散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

出羽三山を尋ねる一泊バス旅行(7)

羽黒山山頂を後にして、初日二番目の目的地、月山8合目弥陀ヶ原に向かう。羽黒山と違い8合目といえども、標高はかなりある。

月山8合目弥陀ヶ原(1)
初日の二つ目の目的地。月山八合目までバスで上り、そこからは徒歩で弥陀ヶ原を見て回るのだが、八合目までの道が極めて狭い。そこを時々大型車同士が無理無理すれ違うので、かなり到着まで時間がかかる。
月山は9月下旬には、通行禁止の期間に入る。残すところ、1ヶ月というところで、ギリギリ滑りこんだ。確か信州の『白駒の池』は11月から通行禁止だと記憶している。夏スキーが可能なところだけあって、相当に冬の訪れが早く期間も長いようだ。


向かう道筋の車中から見た様子
どんどん上に上がっていくのが体感できる。もう今月(9月)下旬で、4合目から先には行けなくなってしまうそうだ。
下界が綺麗だなあ
向かう道筋の車中から見た様子_1
向かう道筋の車中から見た様子_2
あの光っているところが日本海
向かう道筋の車中から見た様子_3
向かう道筋の車中から見た様子_4
向かう道筋の車中から見た様子_5
月山8合目駐車場に到着
駐車場には既に他の大型バスは皆無。最終の見学者一行となったようだ。東京から1泊2日の旅程は思った以上にハードなようだ。
車中から見るよりも綺麗に見えた日本海
月山8合目駐車場に到着
弥陀ヶ原を登り始める
最初は割ときつい上り坂が続く。16:30過ぎなので、我が一行以外は、下山される方がほとんどのようだ。
最初に見かけた花さんたち
弥陀ヶ原を登り始める_1
弥陀ヶ原を登り始める_2
弥陀ヶ原を登り始める_3
鳥海山は雲海の下のようだ
弥陀ヶ原を登り始める_4
庄内平野がくっきりはっきり見える
弥陀ヶ原を登り始める_5
日本海もはっきりと
弥陀ヶ原を登り始める_6
弥陀ヶ原湿原の様子
かなり長い周回コースになっている。地震がなく、途中で引き返す方もかなりいらっしゃったようだ。超大型で今までにない経路を辿った台風10号の所為で、8月28日の隣県宮城県は大雨だったが、こちら山形県は雨が降る気配さえ無い好天。申し訳ないような気がした。
弥陀ヶ原湿原の様子_1
弥陀ヶ原湿原の様子_2
この辺りにチングルマが咲くのかなあ。そう思ったが、後で案内図を見たらもう少し先にようだ。
弥陀ヶ原湿原の様子_3
山頂が見えてきた。すぐ近くに見えるが、そんなに甘くはないようだ。道中すれ違ったバスに大勢乗っていた修験道に参加された方たちは、一様に疲れ果てた様子だった。
弥陀ヶ原湿原の様子_4
弥陀ヶ原湿原の様子_5
先をのんびり見ている余裕はない。しっかり歩かねば。
弥陀ヶ原湿原の様子_6
弥陀ヶ原湿原の様子_7
この辺の花さん
弥陀ヶ原湿原の様子_8
弥陀ヶ原湿原の様子_9
弥陀ヶ原湿原の様子_10
だいぶ登った気になっていたが、コースの5分の1程度に過ぎなかった。標高1400-1500mの標高か。無理をせずに行くしか無い。
弥陀ヶ原湿原の様子_11
弥陀ヶ原湿原の様子_12
私が最初に気づいた小さな池沼(池塘)
弥陀ヶ原湿原の様子_13
弥陀ヶ原湿原の様子_14
日本海は少し赤みがかってきた。このとき、16:44。集合時間には少し薄暗くなる感じだろう。
弥陀ヶ原湿原の様子_15
この辺りの花さんとごく小さな池沼(池塘)
弥陀ヶ原湿原の様子_16
弥陀ヶ原湿原の様子_17
弥陀ヶ原湿原の様子_18
弥陀ヶ原湿原の様子_19
弥陀ヶ原湿原の様子_20
弥陀ヶ原湿原の様子_21
弥陀ヶ原湿原の様子_22
弥陀ヶ原湿原の様子_23
弥陀ヶ原湿原の様子_24
弥陀ヶ原湿原の様子_25
弥陀ヶ原湿原の様子_26

山形県のほぼ中央に位置し、標高1984mの高さを誇る山です。珍しい種類の火山だそうで、朝日連峰、飯豊連峰とともに磐梯朝日国立公園に指定されています。
古くは山岳信仰の対象であり、月読命が祀られています。松尾芭蕉がこの山を句の題材としたことでも知られています。歴史と自然が織りなす融合のハーモニーを体感してみてください。
​月山に湧きだす水は、名水百選にも名前を連ねています。登りやすく、美しい山として数々の項目で選ばれています。それらの選定率は国内トップクラスのものです。奥の細道にも登場するなど、日本においても抜群の知名度がある山ですね。古くは犂牛山(くろうしのやま)と呼ばれていました。夏スキーもできることで有名です。特殊な植物も多く、イワヒバリやオコジョといったあまり他所では見られない動物もいます。


Comments

日本海 
結構、お手軽なハイクコースのようですね、天気も良く、皆さん気持ちよさそう。ほとんど、東京湾、相模湾しか見ないのは、やっぱり、不味いかもしれません。
http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
私の憧れの景色ですね 高山植物や下界を眺める~ いいですね~ 空気が澄んでいたことでしょう 心も澄みますね(*^^)
 
こんにちは。
ちょっと前まで山にはあまり興味がなかったのですが
最近は山にも少し興味が出てきました。
多分、カメラを持つようになったからかもしませんね。
これからの時期は、紅葉も綺麗でしょうし。
少し考えてみようかなと思っている今日この頃です。
 
こんにちは。
東北太平洋側が台風で大きな被害に見舞われていたのに
日本海側は素晴らしい天気ですね。
山脈一つでこれほど天国と地獄に分かれるなんて
いくら文明が発達しても自然はやはり人智が遠く及ばないものなんですね。
だから山岳信仰とか自然崇拝が生まれるんでしょう。
東日本大震災のときも感じましたが、人間は自然に対し奢ることなく
つねに謙虚で慎ましやかであるべきだと。


ryu
AzTakさん 
こんばんは
月山、ガッサン・・・響きが良いですねえ
この目で、足で確かめたいんですが、如何なりましすか
Re: 日本海 
senri32さん、こんばんは。

> 結構、お手軽なハイクコースのようですね、天気も良く、皆さん気持ちよさそう。ほとんど、東京湾、相模湾しか見ないのは、やっぱり、不味いかもしれません。

お手軽と言い切るくらいの体力を持ちたいものです。このときは、何か息苦しくて、どうしちゃったのかなと首をひねっていた感じでした。この8合目は、1400-1500m程しかないので、決して空気が薄い所為ではないんです。
帰郷してから、肺がん、肺炎、気管支炎などのに罹っていないか調べましたが、今のところ異常は無さそうです。強度のストレスというのも無さそうだし、…。
Re: http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
sonophotoさん、こんばんは。

> 私の憧れの景色ですね 高山植物や下界を眺める~ いいですね~ 空気が澄んでいたことでしょう 心も澄みますね(*^^)

岩手に上陸し、北海道にも大きな被害を与えた台風が近づいている時で、宮城も福島も往路・復路で雨が降っていました。それなのに、山形県内は信じられないような好天でした。
心も澄めば願ったり叶ったりなんですが、そういったかどうか、…。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

八咫烏さん。こんばんは。

> ちょっと前まで山にはあまり興味がなかったのですが
> 最近は山にも少し興味が出てきました。
> 多分、カメラを持つようになったからかもしませんね。
> これからの時期は、紅葉も綺麗でしょうし。
> 少し考えてみようかなと思っている今日この頃です。

物凄く厳しく難度も高い山がある一方で、比較的安全に気軽に登ることができる山もあるようです。
最初は、難易度の低い山から始めるのもいいのではないかと思います。私は、横須賀市と逗子市とにまたがる標高139mの鷹取山でさえも悪戦苦闘しているくらいなので、殆ど発言権なしの状態です。
月山は登りやすい山として定評があるようです。ですが、今月下旬には、道路が4合目で閉鎖されます。異常に早い時期のクローズですね。もしかしたら、湯殿山神社から登る手があるのかもしれませんが、夏に登山するのが一番安全だと思います。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryu

> 東北太平洋側が台風で大きな被害に見舞われていたのに
> 日本海側は素晴らしい天気ですね。
> 山脈一つでこれほど天国と地獄に分かれるなんて
> いくら文明が発達しても自然はやはり人智が遠く及ばないものなんですね。
> だから山岳信仰とか自然崇拝が生まれるんでしょう。

奥羽山脈の威力たるやものすごいものがありますね。自然に対し、畏れ敬う気持ちが多分にあり、信仰に結びついていったのでしょうね。
ところで、磐梯朝日国立公園は、福島県も含まれているんですね。自慢しても始まらないのですが、何となく鼻高々です。

> 東日本大震災のときも感じましたが、人間は自然に対し奢ることなく
> つねに謙虚で慎ましやかであるべきだと。
>
>
> ryu

本当にそうですね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 月山、ガッサン・・・響きが良いですねえ
> この目で、足で確かめたいんですが、如何なりますか

即身仏も一番多い地域なんですよね。時間があれば、お山の上ばかりでなく、麓の村も見て回るのがよろしいのでは。
今年は、今月下旬で月山に上る道路が冬季封鎖に入ります。来年の楽しみに検討してみたら如何でしょうか?
こんばんは 
弥陀ヶ原湿原、こんな所をのんびりゆっくりと
散策し、撮影してみたいです^^
信州のブロ友さんがこう言うところに案内してくれたことを
思い出しています^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 弥陀ヶ原湿原、こんな所をのんびりゆっくりと
> 散策し、撮影してみたいです^^

夏は、比較的登りやすいお山のようですから、元気のあるうちに山頂までのぼり、降りてきて湿原を見て回るのもいいかもしれませんね。ですが、これから、国宝の五重塔を見たり、湯殿山神社に行ったりもしなくてはいけません。現役の勤め人には日程をくむのが大変かもしれません。

> 信州のブロ友さんがこう言うところに案内してくれたことを
> 思い出しています^^

信州にも湿原はありますよね。こちらは、修験道のメッカです。そこにたまたま湿原があり、お花畑がある感じです。山伏さん体験企画に参加された方などと一緒に登る感じかもしれませんね。時間があれば、即身仏のあるお寺さんなども訪ね歩く事もできます。
体力派の方には面白い行き先かもしれませんね。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR