散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

北鎌倉駅から鎌倉駅まで歩く(9)

英勝寺(3)
姫御殿跡の竹林
維新までは代々水戸家の姫が住持を務めたそうだ。その御殿跡がこの竹林。今は昔の話になってしまった。
姫御殿跡の竹林_1
姫御殿跡の竹林_2
姫御殿跡の竹林_3
姫御殿跡の竹林_4
創建にあたっては、徳川頼房の娘小良姫を7歳の時に玉峯清因と名付け得度させ、これを門主に迎え開山とした。英勝院尼は寛永19年(1642年)没し、英勝寺裏山に葬られた。寛永14年(または15年)に寺領朱印地として池子村(現逗子市池子)420石を与えられたほか、裏山にあたる源氏山(旗立山)も与えられている。
創建の経緯から、その後も代々の住持は水戸家の姫が務め、このため英勝寺は「水戸御殿」や「水戸の尼寺」とも呼ばれた。高貴な姫である住持は人前に出ることはなく、折々の法要は芝増上寺や、鎌倉材木座光明寺の僧が勤めていたという。

総門
いまは通常は開門されることがないようだ。皇族が来られるような特別なときには、当然開門するのかもしれない。
総門_1
総門_2
総門_3
総門_4
総門_5
太田道灌邸旧蹟の石碑
太田道灌邸がどの辺にあったかは定かではなさそうで、おそらくこのあたりだっただろうというところの土地に英勝寺を建てたようだ。
太田道灌邸旧蹟の石碑

寿福寺
北条政子が葉上房栄西(明庵栄西)を開山に招いて創建した由緒ある寺院。鎌倉五山第3位に列せられる。
もともと現在の寿福寺のある付近は、亀ヶ谷と呼ばれる源氏家父祖伝来の地。頼朝の父・源義朝の旧邸もこの地にあった。
総門から参道を進むことができるが、その先の山門からは無情にも通常は非公開。正月などの特別拝観時のみ入ることができるようだ。正月に鎌倉を歩くなどという物好きではないので、中をしみじみと見た経験がない。

総門
総門_1
総門_2
美しい石畳の参道
美しい石畳の参道
山門と仏殿とが見えるのだが、進むことができるのはここまで
山門と仏殿とが見えるのだが、進むことができるのはここまで_1
山門と仏殿とが見えるのだが、進むことができるのはここまで_2
山門から覗いた様子
山門から覗いた様子_1
山門から覗いた様子_2
山門から覗いた様子_3

これではあまりに寂しいので、前回2014.09.03往訪時を写真を再掲する。

総門から山門まで
2014_09_03_1
2014_09_03_2
2014_09_03_3
2014_09_03_4
2014_09_03_5
北条政子のお墓
2014_09_03_6
2014_09_03_7
実朝・政子の墓
2014_09_03_8
2014_09_03_9
2014_09_03_10
こんな拔け口があった
2014_09_03_11

源頼朝が没した翌年の1200年(正治2年)、妻の北条政子が葉上房栄西(明庵栄西)を開山に招いて創建した。
もともと現在の寿福寺のある付近は、奥州に向かう源頼義が勝利を祈願したといわれる源氏山を背にした、亀ヶ谷と呼ばれる源氏家父祖伝来の地であり、頼朝の父・源義朝の旧邸もこの地にあった。1180年(治承4年)初めて鎌倉入りした頼朝は、ここに館(幕府)を構えようとしたが、すでに岡崎義実が堂宇を建て義朝の菩提を弔っていたことや、土地が狭かったため、当初の計画を変更したといういきさつがある。
創建当時は七堂伽藍を擁し、14の塔頭を有する大寺院で、禅刹として体裁を整えたのは1278年(弘安元年)頃と推定されている。1247年(宝治3年)に火災にあい、1258年(正嘉2年)の火災では一宇を残さぬまで焼失している。これらの復興は、伝実朝墓五輪塔などの存在から、おそらく南北朝時代の頃と思われる。
寿福寺には2世退耕行勇をはじめ、心地覚心、円爾(弁円)、蘭渓道隆、大休正念など、多くの名僧が入寺した。鎌倉の禅宗文化を考える上で、重要な存在の寺院である。


以上で、『北鎌倉駅から鎌倉駅まで歩く』のシリーズは終了です。最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

Comments

寿福寺 
私の高校の友達は。寿福寺の隣の家に住んでいました。
 
こんにちは。
鎌倉の竹林と言えば報国寺を思い出しますが
こちらも中々の美林ですね。
とても風情ある参道ですが仏殿が非公開なのは残念です。
時の権力者であった北条政子の墓が以外に質素なのには驚きです。
日本の長い武家社会の中で鎌倉時代はほんのわずかでしたが
武士と結びついた日本独特仏教文化が今なお見られるのは
素晴らしいことですね。

ryu
 
AzTakさん、こんばんは。
訪ねられた寿福寺は、非公開で残念ですね。
綺麗な参道に、スケッチの方たちも熱心です。

実朝・政子の墓は薄暗がりで寂しそうになっています。
でも豪快な拔け口を抜けると明るいのがいいですね(^^)v

今回の北鎌倉駅から鎌倉駅までは、かなのり山道坂道で相当な
距離を歩かれたのではないでしょうか。
その後ごゆっくりと休まれましたか?お疲れ様ですー!
こんにちは。 
ひっそりと佇む寺のようですね。
竹林の静けさが、その様子を表わしているようです。
AzTakさん 
こんばんは
幼くして尼さんにされたんでは、寂聴さんに言わせれば、人生の何たるかも知らずに終わってしまうのは、如何なものかと??
甘いも酸いも知ってこその人生かも知れません。
いまだに分かりませぬ!
Re: 寿福寺 
senri32さん、こんばんは。

> 私の高校の友達は。寿福寺の隣の家に住んでいました。

そうですか。私も高校のクラスメイトは、お坊ちゃん学校らしく、そこそこの住宅地のそこそこの住宅に住んでいたやつが多かったと思います。でも、我が家は場末のボロ家だったなあ。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

TGRYUさん、こんばんは。

> 鎌倉の竹林と言えば報国寺を思い出しますが
> こちらも中々の美林ですね。

英勝寺の竹林は勢いがあるようですね。

> とても風情ある参道ですが仏殿が非公開なのは残念です。
> 時の権力者であった北条政子の墓が意外に質素なのには驚きです。
> 日本の長い武家社会の中で鎌倉時代はほんのわずかでしたが
> 武士と結びついた日本独特仏教文化が今なお見られるのは
> 素晴らしいことですね。
>
> ryu

寿福寺は、亀ヶ谷と呼ばれる源氏家父祖伝来の地であり、頼朝の父・源義朝の旧邸もあった辺りに建っています。英勝寺と違い、場所的には寸分の違いもない場所だと思います。
北条政子は、歴史に疎い私にはよくわからない人物です。頼朝を熱烈に愛す一方で、…。
ともあれ、夫の頼朝を供養する寺院を建立し、自身もそこに埋葬されているのですから、その思いは半端なものではなかったのでしょう。
鎌倉のやぐらはああいう感じのものが多いですよ。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 訪ねられた寿福寺は、非公開で残念ですね。
> 綺麗な参道に、スケッチの方たちも熱心です。

残念は残念なんですが、特別公開の日に忘れずに行けばいいんですよね。ですが、その期間や拝観時間は、決まっていないらしく、事前に確認が必要なようです。2014年4月29日に特別公開がなされたのは確実なようですが、…。GWの期間中なのでしょうかねえ。
本尊の釈迦如来坐像は脱活乾漆造により作られた非常に珍しく貴重な仏像だそうです。
脱活乾漆造の仏像は、横浜市金沢区の龍華寺で近年見つかったものがありますが、東日本では非常に珍しい存在のようです。

> 実朝・政子の墓は薄暗がりで寂しそうになっています。

ゆっくりとあの世で暮らすには、少し薄暗いほうがいいのかもしれません。

> でも豪快な拔け口を抜けると明るいのがいいですね(^^)v

境内をいい加減に歩いていたら、山をくり抜いた道があったので、興味津々通り抜けてみました。

> 今回の北鎌倉駅から鎌倉駅までは、かなのり山道坂道で相当な
> 距離を歩かれたのではないでしょうか。
> その後ごゆっくりと休まれましたか?お疲れ様ですー!

その前後、相当なハードな日が続き、気がついたら、相当バテていました。
気は若くても、身体は立派な爺さんでした。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> ひっそりと佇む寺のようですね。
> 竹林の静けさが、その様子を表わしているようです。

水戸徳川家の初代や2代目は、英勝院に執り成しをしてもらい、水戸徳川家が成り立っていくきっかけになったことを、感謝しきれないほど感謝していたんだと思います。
ですが、住持として藩命を受けた姫様たちは、どういう気持で居たのでしょうね。そこが朴念仁の私にはわからないところです。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 幼くして尼さんにされたんでは、寂聴さんに言わせれば、人生の何たるかも知らずに終わってしまうのは、如何なものかと??
> 甘いも酸いも知ってこその人生かも知れません。
> いまだに分かりませぬ!

それはそれでよかったのでは。
寂聴さんのような方が来られたんでは、英勝院尼が怒りだしてしまうかもしれません。人生相談の尼寺ではないので、…。
とはいうものの、住持として指名された姫様の身の置き所が、非常に難しいところでしょうね。
こんばんは 
竹林って良い被写体ですよね^^
僕も京都などで見かけたら撮影しますが
中々、難しいです。
まっすぐ伸びた竹の美しさに感動します^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、おはようございます。

> 竹林って良い被写体ですよね^^
> 僕も京都などで見かけたら撮影しますが
> 中々、難しいです。
> まっすぐ伸びた竹の美しさに感動します^^

今は、殆ど残っていませんが、私が住んでいる目黒区にも竹やぶが多かったようです。目黒の本当の名物は秋刀魚ではなく、たけのこだったようです。
京都ほどではないにせよ、鎌倉にも報国寺、瑞泉寺、英勝寺など、竹やぶがあるところが幾つかあります。まっすぐ伸びた竹を見ていると、つまらないことにくよくよするのは止めておかなくちゃという気になります。何か勇気を与えてくれる不思議な植物ですね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR