散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜の山手町を歩く(10) 2016.0928 14:40追記

港の見える丘からの眺望
いつも同じような写真ばかり撮っている。自分でも呆れてしまう。今回は天気が良くなく、少し拗ねたような感じがした。それはそれで良いのだが、はっきりしない写真ばかりだ。
港の見える丘からの眺望_1
港の見える丘からの眺望_2
港の見える丘からの眺望_3
港の見える丘からの眺望_4
港の見える丘からの眺望_5
港の見える丘からの眺望_6
港の見える丘からの眺望_7
港の見える丘からの眺望_8
港の見える丘からの眺望_9

大佛次郎記念館
この位置に大佛次郎記念館があり、少し奥まった位置に神奈川近代文学館がある。文学愛好家だったならば、是非行ってみたい場所なのだと思う。私には、…。
大佛次郎記念館
港の見える丘公園の展望台の南側に広がる沈床花壇の奥にアーチ型の屋根と赤レンガ色の外観が一際目立つ館。横浜ゆかりの作家「大佛次郎」の業績と生涯を様々な資料で紹介しています。大佛次郎は横浜で生まれ、そして横浜を最も多く描いた作家と言われています。中でも「霧笛」「幻燈」は開化期の横浜を愛惜をこめて描いた名作として今も多くの人々を魅了し続けています。代表作には「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」「帰郷」「赤穂浪士」などがあり、「鞍馬天狗」の作者としても親しまれています。また館内には、愛猫家であった大佛次郎が所蔵していた猫の置物も、多数展示されています。

山手111番館
第2水曜日で休館だった。外観はごく普通の洋館のようにしか見えないが、実は内部が凄く素晴らしい。あまり気づかないかもしれないが、床に実にお金を掛けてある。この辺は、欧米人の建てた家という感じがする。
前回の訪問時撮影分からダイジェストで紹介したい。2階は海を見晴らす寝室と回廊、スリーピングポーチからなるそうだ。う~~ん、スリーピングポーチまであったのか。通常の見学では階段を上がることが出来ない。公開する日に行くしか無い。

山手111番館_1
山手111番館_2
山手111番館_3
山手111番館_4
山手111番館_5
山手111番館_6
山手111番館_7
山手111番館_8
山手111番館_9
山手111番館_10
山手111番館_11
山手111番館は、横浜市イギリス館の南側にあるスパニッシュスタイルの洋館です。ワシン坂通りに面した広い芝生を前庭とし、港の見える丘公園のローズガーデンを見下ろす建物は、大正15(1926)年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として建設されました。設計者は、ベーリック・ホールと同じく、J.H.モーガンです。玄関前の3連アーチが同じ意匠ですが、山手111番館は天井がなくパーゴラになっているため、異なる印象を与えます。大正9(1920)年に来日したモーガンは、横浜を中心に数多くの作品を残していますが、山手111番館は彼の代表作の一つと言えます。赤い瓦屋根に白壁の建物は、地階がコンクリート、地上が木造2階建ての寄棟造りです。創建当時は、地階部分にガレージや使用人部屋、1階に吹き抜けのホール、厨房、食堂と居室、2階は海を見晴らす寝室と回廊、スリーピングポーチを配していました。 
横浜市は、平成8(1996)年に敷地を取得し、建物の寄贈を受けて保存、改修工事を行い、平成11(1999)年から一般公開しています。館内は昭和初期の洋館を体験できるよう家具などを配置し、設計者モーガンに関する展示等も行っています。現在、ローズガーデンから入る地階部分は、喫茶室として利用されています。


山手111番館紹介記事(横浜の名建築第2回)へjump
山手111番館紹介記事(ラフィンさんが住んだ山手111番館)へjump

以上で『横浜の山手町を歩く』シリーズは終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。

Comments

 
こんばんは、そして初めまして。
何気ない日常の1コマでもレンズを通して切り取ることで少し輝きが増すように思います。そしてそれを可能にする撮影者の能力に驚きと羨ましさを感じます。
スリーピングポーチ 
なんて素敵なんでしょう!考えることが優雅すぎますね。洋館堪能させて頂きました。有難うございました(前回のお花も奇麗でした)。いつか横浜散歩したいです。ついでに西日暮里(?)も(笑)。
変る 
見慣れた風景ですが、時とともに。少しずつ変化しています。風景も、私の体も、考え方も。全て。
 
こんにちは。
山手111番館の外観は角度的に屋根部分があまり見えないせいか
3連アーチ以外は感嘆するような洋館には見えませんが
内部はとても素敵ですね。
広間の大きな吹き抜け構造も開放感があり建物がとても大きく見えます。
外装は白のモルタル風に見えますが当時もこういう素材だったのでしょうか。


ryu
こんにちは。 
横浜山手町奥が深いですね、一度や二度ではわかりえないところが、
AzTakさんの写真や説明でよくわかり、是非また出かけてみたいと思います。
Re: タイトルなし 
> こんばんは、そして初めまして。

ソラさん、こんばんは。そして、はじめまして。

> 何気ない日常の1コマでもレンズを通して切り取ることで少し輝きが増すように思います。そしてそれを可能にする撮影者の能力に驚きと羨ましさを感じます。

そういう方もいらっしゃるようですね。私の場合は、あくまでも芸術性の追求ではなく、対象物を理解するためのイメージ記録に執念を燃やしています。ですが、なかなか思うようにいかなくて、わけがわからない写真ばかり無駄に撮っています。
最近、カメラのグレードを少しだけ上げたのですが、そのアドバンテージを活かせず、元のカメラで気楽に撮っていたほうが良かったとぼやいている始末です。腕がカメラに追随できていないようです。これからも徐々にしか進歩していかないようです。
まあ、それでも好きなので楽しんでいます。
Re: スリーピングポーチ 
tugumi365さん、こんばんは。

> なんて素敵なんでしょう!考えることが優雅すぎますね。洋館堪能させて頂きました。有難うございました(前回のお花も奇麗でした)。いつか横浜散歩したいです。ついでに西日暮里(?)も(笑)。

実際に行ってみたら、函館のほうが良かったになるかもしれません。保証の限りではありませんが、おいでになるからには、近くの中華街とセットで、楽しんでもらえたらいいなあと思います。
西日暮里には日暮里繊維街という、そういうのが趣味の方には聖地のような商店街があると聞きます。こちらは私には、まるで縁がなさそうです。(^_^;)
Re: 変る 
senri32さん、こんばんは。

> 見慣れた風景ですが、時とともに。少しずつ変化しています。風景も、私の体も、考え方も。全て。

少しずつ、いつの間にか、愕然とするくらいにかもしれませんね。
体調だけは、衰えるのを食い止めたいものです。
たくさん動いたあとは、入念にストレッチを行うなどして、余分な怪我を背負い込むことにならないようにしましょう。私の場合、それを怠ったばかりに、右膝の靭帯部分断裂を引き起こし、すべての歯車が狂ってしまいました。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 山手111番館の外観は角度的に屋根部分があまり見えないせいか
> 3連アーチ以外は感嘆するような洋館には見えませんが
> 内部はとても素敵ですね。
> 広間の大きな吹き抜け構造も開放感があり建物がとても大きく見えます。
> 外装は白のモルタル風に見えますが当時もこういう素材だったのでしょうか。
>
>
> ryu

元からこういうふうだったようです。結構、最近まで個人住宅として使用されていたようです。最初の持ち主が手放してから、何家族かが住んだようですが、大きな改善は施さなかったようです。モルタルも、当時のままだと思います。この邸宅は、最初からこの位置にあり、最高の眺めだったと思います。
末尾にジャンプ先を2つ追記しました。興味があれば、アクセスしてみて下さい。下記URLも同じものです。

はまれぽ記事
http://hamarepo.com/story.php?story_id=365

蘊蓄が書かれてあります
http://blog.goo.ne.jp/chuka-champ/e/eb48cc27b8c9e76cd3bca8c7a27da809
Re: こんにちは。 
みんこたんさん、こんばんは。

> 横浜山手町奥が深いですね、一度や二度ではわかりえないところが、
> AzTakさんの写真や説明でよくわかり、是非また出かけてみたいと思います。

最後は、戦争があり、居住していた外国人が泣く泣く本国へ引き揚げていったりしたようです。
ラフィン氏の大恋愛などエピソードも少なくないようです。そういう背景も知れば面白いのでしょうが、私自身が朴念仁過ぎて、…。
こんばんは 
橋だ! 橋好きな僕には嬉しい画です^^
ガントリークレーン(キリン)も見えて
港ですね~~~
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 橋だ! 橋好きな僕には嬉しい画です^^
> ガントリークレーン(キリン)も見えて
> 港ですね~~~

港の見える丘からの眺望です。キリンが林立しているのは本牧ふ頭だと思います。
2枚めで橋脚の奥に見えているのが大黒埠頭。こちらは自動車運搬船がよく停泊しています。また、QE2が満潮でベイブリッジを潜れないときには、ここに停泊します。もちろん、オピニオン・リーダーたる船客たちの猛烈なブーイングがあることでしょうが。
以上の2つの埠頭はベイブリッジを潜らないで着桟できる埠頭です。

そして手前側が山下埠頭です。主に中小型の貨物船専門でしょうかね。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR