね。ふと、気がつくとしがない爺さんなんですが。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR