散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

北鎌倉の寺院を見て歩く(3)

円覚寺(3)
妙香池
カメラマン気取りで、池の写真を撮ろうと熱心に構えていた。そんなところへ珍客が割って入った。
妙香池_1
池を撮っていたら、カワセミが飛んできた。でも、女の子たちが邪魔になってすぐには近づけなかった。何せお散歩用レンズなので、望遠端が250ミリしかない。ちょっと物陰に隠れたカワセミとの持久戦になったが、先を急ぐ私が断念した。
妙香池_2
妙香池_3
妙香池_4
虎頭だと思っていつも眺めているのだが、そう見えたことがない。まだ、修行が足らないのだろうか?
妙香池_5
創建当初よりある放生池(ほうじょうち)で、江戸時代初期の絵図に基づき、平成12(2000)年、方丈裏庭園と合致した自然の姿に復元しました。向こう岸の露出した岩盤を虎の頭に見立てて、「虎頭岩(ことうがん)」と呼んでいます。

以下では、既に取り上げた正続院以内の3塔頭を取り上げる

佛日庵
檀那塔で塔頭とは違う性格をもっていたが、北条氏滅亡後、衰微していた佛日庵を鶴穏周音(かくいんしゅうおん)が再興して塔頭としたのか。檀那がいなくなってしまった後は、大変な時期があったのだろうな。
本堂
佛日庵_1
佛日庵_2
開基廟の前で
妙齢の女性が優雅にお茶を頂いていた。いい感じだなあ。
佛日庵_3
開基廟と北条時宗公像
佛日庵_4
この人物が北条時宗公か。確かに札に『法光寺殿』と書かれてある。
佛日庵_5
佛日庵_6
茶室・烟足軒
残念ながら見落としてしまった。本堂の脇にあるようだ。川端康成の小説「千羽鶴」の舞台となった。
8代執権北条時宗の廟所(開基塔)。9代執権貞時・14代執権高時も合葬されている。本尊は地蔵菩薩。北条氏滅亡後は衰退したが、室町時代に鶴隠周音が再興して塔頭とした。本堂には地蔵菩薩坐像(鎌倉地蔵霊場十四番)と鶴隠周音像を安置。開基廟には十一面観音坐像(鎌倉観音霊場第三十三番)と北条時宗・貞時・高時の木像を安置。境内の茶室烟足軒は、鶴隠周音の寮舎(隠居所)の名を継いだもので、川端康成の小説『千羽鶴』に登場する茶室のモデルとなった。

黄梅院
境内の一番奥に位置する。なかなか庭の花が美しい。室町期には、足利将軍家や鎌倉御所の手厚い保護を受け関東夢窓派の拠点となったそうだ。応安元(1368)年、室町幕府二代将軍足利義詮の遺骨が分骨され、三代将軍義満は、塔主の義堂周信に怠りない勤行を命じている。この分骨によって足利氏の菩提寺としての性格も帯びるようになったそうだ。室町幕府になっても、うまくつながりを保つことが出来たようだ。
黄梅院_1
黄梅院_2
境内では心和む花さんたちが優しく迎えてくれる
黄梅院_3
黄梅院_4
黄梅院_5
黄梅院_6
黄梅院_7
黄梅院_8
黄梅院_9
本堂だと思う。黄梅院と書かれてあるのだろうが、真ん中の字が『毎』の字の下に『木』の字を書く字になっていた。
黄梅院_10
黄梅院_11
黄梅院_12
立て札には『武山堂』と記されてあった
黄梅院_13
黄梅院_14
リスも見送りに来てくれた。タイワンリスかなあ。文化財保護の観点から、あまり繁殖しすぎるとよくないのかもしれない。
黄梅院_15
黄梅院_16
第15世夢窓疎石(夢窓国師)の塔所。山号は伝衣山。本尊は千手観音。文和3(1354)年、華厳塔(三重塔)の跡地に夢窓の弟子の方外宏遠が開創した。

如意庵
非公開なので、門前から眺めるだけ。如意庵お寺カフェ『安寧』という店があるとの情報もある。そんなものがあったかなあ。腑に落ちないので調べてみたら、営業日が限られるようで、水、木、金と、第2土曜日のみの営業とか。ものすごく人気のあるカフェなのだとか。知らなかった。爺さんは情報に疎くなったのかなあ。
如意庵_1
カフェがオープンしていない日はこんなふうに通せんぼ。実につれない扱いになる。
如意庵_2
きれいな庭がある
如意庵_3
玄関に画が飾られてあった。あの画は、如意庵お寺カフェ『安寧』が用意した画かもしれない。
如意庵_4
第36世無礙妙謙(むげみょうけん)の塔所。本尊は宝冠釈迦如来。開基は上杉憲顕で応安3(1370)年の創建。

Comments

おはようございます! 
こんなお寺の池にもカワセミが来るんですね!餌の小魚がいるんでしょうか? カメラは、D7100じゃなかったでしょうか? クロップなどを使えな約2倍になりますよ・・・。望遠側が250㎜なら、約500㎜ですが~~。D7100じゃなかったら、ごめんなさい!
⒓月14日~20日まで、また展示会やります。
虎頭岩 
どう想像しても 虎の頭に見えませんでした。昔の人の感性でしょうか?
お花が可憐に咲いていますね。心和みました。
楽しみ 
数年後、嫁と二人で、鎌倉を徹底的に散策するという、老後の楽しみが、めちゃくちゃ広がります。とても参考になります。海外、地方には全く関心ありません。私は。嫁は、遠い所が好きみたいなんですが・・・。
今日は! 
鎌倉は一度しか行ったことはないと思います。
何時頃行ったかは覚えていませんが、15年以上前になると思います。
時間が余りなかったので長谷寺と鎌倉大仏、鎌倉八幡宮しか見られ無かったと想います。
何処かで私もリスが沢山居るのを鎌倉で見ましたが何処で見たかは忘れました。
私の所からは可成り遠いので日帰りでは難しいと思います。
然し相変わらず行動力が凄いですね。
こんにちは。 
せっかくのカワセミなのに残念でしたね。
私はまだカワセミを見たことがありません。
鳥撮りさんが知ったら次の日は三脚が並ぶのではないですか。
 
こんばんは。
円覚寺創建時の放生池は元々は誰の作なんでしょうね。
地形を生かしたつくりは夢窓国師の瑞泉寺庭園にも似た印象ですね。
夢窓国師は円覚寺仏光国師の孫弟子とのことなので
もしかしたら放生池の方がルーツなのかも知れませんね。

ryu
AzTakさん 
こんばんは
ホー 
ここにもカワセミが居ますか。
最近、結構カワセミが増えたようですね。
しかし、熊は未だに本物を見たことが無いんです。
一回でいいから見たいです。
Re: おはようございます! 
kazさん、こんばんは。

> こんなお寺の池にもカワセミが来るんですね!餌の小魚がいるんでしょうか? カメラは、D7100じゃなかったでしょうか? クロップなどを使えな約2倍になりますよ・・・。望遠側が250㎜なら、約500㎜ですが~~。D7100じゃなかったら、ごめんなさい!

気になって池の水を見たのですが、かなり透明度が高い濁りのない水でした。私の居たあたりには全く魚影は見えませんでした。
もしかしたら、池の奥の方には小魚が居たのかもしれませんね。
この日は、D7100は使用せず、7Dmark2を使用しました。キャノンはクロップが出来ないので、フルサイズ換算で400ミリでしょうか。その差は大きかったと思います。

> ⒓月14日~20日まで、また展示会やります。

(ΦωΦ)フフフ…、また、寄せさせてもらおうかなあ。また、別途連絡します。
Re: 虎頭岩 
tugumi365

> どう想像しても 虎の頭に見えませんでした。昔の人の感性でしょうか?

どうなんでしょうね。寺のお坊さんの話でも何重ん年か見てきて、最近になって漸くそう見えてきたとかありました。
私がわからないのは、ごく当たり前のことのようです。

> お花が可憐に咲いていますね。心和みました。

そうですね。禅僧の武骨な手でお花の手入れをもしているのでしょうか?手をかけなさすぎでも掛け過ぎでも無さそうでした。
Re: 楽しみ 
senri32さん、こんばんは。

> 数年後、嫁と二人で、鎌倉を徹底的に散策するという、老後の楽しみが、めちゃくちゃ広がります。とても参考になります。海外、地方には全く関心ありません。私は。嫁は、遠い所が好きみたいなんですが・・・。

地元を楽しむというのは、とても良いことです。
少しはお役に立てれば幸いです。

円覚寺に居たとき、上空をYS11と思しきプロペラ機が通り過ぎました。飛行経路になっているんでしょうか。
 
AzTakさん、こんばんは。
北鎌倉のお寺は、堅固で圧倒されます。
カワセミが飛んできて、やっぱりカワセミはカワイイです。
でも着地の場所を、選んでいますね♪

境内もシュウメイギクの花に蕾もたくさんあり、リスまでいるのですね。
如意庵お寺カフェは人気だそうですが、鎌倉は観光客が
多くはなかったですか?

平家物語は好きだったのですが・・・・
こういうお寺さんを回るには、歴史のお勉強もしないといけないですね(;^_^
Re: 今日は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 鎌倉は一度しか行ったことはないと思います。
> 何時頃行ったかは覚えていませんが、15年以上前になると思います。
> 時間が余りなかったので長谷寺と鎌倉大仏、鎌倉八幡宮しか見られ無かったと想います。
> 何処かで私もリスが沢山居るのを鎌倉で見ましたが何処で見たかは忘れました。
> 私の所からは可成り遠いので日帰りでは難しいと思います。
> 然し相変わらず行動力が凄いですね。

そうですね。鎌倉は三方を山に一方を海に囲まれている土地ですから、大したことが無さそうに見えても知らず知らずのうちに、身体に負荷がかかる行き先かもしれません。自分のできる範囲で楽しむのが一番かと思います。
長谷寺、鎌倉大仏、鶴岡八幡宮(鎌倉八幡宮)などを見れば、見どころをそこそこ押さえた感じではないかと思います。

足らなさそうなところは、他の人の情報で補う。これでいきましょう。そして、体調の良いときにあと1-2箇所見て回る。それくらいで如何ですか?
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> せっかくのカワセミなのに残念でしたね。
> 私はまだカワセミを見たことがありません。
> 鳥撮りさんが知ったら次の日は三脚が並ぶのではないですか。

カワセミは何度か実物を見ましたが、まるで心の準備が出来ていないときに、猛スピードで飛ぶので、いつも見とれるばかりです。

多分、ここは魚影0で、やってきたカワセミさんも来るんじゃなかったと後悔したことでしょう。リピートは期待できそうにないなあ、…なんて思いながら一応ネットで検索してみたら、この池での目撃情報がいくつもありました。
この池を見損なっていました。意外や意外です。
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

tgryuさん、こんばんは。

> 円覚寺創建時の放生池は元々は誰の作なんでしょうね。
> 地形を生かしたつくりは夢窓国師の瑞泉寺庭園にも似た印象ですね。
> 夢窓国師は円覚寺仏光国師の孫弟子とのことなので
> もしかしたら放生池の方がルーツなのかも知れませんね。
>
> ryu


流石ですね。鎌倉手帳(寺社散策)に次のように記述されていました。
http://www8.plala.or.jp/bosatsu/engakuji-teien-myokoti.html

 妙香池(みょうこうち)は、方丈の後ろ側、正続院(舎利殿)の入口下の放生池。
 夢窓疎石の作庭と伝えられている。


大佛次郎も、小説『帰郷』で妙香池の様子を描写しているとか。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ホー 
> ここにもカワセミが居ますか。
> 最近、結構カワセミが増えたようですね。
> しかし、熊は未だに本物を見たことが無いんです。
> 一回でいいから見たいです。

ここにも、たまたま来ていました。そういうことにして下さい。
ここに巣を構えているというようなことではなさそうです。

かなりの確率で見かけるという池に行く方がよろしいでしょう。その道の通が長いレンズで構えているかもしれません。
それがそちらの近くではどこでしょうね。

私は、今のところたま~に見るだけです。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 北鎌倉のお寺は、堅固で圧倒されます。
> カワセミが飛んできて、やっぱりカワセミはカワイイです。
> でも着地の場所を、選んでいますね♪

私は偶然目撃しただけで、発言権も何もありませんが可愛い鳥さんですよね。
カワセミさんは、背中の当たりが日光で美しく輝くのが最高のようです。目撃した時は確かにそういうポジションだったんですが、…。

> 境内もシュウメイギクの花に蕾もたくさんあり、リスまでいるのですね。

(ΦωΦ)フフフ…、飽きない感じでした。

> 如意庵お寺カフェは人気だそうですが、鎌倉は観光客が
> 多くはなかったですか?

平日の午前中から午後2時位までだと、それ程混むことはありません。

> 平家物語は好きだったのですが・・・・
> こういうお寺さんを回るには、歴史のお勉強もしないといけないですね(;^_^

あはは、私の場合は、失敗写真ばかりなので、多分にボロ隠しの意味合いがあります。(^_^;)
『男は黙って、…』というのが理想なんですが。
なっています 
鎌倉、北鎌倉は、私の家の目と鼻の先。私のブログに、「空飛ぶ鉄の塊」シリーズがあるのは、我が家の上空が、飛行経路になっているからです。と、言うことは、明月院の上空も、そういうことになるのではないかと思います。
Re: なっています 
senri32さん、こんばんは。

> 鎌倉、北鎌倉は、私の家の目と鼻の先。私のブログに、「空飛ぶ鉄の塊」シリーズがあるのは、我が家の上空が、飛行経路になっているからです。と、言うことは、明月院の上空も、そういうことになるのではないかと思います。

多分、大和の厚木基地から館山基地への飛行ルートなのかもしれませんね。プロペラ機は静かでいいのですが、待ち構えていても音がしないので、気づくのが遅れてしまいがちですね。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR