散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜の山手町を歩く(2) 2016.09.17 22:03追記&記述内容修正

山手資料館
ここは横浜市の所有物件ではなく、館内に入場するには料金が必要。都会の狭小住宅と比較しても引けをとらないくらいのかなり小さな洋館。元の住人はどのように利用していたのだろうか。トイレも浴室もないように見えるので、隠居用の建物だったのだろうか。『和洋併設型住宅』とされているから、1階一間は洋間で、2階一間は畳敷きの洋館だったのかもしれない。
そう思ったのだが、実際は私の勘違いだったようだ。建物は明治42年に建造された『和洋併設型住宅』の洋館部分に過ぎなく、これと繋がった形の和館の部分があったようだ。だとすれば、トイレや風呂などの共用部分はそちらに置くことが出来たのだろう。
山手資料館_1
山手資料館_2
山手資料館は、明治42年に建造された、横浜市内に残る唯一の「和洋併設型住宅」木造西洋館。館内には、チャールズ・ワーグマンのポンチ絵や、ジェラールの西洋瓦等、文明開化当時をしのばせる展示品など、居留地だった頃から関東大震災までの横浜や山手に関する資料を展示しています。横浜市の歴史的建造物に指定されています。
庭に展示してある本物のガス灯。このガス灯自体はそれほど古いものではない。建物に付随していた設備ではなかったと断言できる。
山手資料館_3
明治期の獅子頭の水道共用栓
山手資料館_4
こちらが所有者の店舗
山手資料館_5
山手資料館_6

カトリック山手教会墓地
白いクリプタの後方の一段下がった敷地にも墓地が続く。外国人墓地と隣接してはいるが、外国人墓地ではない。
カトリック山手教会墓地

山手聖公会
1931年に現在の礼拝堂竣工。もう既に85年が経過しているのか。もっと新しそうに見えるが、大谷石の特性かもしれない。内部は空襲と放火とで焼失という悲劇を繰り返したが、石造りの建物は支えが無くなってもしっかり持ち堪えた。実に頑丈なものだ。
山手聖公会_1
山手聖公会_2
モデルを志願したわけではなかろうが、欧米系の女性が一生懸命眺めていた。景観の内と考えて一緒に撮ってみた。
山手聖公会_3
山手聖公会_4
横浜山手聖公会は、神奈川県横浜市中区にある日本聖公会の教会堂である。プロテスタント・日本聖公会横浜教区に属する教会で、外形は大谷石を使ったノルマン様式の聖堂をもつ。

山手234番館(Bluff No.234)
関東大震災後の外国人の住宅事情に資するために建てられた共同住宅。山手資料館ほど狭小ではないが、1-2階に2世帯ずつ4世帯分のアパートメントハウスか。合理的かつコンパクトにまとめた設計は、現在の狭小マンションのお手本のような住宅かもしれない。お向かいのエリスマン邸は移築された物件だが、こちらは当初からこの位置に建てられた。
山手234番館(Bluff No.234)_1
山手234番館(Bluff No.234)_2
山手234番館(Bluff No.234)_3
山手234番館(Bluff No.234)_4
山手234番館(Bluff No.234)_5
テーブルコーディネート 「十五夜のお月さま~月光(げっこう)~」
山手234番館(Bluff No.234)_6
山手234番館(Bluff No.234)_7
山手234番館(Bluff No.234)_8
山手234番館(Bluff No.234)_9
山手234番館(Bluff No.234)_10
SINGERのミシン。使用不能の状態だった。あとからこの部屋にふさわしい物を見繕っておいてあるのだろうが、もう少し状態の良い物を置くべきだと思う。夢が萎んでしまう感じだった。
山手234番館(Bluff No.234)_11
山手234番館(Bluff No.234)_12
どうせなら、ドルフィンを撮ればよかったのに。ドルフィンではポスターに仕立てるのが難しいかなあ。
山手234番館(Bluff No.234)_13
山手234番館(Bluff No.234)_14
SINGERのミシンとヤマハのオルガンは我が家にもあった。ミシンは使用可能だったが、オルガンは少し調子が悪かった。器用だったら、ライティングビューローにでも改造したいくらいだったが。
山手234番館(Bluff No.234)_15
山手234番館(Bluff No.234)_16
山手234番館(Bluff No.234)_17
山手234番館(Bluff No.234)_18
昭和2(1927)年頃に外国人向けの共同住宅として、現在の敷地に建てられました。ここは関東大震災の復興事業の一つで、横浜を離れた外国人に戻ってもらうために建設された経緯があります。設計者は、隣接する山手89-6番館(現「えの木てい」)と同じ、朝香吉蔵です。
建設当時は、4つの同一形式の住戸が、中央部分の玄関ポーチを挟んで対称的に向かい合い、上下に重なる構成をもっていました。3LDKの間取りは、合理的かつコンパクトにまとめられています。また、洋風住宅の標準的な要素である、上げ下げ窓や鎧戸、煙突なども簡素な仕様で採用され、震災後の洋風住宅の意匠の典型といえます。
第2次世界大戦後の米軍による接収などを経て、昭和50年代頃までアパートメントとして使用されていましたが、平成元(1989)年に横浜市が歴史的景観の保全を目的に取得しました。平成9(1997)年から保全改修工事を行い、平成11(1999)年から一般公開しています。

Comments

山手 
山手の街は、異国情緒あふれる街です。大好きです。この地。日本最古のガス灯は、横浜市中区日本大通の横浜都市発展記念館の中庭に保存されています。馬車道付近ですね。ここでの、車の運転は、慎重に。
 
こんにちは。
関東大震災後にも復興住宅という発想があったんですね。
それぐらいしないと外人は地震がこわくて来日してくれなかったのでしょう。
エンタシスの柱数も通常の倍以上あるようですし
構造的にも何としても安全をアピールしたかったんでしょうね。

ryu
 
AzTakさん、こんにちはー
山手資料館は小さいので、離れのようだったのでしょうか?
所有者の店舗だったのですか、だから地続きなのですね。

山手234番館は合理的なアパートメントというのが、豪邸ではなくて
親しみやすいです。

蓄音機もオルガンに廊下や階段も素敵です(*^_^)
ここは少し薄暗かったように思っていたのですが、室内が明るくて
壁や床も家具など全体を、とても綺麗にお撮りになってさすが
です (^_^)
今晩は! 
山手西洋館は私も一度行きたいと思っていましたが、残念ながら行けませんでした。
左膝の調子が悪く遠出は難しくなりました。
AzTakさんの写真で楽しませて頂きました。
有り難う御座いました。
Re: 山手 
senri32さん、こんばんは。

> 山手の街は、異国情緒あふれる街です。大好きです。この地。日本最古のガス灯は、横浜市中区日本大通の横浜都市発展記念館の中庭に保存されています。馬車道付近ですね。ここでの、車の運転は、慎重に。

関東大震災でやられてしまった建物が少なくなく、めちゃくちゃ古い建物はそうはないですが、それでも築後90年位経過の物件が多いですね。現在、山手の西洋館8館は、横浜市の手に渡り、メンテナンスの状態も良く、来訪者を楽しませてくれているのは有難いことです。
昭和初期頃の建物が核となっている街並みなのに、なぜか、異国情緒あふれる感じが色濃く残っていますね。
こんばんは 
横浜の洋館、味がありますね^^
シンガーミシン、これは僕が子供の頃、家にあった気がします。
蓄音機は無かったかな? 会ったような気もします。
どこに放ったんだろう?
今もあるなら、売るのにw
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 関東大震災後にも復興住宅という発想があったんですね。
> それぐらいしないと外人は地震がこわくて来日してくれなかったのでしょう。

相当にやられたようですよ。山手西洋館8館の内、関東大震災以前から存在する建物は、『外交官の家』のみ。それ以外は震災後の建物です。軒並みやられた感じだったんでしょうね。
地震がほとんど起きない国の出身者には、日本は怖いと思ったことなんでしょうね。

> エンタシスの柱数も通常の倍以上あるようですし
> 構造的にも何としても安全をアピールしたかったんでしょうね。
>
> ryu

たしかに支える柱が随分多いなあと思いましたが、通常の倍以上もありますか。BLUFFに作られた建物だったので、平地に作られた建物以上に被害が大きくなってしまったのでしょう。横浜市も慌てに慌てたことだったでしょうね。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんにちはー

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 山手資料館は小さいので、離れのようだったのでしょうか?

先程記載内容を修正しました。ここは建物は明治42年に建造された『和洋併設型住宅』の洋館部分に過ぎなく、この他に和館部分があったようです。なので、併せれば、普通の住宅の広さがあったものと推察されます。

> 所有者の店舗だったのですか、だから地続きなのですね。

私の書き方がいけなかったのかもしれません。あの山手十番館という飲食店がオーナーなんです。
株式会社勝烈庵創業50周年記念事業として、この物件を取得し、この地に移築し、資料館として開館させたとのことです。

> 山手234番館は合理的なアパートメントというのが、豪邸ではなくて
> 親しみやすいです。

関東大震災後のやりくりの中で建てられた物件です。限られたスペースにうまく住んでもらうための工夫が満載のようです。

> 蓄音機もオルガンに廊下や階段も素敵です(*^_^)
> ここは少し薄暗かったように思っていたのですが、室内が明るくて
> 壁や床も家具など全体を、とても綺麗にお撮りになってさすが
> です (^_^)

この日は天気が優れなくて、屋外もどんよりと暗く、撮りづらい日でした。こういう日には、高級コンデジでバシャバシャやる方が良かったように思います。高級コンデジなどという洒落たものがありませんでした。
Re: 今晩は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 山手西洋館は私も一度行きたいと思っていましたが、残念ながら行けませんでした。
> 左膝の調子が悪く遠出は難しくなりました。
> AzTakさんの写真で楽しませて頂きました。
> 有り難う御座いました。

左膝は具合がよくありませんか。う~~ん、大変ですね。それでも諦めずに後退すること無くいきましょう。
私の方は、右膝は、すぐ音を上げますが、無理をせずに過ごし、後の処置を適切に行えば、何とかなります。問題は、腰のすべり症の方です。現状維持が精一杯です。なかなか状況改善は難しそうです。
それでも、どこにも行かない生活を続けると、本当に全く動けなくなりそうです。厳しくても、あがいています。

どこか新しい行き先を見つけたいのですが、なかなか電車等でイケるところは少なく、…。開拓が進んでいません。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 横浜の洋館、味がありますね^^

そうですね。山手の横浜市所有の洋館8館の内7館は関東大震災以降の建物です。『外交官の家』だけは、渋谷にあって、難を逃れた明治末期の建物らしいです。
いわば、間に合わせ住宅が多いのですが、豪勢な建物もあります。どの建物も個性的ではありますね。

> シンガーミシン、これは僕が子供の頃、家にあった気がします。
> 蓄音機は無かったかな? 会ったような気もします。
> どこに放ったんだろう?
> 今もあるなら、売るのにw

ははは、売ると案外二束三文にしかならないかもしれません。我が家でも建て替えのときにだいぶ処分しましたが、あまり良い値がつきませんでした。そうなのですが、意外なものが高く売れたりもしました。わからない世界ですね。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR