散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

北鎌倉の寺院を見て歩く(11)

浄智寺(2)
曇華殿(どんげでん)
曇華殿
仏殿に相当する建物。何度も繰り返すようだが、建物自体は関東大震災で、全てやられてしまった。その後の再建なので、築後およそ百年弱の建物ばかりだろう。
曇華殿_1
本尊の三世仏
浄智寺の本尊で、室町時代中期の作。裏にある南北朝時代の観音菩薩像と同様、鎌倉時代より後代に作られたもの。鎌倉幕府滅亡後も勢力を保っていたという証だろう。
仏教における三世とは、過去・現在・未来のことをいうようだ。こちらの三世仏は、向かって左から、阿弥陀如来(過去)、釈迦如来(現在)、弥勒菩薩(未来)を表すもの。いずれも袖と裾を台座から垂らした宋風の像。(県重文)
顔が黒ずんで見えるのは金箔が剥がれて下地の黒漆が見えているからだろうか?

曇華殿(どんげでん)_2
曇華殿(どんげでん)_3
観音菩薩像
南北朝時代のもので、もとは山門の中に五百羅漢とともに祀られていた。大正12(1923)年の関東大震災で破損したが、昭和初期に修復された。いまは、曇華殿(仏殿)の裏側に祀られている。鎌倉観音三十三札所第三十一番の観音さまだ。ご詠歌は、『けふよりぞ こがねのやまに 入りにけり きよきさとりの ちえをとりつつ』だ。
曇華殿(どんげでん)_4
曇華殿(どんげでん)_5

書院
雰囲気があって好きな感じ。裏庭が見えるようにしてある配慮が心憎い。この時期ならではのサービスだ。
書院_1
書院_2
書院_3
書院_4
書院_5
書院_6
書院_7
書院_8
仏殿の裏手にある、茅葺きの素朴な造りの建物、非公開だが、外から中を見ることができる。書院の前に広がる庭には、コスモス、アヤメや月見草、ウメなど四季の花が咲き、風情を醸し出している。

裏庭
鎌倉の寺院ならどこでも目にすることだろうが、こちらにもやぐらがたくさん存在する。ひっそり閑としている風情が素晴らしい。
裏庭_1
裏庭_2
裏庭_3
裏庭_4
裏庭_5
裏庭_6
裏庭_7
裏庭_8
裏庭_9
裏庭_10
裏庭_11
裏庭_12
裏庭_13
裏庭_14

龍淵荘
イベントなどを開催する建物として使用しているようだ。残念ながら、中に入ったことはない。
龍淵荘

布袋和尚像
トンネルをくぐって鎌倉七福神の一人である袋和尚に会いに行く。撫でられまくりの様子が伺えた。
布袋和尚像_1
布袋和尚像_2
布袋和尚像_3
布袋和尚像_4
布袋和尚像_5
布袋和尚像_6
布袋和尚像_7
布袋和尚像_8
布袋和尚像_9

Comments

布袋和尚 
布袋様はすっかり撫でられて スリムになったようですね。
書院の佇まいが静寂な感じを受けました。”やぐら”という言葉は初めて聞きました。北鎌倉のお散歩、静かで ゆっくりと歩けそうですね。
 
昨日も大きな地震がありましたが、この地震が頻発する国で、
長く残っている建築物というのはそれだけで価値があるものですね。
古い建物や物を見たときに、あの地震のときも、あの戦争のときも
あったんだな、って感じると、急にそのものの重みを感じるような気になります。
AzTakさん 
こんにちは
布袋様、すっかりお喜びのご様子ですねえ。
御利益が有るんでしょう。
熊も現世の御利益を願って鎌倉まで行こうかな
 
北鎌倉にこのような所があること自体知りませんでした。
丁寧な取材、よく理解できました。
ありがとうございます。
ご苦労様でした。
 
こんにちは。
三世仏の裾や袖の流れるようなつくりはとても優美ですね。
これもまた遥かギリシャ彫刻の流れがシルクロードの東端で開花した
芸術でしょうね。
最近のニュースで兵馬俑の職人を指導したのはギリシャ人ではないかとの説が発表されまし、奈良平城京にはペルシャ人の役人がいたとか、
遥か昔から世界はつながっていますね。

ryu
 
布袋様のお腹ナゼナゼして来ましたか?

ご利益があったらお裾分けお願いします

エへへへへ 図々しくもです
 
AzTakさん さん、こんばんは。
書院は部屋の中も裏庭も見えるようになっていて、お庭と
一体化しているのもいいです。
お花も四季の花が咲くようになっているのですね。

豊かな樹木に竹林もあって、これほどの自然に囲まれて
夜はさぞや静寂なのでしょうね。

とても歩きがいのある北鎌倉の寺院なのですねぇ(^_^)
Re: 布袋和尚 
tugumi365さん、こんばんは。

> 布袋様はすっかり撫でられて スリムになったようですね。

(ΦωΦ)フフフ…、私は他人様をスリムだとか評価できるほどの体型でなく、私の目から見るとほぼ誰もがスリムに見えます。

> 書院の佇まいが静寂な感じを受けました。”やぐら”という言葉は初めて聞きました。北鎌倉のお散歩、静かで ゆっくりと歩けそうですね。

鎌倉石なので彫りやすいという事情もあったのでしょうね。写真が下手なので、そう見えないかもしれませんが、ちょっと不気味な感じがします。
膝の靭帯を怪我していなければ、この背後のその名もズバリの源氏山に出て、ずっとハイキングコースを歩くことも考えないでもないかもしれませんが、今の私にはとても無理なことです。
Re: タイトルなし 
八咫烏さん、こんばんは。

> 昨日も大きな地震がありましたが、この地震が頻発する国で、
> 長く残っている建築物というのはそれだけで価値があるものですね。
> 古い建物や物を見たときに、あの地震のときも、あの戦争のときも
> あったんだな、って感じると、急にそのものの重みを感じるような気になります。

鎌倉は何度も炎上し、大地震の被害をも受けました。本当に無事だったところは数えるほどしかないようですね。
鎌倉で古くからの寺社で無事残っているところといえば、杉本寺に尽きるのかもしれません。此処は有難い仏像もお堂も残っているのですが、建物内部の写真撮影は不可で、2-3度行ったきりです。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 布袋様、すっかりお喜びのご様子ですねえ。
> 御利益が有るんでしょう。
> 熊も現世の御利益を願って鎌倉まで行こうかな

お賓頭盧さま《おびんずるさま》と同様に、よくなりたいところを撫でるようです。私の場合、頭の天辺、顔、足腰、…といろいろあるのですが、あまり撫でてばかりでも図々しいかなあと気が引けています。
Re: タイトルなし 
さゆうさんさま、こんばんは。

> 北鎌倉にこのような所があること自体知りませんでした。
> 丁寧な取材、よく理解できました。
> ありがとうございます。
> ご苦労様でした。

新政府になって、宗門人別改帳は戸籍に取って代わられ、廃仏毀釈の嵐も吹きまくりました。鎌倉に限らず、廃寺になったところが少なくないようです。せめてお寺さんだけでも残っていれば、辿っていくことができるのでしょうが、そう簡単にはいかないようです。
北鎌倉は割と残ったほうかもしれません。それでも、東慶寺は、縁切り寺ではなくなり、旧の仏殿を三渓園に引き取ってもらい、尼寺であることをやめました。生き残るだけでも相当な力を要したことなのでしょうね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 三世仏の裾や袖の流れるようなつくりはとても優美ですね。
> これもまた遥かギリシャ彫刻の流れがシルクロードの東端で開花した
> 芸術でしょうね。
> 最近のニュースで兵馬俑の職人を指導したのはギリシャ人ではないかとの説が発表されまし、奈良平城京にはペルシャ人の役人がいたとか、
> 遥か昔から世界はつながっていますね。
>
> ryu

そういうことに思いを馳せると、見るのが楽しくなっていくことでしょうね。私のような朴念仁にはちと荷が重い世界かもしれません。
たしかに後代にはあまり見られない様式が取り入れられていますね。
Re: タイトルなし 
ぴあのさん、こんばんは。

> 布袋様のお腹ナゼナゼして来ましたか?
>
> ご利益があったらお裾分けお願いします
>
> エへへへへ 図々しくもです

あのお腹ですが、皆さん、漏らさず撫でるようです。黒光りしているのがその証拠でしょう。
私のような腹黒い者が撫でさせてもらっても、ご利益はないかもしれないなあと思い、頭の天辺や顔を中心に撫でさせていただいています。効果があった兆しは今のところ、…。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん さん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 書院は部屋の中も裏庭も見えるようになっていて、お庭と
> 一体化しているのもいいです。

行くたびに感じるものがあります。あそこに行くと、カメラとレンズがもう少し良ければと思います。腕前の悪さは棚上げしています。(^_^;)

> お花も四季の花が咲くようになっているのですね。
>
> 豊かな樹木に竹林もあって、これほどの自然に囲まれて
> 夜はさぞや静寂なのでしょうね。
>
> とても歩きがいのある北鎌倉の寺院なのですねぇ(^_^)

そう思います。雰囲気が抜群に良いなあと思います。平日にお出かけ下さい。金曜日に長寿寺の拝観と引っ掛けて如何ですか?

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR