散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

北鎌倉の寺院を見て歩く(5)

円覚寺を出て線路伝いに暫く行き、途中から左折して紫陽花の名所明月院に向かう。

明月院
鎌倉市山ノ内の円覚寺の近くにある臨済宗建長寺派の寺院。山号を福源山と称する。本尊は聖観音、開基は上杉憲方、開山は密室守厳(みっしつしゅごん)。首都圏ではアジサイの名所として知られ、「あじさい寺」の通称がある。
もともとは、禅興寺という寺の塔頭であったが、禅興寺は明治初年頃に廃絶し、明月院のみが残っているそうだ。
本寺だった禅興寺の起源は、鎌倉幕府5代執権・北条時頼にまで遡る。時頼は別邸に持仏堂を造営し、最明寺と名付けたが、時頼の死後は廃絶していた。時頼の息子の北条時宗は蘭渓道隆を開山としてこれを再興し、禅興寺と改名したそうだ。蘭渓道隆が開山ということは、歴史的には円覚寺よりは古いということになる。
檀那が誰かに依って、運命が分かれたんだなあ。

明月院境内図
明月院境内図
明月院境内図_2

あの先に見えているのが総門のようだ
あの先に見えているのが総門のようだ_1
あの先に見えているのが総門のようだ_2
あの先に見えているのが総門のようだ_3
どういう風に行くも自由ということなので本堂を目指す
本堂を目指す_1
本堂を目指す_2
本堂を目指す_3
本堂を目指す_4
本堂を目指す_5
本堂を目指す_6
福源山と書かれてある。山門だろう。
山門だろう
山門をくぐって境内の奥に進み入る
境内の奥に進み入る
方丈なる建物が目に入る。パンフによれば、本堂となっている。
方丈なる建物が目に入る
本堂にある丸窓は「悟りの窓」とか_1
本堂にある丸窓は「悟りの窓」とか_2
明月院の本堂にある丸窓は「悟りの窓」とか。本当に美しい。
裏庭園の紅葉はまだまだ先のようだった
裏庭園の紅葉はまだまだ先のようだった_1
裏庭園の紅葉はまだまだ先のようだった_2
こちらは本堂前の枯山水庭園
枯山水庭園
開山堂
開山堂_1
開山堂_2
開山堂_3
開山堂_4
開山堂_5
「宗猷堂」と書かれてあった
開山堂_6
開山の密室守厳の木像
開山堂_7
1380年頃に建てられた「宗猷堂」(そうゆうどう)が、のちに開山堂と呼ばれるようになった。堂内には、明月院開山の密室守厳の木像と、最明寺・禅興寺・明月院の歴代住持の位牌が祀られている。
開山堂左手には上杉憲方の墓と伝えられる「明月院やぐら」が、右手には鎌倉十井の一つ「瓶ノ井」がある。

明月院やぐら
鎌倉に数あるやぐらの中でも最大のものだそうだ。上杉憲方の墓がどれかなどわかるわけもないが、常識的には真ん中にあるものかなあと思う。
明月院やぐら_1
明月院やぐら_2
瓶ノ井
瓶ノ井_1
瓶ノ井_2
牡丹臭木
紫陽花の名所で臭木を撮るのも野暮なことだが
牡丹臭木_1
牡丹臭木_2
紫陽花を愛でる辺り
今の時期は何も咲いてない
紫陽花を愛でる辺り_1
そこからの総門付近の眺め
紫陽花を愛でる辺り_2
最明寺入道北条時頼公御廟所
最明寺入道北条時頼公御廟所_1
最明寺入道北条時頼公御廟所_2
北条時頼公墓所
北条時頼公墓所_1
北条時頼公墓所_2
時頼公の歌碑
時頼公の歌碑
次のように書かれてあるようだ。いわゆる漢詩と言うものだろう。
春流高如岸
細草碧於苔
小院無人倒
風来門自開

私には判読できなかった。う~~ん。創建時のこの寺の情景を詠んだものだそうだ。

鎌倉幕府が倒れて以降廃れていたのを、足利氏満(関東公方)が康暦2(1380)年に関東管領上杉憲方に禅興寺の中興を命じる。憲方は、出家後に禅興寺の中に蘭渓道隆5世法孫の密室守厳を開山に、塔頭「明月院」を建てた。足利三代将軍義満の時、五山十刹制度が制定されて関東十刹の第一位となるが、その後の関東公方の弱体化とともに廃れていく。
明月院は形式的には禅興寺の塔頭であるが、寺とは独立した寺領をもっており、かつ檀那が関東管領上杉氏であったために生き残り、禅興寺は江戸時代には既に無住となって明月院の管理となり、明治時代に廃寺となり明月院に吸収される。


次回は、建長寺を取り上げる。

Comments

「明月院」 
「明月院」は40年以上いってません。早く行きたいです。最後に行ったのは、確か中学の時。
 
うーん、なるほど~。
お勉強になります。
丸窓から見える庭園は、季節によって全く変わったものとなるのでしょうね。
パンフレットに花の名前を書いてくれるのもすごくうれしいですね~^^;
AzTakさん 
こんばんは
明月院、山門への石段の様子が良いですね。
枯山水も素晴らしいです。
 
こんばんは。
いつも読み逃げばかりでごめんなさいね。
丁寧な取材で、明月院に行った気になりました。
ありがとうございます。
 
こんばんは。
明月院の石段は以前にもまして磨耗したように見受けられます。
早く手をうたないと滑り台になりそう(^_^;)。
紫陽花は確かに美しいけど名物が季節物に特化すると
集客の面では厳しいかな,などと算盤を弾くのは
俗人に発想ですね。
丸窓でも眺めもっと人間を磨かねば・・・・。

ryu
 
AzTakさん、こんばんはー
明月院はとても広いですね。
四季の花ごよみが参照されて、分かりやすいです。
紫陽花で話題になりますが、流石に有名な本堂の丸窓はひとつの
世界を成しています。
開山堂もいい佇まいでほんのり灯りがともって素敵で、何やら
木像の目がパッチリで、思わずみてしまいます。

詳細で連日丁寧な鎌倉特集でありがとうございます!

Re: 「明月院」 
senri32さん、こんばんは。

> 「明月院」は40年以上いってません。早く行きたいです。最後に行ったのは、確か中学の時。

40年の間に随分とおしゃれな感じになったのかもしれませんね。女性が特に好むお寺さんという印象を受けました。
私は時頼公の漢詩が読めなかったことが悔しくて、…。いつかはと思うのですが、考えてみれば、すべての教科で漢文が一番苦手だったことを思い出しました。
Re: タイトルなし 
八咫烏さん、こんばんは。

> うーん、なるほど~。
> お勉強になります。
> 丸窓から見える庭園は、季節によって全く変わったものとなるのでしょうね。
> パンフレットに花の名前を書いてくれるのもすごくうれしいですね~^^;

パンフレットは後でスキャンすることがあるかもしれないと、もらってすぐに鞄にしまいました。
なので、拝観中は見ていませんでした。(^_^;)

丸窓の先の濡れ縁から見た感じですが、残念ながら端境期でした。それでも、近くで見せてくれれば、何かあるのかもしれませんが、この時期は公開していないようです。

鎌倉に限らず、異常気象と全般的な温暖化の進行で、紅葉は遅れ気味だと思います。鎌倉の紅葉は季節的には12月に入ってからで、うっかりすると年を越す感じだと思います。但し、北鎌倉は若干早いかもしれません。

信用できる情報があればいいのですが、案外、いい加減な情報が飛び交っているように思います。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 明月院、山門への石段の様子が良いですね。

これだけはかなりの年月を経たものだと思います。歩く人が注意しながら歩くしかないいにしえの石段ですね。

> 枯山水も素晴らしいです。

そうですね。ですが、へそ曲がりの私めは、それ程感動しませんでした。何でですかねえ、お堂に座ってみるのじゃないことが影響しているのでしょうか。
今度、浄妙寺に行ったときに、お茶室に入って枯山水庭園を撮ってこようと思います。多分、そちらのほうがいいのかなあと思います。

こちらのお寺は、『丸窓』からの雰囲気の良さに優るものはないように思います。
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

さゆうさんさま、こんばんは。

> いつも読み逃げばかりでごめんなさいね。

こちらも同様で、恐縮です。その後、調子は如何ですか。鶴の一斉飛び出しは結局わからなかったようですね。

> 丁寧な取材で、明月院に行った気になりました。
> ありがとうございます。

細かいところが気になるので、少しだけ調べました。あまり文章が長くなると、写真ブログでなくなるので、少し簡単記述にしようと思いますが、これが案外難しくて。結局、くどいままになってしまっています。(^_^;)
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

tgryuさん、こんばんは。

> 明月院の石段は以前にもまして磨耗したように見受けられます。
> 早く手をうたないと滑り台になりそう(^_^;)。

近年爆発的に人気を増したようですから、冗談ではなくなっていることなんでしょうね。おそらく、ここも今では切り出しできない鎌倉石の石段だと思います。杉本寺では、通行禁止にして別途新しい風情のない階段を用意していますが、どうすることなんでしょうね。

> 紫陽花は確かに美しいけど名物が季節物に特化すると
> 集客の面では厳しいかな,などと算盤を弾くのは
> 俗人の発想ですね。

土留の代わりに安上がりに済ませるべくあじさいを植えたら、思いの外きれいで人気になったということのようです。そんな昔から紫陽花の寺ではなかったようです。
いま、秋海棠などを試験的に植栽しているようです。それで四季を賑やかにさせますか。
税法上、十分恩恵を受けていますから、鎌倉のお寺さんのようにしなくてもよいのではと、個人的には思います。

> 丸窓でも眺めもっと人間を磨かねば・・・・。
>
> ryu

(ΦωΦ)フフフ…、禅でも組みますか。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんはー

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 明月院はとても広いですね。

特に北鎌倉のお寺は谷戸にありますから、奥に深い境内になっていますね。
なかなか奥庭を愛でる機会がないのは、残念なことですね。

> 四季の花ごよみが参照されて、分かりやすいです。
> 紫陽花で話題になりますが、流石に有名な本堂の丸窓はひとつの
> 世界を成しています。

本当にいい感じですね。掛け値なしに素晴らしいものだと思います。

> 開山堂もいい佇まいでほんのり灯りがともって素敵で、何やら
> 木像の目がパッチリで、思わずみてしまいます。

撮影不可の扱いでないので撮らせてもらいましたが、本当にいいのかなあと思いました。

> 詳細で連日丁寧な鎌倉特集でありがとうございます!

見て回るのが好きなだけで、内容的には今ひとつかもしれません。
写真だけは頑張って、マシな写真に改善していきたいと思います。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR