散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

北鎌倉駅から鎌倉駅まで歩く(2)

長寿寺(2)
玄関奥の部屋からの方丈、裏庭、書院などの眺め
特段飾り立てているわけではなかろうが、非常に綺麗。これからあちら側を細かく見ることができるのは楽しみだ。
玄関奥の部屋からの方丈、裏庭、書院などの眺め
方丈
方丈は禅の世界そのもののようだ。さりげない宗教的なアプローチなのだろう。
書など読めないと思ってしみじみと見なかったが、末尾に『…するものには 道は永遠に明るい』などと書いてあるようだ。もっと正面からも撮っておくのだった。
前庭の観音堂近くから見た外観
ごく普通の建物だが、味がある感じに見える
方丈_0
以下はすべて建物内部の様子
方丈_1
方丈_2
方丈_3
寄贈品の瓢箪の灯り
とても美しい
方丈_4
方丈_5
且坐喫茶(しゃざきっさ)
『且(しばら)く坐して茶を喫せよ』か。字そのものは、誰でも同じかもしれないが、判読できた。だが、最初の字を何と読むのかわからなかった。
方丈_6
畳に寝転がって寛ぐような無作法が許される場所ではなさそうだった。小さな物入れの引き戸は、どちらも幾星霜を経てきただろう貫禄があった。
方丈_7
方丈_8
漁夫(父)生涯竹一竿
『山僧活計茶三畝 漁夫生涯竿一本』の句から来たものかな…僧侶である私は、茶三畝のみがあれば生活でき、漁夫も生涯に竿一本があれば生活できる
道元禅師の言葉なのだろうか?

方丈_9
方丈_10
寿限無と絆
方丈_11
方丈_12
方丈からは観音堂がよく見える
方丈_13
方丈_14
方丈_15
建長寺の塔頭だけあって、これが飾ってあるんだ。う~~ん。
方丈_16
書院
大正時代に建てられた書院というキャプションが付けられたものが散見されたが、それは方丈のことではないかと思う。新しくとも、見事な建物だと思う。
書院_1
書院_2
書院_3
松無古今色 竹有上下節
『松に古今の色無し 竹に上下の節あり』の禅語だそうだ。読むことができたのは、竹の字までだった。解釈は私には難しくて、ググッて調べた。
書院_4
書院_5
書院の庭
白砂に石が配置され美しい。禅様式の庭なのかなあ。
書院の庭_1
書院の庭_2
中庭
せめてこれくらいの庭をつくってみたいものだ。とは言うものの、こんな庭に仕上げるのは、…。
中庭_1
中庭_2

Comments

 
落ち着いた素晴らしい雰囲気ですね。先日ブログで、中東の首相が天皇と米国大統領を訪問した時の写真を比較しているのを見ましたが、簡素、清潔は日本の文化の軸のような気がします。心を洗われるような雰囲気が素晴らしいと思います。
 
AZTAKさま こんにちは

長寿寺は臨済宗の禅寺らしい落ち着いた雰囲気があり、立派な佇まいで、庭は管理が行き届き苔生して素晴らしいです。
鎌倉は古くから栄えた街で、さすがに立派なお寺が沢山ありますね。
こういう静かな雰囲気の街を日がな一日散策できれば心洗われますね。
 
こんにちは。
茅葺屋根も苔庭も風情があり素晴らしいですが
維持管理はさぞ大変でしょうね。
枯山水の砂利にも枯葉一枚なく清められ
禅の精神性が隅々まで行き渡っている感じです。
煩悩の塊のような私でも座禅を組めば少しは心洗われそうな
気がします(^_^;)。

ryu
 
苔むした庭や枯山水、掛け軸に至るまで、簡素でいかにも禅寺らしい拵えで、お庭を拝しながら一服の濃茶などいただきたいものですね。

 
AZTAKさん、こんばんは 。
長寿寺の方丈は明るくて清々しい所ですね。
整えられたお庭が室内から見渡せるのも、庭から建物を見るのも
どちらも開放感があって良いです(^_^)v

「寿限無」とこんな風に描けたら、どんなにかいいでしょうね。
書院も明るくて見事な設えです。

お庭に木々と白砂があると、より綺麗にみえます。
拝見していてこういうお庭を歩きじっくりと見て回ると、心洗われるような
感じがしてきます。
Re: タイトルなし 
JSKさん、こんばんは。

> 落ち着いた素晴らしい雰囲気ですね。先日ブログで、中東の首相が天皇と米国大統領を訪問した時の写真を比較しているのを見ましたが、簡素、清潔は日本の文化の軸のような気がします。心を洗われるような雰囲気が素晴らしいと思います。

そうですね。庭に手をかけて維持している以外、特にお金を掛けた風もない感じですが、気品を感じました。
達筆の書が補っていますが、なんと書いてあるのか冷や汗をかきました。何とか、このように書いてあるのではと思っていますが、自信なしです。(^_^;)
ですが、今朝のTVで武者小路千家のお茶室が写っていて、『松無古今色 竹有上下節』の前半の部分が書かれた掛け軸がかかっていました。有名な禅語だったようですね。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 長寿寺は臨済宗の禅寺らしい落ち着いた雰囲気があり、立派な佇まいで、庭は管理が行き届き苔生して素晴らしいです。
> 鎌倉は古くから栄えた街で、さすがに立派なお寺が沢山ありますね。

この長寿寺は、ずっと行きたいお寺さんでしたが、タイミングが合わず、今回が私も初めてでした。想像以上にきれいに維持してあるのに、驚きました。開放日以外は、住職以下の全関係者が、せっせと庭も室内も手入れに勤しんでおられるのでしょうね。

> こういう静かな雰囲気の街を日がな一日散策できれば心洗われますね。

そうなんでしょうね。私ものんびりしちゃいました。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 茅葺屋根も苔庭も風情があり素晴らしいですが
> 維持管理はさぞ大変でしょうね。
> 枯山水の砂利にも枯葉一枚なく清められ
> 禅の精神性が隅々まで行き渡っている感じです。
> 煩悩の塊のような私でも座禅を組めば少しは心洗われそうな
> 気がします(^_^;)。
>
> ryu

維持管理は、やらされていると感じた途端、ものすごい重荷になるんでしょうね。おそらく、住職以下が、皆で力を合わせて楽しみながら手入れもしていることなんでしょう。そして、座禅三昧の暮らしなのでしょうか。
Re: タイトルなし 
みこたんさん、こんばんは。

> 苔むした庭や枯山水、掛け軸に至るまで、簡素でいかにも禅寺らしい拵えで、お庭を拝しながら一服の濃茶などいただきたいものですね。

誰しもそう思いますよね。私もそう思い、聞いてみたのですが、お濃茶など振る舞いはないとのことでした。そこはちょっと残念でした。『且坐喫茶(しゃざきっさ)』の掛け軸がかかり、『且(しばら)く坐して茶を喫せよ』と呼びかけているのですから。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさん、こんばんは 。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 長寿寺の方丈は明るくて清々しい所ですね。
> 整えられたお庭が室内から見渡せるのも、庭から建物を見るのも
> どちらも開放感があって良いです(^_^)v

戸をすべて開放して、気分の良いことでした。雨の日はどうするのか気になりました。
あるブログに『雨の日は公開していない』との記述がありました。『そうなのか。行ってやっていなかったら、さぞかしがっかりすることだろうなあ』とも思いましたが、自分で確認したわけではないので、…。

> 「寿限無」とこんな風に描けたら、どんなにかいいでしょうね。
> 書院も明るくて見事な設えです。

本当にそうですね。

> お庭に木々と白砂があると、より綺麗にみえます。
> 拝見していてこういうお庭を歩きじっくりと見て回ると、心洗われるような
> 感じがしてきます。

私もそう思います。秋は、金土日の公開を12月始めまで行うそうです。その日が雨天だったら、どうなるのでしょうね。ともかくもおすすめはすいている金曜日です。
こんばんは 
お寺さんは境内も良いですが
室内も素敵ですよね~~
僕達も室内を撮らせてくれるお寺さんを
選んでいくことが多いです^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> お寺さんは境内も良いですが
> 室内も素敵ですよね~~

私もそう思います。

> 僕達も室内を撮らせてくれるお寺さんを
> 選んでいくことが多いです^^

できれば、屋内も撮影可であってほしいとは思いますが、さしたる重大な理由もなしに撮影不可にしている寺社が多いですよね。
大手の旅行代理店などがガンガン文句をいうと、少しは流れが変わりそうにも思いますが、…。
 
いつもは北鎌倉で降りて建長寺まで行きそこからバスで鎌倉まで行きます。
歩けばいろいろなところが目に入るもんですね。
今度行くときは鎌倉までブラブラ散歩楽しもうかな・・・
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> いつもは北鎌倉で降りて建長寺まで行きそこからバスで鎌倉まで行きます。
> 歩けばいろいろなところが目に入るもんですね。
> 今度行くときは鎌倉までブラブラ散歩楽しもうかな・・・

バスで行くのも楽でいいでしょうが、このコースも捨てたものではないですよ。いずれも、あまり大きくないですが、それなりの歴史があるお寺さんばかりです。若干マイナーな分、落ち着いて拝観できるかもしれません。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR