散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

北鎌倉の寺院を見て歩く(6)

明月院から出た道すがらの花さんたち
なかなかのものだった。決して雑草なんかじゃない。
タマアジサイ
変わり種の紫陽花だと思う
タマアジサイ_1
タマアジサイ_2
タマアジサイ_3
タマアジサイ_4
タマアジサイ_5
秋海棠
秋海棠
チャノキ
チャノキ
途中のお寺さんなどは一旦パス
明月院を後にし、次なる目的地、建長寺へと足を運ぶ。途中、長寿寺、亀ケ谷切り通し、第六天社など、気になるものがチラチラ見えるが往路は脇目も振らずに先を急ぐことにする。
途中のお寺さんなど_1
途中のお寺さんなど_2
途中のお寺さんなど_3

建長寺(1)
いよいよ鎌倉五山の第1位。どんなふうなのか楽しみだ。
天下門
天下門が見えた。この手前左手に桑田佳祐の母校鎌倉学園の校舎がある。かつては総門の前の敷地の東西に外門があったそうだ。それらは、関東大震災で倒壊。近年再建されたのが西外門。『天下禅林』の扁額を掲げているため『天下門』と呼ばれる。
天下門
境内図
境内図
総門
いきなり書き間違いの字に遭遇する感じだが、これはこれで良いとされる。『百貫点』と言われるんだとか。わからない世界だ。
それより何より、なぜ、戦争開戦の直前(1940年)、あるいは、戦争の真っ最中(Wikipediaでは1943年)に、京都からこの門を移築してきたのだろうか?総門と方丈とは確かに京都の般舟三昧院から移築された。明治維新後の神仏分離令に伴い、皇室からの下付金がなくなったことなどにより衰微した般舟三昧院に、関東大震災で建物がなくなってしまった建長寺から、譲ってくれるようにという依頼があったそうだ。たまたま、移転実現の時期が、微妙な時期になっただけのことのようだ。

総門_1
総門_2
天明3年(1783年)の建立。1943年に京都の般舟三昧院(はんじゅざんまいいん)から移築されたものである。
なお、般舟三昧院は後土御門天皇によって建立された皇室ゆかりの寺院で、もと伏見(京都市伏見区)にあり、現在は京都市上京区今出川通り千本東入るに所在する。総門に掲げられた「巨福山」の額は建長寺10世住持で書の名手である渡来僧・一山一寧の筆と伝える。「巨」字の第3画目の下に、余分な「点」が書き加えられているが、この点があることによって字に安定感が出ているとされる。


さざれ石
総門をくぐってすぐのところにあった。こんな大きなものはなかなかないと思うほどに大きい。その割には何の説明札も立っていない。君が代の歌詞に登場する石だが、苔のむすまでではなく、代わりにカリンの木が出てきているようだ。
さざれ石_1
さざれ石_2

三門(山門)
建長寺大工の河内長兵衛が棟梁を務め、『建長興国禅寺』の大扁額をかけるため、上層に軒唐破風が設けたのだそうだ。相当に大きな扁額のようだ。今でも三間二重門としては東日本最大だそうだが、鎌倉時代のそれはもっと大きく、総桁行97尺だったそうだ。
三門(山門)_1
国宝梵鐘側から見た様子
三門(山門)_2
仏殿側から見た様子
三門(山門)_3
安永4年(1775年)の建立で、2005年に重要文化財に指定されている。
銅板葺きの二重門(2階建て)で、関東大震災で倒壊し、再建される。初層には仁王像などを置かず、門扉も壁もない吹き放しとしている。上層には宝冠釈迦如来像や銅造の五百羅漢像などを安置する(上層は非公開)。


仏殿
一般的な禅宗の仏殿とは言い難いのだろうが、将軍からのお声掛かりで頂いたものだ。要らないなどとはいえなかったのだろう。『okadoのブログ』によれば、建長寺を創建する以前に今は廃寺になっている心平寺が建てられたようで、その2つの寺の関係は深そうだ。そして、心平寺のかつての御本尊は、建長寺仏殿の脇壇に安置されている地蔵菩薩坐像だと伝えられているとか。この像の胎内には、無実の罪で処刑されそうになった済田左衛門の身代わりとなった地蔵菩薩の小像が納められていた。そして、建長寺が創建されると小像は仏殿本尊の胎内に移されたのだといわれる。
横浜の三溪園にある天授院は心平寺跡にあった堂を移築したものだそうだ。う~~ん。

仏殿_1
仏殿_2
仏殿_3
建長寺の本尊『地蔵菩薩』
仏殿_4
仏殿_5
仏殿_6
仏殿_7
仏殿_8
重要文化財。 寄棟造で単層裳階が付く。
芝(東京都港区)の増上寺にあった、徳川秀忠夫人崇源院の霊屋(たまや)を建て替えに際し、譲渡されたもので、正保4年(1647年)に建長寺に移築されている。
もともと霊廟建築として造られたものであるので、屋根や天井などの形式が一般的な禅宗の仏殿とは異なっている。すなわち、屋根は入母屋造でなく寄棟造である。また、天井は禅宗仏殿では平板な「鏡天井」とし、龍などの絵を描くことが多いが、この仏殿の天井は和様の格天井(ごうてんじょう)である。
堂内には本尊の地蔵菩薩坐像(室町時代の作、像高2.4メートル)、もとこの地にあった心平寺の旧本尊地蔵菩薩坐像、千体地蔵菩薩立像、千手観音坐像、伽藍神像などを安置する。堂前にあるビャクシン(白槙、和名イブキ)の古木7本は開山蘭渓道隆手植えと伝えるもので、樹齢約750年といわれる。

Comments

 
こんばんは

「タマアジサイ」と「椿」かな?
美しいです。

建長寺など・・・、しみじみ見させていただきました。
ありがとうございます。
懐かしい!の“一言”ですね~~ ♪
おはようございます! 
沿道の花たちはまだ、少し早いようですがいいえすね!昔は、花の接写にのめりこんだ時期もありました。スナップ+接写+中望遠すべて1本で撮れたら一番いいのですが?

お寺の境内図を見ると、全部回るの嫌になりませんか?

今年の展覧会は、12月15日~20日までの5日間開催します。場所は前回と同じ三田市ウッディタウン市民センターです。
おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
今日は花が最初に・・・♪ いいですね~!
建長寺は行きました! 春の桜の前でしたので
花は何もありませんでしたけど・・・
↓の名月院は「あじさい寺」で有名ですが広いのですね!
紫陽花が咲き乱れるころはものすごい人なんでしょうね。
この時期が一番ゆっくり見れますね!
一通り、全寺みているのですが。 
見たのは、学生時代です。それから数十年は、ただの通過地点。「もう一度」とは、そこから来ているのです。ほとんど、記憶から飛んでしまっているんです。どこに何があるかは、バッチリわかっていますが、肝心な、中身が、記憶に全くないんです。行きたい鎌倉ではなく知りたい鎌倉になりたいんです。
 
門を戦争開始直前と戦争中に移した理由はなんでしょうかね~。
たまたま重なっただけでしょうか。
何にせよ、米軍が京都を狙わなかったのは色々な意味で英断でしたね。
まあ、戦争末期はその必要性がなかったのかもしれませんが。
AzTakさん 
こんばんは
京都鎌倉などの他に何時の時代にも、国の内外を問わず時の権力者によって破壊されるものがいかに多いことか。
逃れただけ幸運なのかもしれません。
日本の歴史の長さを感じます。
こんにちは。 
鎌倉の神社仏閣は質素ながら重厚のイメージが有ります。
建物はそのイメージ通りと思いますが、「The ZEN」の看板はちょっと!
観光向けも分りますが、歴史と和の雰囲気は残して欲しいですね。
Re: タイトルなし 
> こんばんは

そらまめさん、こんばんは。

> 「タマアジサイ」と「椿」かな?
> 美しいです。

タマアジサイとチャノキだと思います。チャノキはツバキ科ですから、特徴は椿と似ていますよね。

> 建長寺など・・・、しみじみ見させていただきました。
> ありがとうございます。
> 懐かしい!の“一言”ですね~~ ♪

この後、長寿寺に行きました。そのとき、公開していなかったので、公開日の今日、また行ってきました。
ここは建長寺の境内の外にある塔頭です。足利尊氏が自分の邸跡に創建したといわれている寺です。等持院から分骨したと思いますが、こちらにも墓がありました。
こちらは、非公開の扱いが続いていましたから、知らない方が殆どだと思います。いずれ取り上げるつもりでいます。
 
こんばんは。
建長寺と言うと、三門しか思い浮かばないほど印象深い山門です。
あと、けんちん汁も思い出しました。
精進料理の建長汁がけんちん汁に変化したそうですが
本物をいただいてみたかったです。

ryu
Re: おはようございます! 
kazさん、こんばんは。

> 沿道の花たちはまだ、少し早いようですがいいえすね!昔は、花の接写にのめりこんだ時期もありました。スナップ+接写+中望遠すべて1本で撮れたら一番いいのですが?

これも18-250なんです。買った時は高いレンズだなあと思ったのですが、井の中の蛙でした。初心者向けもいいところでした。ちょっと眩しい画像が続いてしまったので、今後は極力CPLフィルターを装着して撮るようにしようと思います。

> お寺の境内図を見ると、全部回るの嫌になりませんか?

昔は半僧坊から先にもタッタッタッと軽く駆け上がったのですが、今はもうそういう元気はなくなりました。一箇所でしみじみと見るようにしています。
今日(14日)も2時間半ほど鎌倉を歩きました。腹がへってしまい、途中でギブアップ。それでも、公開日が少ない足利尊氏縁の寺である長寿寺、亀ケ谷切り通し、海蔵寺、英勝寺、寿福寺を歩いてみて回りました。ちょっとマイナーかもしれませんが、なかなかのお寺さんでした。

> 今年の展覧会は、12月15日~20日までの5日間開催します。場所は前回と同じ三田市ウッディタウン市民センターです。

別途打ち合わさせて下さい。
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 今日は花が最初に・・・♪ いいですね~!

(ΦωΦ)フフフ…、自転車操業で記事を作っているので、自分でもどういう構成になるのか、…。毎晩、冷や汗モノです。

> 建長寺は行きました! 春の桜の前でしたので
> 花は何もありませんでしたけど・・・

まあ、花の寺を標榜しているわけではないので、花ぎれのときもあるようです。

> ↓の明月院は「あじさい寺」で有名ですが広いのですね!
> 紫陽花が咲き乱れるころはものすごい人なんでしょうね。
> この時期が一番ゆっくり見れますね!

紫陽花の時期は行ったことがありません。行列・人混みが大の苦手で、…。今日も歩き出しは北鎌倉からだったんですが、金曜日だというのに、ものすごい数の観光客がいました。
今日は、マイナーな方に向かいましたので、人の頭ばかり見ることにはなりませんでしたが。
Re: 一通り、全寺みているのですが。 
senri32さん、こんばんは。

> 見たのは、学生時代です。それから数十年は、ただの通過地点。「もう一度」とは、そこから来ているのです。ほとんど、記憶から飛んでしまっているんです。どこに何があるかは、バッチリわかっていますが、肝心な、中身が、記憶に全くないんです。行きたい鎌倉ではなく知りたい鎌倉になりたいんです。

建長寺までは行ったことでしょうね。今日は以前は非公開を貫いていた長寿寺の公開日だったので、張り切っていってきました。足利尊氏の屋敷跡です。お墓もあります。足利尊氏は、鎌倉では『長寿寺殿』と呼ばれていたんですね。相当に美しいお寺さんでした。他にもいくつか廻りました。
歩くのが相当スローペースになってしまったと自覚するようになりました。
こんばんは 
鎌倉には京都に負けず、有名なお寺が沢山ありますよね。
建長寺も聞いたことがあります。
境内図を見せて頂きましたが、めちゃくちゃ広い!
一日、撮影を楽しめそうです^^
Re: タイトルなし 
八咫烏さん、こんばんは。

> 門を戦争開始直前と戦争中に移した理由はなんでしょうかね~。

書き方が良くなかったようですが、戦争開始直前(多くはこちらだとしています)と戦争中(Wikipediaはこちらだとしています)とは、どちらもではなく、どちらかなんです。どちらが正しいのでしょうね。

> たまたま重なっただけでしょうか。

そうだと思います。個人的には、戦争開始直前ではないかと思っています。そうでないと、非国民となじられてしまう危険性がありますから。まあ、それでも微妙な時期ですね。

> 何にせよ、米軍が京都を狙わなかったのは色々な意味で英断でしたね。
> まあ、戦争末期はその必要性がなかったのかもしれませんが。

あとで、自分たちが終戦後見に行きたかったからかもしれません。本当に形勢が予断を許さなければ、当然爆撃を躊躇することはなかったと思います。今となってみれば、運が良かったのかもしれませんね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 京都鎌倉などの他に何時の時代にも、国の内外を問わず時の権力者によって破壊されるものがいかに多いことか。
> 逃れただけ幸運なのかもしれません。
> 日本の歴史の長さを感じます。

鎌倉は、第二次世界大戦ではかろうじて空襲を逃れましたが、それまでは破壊されまくりでしょう。そして、鎌倉幕府が潰れてしまったので、徐々に衰退していき、江戸の頃は青息吐息だったと思います。案外、徳川が肩入れしてくれて、何とかなっていましたが、明治に廃仏毀釈で、…。追い打ちをかけるように関東大震災も。
世界遺産には出来ない程に、古のものが消滅しています。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 鎌倉の神社仏閣は質素ながら重厚のイメージが有ります。
> 建物はそのイメージ通りと思いますが、「The ZEN」の看板はちょっと!
> 観光向けも分りますが、歴史と和の雰囲気は残して欲しいですね。

S-masaさんのお気に召しませんでしたか。あれは、全く観光向けではないようです。宗教活動そのものの呼びかけのようです。内容的には『大坐禅会』の参加呼びかけで、だるまさんのイメージで強烈にアピールしたのでしょうが、ちょっとモダンすぎてしまいましたかね。
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

tgryuさん、こんばんは。

> 建長寺と言うと、三門しか思い浮かばないほど印象深い山門です。

(ΦωΦ)フフフ…、そうかもしれませんね。

> あと、けんちん汁も思い出しました。
> 精進料理の建長汁がけんちん汁に変化したそうですが
> 本物をいただいてみたかったです。
>
> ryu

ずっと考えていたのですが、もしかしたら、週末の坐禅会などに参加すれば、いただけるのかもしれませんね。
私は膝の靭帯がまともな状態ではないので、座禅を組むことができる状態になく、参加することも出来ませんが。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 鎌倉には京都に負けず、有名なお寺が沢山ありますよね。
> 建長寺も聞いたことがあります。
> 境内図を見せて頂きましたが、めちゃくちゃ広い!
> 一日、撮影を楽しめそうです^^

京都の足元にも及びませんが、真面目な禅寺が多いのも一つの特色で、一生懸命、修行に励んでいる感じが伺えます。
一方で、日蓮さんが鎌倉幕府に楯突いて積極的に活動を展開したので、日蓮宗の寺院も少なくありません。
今日行った足利尊氏の屋敷跡を寺にした長寿寺もすごくきれいです。最近は、少しだけ公開するようになったので、思い切ってみてきました。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR