散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

川越の街を歩く(7)

幸町(旧多賀町周辺)
城下町川越のシンボル・時の鐘のあるこの付近は、その昔桶屋が多く住む職人町で、桶の箍(たが)から多賀町といわれていた。よほど、そういう音が四方から聞こえていた街だったのかもしれない。その名残が時の鐘の足元に残っている。現在は幸町に変わっている。
一番街と鐘つき通り(旧多賀町筋)が丁字に交差する角地には、切妻造りの熊重酒店と、入母屋造りの近長商店がある。時の鐘を左手に見上げながら鐘つき通りを進むと右手には福田家住宅がある。その先はかつての職人町の所為か、大きな建物は見当たらず、やや寂しい感じだ。


時の鐘
今現在はこのような状態。見どころの一つだというのに、どうしてくれよう。耐震化工事中なのか。文化財を保たせるためには、致し方ないことなのだろうが。
時の鐘_1
2013年5月29日撮影時の様子
時の鐘_2
時の鐘_3
旧町名の『多賀町』の表示があった
時の鐘_4
時の鐘_5
時の鐘_6
時の鐘_7
鐘の部分がはっきり写っているPDF画像を借用
時の鐘_8
情緒あふれる蔵造りの町並みにひときわ高くそびえる川越のシンボル「時の鐘」。蔵造りの町並み「一番街」と同様に、城下の頃の面影を残す建造物で、江戸時代初頭から城下の町に時を告げ、庶民に親しまれてきた時計台である。
今から約400年前、当時の川越藩主だった酒井忠勝によって創建されたといわれる。以来度重なる火災で鐘楼や銅鐘が焼失したが江戸時代を通じて度々建て替えられた。
現在建っているのは4代目に当たり、明治26年に起きた川越大火直後に再建されたもの。町の3分の1が焼失した中で、暮らしに欠かせない「時」を告げる時計台は、自らの店も再建していない川越の商人達によって、いち早く建て直された。


熊重酒店
こんな感じの蔵がいいなあ。酒屋はある程度薄暗い感じのほうが商品の保管上もいいのだろう。
下屋庇(げやびさし)付の土蔵造りで、外壁には漆喰の剥離を防ぐために銅板を巻いてあるんだそうだ。そんな細かいところまで気が付かなかった。が、あとから鐘つき通り側の外壁の写真を見ると、確かに銅板が巻いてあるのがわかる。

熊重酒店_1
熊重酒店_2
以前使用したショットだが、右端に写っている熊重酒店の外壁には、確かに漆喰の剥落保護のため、銅版が巻かれているのがわかる。
太陽堂書店と理容店『銀巴里』_1
カワゴエールの熊重酒店の頁にjump

近長商店
此処は何と言っても屋根の上の飾りが目立つ。一番街に面した店口でメインで商うものは、今回は『おからドーナツ』だった。近江屋長兵衛商店(近長商店)は、豆腐料理のお店。『近長』の名前が付く店が3軒並ぶ。親戚筋の店同士のようだ。
川越は近江商人がつくった街と言われるそうだ。そう言えば、国指定重要文化財の大沢家も、近江屋半右衛門という商人が建てたんだった。

近長商店_1
近長商店_2
近長商店_3

福田家住宅
元は銀行の店舗だったのか。その割には小さな感じだし、老朽化が進んでいるように見えた。早急に修理しないと崩れ落ちそうだった。
福田家住宅_1
福田家住宅_2
福田家住宅_3
カワゴエールの福田家住宅の頁にjump

Comments

おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
川越のシンボルの時の鐘は工事中でしたか!
残念ですが、より長く後世に残すためには必要なんですね。
>川越は近江商人がつくった街
えっ、そうだったのですか?
以前行った近江八幡は近江商人本宅の家々が立ち並ぶ豪邸ばかりでした!
八幡を本店として全国に支店を設けた招魂の逞しさを感じますね♪
おはようございます! 
川越のシンボルは見れなかったみたいですね!遠くから見た記憶はあります。でれも年代もんですから、保存や耐震工事などたいへんですね?
ゼネコン 
川木建設か。地元のゼネコンですね、大丈夫かな?清水、大成、大林は、こんな工事しないか。
 
ありゃ、時の鐘、耐震工事中ですか。
子供のころみたっきりですが、また見てみたいですね。

なんだか似たようなチェーン店がこういった歴史ある場所の駅前にも
増えていて、どの町も駅前が同じのようになってしまって個性が失われつつ
あるような気がします。

便利ではあるのでしょうが、駅前にも各場所なりの個性がもっと欲しいですね。
 
こんにちは。
電線電柱の地中化は進んだようですが
自販機がやたら目立ちますね。
伝統的街並みの保全と既存の権利の折り合いは難しいと思いますが
素晴らしい街なのでこれからは細部にいたるまで景観を大事にして欲しいですね。

ryu
堪能しています! 
川越は一度は行ってみたい町の一つです。北海道にはない歴史があります。
一軒一軒のお家を見学したいです。
AzTakさん 
こんばんは
旧家を見る分には郷愁をそそっていいんですが、住んだり維持して行くには大変でしょうね。
持主が住まなくなったり、居なくなったりすればなおさらでしょう。
川越は住んでいる家が多いんでしょうか?
それとも、市なんかで修理したりしている家も有るんでしょうか?
 
工事中とは残念だったですね、川越のランドマーク的な建造物なのに。
AzTakさんが好きそうな街並みですね。
昔ながらの建物がひしめき合ってタイムスリップを感じます。
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 川越のシンボルの時の鐘は工事中でしたか!
> 残念ですが、より長く後世に残すためには必要なんですね。

前回行ったときに工事の準備作業をしていましたが、まだ続行中とは思いませんでした。ショックですが、致し方ありませんね。

> >川越は近江商人がつくった街
> えっ、そうだったのですか?
> 以前行った近江八幡は近江商人本宅の家々が立ち並ぶ豪邸ばかりでした!
> 八幡を本店として全国に支店を設けた商魂の逞しさを感じますね♪

近江商人とか甲州商人とか、粘り強く頑張り抜いて、成功を収める。そういう気風があるのでしょうか。
腰が重い東北人には羨ましいほどのフットワークの良さがあったのかもしれませんね。
こんばんは 
素敵な街並みですね^^
僕達は京都によく行くのですが、京都とは又違った味わいがありますね~
電線も無く、素晴らしいと思います^^
 
写真を見て居たら川越散策してみたくなったわ
涼しくなったらボッチ撮影してこようかしら

Re: おはようございます! 
kazさん、こんばんは。

> 川越のシンボルは見れなかったみたいですね!遠くから見た記憶はあります。でも年代もんですから、保存や耐震工事などたいへんですね?

そうなんです。前回行ったときに工事の下準備をしていたのは知っていたのですが、もうとっくに終わったんだと思いこんでいました。考えてみれば、文化財ですからさり気なく目立たないものでありながら、しっかりと役目を果たすものでないといけないんでしょうね。
時間がかかるのは仕方のないことなんでしょう。それにつけても残念です。
Re: ゼネコン 
senri32さん、こんばんは。

> 川木建設か。地元のゼネコンですね、大丈夫かな?清水、大成、大林は、こんな工事しないか。

監理は川越市建設部建築住宅課と株式会社文化財工学研究所とが当たっているようです。前者は名前だけで、実質的には後者が頑張っているのでしょう。そちらが頑張れば、施工会社は余計な神経は使わなくて済むかもしれませんが、…。
実際は施工も結構シビアなのでしょうね。
Re: タイトルなし 
八咫烏さん、こんばんは。

> ありゃ、時の鐘、耐震工事中ですか。
> 子供のころみたっきりですが、また見てみたいですね。

なかなか全部をパーフェクトに見ることができることは難しい時代になってきましたね。
一気通貫なんて麻雀の世界だけでしょうか。

> なんだか似たようなチェーン店がこういった歴史ある場所の駅前にも
> 増えていて、どの町も駅前が同じのようになってしまって個性が失われつつ
> あるような気がします。
>
> 便利ではあるのでしょうが、駅前にも各場所なりの個性がもっと欲しいですね。

こちらは、芋菓子で面食らいました。似たようなものがどこでも売られていて。川越は『九里(栗)よりうまい十三里(の薩摩芋)』ですから。全部制覇すれば、違いがあるのかないのかわかるかもしれませんが、…。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 電線電柱の地中化は進んだようですが
> 自販機がやたら目立ちますね。
> 伝統的街並みの保全と既存の権利の折り合いは難しいと思いますが
> 素晴らしい街なのでこれからは細部にいたるまで景観を大事にして欲しいですね。
>
> ryu

う~~ん、他よりは少しマシな程度でしょうかね。それでも結構目につきますね。
交通規制と自販機の設置制限と。結構難しそうですが、…。
日本は自販機天国ですからね。スペインの巡礼路の道中には一切ありません。あれば助かるなと思うのは、日本人くらいでしょうか。
Re: 堪能しています! 
tugumi365さん、こんばんは。

> 川越は一度は行ってみたい町の一つです。北海道にはない歴史があります。

大火騒ぎがありましたからねえ。その頃の川越はまだ裕福だったのでしょう。今じゃ考えられない贅沢をしたのです。

> 一軒一軒のお家を見学したいです。

お店を冷やかしながら歩けば良いのでしょうね。私はからっきし意気地がなくて。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 旧家を見る分には郷愁をそそっていいんですが、住んだり維持して行くには大変でしょうね。

そうでしょうね。

> 持主が住まなくなったり、居なくなったりすればなおさらでしょう。
> 川越は住んでいる家が多いんでしょうか?

その辺はどうなのでしょうかね。部外者なので、よくわかりません。

> それとも、市なんかで修理したりしている家も有るんでしょうか?

蔵造り資料館などのように、市に管理が持ち込まれるときもあるのでしょうね。でも、基本は、夢のある商店街ですから。それを維持しなくてはいけないでしょう。空き家が出ないように、商人仲間も気を配っているのではないかと思います。
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> 工事中とは残念だったですね、川越のランドマーク的な建造物なのに。

はい、がっかりしました。

> AzTakさんが好きそうな街並みですね。
> 昔ながらの建物がひしめき合ってタイムスリップを感じます。

ミニのタイムスリップ感が堪りません。想像がつきそうなくらいちょっとだけ古い。否が応でも、ノスタルジアを感じてしまいます。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 素敵な街並みですね^^
> 僕達は京都によく行くのですが、京都とは又違った味わいがありますね~
> 電線も無く、素晴らしいと思います^^

小京都という呼称に対して、こちらは小江戸。江戸のものも一部には残っているのですが、蔵の街は殆どが明治の末の建物。ちょっとだけ古い。そこがたまらなく良いところかもしれません。
Re: タイトルなし 
ぴあのさん、こんばんは。

> 写真を見て居たら川越散策してみたくなったわ
> 涼しくなったらボッチ撮影してこようかしら

近いんですから、どんどん出かけて下さい。ぴあのさんがどう撮るか興味津々です。真似するわけじゃないのですが、他の人の感じ方にはものすごく興味があります。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR