散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

出羽三山を尋ねる一泊バス旅行(8) 2016.09.09 16:00一部修正

月山8合目弥陀ヶ原(2)

木道から石のゴツゴツした歩きにくい道に入った。ここから真っすぐ行けば月山山頂に行くことになる。途中までこの道を利用する。そうしているうちに、月山御田原参籠所(中之宮)に到着した。

月山八合目/弥陀ヶ原マップ

月山御田原参籠所(中之宮)
湿原を楽しむだけでなく、月山神社へのお参りも忘れずにしなくちゃ。ここには、なで兎なるものもあった。
さあ、どっちに進もうかということで、人が屯している
さあ、どっちに進もうか
なで兎
下記の説明のものだ。この後ろの道を進むとかなり遠回りのコースだが、チングルマやニッコウキスゲ、ワタスゲなどを見ることができるようだ。
なで兎_1
お姉さんたち、そっちはかなり遠い道のりだけど本当に大丈夫?心配だなあ。
なで兎_2
御田原神社
御田原神社_1
御田原神社_2
御田原神社_3
御田原神社_4
御田原神社_5
御田ヶ原と月山神
明治以前の神仏習合の時代、月山には神である月読命と仏の阿弥陀如来が祀られ、月山権現として崇められていた。八合目の湿原「みだがはら」の由来を江戸時代の文献に求めると、「小屋の岩頭に阿弥陀如来の銅像を安置したことから、俗に呼ぶ弥陀ヶ原と旧記に載る所は御田ヶ原である。日神の御田は天の安田・天の平田・天の邑併田の三ヶ所に有り、これらは皆良き田である。こうしたことから、諸神の国社に御田植ること古式なれば、このような丘山にも神田を開かれたのであろう」とあり、天照大神の御田としての「御田ヶ原」であると記している。また、日本書紀には「天照大神が天上にあって、保食神が葦原中津国にあった時、月夜見尊を保食神に遣わされた。保食神の所に至ると、保食神は首を廻して国に向かい口から飯を出した。その稲種で天の狭田及び長田に種を撒いた。」とある。奇稲田姫神は稲田の守護神であり、豊穣の神であることから、農耕神でもある月山神の摂社として配せられる。
ここ八合目の湿原はいにしえより天のお花畑にも喩えられ、雪の消える跡を追うように咲くニッコウキスゲや秋を知らせるミヤマリンドウなど、たくさんの草花が高山の澄んだ空気に冴えわたり登拝者の心を和めてくれる。また晩秋には池塘(ちとう)の回りの馬蹄草(雑草)があかく色付き、見た目にもまるで黄金に実った稲田を想わせる。こうした光景が人々に神田といわせるゆえんで、稲田の神とする奇稲田姫(櫛名田比売)が祀られるのはもっともなことである。古より馬蹄草の多少によって年穀の豊凶を卜う作だめしの御田とされている。
月山神と兎
兎は古くから、月山神のお使い、或いは月の精とされ、悪運から逃れる力があるとされています。因みに十二支の内、卯歳は月山の御縁年とされています。


鳥居をくぐって弥陀ヶ原湿原散策再開
ここからは遠回りのコースではなく、石の道になっている登山道を通る。歩きにくいがかなりのショートカットだ。ツアーの指定コースでもある。
ミヤマリンドウ(どうも正しくはエゾオヤマリンドウのようだ)
とても綺麗な感じ
ミヤマリンドウ_1
ミヤマリンドウ_2
ミヤマリンドウ_3
山頂が近くに見える
とても登りやすい山なのだそうだ。8合目から目安は3時間。個人旅行ならば、挑戦したいところだ。
山頂が近くに見える_1
山頂が近くに見える_2
先を歩く人達
先を歩く人達
この辺りは池塘だらけ
この辺りは池塘だらけ_1
この辺りは池塘だらけ_2
この辺りは池塘だらけ_3
あっという間に山頂に雲が湧きだした
自然の力は凄いものだ。山火事でも起きたかのような濃い雲だ。
あっという間に山頂に雲が湧きだした_1
あっという間に山頂に雲が湧きだした_2
お花が綺麗
お花が綺麗_1
お花が綺麗_2
お花が綺麗_3
お花が綺麗_4
お花が綺麗_5
あっという間に雲がなくなった。先ゆく人たちも気持ちよさそう。
チャンとした格好をしていればの話だ。薄着だと、風が吹く度に震え上がりそうな感じだった。
あっという間に雲がなくなった_1
あっという間に雲がなくなった_2
あっという間に雲がなくなった_3
あっという間に雲がなくなった_4
あっという間に雲がなくなった_5

Comments

 
こんにちは。
月山は2000mはあろうかという高山ですが
稜線がなだらかなのでその高さをあまり感じませんね。
ぱっと見は参詣者や登山者を優しく包んでくれるように見えます。
でも山は天気が激変するので甘くみたら痛い目にあうかも。
高層湿原が比較的手軽に見られるのは魅力的です。
ミヤマリンドウとあるのはたぶんエゾオヤマリンドウだと思います。


ryu
今日は! 
合月山の頂上まで登られたんですか、体力がありますね。
若い頃なら何とかなりますが、今の私では到底無理ですね。
然し高いところからの眺めは良いですね~~~
私も上高地、乗鞍高原、蓼科高原、美ヶ原高原などへ何回も行きましたが、
良い思い出ばかり残っています。
山へ行かれるなんて羨ましいですね。
AzTakさん 
こんばんは
今年は『山の日』が出来て、あっちもこっちも混雑しているようですね。
近くの何処へ行っても人はいっぱい。
おおいに結構では有りますが、老脚にムチ打つのはもう無理でしょうね。
夢見る熊にして置きましょう
こんばんは 
湿原に咲く小さなお花、可愛いですね~と
助手が喜んでいます^^
花好きの助手にとってはたまらないそうです^^
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。たったいま、クラス会から帰宅しました。今日は池上彰氏も来ていて、結構面白い会合でした。
その場での彼の発言は、気のおけない仲間との間の世間話ですので、他言は出来ませんが。

> 月山は2000mはあろうかという高山ですが
> 稜線がなだらかなのでその高さをあまり感じませんね。
> ぱっと見は参詣者や登山者を優しく包んでくれるように見えます。
> でも山は天気が激変するので甘くみたら痛い目にあうかも。

そのとおりだと思います。今後、山頂の登る機会があれば、十分な装備で挑む必要があると思います。

> 高層湿原が比較的手軽に見られるのは魅力的です。
> ミヤマリンドウとあるのはたぶんエゾオヤマリンドウだと思います。
>
>
> ryu

どうもそのようですねえ。ミヤマリンドウはどの記載にも登場しますが、エゾオヤマリンドウは殆どヒットしませんでした。ただ、山岳レインジャーの方が、『エゾオヤマリンドウです』と行っているという記載がありました。それに気を良くして画像を見比べました。ご指摘の通りのようです。
ということで、ちょっとっつうと半端な訂正状態で当面対処しておこうと考えています。
Re: 今日は! 
hiro(yosaku03)さん、こんばんは。

> 月山の頂上まで登られたんですか、体力がありますね。
> 若い頃なら何とかなりますが、今の私では到底無理ですね。

あはは、誤解です。私は月山の8合目にある弥陀ヶ原湿原をウロチョロしただけで、山頂は登りたいというあこがれをもったに過ぎません。何せ、体力無し派の筆頭ですから。(^_^;)

> 然し高いところからの眺めは良いですね~~~
> 私も上高地、乗鞍高原、蓼科高原、美ヶ原高原などへ何回も行きましたが、
> 良い思い出ばかり残っています。
> 山へ行かれるなんて羨ましいですね。

確かに眺めは最高ですね。今回の私は、出羽三山の宗教的な側面により強く惹かれて参加しました。決して、山登りがメインの目的ではありませんでした。でも、思いがけず、楽しい山歩きでした。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 今年は『山の日』が出来て、あっちもこっちも混雑しているようですね。
> 近くの何処へ行っても人はいっぱい。

そのようですね。アグレッシブな方が多いようです。

> おおいに結構では有りますが、老脚にムチ打つのはもう無理でしょうね。
> 夢見る熊にして置きましょう

田中陽希氏のようにコースタイムの3分の1程度で登り切るのではなく、コースタイム通りだと比較的登りやすいという話は聞きました。のりくらをに行ける脚力があれば、こちらは簡単ではないかと思います。
問題は、この山がかなり遠いことでしょうね。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 湿原に咲く小さなお花、可愛いですね~と
> 助手が喜んでいます^^
> 花好きの助手にとってはたまらないそうです^^

もう少し時期が早ければ、花盛りだったのでしょうが、早くも店じまいのようです。
7月1日に山開きで、9月下旬には早くもクローズです。行く気がある人は、のんびり構えている暇は無さそうです。
9月下旬は、写真を見た限りでは早くも雪が降っている感じです。状況が良くなく、危険も大きそうです。行くならば、9月中旬まででしょうね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR