散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

1泊2日の超高速北海道観光(5)

ここから2日目。出発は10時と遅めだったが、そこからが極めて長い一日だった。

小樽の街での自由行動(1)
集合写真撮影後、2時間ほどの自由時間が与えられる。下車&解散場所の運河地区から独り歩き開始。時間がないので、少し早足で歩くことにする。結果的に、小樽市指定歴史的建造物を中心に見て回った感じになった。
小樽運河
小樽運河_1
小樽運河_2
小樽運河_3
小樽市指定歴史的建造物の旧浪華倉庫。いまは小樽運河食堂になっている。
小樽運河_4
小樽運河_5
小樽運河_6
小樽市指定歴史的建造物の旧篠田倉庫。周囲の倉庫が石やコンクリート造りなのに対し、こちらは目立つレンガ造り。
小樽運河_7
ガス灯。夜になれば淡い明かりで運河を幻想的に照らす。
小樽運河_8
小樽運河_9
小樽運河_10
小樽港は北海道開拓の玄関口として発展してきました。当時は、大きな船を沖に泊め、はしけ(台船)を使って荷揚げしていましたが、取り扱う荷量が多くなり、はしけが直接倉庫の近くまで入って行ける水路を作りました。これが「小樽運河」です。
小樽運河は、大正12年に完成し、内陸を掘り込んだ運河ではなく、海岸の沖合いを埋立てて造られたため、直線ではなく緩やかに湾曲しているのが特徴となっています。
しかし、時代が変わり戦後になると、港の埠頭岸壁の整備により、その使命は終わりを告げることとなりました。
昭和61年、運河は、十数年に及んだ埋立てを巡る論争の末に一部を埋立て、幅の半分が道路となり、散策路や街園が整備された現在の姿に生まれ変わりました。
運河の全長は1140mで、幅は道道臨港線に沿った部分は20m、北部(通称:北運河)は当初のまま40mとなっています。
散策路には63基のガス灯が設置され、運河沿いの石造倉庫群は当時の姿のまま残されておりレストランなどに再利用されています。
夕暮れ時には、ガス灯がともるとともに石造倉庫群がライトアップされ、昼間とは違った雰囲気を演出しています。

運河プラザほか
シックな建物が並ぶ。時間があればぜひ立ち寄りたいところだが、十分な時間がない。今回は涙をのんでパス。手前から、運河プラザ(小樽倉庫)・喫茶店小樽倶楽部、小樽市総合博物館運河館(小樽倉庫)だそうだ。小樽市指定歴史的建造物の旧小樽倉庫。真ん中の煉瓦の建物も含まれるのかなあ?みんないい感じだなあ。
運河プラザほか_1
運河プラザほか_2
花ごころ小樽店
重厚な感じの建物だなあと思ったら、小樽市指定歴史的建造物の『旧安田銀行小樽支店』の建物だったか。今回は写真撮影だけで失礼。
花ごころ小樽店_1
花ごころ小樽店_2
花ごころ小樽店_3
手宮線跡
北海道最古の路線だったとか。全く知らない路線だった。
手宮線跡_1
手宮線跡_2
手宮線跡_3
小樽市の南小樽駅から同市内の手宮駅を結ぶ日本国有鉄道が運営した鉄道路線(貨物線)。旧国鉄手宮線は幌内鉄道の一部として、明治13年に小樽・手宮〜札幌を結ぶ北海道で最初の鉄道として開通し、北海道開拓に重要な役割を担っていましたが、昭和60年に廃線となりました。
小樽駅
どうしても行ってみたかった小樽駅。やっと見ることができた。
小樽駅_1
小樽駅_2
小樽駅_3
小樽駅_4
何を隠そう、このランプを飾ってある様を見たかったのだ。現在、エントランスホールやホームに飾られているランプ333燈が、2009年に北一硝子から寄贈を受けたそうだ。見事なものだ。
小樽駅_5
小樽駅_6
小樽駅_7
小樽駅_8
小樽駅_9
小樽駅_10
カフェ&バーCANAL運河
こちらも小樽市指定歴史的建造物の『旧向井呉服店支店倉庫』。いまは、カフェ&バーに変身か。
カフェ&バーCANAL運河_1
カフェ&バーCANAL運河_2
北海道タオル
金融資料館(旧日銀小樽支店)のすぐ近くに、ちょっと気になったレトロな建物があった。創業110年とか。右奥方向に長く続く建物だった。
北海道タオル

Comments

ランプ 
小樽駅のランプは何度か行っていたのに気が付きませんでした。ゆっくりと
小樽の街を散策するのは好きです。函館も銀行等の建物がありましたが、マンションになりました。ブラタモリでは 経済が衰退して建物を取り壊すお金がなかったので 古い建物が残ったと放送していました。
おはようございます。 
本当に小樽は坂道ばかりのところ小樽駅まで、二時間はきっいですね、
すごくたくさん歩かれてのが分かります、どこもかしこも写真スポットで、
倉庫に絡まる蔦の紅葉は絵になりますね、小樽運河にいるこのかもめ、
いつもいるみたいで、ガス灯の上にいたり、なぜか一羽なんです。
 
こんにちは。
今、レトロな街として人気を博している多くはある意味時代から取り残された街だと思いますが、発想を変えれば逆境を味方にできる素晴らしい例ですね。

ryu
AzTakさん 
こんにちは
小樽駅は2010年に行きましたが、駅前を車で素道理でした。
知っていれば寄ったのになあ
街中の古い建造物を見て回りましたよ。
また行きたいですね。
何時になることやら・・・
今晩は! 
北海道は何回か行きましたが、小樽は何時も通過してしまいます。
と、言うことでまだ行ったことがありません。
小樽運河などを訪ねてみたいと思っていますが実現しません。
次回は何時行かれるか分かりませんが、行くことがあれば小樽も候補地に入れたいですね。
 
AzTakさん、こんばんは。
お天気が良くなると、小樽の街の景色の見え方がよくなりますね。
小樽運河沿いの建造物は情緒があり蔦の絡まるのも合っていますね。
運河を見ながらお茶するのもいい眺めです^^

小樽駅のランプはとても素敵で、小樽と言えば北一硝子もよく知られて
いますね。

ここはじっくりと観察、散策してみたくなる所ですー(*´v`)

こんにちは! 
小樽は雪がないのですね。それにしてもいいところ取りの盛りだくさんな旅ですね。美味しいものもたくさんいただきましたか?^^
Re: ランプ 
tugumi365さん、こんばんは。

> 小樽駅のランプは何度か行っていたのに気が付きませんでした。ゆっくりと
> 小樽の街を散策するのは好きです。函館も銀行等の建物がありましたが、マンションになりました。ブラタモリでは 経済が衰退して建物を取り壊すお金がなかったので 古い建物が残ったと放送していました。

ブラタモリで説明された通りなのかもしれませんね。そのお陰で素敵な町並みが今に残りましたね。

奥尻島の地震があった直後にクルーズ船で小樽港に入港したのですが、オプショナルツアーに参加し、定山渓温泉に宿泊し、道南地方を見て回っていました。肝心の小樽の様子は、ブラスバンドが歓迎演奏をしてくれたことくらいしか覚えていません。実質的に初めての小樽観光でした。(^_^;)
Re: おはようございます。 
みこたんさん、こんばんは。

> 本当に小樽は坂道ばかりのところ小樽駅まで、二時間はきっいですね、
> すごくたくさん歩かれてのが分かります、どこもかしこも写真スポットで、
> 倉庫に絡まる蔦の紅葉は絵になりますね、小樽運河にいるこのかもめ、
> いつもいるみたいで、ガス灯の上にいたり、なぜか一羽なんです。

今回は下見で、いつか時間に追われずにゆっくり店内も含めて見て回りたいものです。
坂道は本当はきらいじゃないんですが、やっぱり足腰に不安があると、このままイケるのか不安になりますね。

そういえば、あの大きなカモメさんは1羽のみでいましたね。まるで私みたい。どうしちゃったのでしょう。気儘な生活も慣れるとそんなに悪くはないのかもしれませんが、どんな気持ちでいるのか私にはよくわかりません。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 今、レトロな街として人気を博している多くはある意味時代から取り残された街だと思いますが、発想を変えれば逆境を味方にできる素晴らしい例ですね。
>
> ryu

そうかもしれませんね。小樽の場合は、北国なので、石で頑丈に造ったというのも、今になれば幸いしたポイントかもしれません。
それにしても2時間はちょいと短すぎました。自分で行くしかなさそうです。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 小樽駅は2010年に行きましたが、駅前を車で素通りでした。
> 知っていれば寄ったのになあ。

まあ、そういうものですよね。私の場合は、北海道で音楽活動をされている女史のブログで見て、憧れていました。
小樽に行く機会があれば、ぜひとも見てみたいと。時間があれば、入場券を買い求め、ホームに立って見たかったのですが、…。

> 街中の古い建造物を見て回りましたよ。
> また行きたいですね。
> 何時になることやら・・・

函館なら、ある程度は案内できるのですが、小樽や余市は知らないところばかりです。私も再訪したいものです。
Re: 今晩は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 北海道は何回か行きましたが、小樽は何時も通過してしまいます。
> と、言うことでまだ行ったことがありません。
> 小樽運河などを訪ねてみたいと思っていますが実現しません。
> 次回は何時行かれるか分かりませんが、行くことがあれば小樽も候補地に入れたいですね。

小樽も、余市も、積丹も行ってみたいものです。やっぱりレンタカーで廻るのが一番なんでしょうか。小樽市内は、車ではかえって楽しめないのかもしれませんね。市内観光を終えてから、レンタカーを借りて、さらにもう一日でしょうかね。
いつもそんなとりとめのないことばかり考えています。なかなか実現させられないでいます。最大のネックは運転が下手で得意じゃないことなんです。(´Д⊂グスン
 
小樽、お天気が良くて良かったですね。(^^)

北のウォール街、運河、また行きたいです。
思ったより小さな街で、街自体が古い感じで
ホッとします。

ロングで北海道旅行の時、たまたま小樽で洗濯したくなり、ホテルでコインランドリーを教えてもらい行ったら、超レトロなコインランドリーで驚きました。
洗濯機も乾燥機も、リサイクルショップでも見ないような古いものでした。
乾燥はやってみたけど、いつ乾くか分からないので、諦めてホテルの部屋に干しました。(^_^;)
楽しい思い出です。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> お天気が良くなると、小樽の街の景色の見え方がよくなりますね。
> 小樽運河沿いの建造物は情緒があり蔦の絡まるのも合っていますね。
> 運河を見ながらお茶するのもいい眺めです^^

そうですね。いつかじっくり歩いて回る日が来ることを願って、今回は下調べのようなものでした。

> 小樽駅のランプはとても素敵で、小樽と言えば北一硝子もよく知られて
> いますね。
>
> ここはじっくりと観察、散策してみたくなる所ですー(*´v`)

硝子というと、私は子供の頃のガラスの浮き玉を思い出します。大きな分厚い球体のガラス玉が網に入れられてあるんです。ものすごい信頼性が高いものだったんですよ。北一さんもそれで大きく成長したんだと思います。懐かしい私の思い出です。
Re: こんにちは! 
MTさん、こんばんは。

> 小樽は雪がないのですね。それにしてもいいところ取りの盛りだくさんな旅ですね。美味しいものもたくさんいただきましたか?^^

今回が2回めの小樽ですが、1回目は残念ながら小樽市内を殆ど見ていません。実質的に初めての訪問になりました。
いつか長い日程で再訪しないと気が済みませんが、いつのことになるやら。美味しいものは、少しだけ食べました。コースに別のところでの昼食が含まれていなければ、小樽でお寿司を頬張りたかったのですが、今回は縁がありませんでした。残念です。
Re: タイトルなし 
ふくみみさん、こんばんは。

> 小樽、お天気が良くて良かったですね。(^^)

この時期は、不安定では会っても2日続けて悪天候になることはないと勝手に決めていました。その通りになり助かりました。

> 北のウォール街、運河、また行きたいです。
> 思ったより小さな街で、街自体が古い感じで
> ホッとします。
>
> ロングで北海道旅行の時、たまたま小樽で洗濯したくなり、ホテルでコインランドリーを教えてもらい行ったら、超レトロなコインランドリーで驚きました。
> 洗濯機も乾燥機も、リサイクルショップでも見ないような古いものでした。
> 乾燥はやってみたけど、いつ乾くか分からないので、諦めてホテルの部屋に干しました。(^_^;)
> 楽しい思い出です。

北海道の楽しみ方は、ある程度の日数をかけてじっくり楽しむことなんでしょうね。小樽市内も最低でも丸一日はいたいところですね。ホテルも街並みに負けずにレトロでしたか。それもまた、貴重な経験だったかもしれませんね。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR