散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

川越の街を歩く(2)

喜多院(2)
慈眼堂(国指定重要文化財)
正保2年(1645年)建立。慈眼大師天海を祀る。厨子に入った天海僧正の木像が安置されている。何と三代将軍家光の命に依り、この堂を建てたという。天海僧正の評価が異常に高かったことがわかろう。出羽三山の中興の祖で、後に新島に遠島になった第五十代別当の天宥法印が、天海僧正の威光に縋ったという事情もわからないでもない。
慈眼堂(国指定重要文化財)_1
慈眼堂(国指定重要文化財)_2
客殿(重要文化財)
喜多院の該当頁へjump
書院(重要文化財)
喜多院の該当頁へjump
庫裏(重要文化財)
寛永15年(1638年)、川越大火で山門と経蔵以外の伽藍を焼失するが、翌年、徳川家光の命で、江戸城紅葉山御殿の一部を移築した。これが今に残る客殿、書院、庫裏だそうだ。これらを運ぶために新河岸川の舟運が開かれた。そうだったのか。
写真撮影禁止だし、天気が崩れないうちにめぼしいところを廻りたい思惑があったので、今回は外側の写真を数枚撮っただけ。順路表示に従って見ているうちに、方向音痴の私は毎回位置関係がわからなくなってしまう。心配だったので、境内マップで確認済み。
慈恵堂と客殿とを繋ぐ渡り廊下。この裏側が、紅葉山庭園。
客殿・書院・庫裡_1
客殿・書院・庫裡_4
紅葉山庭園(PDF画像を借用)
右端の建物が、客殿。中央の落葉している樹木が三代将軍お手植えの桜だろうか。
紅葉山庭園
渡り廊下で客殿とつながる慈恵堂
客殿・書院・庫裡_2
見えている建物が庫裡。その左に屋根が少し見えるのが客殿であり、「徳川家光誕生の間」がある。庫裡の裏側には、書院があり、「春日局化粧の間」がある。
客殿・書院・庫裡_5
五百羅漢
今回は、これもパス。2013.05.29撮影分の一部写真を使用。砂岩に彫ったようで、苔むしていて、非常に見えにくくなっていた。そのことが残念だ。
五百羅漢_1
五百羅漢_2
五百羅漢_3
五百羅漢_4
五百羅漢_5
五百羅漢_6
五百羅漢_7

次の2つは明治維新より以前は、喜多院の境内にあった密接不可分の神社だった。しかし、新政府の神仏分離の政策に従い、それぞれ独立した。

仙波東照宮(国指定重要文化財)
日光・久能山とならび、三大東照宮とされる仙波東照宮。『三大○○』と称せられるものが数多くあるが、三番目は、意外に『何だっけ』というものが少なくない。此処もそうかもしれない。
家康は元和2年(1616)4月17日、75歳で駿府城内で死去する。死後、遺体は一旦久能山に葬られた後、遺言に依って、元和3(1617)年、2代将軍秀忠は亡父家康の遺骸をあらためて日光に移葬した。同年3月15日出発し、同23日、その途中、仙波喜多院の大堂(薬師堂、のちに東照宮本地堂とも言いました)に到着した。ここで天海僧正自らが導師となって、3月26日までの4日間、衆憎を集めて、丁重な法要を厳修したのだそうだ。
簡単にいえば、このことを記念するのが仙波東照宮だ。ということで、日枝神社と違って、神社としては、途中からの割り込み組と言えよう。

日祭日には開門するようだ。この日は閉門されたままで、残念。仕方がないので、2013.05.29撮影の一部写真を使用。
仙波東照宮(国指定重要文化財)_1
仙波東照宮(国指定重要文化財)_2
仙波東照宮(国指定重要文化財)_3
仙波東照宮(国指定重要文化財)_4
仙波東照宮(国指定重要文化財)_5
仙波東照宮(国指定重要文化財)_6
仙波東照宮(国指定重要文化財)_7
仙波東照宮(国指定重要文化財)_8
仙波東照宮(国指定重要文化財)_9
仙波東照宮(国指定重要文化財)_10
仙波東照宮(国指定重要文化財)_11
仙波東照宮(国指定重要文化財)_12
仙波東照宮(国指定重要文化財)_13
仙波東照宮(国指定重要文化財)_14
仙波東照宮のHPへjump

日枝神社(国指定重要文化財)
こちらが創建時から無量壽寺(喜多院はそのうちの一つで北院だった)の鎮守の神社だった。
正面からは拝殿しか見えないので、後方から本殿を撮ってみた。何と赤坂日枝神社の本社に当たるそうだ。それは喜多院が徳川とのつながりを持つはるか以前の文明10年(1478年)、太田道灌が江戸城築城の際に、この川越日枝神社から分祀したからだ。そういうことか。昔から、有名な寺院であり、神社であったんだ。いまは、喜多院は観光的には有名な寺院であるが、喜多院・日枝神社ともに宗教的にはどういう位置づけなのだろうか。う~~ん。

日枝神社(国指定重要文化財)_1
日枝神社(国指定重要文化財)_2
日枝神社(国指定重要文化財)_3
日枝神社(国指定重要文化財)_4
日枝神社(国指定重要文化財)_5
日枝神社(国指定重要文化財)_6
日枝神社(国指定重要文化財)_7
日枝神社(ひえじんじゃ)は、埼玉県川越市小仙波町の神社。旧社格は県社。もともと喜多院の境内にあったが、県道建設のため大正時代に仙波古墳群という前方後円墳を開削して喜多院門前に移転した。
円仁(慈覚大師)が喜多院を創建(天長7年・830年)したおりに、その鎮守として貞観2年(860年)に坂本の日吉大社を勧請したものであるといわれている。東京赤坂の日枝神社(旧官幣大社)は、文明10年(1478年)、太田道灌が江戸城築城の際に、この川越日枝神社から分祀したものである。(赤坂日枝神社もそう記述している)
本殿は朱塗りの三間社流造、銅板葺で国の重要文化財に指定されている。拝殿は老朽化が深刻だったため、近年、新拝殿が再建された。

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
今度は川越喜多院ですか!
東奔西走、ホントに頭が下がります♪
蔵の町と一緒に見たのはもう何年も前になります 汗)
五百羅漢の石像のユニークな表情も風雨に晒されて
ますます分かりにくくなってしまったかも・・・
久しぶりに足を運びたい処です♪
AzTakさん 
こんばんは
三大東照宮が有るんですねえ
知りませんでした
昔の偉いおぼうさんもお寺を創建しても、神様に守って頂いていたんですねえ
普通の事だったんでしょうね
 
AzTakさん、こんばんは!
川越も結構距離があって遠いいのでしょうね?
行く先に写真撮影禁止とあっても、実際にはみんなが写真を撮っている所も
ありますね。
初めての所はその実際の状況が分からないことがあります。

最近は天気の崩れも多くて、近接地でも降っている場所と降っていない所とあって雨には、いろいろ振り回されますよね。

慈恵堂と客殿とを繋ぐ渡り廊下も屋根も白壁もきれいで紅葉山庭園もその時期は
赤が映えて綺麗です(^^ゞ
お寺は、広い敷地に建造物に石像に樹木豊かで、川越にも日枝神社がある
のですね。

本当に横浜と思えば川越と精力的で、ごゆっくりと休まれて下さいねー♪
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 今度は川越喜多院ですか!
> 東奔西走、ホントに頭が下がります♪

己に叱咤激励して外出するようにしないと、引きこもって惰眠を貪るばかりです。終いには、100mも歩くことができなくなりそうです。幸い足腰の痛みが少し頻度が間遠になってきたようなので、…。

> 蔵の町と一緒に見たのはもう何年も前になります 汗)
> 五百羅漢の石像のユニークな表情も風雨に晒されて
> ますます分かりにくくなってしまったかも・・・
> 久しぶりに足を運びたい処です♪

今回は本丸御殿が休館日で、時の鐘が修復工事中。目玉が2つも欠けて、ちょっと冴えなかったかもしれません。
本丸御殿が休館日の月曜と蔵の街の商店が定休日になっている水曜以外の平日がお出かけにはいいのでは。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 三大東照宮が有るんですねえ
> 知りませんでした

三大○○が好きな日本人ですね。3番目なんて、誰も知らないですよねえ。
取り上げておいて何ですが、私自身は上野東照宮のほうが好きです。

> 昔の偉いおぼうさんもお寺を創建しても、神様に守って頂いていたんですねえ
> 普通の事だったんでしょうね

神社に対する別当寺とは違い、お寺さんの守護を祈願したのでしょうね。良くわからない世界です。
喜多院の前身である無量寿寺が出来たときから日吉大社から分祀してもらったようです。そして、喜多院が有名になるはるか以前に、太田道灌が江戸城を築城するに際して、こちらの日枝神社を分祀したのが、赤坂日枝神社なんだそうです。もちろん、当初は江戸城内にありました。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは!

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 川越も結構距離があって遠いのでしょうね?

私のところからは川越駅まで、約70分ほどのようです。近くはありませんが、鎌倉に行くのと対して変わりはありません。

> 行く先に写真撮影禁止とあっても、実際にはみんなが写真を撮っている所も
> ありますね。
> 初めての所はその実際の状況が分からないことがあります。

写真撮影禁止となっているところは、仕方がないので撮らないようにしています。

ですが、日本ではどこもかしこも撮影禁止ばかり。その禁止理由はなんぞやと聞きたくなります。確固たる理由など無いのが正直なところでしょう。なので、忌々しく思わないではありませんが、ことさら争うのも大人げないので、…。

> 最近は天気の崩れも多くて、近接地でも降っている場所と降っていない所とあって雨には、いろいろ振り回されますよね。

この日は正午ごろから雨の予報だったのに、薄日がさしました。そして今日は晴れマークが並んでいたはずなのに、今にも雨が降り出しそうな曇天。天気予報がまったく当たりませんねえ。

> 慈恵堂と客殿とを繋ぐ渡り廊下も屋根も白壁もきれいで紅葉山庭園もその時期は
> 赤が映えて綺麗です(^^ゞ
> お寺は、広い敷地に建造物に石像に樹木豊かで、川越にも日枝神社がある
> のですね。

喜多院の印象は、正直に言えば、放置しすぎ。大きな観光収入を得ているならば、もう少し上質な空間を作って欲しいものです。境内が殺伐としている感じが否めません。そして、寺院であるからには、宗教活動に力を入れなくちゃ。天台声明も聞こえてこないような有様では、天海僧正も呆れ果てるのでは。

> 本当に横浜と思えば川越と精力的で、ごゆっくりと休まれて下さいねー♪

有難うございます。
実は、今日は北鎌倉を少し歩きました。円覚寺ではカワセミもタイワンリスもいました。お散歩レンズだけだったし、女の子たちがワイワイやったりしていたので、カワセミは諦めざるを得ませんでした。あそこにカワセミが飛んできたのが不思議なんでしょうかね。
こんばんは 
葵のご紋を見ると僕はワクワクします^^
高知城がそんなにすばらしいと言うことを知りませんでした!
お城の周りだけを撮影して帰って来ていましたが
次回はしっかり御殿と天守閣を見てきます!
撮影OKなら、撮ってきますね^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 葵のご紋を見ると僕はワクワクします^^
> 高知城がそんなにすばらしいと言うことを知りませんでした!
> お城の周りだけを撮影して帰って来ていましたが
> 次回はしっかり御殿と天守閣を見てきます!
> 撮影OKなら、撮ってきますね^^

今日も葵の御紋を見ました。遭遇するときは連続して遭遇することもあるんですね。
ちなみに川越城の本丸御殿は撮影が全面的にOKです。高知城も同じ扱いだといいんですが。日本にたった2つしかありませんから。二の丸御殿まで含めても4つだけですから。天守閣よりもはるかに貴重だと思います。
 
おはようございます。
曲線構造の渡り廊下は質実で優美ですね。

ryu
Re: タイトルなし 
> おはようございます。

tgryuさん、こんにちは。

> 曲線構造の渡り廊下は質実で優美ですね。
>
> ryu

普通だとあそこまではしないと思いますが、贅沢な感じですねえ。もしかしたら、将軍様が御成のときに曲者が床下から狙ったりしないように漆喰で塞いだのでしょうかね。
一応内部に腰掛けられるような出っ張りがあるんです。その昔は、慈恵堂に向かう前に、庭を愛でるのに、将軍様は腰を掛けられたのでしょうか?いまは、婆さんたちの一時休息の場になっています。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR