散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

第196回文楽公演

国立劇場開場50周年記念の公演でもあった第196回の文楽公演。第一部も第二部もどちらも鑑賞した。ということで、国立小劇場に実に9時間以上も居続けた。演目が多いので、普段だとたっぷりとる筈の休み時間もごく短く、各段が次から次へと展開していく。かなり疲れたが、太夫も、三味線も、人形遣いも大熱演で、見に行った甲斐があった。
第一部も第二部もどちらも鑑賞すると、通し狂言『一谷嫰軍記』の主要部分を鑑賞したことになる。普通なら取り上げない段も今回は取り上げていて、国立劇場開場50周年記念の公演に華を添えたように感じた。国立劇場としても実に40年ぶりの大盤振る舞いの上演だそうだ。私も漸く繋がりが理解できたように感じた。


国立劇場のポスター画像を借用
国立劇場のポスター画像を借用_1
国立劇場のポスター画像を借用_2
PDF画像を借用
「組討」
熊谷が沖へと向う敦盛を呼び戻すという場面。四代目中村歌右衛門の熊谷次郎直実、初代中村福助の無官太夫あつ盛。嘉永3年(1850年)5月、大坂中の芝居。五粽亭広貞画。
「組討」
「菟原の里林住家」
忠度は六弥太と後日の勝負を約し、菊の前とも別れを惜しみつつ須磨の陣所へと帰る。右より五代目瀬川菊之丞の菊の前、七代目市川團十郎の岡部の六弥太、二代目澤村源之助の薩摩守忠度。天保2年(1831年)7月、江戸河原崎座。国貞画。
菟原の里林住家

私自身は、人形遣いの吉田簑助、桐竹勘十郎、三味線の鶴澤清治を見て聴いてみたいと思って出掛けた。今回、吉田簑助は若く美しい『菊の前』の役。相変わらず生きた女性が舞台に登場しているかのような素晴らしい人形遣いぶりなのだが、如何せん出番が短かすぎ。相模の役のほうが良かったように思わないでもなかったが、長い出番をこなす体力がなくなっているのだろうか。あの、独特の『女』の至芸を嗣ぐ人が見当たらないだけに、もう暫くは頑張ってもらいたいものだ。
桐竹勘十郎は熊谷次郎直実の役。今回の主役だろうが、役の重さに動じない安定した力量を発揮しているように思われた。彼のfacebookを見ると、馬に乗るシーンがあるが、その時は舞台下駄を履いて人形を遣うそうだ。足を挫いたりしないように、注意して行わなければならないのだろう。
三味線の鶴澤清治は、私の好きな三味線奏者だ。妻に言わせれば、艶があるのだとか。NHKで『闘う三味線 人間国宝に挑む ~鶴澤清治~』を見てしまってから、熱烈なファンになった。
太夫の豊竹咲太夫は、長丁場の『脇ケ浜宝引の段』を演じた。表現力豊かで、他を圧するパワフルな演じ方は、本当に魅力的だと思った。妻が絶賛していた。人間国宝の太夫2人が引退し、切場語りの太夫は彼一人なのだ。
そういう状況で、中堅が頑張っている。竹本千歳太夫の語りに惚れ惚れとした。一層の精進を期待したいものだ。


国立劇場開場50周年記念
<第一部>11時開演
並木宗輔=作
通し狂言 一谷嫰軍記(いちのたにふたばぐんき)
初 段 堀川御所の段・敦盛出陣の段
二 段 目 陣門の段・須磨浦の段・組討の段・林住家の段
<第二部>4時開演
国立劇場五十周年 寿式三番叟 (ことぶきしきさんばそう)
通し狂言 一谷嫰軍記(いちのたにふたばぐんき)
三 段 目 弥陀六内の段・脇ヶ浜宝引の段・熊谷桜の段・熊谷陣屋の段
(主な出演者)
豊竹咲太夫、鶴澤寛治、鶴澤清治、吉田簑助ほか


下記は期間限定のjump先かもしれない。jump出来なかったらあしからず。
平成28年9月文楽公演特設サイトへjump

Comments

 
文楽ですか・・、歌舞伎も文楽もよく分りませんが、日本の伝統芸の魅力十分なのでしょう。さすが東京はいろいろあって、退屈しませんね。出ておられる皆さんそこそこ高齢なんでしょうが、素晴らしい日本の文化を長く継承していただきたいものです。
 
こんにちは。
恥ずかしながら文楽はまだ一度も観たことがありません。
田舎は自然豊かですが文化面で寂しいです(^_^;)。

ryu
 
こんにちは。
国立小劇場に実に9時間以上ですか^^
文楽、人形浄瑠璃を見たことが、私も一度もないのです。
テレビなどではあるのですが。
能と狂言はあるんですがね^^;
一度は見てみたいものですね^^
今日は! 
驚きましたね、文楽の鑑賞ですか。
私には別世界の範囲になりますが・・・
趣味範囲が広いですね、驚きましたよ。
http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
日本の伝統芸能をちゃんと見たことがないので羨ましいです
やはり素晴らしいのですね 守備範囲の広さに驚かされました
Re: タイトルなし 
JSKさん、こんばんは。

> 文楽ですか・・、歌舞伎も文楽もよく分りませんが、日本の伝統芸の魅力十分なのでしょう。さすが東京はいろいろあって、退屈しませんね。出ておられる皆さんそこそこ高齢なんでしょうが、素晴らしい日本の文化を長く継承していただきたいものです。

昔はあまり興味がなかったのですが、私も年をとったのか、こうした古典芸能に関心が向くようになりました。こうしたことに詳しい妻に教えてもらいながらの鑑賞です。
文楽に関しては、本場は大坂です。あちらには国立の文楽館があります。ですが、前の橋下市長にいじめられたりしたのは有名な話です。そんなに大阪市と揉めるくらいなら、東京での公演を増やして欲しいところですが、…。
今回の公演では、人間国宝は2人ですね。あとは、中堅以降が頑張って、人間国宝の引退による世代交代の大波をのり切ろうとしているようでした。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 恥ずかしながら文楽はまだ一度も観たことがありません。
> 田舎は自然豊かですが文化面で寂しいです(^_^;)。
>
> ryu

私も数年前までは、時々TV放送のものを『眺める』程度でした。そのときでも、簑助の人形遣いぶりにかなり引きこまれていましたが。
2007年に、NHKで放送された『闘う三味線 人間国宝に挑む ~鶴澤清治~』を見てからですね。劇場で見てみたいと思うようになったのは。
人間国宝に認定される直前の鶴澤清治が、其れまでコンビをくむことがなかった人間国宝の竹本住大夫と競演。大夫と三味線が激しくしのぎを削る文楽の世界を追うという番組内容でした。

福島にも福島の良さがありますが、文化面では東京は少しは恵まれていますかね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

八咫烏さん、こんばんは。

> 国立小劇場に実に9時間以上ですか^^

国立小劇場には字幕表示サービスが有ります。其れを見ながら、太夫や三味線の様子を見、人形の舞台を見るのです。実に忙しいものです。あっちココっちもなので、鑑賞初心者の私は、非常に草臥れます。(^_^;)

> 文楽、人形浄瑠璃を見たことが、私も一度もないのです。
> テレビなどではあるのですが。
> 能と狂言はあるんですがね^^;
> 一度は見てみたいものですね^^

面白いものです。わかっているような話なのに、涙が滲んできたりして、…。東京では公演に日数が限られているので、よほどダッシュよくアクセスしないと、チケット入手が難しいのが難点ですが。
Re: 今日は! 
hiro(yosaku03)さん、こんばんは。

> 驚きましたね、文楽の鑑賞ですか。
> 私には別世界の範囲になりますが・・・
> 趣味範囲が広いですね、驚きましたよ。

なかなか見に行くのは大変ですが、最近は面白いと思うようになりました。
きっかけは吉田簑助が遣う人形の艶やかさをTVで何度か見たことだったんですが。彼が現役でいるうちに頭に刻み込んでおきたいと思うようになりました。
Re: http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
sonophotoさん、こんばんは。

> 日本の伝統芸能をちゃんと見たことがないので羨ましいです
> やはり素晴らしいのですね 守備範囲の広さに驚かされました

こちらも素晴らしい世界です。ぜひ一度、機会を作って、鑑賞されたら如何かと思います。
いまは、字幕を見、太夫や三味線の奮闘ぶりを見、人形の舞台を見ています。鑑賞のベテランだと、人形が演じているときは、人形だけを見るものなのかもしれません。私は、残念ながらそんな高尚なレベルではありません。
こんばんは 
文楽ですね^^
日本の伝統芸術、僕は文楽も歌舞伎も詳しくないですが
ずっと後世に残して欲しい芸術ですよね^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 文楽ですね^^
> 日本の伝統芸術、僕は文楽も歌舞伎も詳しくないですが
> ずっと後世に残して欲しい芸術ですよね^^

そうですね。今のところ、文楽の本拠地は大阪です。国立文楽劇場もあり、環境は十分かと思います。ですが、橋下さんとの悶着があり、この催奇も大阪を本拠地にし続けるのかは、どうなんでしょうかね。
今のうちに一度行って見られたら如何でしょうか。
いい趣味 
文学、歌舞伎、落語などを見る趣味はないのですが、歌舞伎絵を収集する趣味は、持っています。自慢じゃないですけど、油絵以外は、大体収集しています。その数、数えたことないけど、数万枚あるでしょう。4つのHDに、どれが壊れても、データがなくならないように、管理しています。世界遺産などの写真を入れる度、その数は10万枚を軽く超えるでしょう。
Re: いい趣味 
senri32さん、こんばんは。

> 文学、歌舞伎、落語などを見る趣味はないのですが、歌舞伎絵を収集する趣味は、持っています。自慢じゃないですけど、油絵以外は、大体収集しています。その数、数えたことないけど、数万枚あるでしょう。4つのHDに、どれが壊れても、データがなくならないように、管理しています。世界遺産などの写真を入れる度、その数は10万枚を軽く超えるでしょう。

歌舞伎は、新婚の頃、何度か妻のつれとして見に行きましたが、あまりに爆睡するもので、遂に愛想を尽かされ、誘われなくなりました。その頃は、休みは家でたっぷり寝たい頃だったんですね。
それからずっと間があました。
最近になって、時々文楽を見に行くようになりました。やはり年をとったせいなのかもしれません。不思議な事に落ち着いて鑑賞できるようになってきました。とはいっても、一生懸命に五感を働かせて、何とかついていくのがやっとのレベルです。(^_^;)

最近は外付けのHDDは重要になりつつありますね。私も1TBから3TBのものまで4台をつないでいます。私は一応、情報処理技術者のシステム監査の資格を持っているのですが、むちゃくちゃなPCの使い方をしていて、周囲から呆れられています。(^_^;)

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR