散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

晩秋を迎えようとする三渓園(1)

10月の末に横浜の三渓園を楽しんできた。当日は菊花展が始まったくらいで、他に特別公開などは何もなかった。しかし、好天に恵まれ、シーズンなのかお茶会も幾つか開催されていたようで、華やいだ雰囲気の中を気分良く歩くことができた。私自身は北海道の旅から戻った翌々日(帰宅が午前様になってしまったので、正しくは翌日)で、ちょっとお疲れモードだったが、グループの会計担当なので、休むわけにはいかなかった。
三渓園の様子は何度か取り上げているので、少し端折りモードでいくことにする。


大池の手前から
重要文化財の三重塔がそびえる景観は、いつ見ても極上のものだ。画才があれば、スケッチなどを楽しみたいところだ。
大池には、渡りの鴨はまだこのときは到着していなかった。留守を守るカルガモだけ。
大池の手前から_1
大池の手前から_2
大池の手前から_3
原三渓氏の旧宅である鶴翔閣が見えた
大池の手前から_4
大池の手前から_5
大池の手前から_6
鶴翔閣
横浜市指定有形文化財で貸出施設になっている。当日は貸し出されていた。部外者は残念ながら近づくことができなかった。堂々と拝見するには、自分たちで借りれば良いのだが、…。これほどまでに贅を尽くした建物は、滅多に見られないというものだそうだが、残念ながら建物内部は見たことがない。
鶴翔閣

内苑へと進み、素晴らしい建物を見て歩くことにする

御門とその周辺
この門自体も素晴らしいが、この門から見える景観が痺れるほどに素晴らしい。殿様気分とはこんなものだろうかと思うほどだ。
御門
京都東山の西方寺にあった薬医門。横浜市指定有形文化財で、1708年(宝永5年)頃の建築だそうだ。
御門とその周辺_1
御門とその周辺_2
白雲邸
原三渓氏が家族と暮らした鶴翔閣から離れ、亡くなるまでのおよそ20年を夫人と過ごした住まい。鶴翔閣と同様に、横浜市指定有形文化財で貸出施設になっている。塀が張り巡らされ、玄関も閉じているのが普通で、私自身はなかなか内部の様子を窺い知ることができないでいる。
御門とその周辺_3
臨春閣の第一屋とその玄関
御門を潜り、大層な玄関が待ち構えているところを歩くと、殿様になったような気分がしてくる。そんな気分になるように配置したのだろう。
御門とその周辺_4
臨春閣 【重要文化財指定】 1649年(慶安2年)建築
桃山時代に豊臣秀吉が建てた聚楽第の遺構ではないかと秀吉フェチの原三渓氏が期待をかけた臨春閣。原三渓氏が見たときには廃屋寸前の状態だったとか。何にせよ、原三渓氏の積極的な動きがなければ、貴重な文化財が消えてしまう寸前だっただろう。
玄関
特別公開日以外は閉じられている。特別公開日には、我々もこの玄関から上がることになる。実際に上がっても見たことがある。
臨春閣 【重要文化財指定】_1
第一屋と第二屋の内部
供待の部屋などがある第一屋第一屋の欄間には、波の彫刻。第二屋の欄間には、和歌を書いた色紙がはさまれているとか。
臨春閣 【重要文化財指定】_2
確かに欄間には波の彫刻が施されてある
臨春閣 【重要文化財指定】_3
和歌を書いた色紙がはさまれている欄間のようだ。この角度からはなんと書かれてあるのか不明。見えたとしても、読み下すことができるかなあ。
臨春閣 【重要文化財指定】_4
臨春閣 【重要文化財指定】_5
臨春閣 【重要文化財指定】_6
臨春閣 【重要文化財指定】_7
臨春閣 【重要文化財指定】_8
臨春閣 【重要文化財指定】_9
臨春閣 【重要文化財指定】_10
第三屋の内部
第三屋の「天楽の間」にある欄間には、雅楽に馴染み深い笙と笛など本物の楽器があしらわれているそうだ。何かあったなあと思うが、特別公開日ではなかったので、屋内でじっくり見学するようなわけにはいかず、よくわからなかった。
臨春閣 【重要文化財指定】_11
臨春閣 【重要文化財指定】_12
これが実際の雅楽器があしらわれている欄間か
臨春閣 【重要文化財指定】_13

桃山時代に豊臣秀吉が建てた聚楽第の遺構と伝えられていましたが、現在では和歌山県岩出市にあった紀州徳川家の別荘巌出御殿(いわでごてん)ではないかと考えられています。内部は狩野派を中心とする障壁画と繊細・精巧な数寄屋風書院造りの意匠を随所に見ることができます。

Comments

 
こんにちは。

臨春閣は偶然なのかどうかわりませんが
水戸徳川家斉昭の別荘だった水戸偕楽園 好文亭にどことなく似ていますね。
創建はどちらが古いかは知りませんが(現在の好文亭は昭和の再建)
徳川御三家つながりがあるのか、当時の流行様式だったのか
いずれにせよどちらも華美になり過ぎず素敵ですよね。

ryu
今日は! 
三渓園も行きたいところの一つですが、駅から離れているようで行きそびれています。
随分前から行きたいところの一つになっていますが、未だに実現しません。
まだ紅葉しているように見えませんが、モミジなどは少ないのでしょうか?
何時行かれるか分かりませんので此方で楽しませて頂きます。
有り難う御座いました。
こんにちは。 
横浜は毎年行っているのですが、ここはまだ行ったことがありません。
何れゆっくりと行きたいと思っていますので、ここは最優先で行きたいところですね。
菊展 
行こう、行かなきゃと思いながら、ワンコの手術、婆さんの施設の手続き、娘の結婚、次男の婚約と振り回され、菊展終了まであとわずか。今日も、婆さんの入居手続きに2時間かかり、ワンコの病院で1時間、三渓園訪問は、諦めました。嫁さんは、今度の日曜があるさと言ってくれました。
AzTakさん 
こんばんは
相変わらず三渓園は素晴らしいですね。
といっても、くまは未だに行ったことは無く、AzTakさんに写真で案内して頂くしかないのですが。
 
こんばんは

そう言ってもAzTakさんは活動的に行動されてますよ

知って居るけれど行ったことがない三溪園
横浜は元町付近をウロウロするだけでした
気合を入れなければ行かれないかな

こんばんは 
三渓園、綺麗ですね~~
三重塔と小舟が良い味を出しています^^
こう言う場所、僕は大好きです^^
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 臨春閣は偶然なのかどうかわりませんが
> 水戸徳川家斉昭の別荘だった水戸偕楽園 好文亭にどことなく似ていますね。
> 創建はどちらが古いかは知りませんが(現在の好文亭は昭和の再建)
> 徳川御三家つながりがあるのか、当時の流行様式だったのか
> いずれにせよどちらも華美になり過ぎず素敵ですよね。
>
> ryu

臨春閣は紀州徳川家の別荘巌出御殿ではないかと考えられているようです。そうだとすると、1649年(慶安2年)の建築になります。聚楽第だと、もっともっと古いわけですが。
かたや、好文亭は1840年〈天保11年〉4月に設計された水戸偕楽園内の施設です。ということで、好文亭の方がざっと200年ほど後の建物になります。真似をしたということになれば、誰が考えても当然水戸の方でしょうね。浅学な私には好文亭が巌出御殿の真似かオリジナルかよくわかりませんが。
いずれにしてもどちらもすごい建物だと思います。

私自身は行ったことがありませんが、松戸に戸定邸という国指定の重要文化財があります。こちらも水戸徳川家の藩主邸だったところです。それを松戸市に寄付したと聞き、びっくり。なかなか素敵な建物らしいですよ。
Re: 今日は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 三渓園も行きたいところの一つですが、駅から離れているようで行きそびれています。
> 随分前から行きたいところの一つになっていますが、未だに実現しません。

私は、いつも横浜駅東口から横浜市営バスで行きます。均一料金です。バス停で降りて、3-4分です。それが一番良い行き方でしょう。帰りは中華街入口あたりで降りて、遅い昼食をランチ料金で食べたりもできます。

> まだ紅葉しているように見えませんが、モミジなどは少ないのでしょうか?
> 何時行かれるか分かりませんので此方で楽しませて頂きます。
> 有り難う御座いました。

園内に楓がかなり植えられています。横浜市南部や鎌倉あたりの紅葉は、12月に入ってからではないでしょうか。何年か前、瑞泉寺に12月半ばに行ったときにも殆ど青葉でしたから、推して知るべしです。今年はどうでしょうね。
個人的には、12月初旬の長寿寺の紅葉を拝見したいと思っていますが、…。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 横浜は毎年行っているのですが、ここはまだ行ったことがありません。
> 何れゆっくりと行きたいと思っていますので、ここは最優先で行きたいところですね。

ちょうど今ですと、紅葉の古建築公開(重要文化財 聴秋閣、横笛庵)11月19日~12月11日がチャンスかもしれません。
以前、重要文化財一挙大公開という事がありました。そのときは、臨春閣は室内に入ってジャカジャカ写真を撮りましたが、聴秋閣はいつもより近くまで立ち入ることができただけで、。そこからウンと伸びをして、カメラを差し入れた記憶が。
今回は建物内部に立ち入ることができるかもしれません。

実物は素晴らしい建物だし、景観なん何だと思っていますが、私はここで満足の行く写真が撮れた試しがありません。他の方の写真を見ると、本当に素敵に撮られているのに。
Re: 菊展 
senri32さん、こんばんは。

> 行こう、行かなきゃと思いながら、ワンコの手術、婆さんの施設の手続き、娘の結婚、次男の婚約と振り回され、菊展終了まであとわずか。今日も、婆さんの入居手続きに2時間かかり、ワンコの病院で1時間、三渓園訪問は、諦めました。嫁さんは、今度の日曜があるさと言ってくれました。

見に行けるといいですね。私が行った日は菊花展の初日でした。それから日数が経ちますから、見事な鉢が増えているのではないかと思います。少しは撮ってきましたが、満足はいただけないと思います。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 相変わらず三渓園は素晴らしいですね。
> といっても、くまは未だに行ったことは無く、AzTakさんに写真で案内して頂くしかないのですが。

実際に行ったら、びっくりすると思います。此処は、私の下手な写真よりも実物を見たほうが遥かに満足されると思います。
行くたびに、どえらい金持ちで風流な人がいたものだと感心しまくりです。
Re: タイトルなし 
> こんばんは

ぴあのさん、こんばんは。

> そう言ってもAzTakさんは活動的に行動されてますよ
>
> 知って居るけれど行ったことがない三溪園
> 横浜は元町付近をウロウロするだけでした
> 気合を入れなければ行かれないかな

行ったことがないところが残っていれば、それはこれから行く楽しみが残っているということでしょう。いつもバスで三渓園に行くのですが、横浜の観光名所を通り抜けるので、途中下車したい誘惑と戦っています。帰りはたいてい中華街入口で途中下車ですね。何をしに行くかは聞かないで下さい。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 三渓園、綺麗ですね~~
> 三重塔と小舟が良い味を出しています^^
> こう言う場所、僕は大好きです^^

私の下手な写真で申し訳ありません。今頃行けば、渡りのカモさんもかなり集結してくる頃かなと思います。三重塔のあたりまで行くと、アオジなども運が良ければ観察できるかも。
春は臥竜梅にメジロが大挙して蜜を吸いに来ています。
野鳥さんを観察しに行くところではないのですが、…。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR