散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

出羽三山を尋ねる一泊バス旅行(4)

羽黒山(4)
出羽三山神社(3)
蜂子神社(並んだ左側は「厳島神社」)
蜂子神社
表参道石段の終点鳥居と本殿の間の厳島神社と並ぶ社殿。出羽三山神社御開祖・蜂子皇子を祀っている。一瞬、『蛭子神社』と読み違えてしまった。蜂子皇子を祀る有難い社殿だった。
蜂子神社_1
蜂子神社_2
蜂子神社の創建は元和5年(1619)、当時の羽黒山別当だった宥俊が開山堂を建立し羽黒山修験の開祖である蜂子皇子の尊像を祀ったのが始まりとされます。蜂子皇子は崇峻天皇の第三子と生まれましたが、当時は蘇我氏の台頭などで朝廷内が不安定(崇峻天皇が蘇我馬子に暗殺されるなど)な状態だった為、推古元年(593)に日本海を北上し難を逃れました。皇子が庄内の由良港に上陸した時、一羽の烏(三本足)に導かれ羽黒山に登ったとされ、その後、羽黒大神を勧請し、次いで月山、湯殿山と開山しました。社殿の建立年は手元に資料がなく分かりませんが、宝形造り、銅板葺き、桁行3間、梁間4間、正面1間軒唐破風向拝付、外壁は真壁造、板張り素地、組物や彫刻など凝った造りで、花頭窓があるなど寺院建築の特徴を備えています。木鼻には通常、獅子や象、龍ですが、蜂子神社では鳥(烏?)が彫りこまれ、蜂子皇子の由来に縁のあるものにしたと思われます。建物の形態から神社風に改修しているようですが神仏習合時代には羽黒山の開山堂で、明治時代初頭に発令された神仏分離令により蜂子神社に改称しています。蜂子神社社殿は貴重な存在で平成17年(2005)に鶴岡市指定有形文化財に指定されています。内部に安置されている木造蜂子皇子御尊像は元々五重塔に安置されていましたが元和5年(1619)に開山堂の本尊として移されました。神仏分離令が発令され出羽三山でも仏教色が廃されると、廃仏毀釈を恐れ仏教色の強い尊像は社殿奥に隠され、そのまま秘仏となっています。毎年8月21日の例祭には社殿の前に護摩壇を設け山伏達が大柴燈際を行い天下安寧の祈願します。蜂子皇子の墓所は出羽三山神社境内にあり現在も宮内庁によって管理されています。
厳島神社
蜂子神社と並んで設置されている理由は、私にはよくわからない。下記の説明文を参照されたい。それにしても、見事な彫刻が施されている。
厳島神社_1
厳島神社_2
羽黒山厳島神社の創建は勉強不足の為に不詳、当時は弁天堂と称し仏教色の強い御堂でした。名称から察すると七福神の一柱弁財天が本尊として祀られていたと思われます。明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏教色が廃されると、元々、弁財天と宗像三女神(市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命)の1柱である市杵島姫命は同じ女神で水神だった事から神仏習合時代の本地垂迹(八百万の神々は仏に姿を変え日本に降臨したという信仰)では同神とされ、市杵島姫命は世界遺産でも知られる厳島神社(広島県廿日市市)の祭神だった事から厳島神社になったと思われます。又、厳島神社は津速魂神社と合祀しているようですが、祭神と思われる津速魂命が何故勧請されたのかは不詳。社殿は旧弁天堂を神社として改修したもので、宝形造、銅板葺、桁行3間、梁間3間、正面1間向拝付、外壁は真壁造、板張素地、正面の開口部は仏教色の強い花頭窓が残され、向拝の向って右側の柱には登り龍、左側の柱には降り龍、向拝木鼻には象と獅子、欄間には龍の精緻な彫刻が施されています。羽黒山厳島神社社殿は出羽三山の神仏混合当時の遺構として貴重な事から平成17年(2005)に鶴岡市指定文化財に指定されています。
鏡池
池底からは500面以上の鏡が見つかっている。池中納鏡の思想が古来からあり、古いものでは平安時代の鏡が見つかっているとのこと。そうなのかもしれないが、季節から水草が繁茂しすぎていて、池の様子はよく確かめることが出来なかった。水草は葉の形状からコウホネではないかと思う。
平安時代から江戸時代の銅鏡190面は古代の水霊崇拝の遺構で意匠的にも優れていて、大変貴重な事から、昭和25年(1950)に国指定重要文化財に指定された。

鏡池
東西38m南北28mの楕円形のこの御池は御本殿の御手洗池であり、年間を通しほとんど水位が変わらず、神秘な御池として古くより多くの信仰をあつめ、また羽黒信仰の中心でもあった。古書に「羽黒神社」と書いて「いけのみたま」と読ませており、この池を神霊そのものと考え篤い信仰の捧げられた神秘な御池であり、古来より多くの人々により奉納された、銅鏡が埋納されているので鏡池という。
東照社
東照社_1
東照社_2
東照社_3
東照社_4
東照社_5
寛永18年(1641)、第50代天宥別当は徳川幕府の宗教顧問である東叡山の天海僧正の弟子となり、羽黒一山を天台宗に改宗する条件の一つに、東照権現の羽黒山勧請の周旋を申し出た。
天海僧正は鶴岡城主酒井忠勝に働きかけ、天保2年(1645)藩主は社殿を寄進した。
爾来、歴代の藩主の崇敬庇護のもと維持されてきた。
明治時代に東照宮は東照社と改められ、現在の社殿(3間5間)は昭和55年(1980)に解体復元したものである。天宥別当の勧請のねらいは、東照権現を山中に祀ることによって山威を高め、この頃緊張の度を加えつつあった庄内藩との関係を円滑なものにすることにあった。

霊祭殿
霊祭殿_1
霊祭殿_2
出羽三山は往古より祖霊安鎮のお山とされ、深い信仰をあつめており、ご先祖の御霊を供養する風習が現在も盛んに行われている。単層入母屋千鳥破風五間社造りの本殿に次ぐ、荘厳な建物で昭和58年に再建されたものである。
神輿社
羽黒山・月山・湯殿山の散々の神輿が収納されているそうだ。
神輿社_1
神輿社_2
俳聖芭蕉像と石碑
松尾芭蕉は、当然の事ながらこの出羽三山にもやってきた。そして、阿闍梨に拝謁し、その翌日には、句会を開催したそうだ。顛末は、『奥の細道』に記されている通り。
芭蕉翁の石像はこんなものだろうと思う。石碑の方は、半分程度しか判読できなかった。帰宅してから、画像を拡大し、WEBの検索も行って、やっと書いてある内容がわかった。

俳聖芭蕉像と石碑_1
俳聖芭蕉像と石碑_2
涼しさやほの三日月の羽黒山
かたられぬゆどのにぬらす袂かな

  加多羅例努湯登廼仁奴良須當毛東迦那
雲の峯いくつ崩れて月の山
なお、下記の句碑は羽黒山の南谷別院跡にあるそうだ。画像はPDFを借用した。
芭蕉句碑
有難や雪をかほらす南谷
この句碑を説明しているHPへjump
羽黒
六月三日、羽黒山に登る。図司左吉と云者を尋て、別当代会覚阿闍梨に謁(えつ)す。南谷の別院に舎(やど)して、憐愍(れんみん)の情こまやかにあるじせらる。

四日、本坊にをゐて俳諧興行。
有難(ありがた)や雪をかほらす南谷

五日、権現に詣。当山開闢(かいびゃく)能除大師(のうじょだいし)は、いづれの代(よ)の人と云事を知らず。延喜式に「羽州里山の神社」と有。書写、「黒」の字を「里山」となせるにや。「羽州黒山」を中略して「羽黒山」と云にや。出羽といへるは、「鳥の毛羽を此国の貢に献る」と風土記(ふどき)に侍とやらん。月山、湯殿を合て三山とす。当寺武江東叡(ぶこうとうえい)に属して、天台止観(てんだいしかん) の月明らかに、円頓融通(えんどんゆづう)の法(のり)の灯(ともしび)かゝげそひて、僧坊棟をならべ、修験行法を励し、霊山霊地の験効、人貴(たっとび)且(かつ)恐る。繁栄長(とこしなえ)にして、めで度(たき)御山と謂つべし。

Comments

こんにちは! 
AzTakさん、こんにちは!
「蜂子」を「蛭子」ですか 笑)
でも、私だったら最後まで気づかないかもです 汗)
それにしても、石碑等の古文書の崩し字が良く読めますね~♪
私の素養とは大違いです!
 
こんにちは。
時代時代の権力や方策に翻弄されながらも
創建当時の姿をほぼ維持してきたのは凄いことですね。
福島県にも霊山や恵日寺など当時東北有数の伽藍を誇ってきた寺院群も
歴史に翻弄され今は兵たちの夢のあと状態です。
恵日寺は近年金堂が再建されましたが、当時の栄華はありません。
時代背景を熟知していればより興味深く拝観できるでしょうね。

ryu
素晴らしいの一言 
むかーし。平泉に行って、がっくり、肩を落として帰ってきてから、やはり、京都、奈良、鎌倉だな。京都、奈良は、遠いし、あれもかかる。鎌倉でしょうと、鎌倉をある程度めぐり、その素晴らしさを知っている私にとっても、ここは、凄い。なえかけていた、旅行心をかきたてる。そんな、写真のオンパレードでした。ありがとうございます。
 
AzTakさん、こんばんは。
蜂子神社も並んでいる厳島神社も屋根や、見事な彫刻もあり、
蜂子神社は1619年と歴史あるものなので、感嘆します。
水草も茂ると、ちょっと見てここが池とは分からないほどで水草の
緑が綺麗です。

霊祭殿の朱色も鮮やかな荘厳さで、昭和に再建ですとここでは新しく思えて
きます。

バス旅行は各地を回られるのに時間的にハードだったのですか。
やはり実際にご覧になられると、感動が大きいのでしょうね(*^_^)

AzTakさん 
こんばんは
さまざまな宗教は財力が伴って来ると伽藍が大きくなるようです
そうなることに依って恐れをなし、心の安らぎも得られるのでしょうか?
心の不思議です
こんばんは 
晴天に恵まれたんですね~~
旅日和は嬉しいですが、撮影となると
明暗がきつくて難しいですよね。
白飛びしてしまいますよね・・・
Re: こんにちは! 
> AzTakさん、こんにちは!

makiraさん、こんばんは。

> 「蜂子」を「蛭子」ですか 笑)
> でも、私だったら最後まで気づかないかもです 汗)

この漢字を使うあまり品のよくない漫画家がいますよね。彼を連想してしまいました。

> それにしても、石碑等の古文書の崩し字が良く読めますね~♪
> 私の素養とは大違いです!

あはは、私も殆ど読めませんよ。昔、古文書を読み下せるようになりたいと思い、少しだけ勉強をしたことがあります。ですが、私は形態把握能力が些か乏しいようです。難しい崩し字が覚えられなくて。同じ字でいつも引っかかってしまいます。結果的には、半分くらいしか読むことが出来ませんでした。
今回のは、芭蕉の奥の細道の作品だと承知していたので、そちらから調べました。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 時代時代の権力や方策に翻弄されながらも
> 創建当時の姿をほぼ維持してきたのは凄いことですね。

根強い信徒たちの支えがあったからこそなのでしょうね。本当にすごいことです。

> 福島県にも霊山や恵日寺など当時東北有数の伽藍を誇ってきた寺院群も
> 歴史に翻弄され今は兵たちの夢のあと状態です。
> 恵日寺は近年金堂が再建されましたが、当時の栄華はありません。
> 時代背景を熟知していればより興味深く拝観できるでしょうね。
>
> ryu

古くからのお寺さんも、戦国時代に交配し、更に明治の廃仏毀釈で徹底的にやられてしまったケースが殆んどなのでしょう。
出羽三山は、神仏習合で、なおかつ、神道の要素が強く存在していたので、生き残り易かったのかもしれませんね。別当寺の方は、かなり潰れてしまったようですが。
Re: 素晴らしいの一言 
senri32さん、こんばんは。

> むかーし。平泉に行って、がっくり、肩を落として帰ってきてから、やはり、京都、奈良、鎌倉だな。京都、奈良は、遠いし、あれもかかる。鎌倉でしょうと、鎌倉をある程度めぐり、その素晴らしさを知っている私にとっても、ここは、凄い。なえかけていた、旅行心をかきたてる。そんな、写真のオンパレードでした。ありがとうございます。

私が行ったのは、一般参拝者が行く楽勝コースです。ですが、そういうコースでなく、本格コースがあるんですよ。あまり安易には考えないでくださいね。今回分で行き先の4分の1が終了しました。
まだ、続きがあります。長いとじれないでくださいね。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 蜂子神社も並んでいる厳島神社も屋根や、見事な彫刻もあり、
> 蜂子神社は1619年と歴史あるものなので、感嘆します。

厳島神社の龍の彫刻は、凄いようです。漫然と写真を撮っただけですが、きちんと写真を経とられた方の其れを見たら、びっくりしました。凄いものでした。
蜂子神社は、蜂子皇子の時代から1000年も経ってからの創建なんですね。蜂子皇子もあの世で苦笑しておられるくらいの年月が経ってしまいました。

> 水草も茂ると、ちょっと見てここが池とは分からないほどで水草の
> 緑が綺麗です。

あそこに銅鏡が500面以上見つかっているそうです。信仰の力は偉大なものなのですねえ。私も1面くらい見つけられないかとやって来ましたが、見えるのはコウホネの葉ばかりでした。

> 霊祭殿の朱色も鮮やかな荘厳さで、昭和に再建ですとここでは新しく思えて
> きます。

そうですね。此処では群を抜いて新しいものですね。

> バス旅行は各地を回られるのに時間的にハードだったのですか。
> やはり実際にご覧になられると、感動が大きいのでしょうね(*^_^)

次の目的地、月山8合目の弥陀ヶ原湿原を回っているとき、歩き始めに時計を見たら、16:30を過ぎていました。食事会場に着いた時は真っ暗でした。スケジュールは結構、ハードでした。
案内を見ていた時は、もうちょっと覚めた感じで見ていましたが、現地ではアドレナリンがググっと出た感じでした。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> さまざまな宗教は財力が伴って来ると伽藍が大きくなるようです
> そうなることに依って恐れをなし、心の安らぎも得られるのでしょうか?
> 心の不思議です

ははは、そうかもしれませんね。中には、のんびり熊さんのように生き方がぶれないしっかりした方もいるでしょうが、…。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 晴天に恵まれたんですね~~
> 旅日和は嬉しいですが、撮影となると
> 明暗がきつくて難しいですよね。
> 白飛びしてしまいますよね・・・

台風が来ていたのに、不思議な事でした。他の心がけの良い参加者のおかげかもしれません。
晴天過ぎると撮影が難しいのは承知ですが、見事なくらいやられてしまっています。少しはテクニックも勉強しないといけませんね。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR