散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

川越の街を歩く(10)

松江町の目立つ建物
蔵造りの町並みを『札の辻』方向から歩いてきて、街並みが尽きるのが『仲町』交差点だ。その交差点を左折すると、前回取り上げた亀屋さんの一連の建物や川越商工会議所などがある。通常の観光客は直進せずに、右折して『大正浪漫夢通り』の方に進むと思われる。
此処で右折せず直進すると、その道の先に、今回取り上げる佐久間旅館、原田家住宅、川越キリスト教会がかたまって存在する。観光コースから外れている感じだが、なかなか味わいがある。


佐久間旅館
埼玉出身の偉人、渋沢栄一翁の助言を受けた建てられた大変な名門旅館だが、現在は旅館部門を休業し、割烹部門のみの営業になっているようだ。機会があれば、利用してみたいものだ。
佐久間旅館のHPによれば、離れの『奥の間』は、100年余の歳月を経た重厚な蔵座敷で、当時の匠の技を結集した純日本風の部屋だそうだ。当時としては斬新なピロティ様式で、建具、調度品なども建築当時のままにしてあるとのことだ。この奥の間は、国の登録有形文化財に指定されていて、島崎藤村が数回宿泊した部屋であり、昭和56年4月第39期将棋名人戦の第一局の対局室にもなったそうだ。

佐久間旅館_1
駐車場の看板を撮ったもの。はっきりしないもので失礼。
佐久間旅館_3
佐久間旅館_4
川越で由緒ある旅館のひとつ。新築された本館の奥に建ち、小屋組の墨書より明治44年の建築で、大工は清水丑太郎。木造2階建、南面の庭側に縁を廻すほかは防火を重視した大壁造とする。2階にある2つの座敷は銘木を用い、洗練された書院造で格調が高い。
『割烹旅館 佐久間旅館』のHPの『奥の間』の頁へjump

原田家住宅
原田家住宅が面す通りは、江戸時代~太平洋戦争まで米問屋が軒を連ねていたのか。こちらの原田家住宅も『足立要』という屋号の米問屋だったようだ。どうりでものすごい蔵造りになっているのが頷ける。川越市内最大規模の鬼瓦とカゲ盛だそうだ。
原田家住宅_1
原田家住宅_2
原田家住宅_3
原田家住宅_4
カワゴエールの原田家住宅の頁にjump

川越キリスト教会
日本聖公会の川越キリスト教会。1878年(明治11年)から川越での宣教を始めたという。そして、1889年(明治22年)に、最初の礼拝堂が建てられたが、わずか4年後の、1893年(明治26年)の大火により焼失してしまったそうだ。その後、1921年(大正10年)に現在地に再建された。95年経過の聖堂なんだ。レンガは当時埼玉県で製造されていたレンガを使用しているのだろうか。こじんまりとしてはいるが、風格のある聖堂のようだ。
川越キリスト教会_1
川越キリスト教会_2
川越キリスト教会_3
川越キリスト教会_4
カワゴエールの川越キリスト教会の頁にjump

以上で、『川越の街を歩く』シリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。

Comments

おはようございます! 
川越シリーズ、お疲れさんでした。
保存も大変ですが、自動販売機やいらん看板がなければもっとすっきりするんですが?

次回は、どこのシリーズですか?楽しみですね!
AzTakさん 
こんにちは
佐久間旅館、原田家住宅共に現役で使用されている部分が多いようですね。
嬉しくなります。
単なる懐古趣味ではなく、使用しているからこそ長持ちがして、価値が有るように思います。
 
こんにちは。
ほんと原田家住宅の鬼瓦の大きさには驚かされますね。
何がこうも大きくさせたのでしょう・・・
2階窓の扉ににしても6重くらい重ねてある造りですね。
この重量でよく家が傾げないものだとびっくりぽんです。

ryu
アンバランス 
原田家住宅の1階と2階のアンバランスさが、何とも言えませんでした。
 
AzTakさん、こんばんは!
原田家住宅は2階の重さは大丈夫なのでしょうか;

川越キリスト教会のレンガ造りと窓が素敵と思ったら中もとてもいいですね。
天井が船の底でノアの箱舟のイメージで左右の窓が煉瓦壁を引き立てています。
木の椅子もよくてまん丸の照明も可愛らしいですー★

設計が立教の礼拝堂も手掛けたそうですが、立教の礼拝堂も素敵です。
共通点があったのですね(^_^)v
Re: おはようございます! 
kazさん、こんばんは。

> 川越シリーズ、お疲れさんでした。
> 保存も大変ですが、自動販売機やいらん看板がなければもっとすっきりするんですが?

そうですね。今回も次回も同じように眩しい画面が多くなってしまいました。今頃反省しても遅いのですが、仕方がなくCPLフィルターをこのお散歩レンズにも装着することにしました。

> 次回は、どこのシリーズですか?楽しみですね!

とりあえず、北鎌倉のお寺さんを取り上げようと思います。皆さんご存知のところなので、荷が重い感じです。
円覚寺、建長寺と回ると、昔は半僧坊までのぼり、そこから天園のハイキングコースを廻り、その後で仲間と落ち合うなんてことが平気だったのですが、いまはとんでもありません。半僧坊までさえも行く元気がありません。
そんなわけで、テレテレと歩いて回りました。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 佐久間旅館、原田家住宅共に現役で使用されている部分が多いようですね。
> 嬉しくなります。
> 単なる懐古趣味ではなく、使用しているからこそ長持ちがして、価値が有るように思います。

佐久間旅館さんはともかく、原田家は米穀卸商でしたが、今はその商売はなされてるんでしょうか。後ろまでずーっと続く土蔵が壮観ですね。あれを掃除するだけでも一仕事ですね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> ほんと原田家住宅の鬼瓦の大きさには驚かされますね。
> 何がこうも大きくさせたのでしょう・・・

この一角はコメ関係の商いの店がひしめいていたそうです。どうしてか、昔から、似た商売はかたまる傾向があったようですね。その中でも原田家が最大手だったとか。後ろまで続く土蔵群は壮観ですね。貫禄を見せなくてはいけなかったのでしょうね。

> 2階窓の扉ににしても6重くらい重ねてある造りですね。
> この重量でよく家が傾げないものだとびっくりぽんです。
>
> ryu

初めてこの住宅を見たときはびっくりしました。その昔は同業の店もひしめいていたことでしょうから、なおのこと壮観だったのでしょうね。
Re: アンバランス 
senri32さん、こんばんは。

> 原田家住宅の1階と2階のアンバランスさが、何とも言えませんでした。

商売をしていたときには店口機能一辺倒だったので、外から丸見えだったのかもしれません。今は一般民家としての使用のようですから、目隠しを地味に行った。そんな感じではと思います。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは!

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 原田家住宅は2階の重さは大丈夫なのでしょうか;

米蔵だったくらいですから、相当頑丈に作ってあるんだと思います。

> 川越キリスト教会のレンガ造りと窓が素敵と思ったら中もとてもいいですね。
> 天井が船の底でノアの箱舟のイメージで左右の窓が煉瓦壁を引き立てています。
> 木の椅子もよくてまん丸の照明も可愛らしいですー★

本当に小さな聖堂でした。脇に人がいるので、高さを比べてみれば、一目瞭然です。それくらいしか、人は集まらないという想定だったのでしょうか。

> 設計が立教の礼拝堂も手掛けたそうですが、立教の礼拝堂も素敵です。
> 共通点があったのですね(^_^)v

日本聖公会の伝統的な建て方なのかもしれませんね。カトリックの聖堂は比較的字自由に発想されるようです。四ツ谷駅前のイグナチオ教会などは、斬新なのでびっくりするほどです。
こんばんは 
川越シリーズ、最終回ですか。
お疲れ様でした^^
特に蔵が大好きな助手が喜んでいました^^
早く連れて行って~と言う目が刺さります・・・
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 川越シリーズ、最終回ですか。
> お疲れ様でした^^
> 特に蔵が大好きな助手が喜んでいました^^
> 早く連れて行って~と言う目が刺さります・・・

あはは、大変ですね。
そう言えば、出羽三山に行ったときに、兵庫県在住の60代後半と思しき方が参加されていて、夜行バスで安く来て、着いてから少し休憩した後、ツアーに参加し、その全く逆のコースでで帰っていきました。
その方の流儀だと、川越だけだと現地0泊も可能だし、ついでに横浜などを見ても、現地一泊で可能ですね。平日だとしても、休暇申請は1-2日で済みます。事前に会社に勤め用の着替えを用意しておけば、OKです。その前後は流石に会社生活が辛いとは思いますが、…。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR