散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

出羽三山を尋ねる一泊バス旅行(13)

羽黒山(2)
随神門から国宝五重塔(4)
継子坂を上る
246段の階段が待っているんだ。気合を込めなくては。
継子坂を上る
曲がり角の辺りに末社群が見える。境内社、磐裂神社、根裂神社、五十猛神社、大年神社、天神社、豊玉姫神社がある。
末社群が見える_1
末社群が見える_2
末社群が見える_3
末社群が見える_4
末社群が見える_5
末社群が見える_6
末社群が見える_7
末社群が見える_8
末社群が見える_9
末社群が見える_10
覚悟はしたものの、最後の最後になってもかなり息切れさせてくれた継子坂の階段
かなり息切れさせてくれた継子坂の階段
やっと随神門まで戻ってきた
やっと随神門まで戻ってきた

湯殿山
殆ど写真なし。なぜなら、殆どのところが撮影禁止だから。もう少し詳しく言えば、湯殿山では、ご神体に直接触れることができる。大きな岩に温泉が出ていて、詣でる人は素足で参拝することになる。そのご神体が丸出しなので、当然の事ながら撮影禁止ということなのだろう。
仙人沢駐車場付近の様子
湯殿山神社大鳥居のところにある仙人沢駐車場から徒歩もしくは庄内交通バスで神社に向かう。バスで5分くらいだが、歩くとどのくらいかかるのだろうか。完全な上り坂だし、それまでで足を酷使している。最後の参道と思しきところの上り下りも大変だ。バスで向かったほうが無難なように思う。神社の靴脱場で素足になり、お祓いを受け、ヒトガタを水に流し、ご神体に触れる。
仙人沢駐車場付近の様子_1
参籠所で日帰り入浴する方もいるようだ。マイカーの人向けかなあ。
仙人沢駐車場付近の様子_2
仙人沢駐車場付近の様子_3
仙人沢駐車場付近の様子_4
仙人沢駐車場付近の様子_5
仙人沢駐車場付近の様子_6
仙人沢駐車場付近の様子_7

出羽三山神社の湯殿山の該当頁にjump

『語られぬ湯殿にぬらす袂かな』の句の解釈
普通に解釈すれば、次のようなものだろう。
ここ湯殿山で修行する人は山でのことを一切口外してはいけないというならわしがあるが、そういう荘厳な湯殿山に登って、ありがたさに涙を流したことよ。
ところが、『松尾芭蕉の旅 おくのほそ道』によれば、次のような解釈となる。
いにしえより恋の山と聞こえた湯殿の里に分け入れば、語らず聞かずの幽谷の奥に尊き神秘を拝し、袂を濡らしたことであるよ。
う~~ん、深い解釈があるんだなあ。

即身仏の土地柄
一般に、ミイラは遺体から内臓等を取り出して防腐処理を施すなど人工的にその姿にしたものを言い、即身仏は、厳しい修行の末に体内から脂肪や水分を落とし、身体内の窒素率を消耗しつくし、腐敗雑菌の発生を防ぎ朽ちない身となり土の中に入って断食死し、その数年後に掘り出されたものを言うそうだ。
この地に残るのはミイラではなく、何とも有難い即身仏の方だ。混同しないでいただきたい。
ついでだが、ミイラはポルトガル語の見るミルラから来ているのか。いわゆる没薬だ。キリスト生誕の折に、東方の三博士が持参した黄金・乳香・没薬の没薬か。没薬は、本来は死者の身体に、死体の防腐剤として塗られるものだから、ミイラ化のためには不可欠だったのだろう。


瀧水寺大日坊の即身仏の記載頁へjump
即身仏を訪ねる旅のHPへjump

標高1,504m。月山に連なる湯殿山には、その中腹の渓流のほとりに湯殿山神社が鎮座しています。
古来から、出羽三山の奥の院とされ、その御神体は、熱湯の湧き出る茶褐色の巨大な岩です。日本人の信仰の原点ともいうべき自然崇拝を今に伝えるお山です。この神秘をかの松尾芭蕉も、「語られぬ湯殿にぬらす袂かな」と詠んでいます。
有料道路終点より本宮参拝バスに乗り換えると、約5分で出羽三山の奥宮とされる湯殿山神社本宮へ到着します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
湯殿山神社は山形県鶴岡市田麦俣の湯殿山山腹に鎮座する神社である。旧社格は国幣小社、現在は別表神社。
湯殿山神社は、山形県庄内地方にひろがる出羽三山(月山・羽黒山・湯殿山)のうちの、湯殿山の中腹にある。湯殿山は月山に連なるものであり、湯殿山神社は、月山から尾根を西に8km下りた地点にあり、また、月山より流れる梵字川沿いにある。古来から修験道を中心とした山岳信仰の場として、現在も多くの修験者、参拝者を集めている。
湯殿山神社は、本殿や社殿がない点に大きな特徴があるが、もともと湯殿山は山岳信仰の対象であり、山自体に神が鎮まるものとして、人工的な信仰の場をつくることは禁じられてきたという。
明治以前、三山において神仏習合の信仰が盛んだったころ、羽黒山は観音菩薩(現在)、月山は阿弥陀如来(過去)、そして、当時三山のうちに含まれていた葉山や薬師岳は薬師如来(未来)とされた。一方、湯殿山は「三山」というよりもそれらを超えた別格のものとして、大日如来とされていた。
こうして、出羽三山においては、観音菩薩・阿弥陀如来・薬師如来の導きにより現在・過去・未来の三関を乗り越え、大日如来の境地に至って、即身成仏を達成するという「三関三渡」の修行が行われることとなった。この修行においては、裸足で御神体(湯殿山)に登拝することが、大日如来と一体になる行為とされ、非常に尊ばれた。
現在でも、湯殿山神社の本宮では、参拝の際に裸足になり、祓を受けなければならないとされており、俗世と隔離された神域として認識されていることがうかがわれる。


以上で、『出羽三山を尋ねる一泊バス旅行』シリーズはおしまいです。最後までご覧頂きありがとうございました。

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、お疲れ様でした!
あれっ!階段は246段? ↓には2446段とあったぞ! どっち?
どっちでも息切れするから一緒か 笑)
湯殿山は撮影禁止でしたか! スマホでちょっとでもダメなのかな~?
詣でる人は素足で参拝と言うのも変わってますね。
行きたいと思いましたがあの石段の数で気が遠くなりました 笑)
もっとお腹を凹まして、体力が付いたら考えます 笑)
しかし、ハードな出羽三山巡りでしたね!
お疲れ様でした♪
勉強になりました 
山道の階段の不規則さ。時代を物語っていますね。
 
こんにちは
とても楽しく、勉強になるシリーズでした。
立派な鳥居があるものですね。
撮影禁止なところが多いのは残念ですが、
山やそれに付随した長い歴史を思わせるもの全てが、
その存在の重大さ語ってくれているかのようですね。
 
今回も楽しく読ませていただきました。
お疲れさまでした。
足、膝、大丈夫ですか?
私この距離と階段無理かもと思いながら読んでました。
 
AZTAKさま こんにちは
出羽三山を尋ねる一泊バス旅行の旅シリーズ楽しく拝見いたしました。
出羽三山については話には聞いておりましたが、詳しくは知りませんでした。
ブログを拝見して良く分かりました。
出羽三山は山形県村山地方・庄内地方に広がる月山・羽黒山・湯殿山の総称で、修験道を中心とした山岳信仰の場として現在も多くの修験者、参拝者が訪れるようですね。
修験道だけあり、かなり厳しい道や石段が連なっているようで、一泊二日の工程は厳しいものだったと思います。
AZTAKさまの頑張りには敬服いたします。
杉木立に佇む五重塔は風雪に耐え荘厳な姿がとても美しいです。
古くから神聖な山として崇められてきたのでしょうから、撮影禁止や素足参拝も分からなくはありませんね。
 
随分歩かれたのですね

撮影禁止もなのね
ちょっと残念な箇所もありましたが歩くってその時は辛いけれど
達成感があり思い出深い旅になったのではないですか?
 
こんにちは。
末社がほぼ同じ形大きさで建立されているのは
八百万の神の国ならではの思いやりなんでしょうかね。
下世話な発想ですが、これなら神様同士が喧嘩しないですね(^^♪。

湯殿山の鳥居は目茶目茶デカイですね(@_@;)
人との対比でその大きさが実感できます。
撮影禁止はそれぞれの考えがあっのことでしょうが
撮影禁止どころか秘仏と称して本尊を見せない寺院もあり
なんかブッタの教えに逆行している気がしないでもないです(-"-)。

ryu
 
AzTakさん、こんばんは!
沢山歩かれ階段の段数も相当で、これだけ広く大きな自然を目に
されてこの夏一番の思い出ですねぇーf(^_^
普段これほどの高く険しい階段を上ることはないので、見上げて
膝が翌日にはがくがくしそうに思えます。

神社は長年月風雪に耐え、それでも屋根はとても綺麗ですね。
鳥居の赤が一段と映えています。

スケジュールが厳しいようにも思えましたし、なによりお疲れ様でしたが、
それ以上に充実した旅にみえましたー(^-^)/
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、お疲れ様でした!

makiraさん、こんばんは。

> あれっ!階段は246段? ↓には2446段とあったぞ! どっち?
> どっちでも息切れするから一緒か 笑)

来た道を引き返すと継子坂の246段、そのまま一の坂から三の坂まで登ると2446段です。
ほぼ10倍ですから大きな違いです。継子坂の楽な方でも、足腰の調子は珍しく良かったのに、呼吸器の方の調子が今一つで激しい息切れが。その後、ホームドクターに調べてもらいましたが、よく原因がわからずじまい。幸いにも症状がかなり改善しているので、…。

> 湯殿山は撮影禁止でしたか! スマホでちょっとでもダメなのかな~?
> 詣でる人は素足で参拝と言うのも変わってますね。

自分で楽しむ写真ならいくらでも撮れることでしょうが、其れをブログで堂々と後悔する度胸は私にはありませんでした。
温泉が出る大岩がご神体なのです。だからせめて素足で無いといけないということなのでしょう。それでもご神体を踏んづけているのですから、やや罰当たりな気がしないでも会っりませんが。

> 行きたいと思いましたがあの石段の数で気が遠くなりました 笑)
> もっとお腹を凹まして、体力が付いたら考えます 笑)

継子坂の246段は、私より15歳位年長の方でも普通に上っていました。私が、たまたま不調なだけでした。
今年は裏磐梯で足腰が猛烈に痛くなり、此処で、息苦しくなり、…。少ししこでも踏んで身体を鍛えないといけないかもしれません。

> しかし、ハードな出羽三山巡りでしたね!
> お疲れ様でした♪

1週間位、ぼーっとしていました。身体の疲れはそれほどでもなかったのですが。一山越えたようなそんな気になりました。
Re: 勉強になりました 
senri32さん、こんばんは。

> 山道の階段の不規則さ。時代を物語っていますね。

おそらく階段が出来上がった時は、整然としていたのかもしれません。千年以上もの時を経て、突き固めたはずの土が平らではなくなり、石も摩耗したりしたのでしょう。気が遠くなるほどの時が流れ、歩いて渡った人の殆どが既にあの世に行ったことなのでしょう。
それが今に至るも連綿として受け継がれている。素晴らしいことなのだと思います。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

八咫烏さん、こんばんは。

> とても楽しく、勉強になるシリーズでした。
> 立派な鳥居があるものですね。
> 撮影禁止なところが多いのは残念ですが、
> 山やそれに付随した長い歴史を思わせるもの全てが、
> その存在の重大さ語ってくれているかのようですね。

もともと湯殿山のことを知りたいというのが動機でした。どうもよくわかったとはいえないのですが、とにかく一度は行ってみた。そういうことでした。
できれば、もう一度、個人でゆっくり回ってみたいものだと思います。

あの鳥居は撮影しても何も言われませんでしたが、あの奥にこんもりとした山がありました。あれが湯殿山でしょう。本当は画面に入らないように撮らないといけないのでしょうね。撮るのが禁止されてはいない月山は霧に隠れ、湯殿山のほうが見えてしまうのも皮肉なものですね。
それにしても大きな両部の鳥居でした。
Re: タイトルなし 
きらりさん、こんばんは。

> 今回も楽しく読ませていただきました。
> お疲れさまでした。

ははは、文章は自分の備忘です。写真を見た時に何の写真かわからないといけないのでつけた程度です。写真一枚で、あるいは、17文字で、すべてを語ってしまう人もいます。そうなりたいのですが、くどくどと駄文を書き連ねています。

> 足、膝、大丈夫ですか?
> 私この距離と階段無理かもと思いながら読んでました。

バスの車中も殆ど寝ていました。それなので、体力は温存できたのですが、ずっとじっとしていたあとに、いきなり歩き出すので、最初に屈伸運動くらいしておくのだったと、後になって反省しています。
私は、膝と腰とは大丈夫でした。その代わり、この時はなんだか息苦しくて、…。罰当たり者が図々しくも、神域に踏み込んだので、プレッシャを受けたのかもしれません。

きらりさんは大丈夫だと思います。他の方の様子を見ていると、女性陣のほうがたくましい感じです。旅を楽しむのは女性のほうが遥かにうまいと思いました。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 出羽三山を尋ねる一泊バス旅行の旅シリーズ楽しく拝見いたしました。
> 出羽三山については話には聞いておりましたが、詳しくは知りませんでした。
> ブログを拝見して良く分かりました。
> 出羽三山は山形県村山地方・庄内地方に広がる月山・羽黒山・湯殿山の総称で、修験道を中心とした山岳信仰の場として現在も多くの修験者、参拝者が訪れるようですね。
> 修験道だけあり、かなり厳しい道や石段が連なっているようで、一泊二日の工程は厳しいものだったと思います。
> AZTAKさまの頑張りには敬服いたします。
> 杉木立に佇む五重塔は風雪に耐え荘厳な姿がとても美しいです。
> 古くから神聖な山として崇められてきたのでしょうから、撮影禁止や素足参拝も分からなくはありませんね。

たまたま旅をご一緒した方で、修験者のコースに入りたいと考えている方がいらっしゃいました。その方の話では、募集をすると、考えているうちに満員になってしまうくらい人気が高いようです。だいたいの日程を明けておき、優先的に応募しないと入り込めないようです。
その先に上級者コースがあるのかなどは知りませんが。

厳しくても、何か己の心と身体とを鍛えてみたい欲求が起こる神聖なお山なのかもしれません。少なくても、この場に立ってみるだけでも価値が有るように思いました。
Re: タイトルなし 
ぴあのさん、こんばんは。

> 随分歩かれたのですね

歩数的には1万数千歩/日程度ですから、大したことはありません。ですが、平地ではないし、微妙な歩きにくさがあり、歩数以上の厳しさが会ったと思います。

> 撮影禁止もなのね

湯殿山の情報は、あまりあふれていなかったので、よくわからず、わからないままに帰ってきてしまいました。
ご神体を温泉が流れているですね。其れを恐れ多くも、裸足で踏みつけて歩くわけです。ご神体は、普通の神社でも絶対に見せてくれませんよね。それが、見るばかりでなく、触れることもできるんです。写真に取りというようなばちあたりなことはすべきじゃない、と言うのは理解できます。
ですが、結果的に一枚も写真がないのは、寂しい話です。

> ちょっと残念な箇所もありましたが歩くってその時は辛いけれど
> 達成感があり思い出深い旅になったのではないですか?

結構、充実した旅でした。このツアーは、あくまでもご紹介の旅なのでしょうね。
個人的に、より興味を覚えた方は、仲間と一緒に、再訪するのでしょうね。私も誰かを誘って、再訪したい口です。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 末社がほぼ同じ形大きさで建立されているのは
> 八百万の神の国ならではの思いやりなんでしょうかね。
> 下世話な発想ですが、これなら神様同士が喧嘩しないですね(^^♪。

どうしてなのかわかりませんが、比較的大きな建物が整然と並び建つ様は、ほんとうに美しいなと思いました。息を呑むような感じでした。

> 湯殿山の鳥居は目茶目茶デカイですね(@_@;)
> 人との対比でその大きさが実感できます。

あれはものすごいですね。びっくりしちゃいました。

> 撮影禁止はそれぞれの考えがあってのことでしょうが
> 撮影禁止どころか秘仏と称して本尊を見せない寺院もあり
> なんかブッタの教えに逆行している気がしないでもないです(-"-)。
>
> ryu

ここは、ご神体が温泉が湧く大岩なんです。普通の神社なら本殿の奥深くに恭しく鎮座し、人目に晒させないようにしているはずです。それが、あろうおとか人目に晒し、それどころか、触れることをも許しているんですね。
この上、写真を撮るということまでは、…。超保守的な湯殿山神社ですから、ゆるさないのでしょうね。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは!

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 沢山歩かれ階段の段数も相当で、これだけ広く大きな自然を目に
> されてこの夏一番の思い出ですねぇーf(^_^
> 普段これほどの高く険しい階段を上ることはないので、見上げて
> 膝が翌日にはがくがくしそうに思えます。

一の坂から三の坂までのぼるとか、月山8合目から山頂まで登山するとか、だったらそうなるかもしれませんね。
でも、私が参加したようなコースでは脱落者は皆無でした。大丈夫なように行程が組まれてあります。。

> 神社は長年月風雪に耐え、それでも屋根はとても綺麗ですね。
> 鳥居の赤が一段と映えています。

三神合祭殿の茅葺屋根や五重塔のこけら葺き素木造りの様も、見事でした。いいものを見せてもらいました。
湯殿山神社の大鳥居にはびっくりさせられました。

> スケジュールが厳しいようにも思えましたし、なによりお疲れ様でしたが、
> それ以上に充実した旅にみえましたー(^-^)/

確かにハードでしたが、充実していました。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR