散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜の山手町を歩く(1)

久しぶりに、山手町の西洋館巡りをしようと思い立った。手持ちの画像データがなくなり、秋の長雨の中、比較的マシな日に強行した。それが9月14日(水)。うっかりしていたが、毎月偶数番目の水曜日は、山手町の西洋館の半分ずつが休館になるのだった。今回は、山手111番館、エリスマン邸、ベーリック・ホール、ブラフ18番館が休館だった。西洋館4館の代わりに、横浜地方気象台、えの木ていと、山手公園にある山手68番館とテニス発祥記念館とをも見て回った。

横浜地方気象台
横浜地方気象台は、1896年(明治29年)年8月1日に、神奈川県測候所として、海岸通一丁目(山下公園付近)に設立された。しかしながら、1923年(大正12年)に発生した関東大震災によって、建物がすべて焼失。ということで、外国人墓地の真ん前の現在地に移ってきた。
現在の建物は1927年(昭和2年)に建設され、同11月から業務を開始したそうだ。

本館
何ともおしゃれな建物
関東大震災被災直後に、1920年~1930年頃に流行したアールデコと呼ばれる装飾様式をいち早く取り入れている。この辺の先取の気性がいかにも浜っ子らしい。その面影は玄関上の装飾部分や柱の幾何学模様などに見られる。
横浜地方気象台_本館_1
横浜地方気象台_本館_2
横浜地方気象台_本館_3
横浜地方気象台_本館_4
横浜地方気象台_本館_5
横浜地方気象台_本館_6
横浜地方気象台_本館_7
横浜地方気象台_本館_8
1926年(大正15年)生まれの大きなのっぽの古時計
タダの大きなのっぽの古時計ではない。阿部彦吉氏が考案したもので、『阿部式電気機械時計』と呼ばれている。この形式のもので現存するものは、この横浜地方気象台と旧山形県庁舎『文翔館』の時計の二つだけといわれているそうだ。
説明書きによれば、仕組みとしては機械式だが、親時計から複数の子時計(時計盤)に電気信号を送り、時刻を同期させているもので、発明者の名をとって、『阿部式電気時計』と呼ばれたとか。以前は、官庁には必ず設置されていたものだったようだ。

大きなのっぽの古時計_1
大きなのっぽの古時計_2
その他
昔の観測機器
昔の観測機器
ソメイヨシノの標本木
ソメイヨシノの標本木

横浜地方気象台の真ん前にある外国人墓地
残念ながら、土日祭日しか内部には入ることが出来ない。入り口から見える部分のみを証拠に撮った。
真ん前にある外人墓地_1
真ん前にある外人墓地_2

Comments

レトロ 
素敵な建物ですね。玄関から期待できます。電灯の笠 階段の模様 古時計は今でも正確に動いているのですか?山の手散歩楽しみにしています。
静かな街山手 
思い立ったらすぐ行動。私もそうです。山手から本牧も、横浜では、捨てがたいですね。24日は、元町で。ウェディングドレスと、白無垢を着た娘と、友達の写真館で写真を撮ります。その前に、ホテルで、結納です。御断りしたのですが、お相手が、お付き合いする方が多い方なので・・・。折れました。
 
こんにちは。
外観はアールデコっぽく、内装はアールヌーボー調なんですね。
私的には内装の美しい曲線構造が大好きです。
もう1世紀も経とうとしているのに古くても新鮮な印象がします。
やはりいいデザインは時が経っても輝くもんですね。

ryu
AzTakさん 
阿部式電気時計、現在の様に親から子機へ信号を送る・・・
一カ所でコントロールする進取の考えですね
現役ですか?
 
AzTakさん、こんばんは。
秋になると山手西洋館へは行ってみたくなりますね。
そうそう、休館日があったのですね。
横浜地方気象台はアールデコで、玄関に施された飾りがそうなのですね。
入ってすぐの窓にライティングビューロや階段の手すりも綺麗です。
吊り下げられた灯りもとてもよく合っていますー!

こういう綺麗な所は階段の上から見下ろしたのも、またいいですよね。

♪ 大きなのっぽの古時計 ♪ と思わず口づさみたくなります。
文字盤がいいですし振り子の所の全体の木の感じが好きです。

外人墓地は前から後ろを見ると石畳がよくて外国の墓石はシンプル
です(*^。^)
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
横浜洋館巡りですね♪
>毎月偶数番目の水曜日は、山手町の西洋館の半分ずつが休館
えっ!そうなんですか? ちっとも知りませんでした 汗)
山手111番館、エリスマン邸、ベーリック・ホール、ブラフ18番館が休みとは残念!
横浜地方気象台とテニス発祥記念館は行ったことないです 汗)
↓の文楽は全くの不案内です 汗)
趣味が多彩で、よく出歩かれていることに感心です♪
写真、それも花しか知らない私とは大違い 笑)
人生、一生勉強なんですが・・・新しいことには頭と身体がついていけません 汗)
こんばんは 
日本の古民家も大好きなんですが
洋館も良いですね~~~
部屋の中にある調度品に目が行きますね。
お洒落ですわ^^
Re: レトロ 
tugumi365さん、こんばんは。

> 素敵な建物ですね。玄関から期待できます。電灯の笠 階段の模様 古時計は今でも正確に動いているのですか?山の手散歩楽しみにしています。

関東大震災でそれまでの海岸通一丁目(山下公園付近)にあった測候所が焼けてしまい、その後、こちらに移ってきたようです。
東京の被害の方ばかりが語られますが、実際の震源地は茅ヶ崎市沖。横浜は至近距離にありましたから、壊滅的な被害を被ったんですね。
外国人もびっくりして本国へ逃げ帰った人も少なくなかったのではないかと思います。山手234番館などは、そうした応急的な建物です。こちらの地方気象台はしっかりつくったようで、当時の流行だったアール・デコの様式まで取り入れているんですから、ハイカラさんたちだったようです。
古時計は、動いてはいなかったように思います。山形にある方は、現役選手のようですが。

同じ所を何度も回っているので、『またか』と言われないように、一生懸命見てきました。ですが、肝心の天気が優れなくて、画面がかなり暗くなってしまいました。思うようにはいかないものですねえ。
Re: 静かな街山手 
senri32さん、こんばんは。

> 思い立ったらすぐ行動。私もそうです。山手から本牧も、横浜では、捨てがたいですね。24日は、元町で。ウェディングドレスと、白無垢を着た娘と、友達の写真館で写真を撮ります。その前に、ホテルで、結納です。御断りしたのですが、お相手が、お付き合いする方が多い方なので・・・。折れました。

福島の山野を駆けまわっていた小学生だったのに、大洋ホエールズの桑田武選手が新人王に輝いた年に、思いもかけず、横浜を何日か歩きました。父親の乗船していた船が都合よく夏休みの最中に鶴見のドックに入ったのでした。まだ、返還になっていないところも少なからずありましたね。
ホテルニューグランドで一世一代の食事をしていた時でしょうか、近くのテーブルで食事をしていた人が、赤い瓶入りの液体を盛大にふりかけていました。次の瞬間、大声を発して、飛び跳ねていました。おもわず、大笑いしそうになりました。

お嬢様のご結婚、大変おめでとうございます。伊豆に嫁に出しても遠いなと思うくらいですから、熊本は相当に遠く感じることでしょうね。そこはぐっと我慢しなくちゃいけませんね。アルバムを見て、慰められる日がすぐ来ますね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 外観はアールデコっぽく、内装はアールヌーボー調なんですね。
> 私的には内装の美しい曲線構造が大好きです。
> もう1世紀も経とうとしているのに古くても新鮮な印象がします。
> やはりいいデザインは時が経っても輝くもんですね。
>
> ryu

さすが、tgryuさんは、多方面に造詣が深くていらっしゃいますね。言われればその通りのようです。
関東大震災の直後の起工なのに、よくもこんな粋なものをつくったものですねえ。横浜の人たちはハイカラな人がいっぱいいたようです。

アール・ヌーボーならぬボジョレー・ヌーボーがまもなく出まわる季節ですね。ドイツのミュンヘンではオクトーバー・フェストですね。醸造法も糞食らえで10%超過のアルコール度数のビールも珍しく無いとか。まさに、呑兵衛たちの天下です。こちらは、フォアグラになってから、どうも量が行かなくなってしまいました。
Re: AzTakさん 
のんびり熊さん、こんばんは。

> 阿部式電気時計、現在の様に親から子機へ信号を送る・・・
> 一カ所でコントロールする進取の考えですね
> 現役ですか?

現役だったら面白いのですが、何せ正確な情報が命の気象台です。記念のものとして骨董的価値は認めつつも、実務は他の超正確な時計に頼っているようです。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 秋になると山手西洋館へは行ってみたくなりますね。
> そうそう、休館日があったのですね。

休館日だし、天気は愚図ついているし、ハロウィンの飾り付けなどには早すぎるし、ちょっとフライング気味だったかもしれません。(^_^;)

> 横浜地方気象台はアールデコで、玄関に施された飾りがそうなのですね。
> 入ってすぐの窓にライティングビューロや階段の手すりも綺麗です。
> 吊り下げられた灯りもとてもよく合っていますー!

時期が時期なのに、本当に小粋なものをつくったものですね。

> こういう綺麗な所は階段の上から見下ろしたのも、またいいですよね。
>
> ♪ 大きなのっぽの古時計 ♪ と思わず口づさみたくなります。
> 文字盤がいいですし振り子の所の全体の木の感じが好きです。

私は、頑丈な基の床がとても好きです。こんな贅沢、したくてもなかなか出来ません。

> 外人墓地は前から後ろを見ると石畳がよくて外国の墓石はシンプル
> です(*^。^)

中に入ってみると、カトリック信徒ばかりでなく、ロシア正教の方も、プロテスタントの方もいらっしゃるようですね。ですが、ほぼ、キリスト教の墓地になっていますね。
我が家の墓地がある多磨霊園には、一角にイスラム教徒の墓地があります。その墓標がメッカを向いているんです。ちょっと驚いてしまいますね。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 横浜洋館巡りですね♪
> >毎月偶数番目の水曜日は、山手町の西洋館の半分ずつが休館
> えっ!そうなんですか? ちっとも知りませんでした 汗)
> 山手111番館、エリスマン邸、ベーリック・ホール、ブラフ18番館が休みとは残念!
> 横浜地方気象台とテニス発祥記念館は行ったことないです 汗)

出羽三山のあと、どこにも出掛けずにいたら、写真のストックがなくなりました。焦ってどこに行こうかと思案しましたが、秋の長雨に祟られて、行くところなし。ここなら万一降られても、館内に逃げ込める。という悲しい消去法の末の行き先です。今日も、自然教育園に行こうと思っていたら、雨脚が強くなってきて、…。

> ↓の文楽は全くの不案内です 汗)
> 趣味が多彩で、よく出歩かれていることに感心です♪
> 写真、それも花しか知らない私とは大違い 笑)
> 人生、一生勉強なんですが・・・新しいことには頭と身体がついていけません 汗)

文楽鑑賞を始めるとは自分でも全く思いもしませんでした。それだけ年をとって、枯れてきたのでしょうか。
筋書きを予め読み、字幕表示を見ながら太夫と三味線の様子を見聞きし、さらに、同期させるように舞台上の人形遣いぶりを見ていきます。
あっちもこっちもで、何とも忙しい話ですが、最近は涙腺の締りがゆるくなり、ついでに涙を拭うことまでしなければなりません。
そんなんで楽しめるのかと呆れられる鑑賞の超初心者です。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 日本の古民家も大好きなんですが
> 洋館も良いですね~~~
> 部屋の中にある調度品に目が行きますね。
> お洒落ですわ^^

これが明治頃からあるのなら、私もなるほどと納得できるんです。ですが、関東大震災で、前の建屋が焼失し、急ぎつくった建屋なんです。アール・デコだ、調度品はどうしようか、なんて言っていられない緊急時なんです。それでも横浜の人たちは、再生の願いを込めて、粋な建屋をつくったようですね。まさにハイカラな土地柄なのでしょうね。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR