散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜の山手町を歩く(4)

山手46番館
山手本通り側は裏側だそうだ。1930(昭和5)年に建てられた雰囲気のある洋館。フェリス女学院の中高生が行き交う真ん前にあり、ロケーションは最高だ。公開されている洋館ではないので、外観だけ撮らせてもらうことにした。
山手46番館_1
山手46番館_2
山手46番館_3
山手本通りを歩いていると必ず遭遇する洋館です。通りに面して白い木造の横に広がっています。この建物は外国人向けの住居だったそうですが、現在は人が住んではいないようで、イベントや映画の撮影等に使われているそうです。左右にそれぞれ煙突、寄棟造の屋根、白い菱形のくり抜きのある鎧戸、外壁に蔦が絡まって明るいイメージの木造2階建て。

カトリック山手教会
カトリック横浜教区の司教座聖堂、いわゆるカテドラルである。大聖堂がカテドラルとは同義ではないので注意されたい。カトリック横浜教区は、神奈川県、静岡県、長野県、山梨県が担当区域だ。司教はラファエル梅村昌弘司教だ。
聖堂
カトリック山手教会_聖堂_1
カトリック山手教会_聖堂_2
カトリック山手教会_聖堂_3
現在の司教館別館
ブラフ18番館も、かつては、カトリック山手教会の司教館だった。現在の司教館別館と比較してみるのも面白いかも。こちらは外観だけ見ると、実に質素だ。
カトリック山手教会_現在の司教館別館_1
カトリック山手教会_現在の司教館別館_2
カトリック山手教会_現在の司教館別館_3
司祭館兼信徒会館
司祭館兼信徒会館

外交官の家(1)
前回行った時は補修中で内部を見ることが出来なかった。今回は幸いにもそういうことはなかった。
この邸宅は、J.M.ガーディナーの設計で、国指定の重要文化財になっている。見に行けばすぐ気がつくことだが、塗装がかなり傷んでいた。このままでは保たないなと思ったのだが、10月から来年2月末まで塗装工事を行うそうだ。
外観が美しいことで知られる『外交官の家』だが、そうした写真を撮りたい方は急ぎ行く必要があろう。

正面玄関側
本来は此処が玄関だろう。でも今は、付属棟から入るようになっていて、ここからは入ることが出来ない。
外交官の家(1)_正面玄関側
本館アクセス廊下
ここは付属棟から入るようにしたために、雰囲気に合わせて付け足した部分ではないかと思ったが、そうではなかった。南平台にあったとき、和館が併設されていたそうで、その和館の名残部分なのだそうだ。
外交官の家(1)_本館アクセス廊下_1
外交官の家(1)_本館アクセス廊下_2
食堂
外交官の家(1)_食堂_1
外交官の家(1)_食堂_2
外交官の家(1)_食堂_3
応接室として使われた大客間と、寛げる雰囲気の小客間
応接室として使われた大客間と、寛げる雰囲気の小客間_1
応接室として使われた大客間と、寛げる雰囲気の小客間_2
応接室として使われた大客間と、寛げる雰囲気の小客間_3
サンルーム
八角形の塔屋の1階にあたる
サンルーム_1
サンルーム_2
サンルーム_3
サンルーム_4
サンルーム_5
正面玄関(内側)
玄関扉は、すりガラスに内田家の家紋 「丸に剣三つ柏(まるにけんみつかしわ)」が描かれている。内扉は、優しい色使いのステンドグラスが。
正面玄関(内側)_1
正面玄関(内側)_2
正面玄関(内側)_3
正面玄関(内側)_4
供待部屋
玄関扉と内扉の間に、小さな入口がある。中は供待(ともまち)部屋、来客のお供が待つための部屋だ。現在は、設計者ガーディナーの資料を集めた展示室になっていた。
供待部屋
ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などを務めた明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として、明治43(1910)年に東京渋谷の南平台に建てられました。 設計者はアメリカ人で立教学校の教師として来日、その後建築家として活躍したJ.M.ガーディナーです。
建物は木造2階建てで塔屋がつき、天然スレート葺きの屋根、下見板張りの外壁で、華やかな装飾が特徴のアメリカン・ヴィクトリアンの影響を色濃く残しています。1階は食堂や大小の客間など重厚な部屋が、2階には寝室や書斎など生活感あふれる部屋が並んでいます。これらの部屋の家具や装飾にはアール・ヌーボー風の意匠とともに、19世紀イギリスで展開された美術工芸の改革運動アーツ・アンド・クラフツのアメリカにおける影響も見られます。
横浜市は、平成9(1997)年に内田定槌氏の孫にあたる宮入氏からこの館の寄贈を受け、山手イタリア山庭園に移築復原し、一般公開しました。そして同年、国の重要文化財に指定されました。室内は家具や調度類が再現され、当時の外交官の暮らしを体験できるようになっています。各展示室には、建物の特徴やガーディナーの作品、外交官の暮らし等についての資料を展示しています。


今、こんなイベント開催中だそうだ。途中の道で横浜観光協会の方と立ち話をしたときに、素敵なクリアファイルを頂いたので、宣伝しておかなくては。
謎解きクイズ「2016 横浜山手西洋館」 ~魔女からの招待状Ⅱ~
9月18日(日)~22日(木・祝)9:30~17:00 参加費:招待状 500円(先着300名)
★参加賞・正解賞あり

Comments

 
教会と洋館・・・港町独特の情緒・景観ですね。函館の街並みを思い出します。札幌時代、友人を何回も案内しました。横浜は年に数度行きますが、こういった場所もあるんですね。(中華街・山下公園くらいしか知りません)
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
↓のベーリック・ホールやエリスマン邸、えの木てい本店、
今日の外交官の家も記憶にしっかりあるのですが
山手46番館は見落としていたようです 汗)
えの木ていでのティータイムはゆっくりできたことでしょうね!
外交官の家のサンルームはステキですね~♪
えの木てい以外どの洋館も内部は知らないんです 汗)
 
こんにちは。
さすが、幕末から貿易港として栄えただけあって、
見事な西洋建築物が多いのですね。
国内の歴史ある建物で、西洋建築物が紹介されると
いうのは、なんとなく不思議な感じもしますね^^
みたことない 
ふつーの人間は、ブログの写真や、コメントの感想を、このコメントに書くようだが、私は、何かいつも、関係ないことを書いている。お嬢さん学校のある、山手の街で、ナンパしているやつを見たことがない。やはり、私は、変なおじさんだ。
 
こんにちは。
旧内田定槌氏邸宅は設計者はアメリカ人のようですが
ステンドグラス以外はいたってシンプルで
日本の伝統的書院造りや武家屋敷の質実さにも相通じるものがある印象です。
やはり外人に全て任せたというよりは主人の意向が色濃く反映されているのではないでしょうか?
まさに和魂洋才のおもむきを感じます。

ryu
 
いい雰囲気の建物がたくさんありますね。
むかし川崎に住んでいたことがあるので
もっとこちらの方まで足を伸ばせばよかった!
 
AZTAKさま こんにちは

横浜は古くから港町として栄えて来ましたので、珍しい洋館が沢山あり、散策しながら訪ね歩くのも楽しいですね。
一緒に楽しませていただいております。
こんにちは 
こうして洋館を見せていただいていると
神戸北野の異人館に又、行きたくなって来ました^^
横浜は遠いですからね~~
AzTakさん 
こんばんは
一国を代表する外交官の家ともなると、庶民には想像も地下ない造りですね。
国威発揚の一端なのかもしれません。
おかげで、一流国の仲間入りが出来たんでしょうね。
 
AzTakさん さん、こんばんは。
山手46番館もいい造りの家ですね。たぶん人が住んでいたらもっと
よく内部が見えてきて素敵なのでしょうねー!
それにフェリス女学院の真ん中というのもいいです。

司教館は見掛けることのない家で興味深いです。

外交官の家はなぜ玄関入口経路が変なのだろうと不可解だった
理由が拝見して、やっとわかりました(^-^)/

八角形のサンルームは温かみがありますねぇ ヽ(´∀`)ノ
イベントは魔女からの招待状ですか、楽しそうです~~
Re: タイトルなし 
JSKさん、こんばんは。

> 教会と洋館・・・港町独特の情緒・景観ですね。函館の街並みを思い出します。札幌時代、友人を何回も案内しました。横浜は年に数度行きますが、こういった場所もあるんですね。(中華街・山下公園くらいしか知りません)

そうですか、函館は馴染みがありますか。私も横浜に住んだことはありませんが、幼いころ1年ほど函館の元町に住んでいました。大三坂の一番上、カトリック元町教会の真向かいのボロアパートに住んでいました。今なら観光地のど真ん中です。
函館のほうが古いものが残っていますよね。こちらは、関東大震災で震源地に近かったため、それまでの建物は、軒並み倒壊してしまいました。
ということで大正末か昭和初期の建物がほとんどです。それでも伝統が息づいている所為なのでしょうか、再建後も雰囲気は極上のものがあります。
山手町も雰囲気がいいですから、時間のあるときには是非どうぞ。空いている平日がおすすめです。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> ↓のベーリック・ホールやエリスマン邸、えの木てい本店、
> 今日の外交官の家も記憶にしっかりあるのですが
> 山手46番館は見落としていたようです 汗)

フェリス女学院中学校・高等学校の校舎の向かいです。あちらの校舎も変わった外観ですし、可愛い女学生も多く見かけます。つい、そちらにばかり目が行くかもしれませんね。

> えの木ていでのティータイムはゆっくりできたことでしょうね!

はい、張り切ってエリスマン邸に入ろうと思ったら、休館でがっくり。ベーリック・ホールもそうで、泣きたくなりました。

> 外交官の家のサンルームはステキですね~♪
> えの木てい以外どの洋館も内部は知らないんです 汗)

それはもったいない。入館料は全くとられませんから、ぜひとも偶数水曜以外の平日に出掛けてみて下さい。
もう少しすると、ハロウィンの飾り立てをするのかもしれません。楽しいんだろうと思います。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

八咫烏さん、こんばんは。

> さすが、幕末から貿易港として栄えただけあって、
> 見事な西洋建築物が多いのですね。
> 国内の歴史ある建物で、西洋建築物が紹介されると
> いうのは、なんとなく不思議な感じもしますね^^

そうですね。しかも、横浜の街は関東大震災で壊滅的な被害を受け、ほとんどすべてが、その後の復興建築物です。ということで、まだ100年弱の経年物件がほとんどです。
なのになぜか、レトロなイメージがしてくるのです。不思議です。

関東大震災は震源地が茅ヶ崎市沖の海底です。なので、鎌倉も横浜も至近距離で相当に手ひどくやられました。東京の被害ばかりが大きく取り上げられますが、横浜も相当な被害がありました。
Re: みたことない 
senri32さん、こんばんは。

> ふつーの人間は、ブログの写真や、コメントの感想を、このコメントに書くようだが、私は、何かいつも、関係ないことを書いている。お嬢さん学校のある、山手の街で、ナンパしているやつを見たことがない。やはり、私は、変なおじさんだ。

ははは、慧眼にびっくり。端無くも私の本性が出てしまいましたかね。(^_^;)
確かにお嬢様学校が幾つもあり、どこも警備員が目を光らせています。ここで良からぬ行為に打って出ようと思う馬鹿者は殆どいないことでしょうね。

お嬢さん学校の生徒さんたちの明るい声がそこかしこから聞こえてくるなんて、散歩をしていてさぞかし楽しいことだろうな、くらいの意味で書きました。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばなは。

> 旧内田定槌氏邸宅は設計者はアメリカ人のようですが
> ステンドグラス以外はいたってシンプルで
> 日本の伝統的書院造りや武家屋敷の質実さにも相通じるものがある印象です。
> やはり外人に全て任せたというよりは主人の意向が色濃く反映されているのではないでしょうか?
> まさに和魂洋才のおもむきを感じます。
>
> ryu

設計家は、かの有名なジェームズ・ガーディナー氏です。立教学校第3代校長(その当時はまだ大学ではなかったようです)でしたが、その後、建築家としての活動に専念するようになった異色の人物で、日本大好き人間だったようです。
どんな大物設計家であっても、施主の意向を無視して建てるわけにはいかなかったのでしょう。両者で意見を戦わせて、質の良い住宅を作り上げたのだと思います。
この建物だけは、横浜所縁の建物ではなく、渋谷の南平台にありました。あちらは地盤が良かったのか、比較的、被害が少なくて済んだのかもしれません。ということで、横浜市所有の8館の西洋館の内、この館のみが震災以前に建てられた物件で、国指定の重要文化財です。
Re: タイトルなし 
ジェイジェイさん、こんばんは。

> いい雰囲気の建物がたくさんありますね。
> むかし川崎に住んでいたことがあるので
> もっとこちらの方まで足を伸ばせばよかった!

近くに居ても、そのときは忙しくて、のんびり見て歩きできなかったのでしょう。
せめて現役のときから身体を鍛えておき、暇になったときに動けるようにしておきたいものです。私など、焦って運動を始めたら、右膝の靭帯をプツ・プツ・プツと3度も部分断裂させてしまい、暫く動くことさえ出来ませんでした。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 横浜は古くから港町として栄えて来ましたので、珍しい洋館が沢山あり、散策しながら訪ね歩くのも楽しいですね。
> 一緒に楽しませていただいております。

私も色々行きたいのですが、身は一つで、しかも財布がかなり小型。行きたくても行けないところばかりです。他の方の記事などを見て、己のでべそを押さえつけるようにしています。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> こうして洋館を見せていただいていると
> 神戸北野の異人館に又、行きたくなって来ました^^
> 横浜は遠いですからね~~

そちらから近場でも、こちらからは遠隔の地。どんどん積極的に出掛け、ブログで大公開して下さい。それを見て行きたくなったら、夜行バスで私も見に行くかもしれません。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 一国を代表する外交官の家ともなると、庶民には想像もつかない造りですね。
> 国威発揚の一端なのかもしれません。
> おかげで、一流国の仲間入りが出来たんでしょうね。

外交官でも出世して偉くなったのでしょうね。そういう方には、是非我が家の娘をという申し込みがあったことでしょう。と言うような事情も相まって、相当贅沢な住宅を建てることができたのでしょうね。
たぶん、公務員の俸給だけでは、そううまくはいかなかったと思います。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん さん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 山手46番館もいい造りの家ですね。たぶん人が住んでいたらもっと
> よく内部が見えてきて素敵なのでしょうねー!
> それにフェリス女学院の真ん中というのもいいです。

そうなのでしょうね。いかにも洋風住宅という感じが素敵です。

> 司教館は見掛けることのない家で興味深いです。

日本にもそういくつもあるものではありませんから。珍しいことは珍しいでしょうね。

> 外交官の家はなぜ玄関入口経路が変なのだろうと不可解だった
> 理由が拝見して、やっとわかりました(^-^)/

それは良かったですね。多分、正面玄関から、出入りするようにしたら、すぐ壊れてしまうという事情もあったのでしょうね。

> 八角形のサンルームは温かみがありますねぇ ヽ(´∀`)ノ

そうですね。あんな空間で、のんびり読書でもしたいものです。見立てぬ夢ですが。

> イベントは魔女からの招待状ですか、楽しそうです~~

そうかもしれませんね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR