散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜の山手町を歩く(3)

えの木てい本店
むさ苦しい爺さんなので、入店がためらわれた。案の定、今回もカップルの男性客が一人だけいたが、その他は全員が女性客。場の雰囲気から相当に浮き上がっていたかも。客席側の雰囲気が素晴らしいが、客の顔が大写しになりそうな感じだったので、断念せざるを得なかった。
そういえば、2階のフロアに入ってみたいと思っていたのに、今回もティールームだけで済ませてしまった。後で調べてみたら、テイクアウトコーナーと予約制の個室が1室あるのみのようだ。私には縁がなさそうだ。

えの木てい本店_1
えの木てい本店_2
えの木てい本店_3
えの木てい本店_4
えの木てい本店_5
えの木てい本店_6
えの木てい本店_7
えの木てい本店_8
えの木てい本店_9
かつて外国人居留地であった横浜山手には大正から昭和初期にかけて建てられたレトロな洋館が今でもあちらこちらに点在しています。
「えの木てい本店」もその洋館のひとつで、昭和2(1927)年日本人建築家朝香吉蔵氏が設計した英国式の洋館で当時を偲ばせる貴重な建築物としても知られています。元はアメリカン人検事が暮らしていましたが、昭和45(1970)年に現オーナーのご両親が自宅用に買い取りました。
歴史的建築物として有名なこの洋館には多くの人が撮影に訪れていました。もともとお菓子やお料理を作るのが大好きだった現オーナーのお母様は、時折そんな人々を招きいれて自家製のケーキとお茶でおもてなしをしていたのが始まりで、昭和54(1979)年、1階のリビングをカフェとしてオープンいたしました。店名は庭にある大きな榎から名づけられました。
木製の上げ下げ窓、冬は薪を焚く暖炉、150年以上も昔のアンティーク家具など、古き良き山手の雰囲気を漂わせるティールームでは、レアチーズケーキや英国風スコーンなどオープン以来のレシピをそのまま受け継ぐ人気メニューが今も健在です。


エリスマン邸
第2水曜日で、人気のエリスマン邸は、無情にも休館日。残念無念。
エリスマン邸_1
エリスマン邸_2
エリスマン邸_3
エリスマン邸_4
エリスマン邸_5
これだけではいかにも物足りないので、前回撮影分の一部画像を再度使用する。
エリスマン邸_6
エリスマン邸_7
エリスマン邸_8
エリスマン邸_9
エリスマン邸_10

ベーリック・ホール
同じく休館日だったベーリック・ホール。エリスマン邸と人気を二分するというのに、同一日に休館とはつれない話しだ。
ベーリック・ホール_1
これだけではいかにも物足りないので、前回撮影分の一部画像を再度使用する。
ベーリック・ホール_2
ベーリック・ホール_3
ベーリック・ホール_4

Comments

洋館めぐり 
おはようございます。洋館巡り楽しんで拝見しています。是非行ってみたいです。ベーリックホールの窓のデザインが凝っていますね。 エリスマン邸のサンルームは冬の寒さ厳しい気温を考えると 北海道ではありえませんが ここでの日向ぼっこは気持ちよさそうです。えの木てい本店で一休み・・シフォンケーキが美味しそうです。
笑いました 
山手の道路を歩くのは、爺さん、婆さんに許されることで、洋館の中に入るのは、許されないのではないが、ためらいがある。私もそうです。笑っちゃいました。失礼。
はじめまして 
この洋館、スケッチにとても人気で、私もいつか描いてみたいなあと思っておりました。中まで見せていただき、ますます、行ってみたくなりました。
いつも細部まで、大画面で見ることができ、楽しませていただいております。ありがとうございます!
 
こんにちは。
以前拝見した神戸の異人館の見せ方やインテリア、調度品など
同じ日本でも関西と関東ではこうも違うものかと驚きますね。
お互い意識しているわけではないでしょうけど
関西は申し合わせしたかのようなコテコテ展示が多く
関東はおおむねスッキリ展示ですね。
関西の観光客が横浜を観たら物足りなく感じるんでしょうかね?(^_^;)。


ryu
こんにちは 
お洒落な洋館、中は喫茶店になっているんですね^^
何だか懐かしいレジが見えるし、角砂糖がある!
こんなお店で飲むコーヒー、美味しいでしょうね^^
こんにちは。 
横浜の山手町呼び名も良いですね、町全体がおしゃれな感じで、
神戸もそうですが調度品の一つ一つが手が込んでいて、
その時の暮らしを想像させて優雅な気持ちになります、
こんなところでいただけるコーヒー女子にはたまりません。
Re: 洋館めぐり 
> おはようございます。洋館巡り楽しんで拝見しています。是非行ってみたいです。ベーリックホールの窓のデザインが凝っていますね。 エリスマン邸のサンルームは冬の寒さ厳しい気温を考えると 北海道ではありえませんが ここでの日向ぼっこは気持ちよさそうです。えの木てい本店で一休み・・シフォンケーキが美味しそうです。

tugumi365さん、こんばんは。
ベーリック・ホールは、なかなか素敵な住宅ですね。600坪の敷地なんだそうです。昭和31(1956)年に遺族より宗教法人カトリック・マリア会に寄付されました。その後、平成12(2000)年まで、セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用されていました。同校が廃校となった際に、この建物が横浜市に寄付されたそうです。こんな洒落た寄宿舎に入ることが出来た生徒は幸せものだったことでしょうね。
個人的には、このエリスマン邸やまだ取り上げていないブラフ18番館などが好きです。こういうところで散歩三昧ならぬ読書三昧の生活を送れたら、最高だと思います。が、現実は厳しいものです。
えの木てい本店は、お客さんの顔がもろに写ってしまうので断念したのですが、窓側の雰囲気が最高なんです。食べようとしたのが、シフォンケーキだとわかりましたか。あとで写真を見たら、何のケーキかよくわからないなあと反省していました。
ケーキは美味しく、雰囲気も最高です。『外交官の家』にも喫茶ルームがあるのですが、雰囲気はまるで違います。
Re: 笑いました 
senri32さん、こんばんは。

> 山手の道路を歩くのは、爺さん、婆さんに許されることで、洋館の中に入るのは、許されないのではないが、ためらいがある。私もそうです。笑っちゃいました。失礼。

ははは、senri32さんは、まだ十分魅力的です。いつでもどkでも堂々としていればいいのでは。
洋館そのものは、平日は暇なカメラ爺さんが結構目につきます。なので、私も平気で入っていくのですが、ティーコーナーなどは、女性の牙城だろうなあと尻込みしてしまいます。その予感は100%の確率で的中し続けです。
カメラ爺さんたちは、どうしているのでしょうね。中華街でがっちり食べる都合でもあるのか、我慢でしょうかねえ。
Re: はじめまして 
あまがい繁子さん、こんばんは。
いつも素敵なスケッチを拝見させていただいています。有難うございます。

> この洋館、スケッチにとても人気で、私もいつか描いてみたいなあと思っておりました。中まで見せていただき、ますます、行ってみたくなりました。
> いつも細部まで、大画面で見ることができ、楽しませていただいております。ありがとうございます!

横浜市の中区にはスケッチに適したところがいくつかあるようです。普段はプレーンな装飾なんですが、クリスマスとかひな祭りとかの時期は特別な飾り立てをするんですよ。これがうっとりするほど素敵です。
クリスマスは想像がつくと思いますが、ひな祭りの飾り立ては、どうでしょうか。洋館なのに、案外イケるんです。次の飾り立てはハロウィンでしょうかね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 以前拝見した神戸の異人館の見せ方やインテリア、調度品など
> 同じ日本でも関西と関東ではこうも違うものかと驚きますね。
> お互い意識しているわけではないでしょうけど
> 関西は申し合わせしたかのようなコテコテ展示が多く
> 関東はおおむねスッキリ展示ですね。

同じ感想です。東北人の私には、関東の装飾でさえ、ハデハデしくみえるくらいですから。(^_^;)

> 関西の観光客が横浜を観たら物足りなく感じるんでしょうかね?(^_^;)。
>
>
> ryu

どうなんでしょうかね。多分、お金を頂いているからには、その分見せなくちゃと思う気持ちが、神戸の北野にはあるんだと思います。それはそれで楽しいのですが、些か、疲れてしまいます。わたしは、こちらのほうが好きです。
まあ、こういうのは個人の好き好きですよね。

一つだけ言えるのは、建物のメンテナンスは、横浜のほうが数段上だということです。見学中に大きな地震が来ても大丈夫だと思います。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> お洒落な洋館、中は喫茶店になっているんですね^^
> 何だか懐かしいレジが見えるし、角砂糖がある!
> こんなお店で飲むコーヒー、美味しいでしょうね^^

この『えの木てい本店』は、個人の所有物で、おっしゃられる通り、お菓子とお茶を楽しむ店舗になっています。
雰囲気と味とが極上だという評判です。店内を撮るときに、『店内を撮らせていただきたいのですが』というと、『はい、有難うございます』という返事が帰ってきます。
あまりに気持ちのよい返事に、下手な写真は撮れなくなりそうです。
Re: こんにちは。 
みこたんさん、こんばんは。

> 横浜の山手町呼び名も良いですね、町全体がおしゃれな感じで、
> 神戸もそうですが調度品の一つ一つが手が込んでいて、
> その時の暮らしを想像させて優雅な気持ちになります、
> こんなところでいただけるコーヒー女子にはたまりません。

結構、地元の人にも自慢の種の街並みのようです。私も初めてこの地を見た半世紀以上も前に魅了され、今に至っています。
だいぶ、おしゃれに磨きがかかってきましたね。『えの木てい本店』はおすすめの店ですが、何分にも小さな洋館です。すぐにいっぱいになってしまいます。
男性陣はいっぱい歩き、腹をすかしてすぐ近くの中華街に繰り出す感じでしょうかね。
カップルだと、元町商店街かなあ。こちらは、想像するだけです。
 
こんばんは

10月のハロウィーンの時期に行きました
あ~~ここでコーヒーも戴きました
懐かしい
翌年はクリスマスの時期で元町に行きましたね
また行きたくなったわ

Re: タイトルなし 
> こんばんは

ぴあのさん、こんばんは。

> 10月のハロウィーンの時期に行きました

そうでしたか。残念ながら10月に行ったことがなくて、見損ねています。

> あ~~ここでコーヒーも戴きました
> 懐かしい

私の場合、コーヒーだけでやめておけばいいのですが、ついケーキにも手を出してしまうので、…。

> 翌年はクリスマスの時期で元町に行きましたね
> また行きたくなったわ

山手町から下りれば、元町商店街ですし、中華街も目と鼻の先。行きたいところは目白押しですね。

Body

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

5月17日(水)は、イベント参加のため、私からのアクセスは少し遅れ気味になると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR