散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

またもや日本民家園に行ってきた(17)

(20)船越の舞台(国重民)
此処は日本民家園の敷地の一番上に位置し、くねくねと急な階段を登っていかなければ到着しない。年配者にはややきついロケーションかもしれない。斯く言う私も大汗をかき息を切らしながら、何とかたどり着いた次第。情けなや。
背面
鬼瓦は比較的小ぶり。回り舞台の真下に至る階段があり、狭い通路が続く。
背面_1
本当に頭上注意なのだ
背面_2
回り舞台の真下
回り舞台の真下_1
垂れ下がっている丸太を抱えて回す。完全に人力のみの力仕事になる。
回り舞台の真下_2
回り舞台の真下_3
回り舞台の断面図
回り舞台の断面図
正面
回り舞台になっているのがわかるだろうか。広角で撮ったので強調されすぎたキライがあるが、意外に広いのだ。
正面_1
正面_2
正面_3
船越の舞台 断面図
船越の舞台 断面図
客席から見た感じ。鬼瓦がかなり大きいのがわかろう。
客席から見た感じ_1
客席から見た感じ_2

2016年9月22日~10月10日:特別公開「旧船越の舞台」
飛び飛びの開催になる。開催日時には十分注意していただきたい。
案内ページにjump

回り舞台を備えた漁村の歌舞伎舞台
この舞台は、もと志摩半島の漁村の神社境内にありました。建てられたのは江戸時代末期の安政四年(1857年)です。
屋根は正面が入母屋造、大棟(おおむね)には凝った鬼瓦を配しています。これに対し背面は切妻造で、鬼瓦も小さく単純です。こうした外観は、正面性を重視する舞台建築の性格をよくあらわしています。なお、鬼瓦や軒先瓦につく「若」の字は、舞台建築に若者組という伝統的青年組織が関わったことを記念するものです。
舞台両側の張出し部は出語りといい、上手(正面に向かって右側)は芝居の語り手の席、下手は寄付金を扱う会計係の席です。
舞台装置としては、直径三間(5.4m)の回り舞台、スッポン(せり上がり)のある花道、高所作業用の簀子(すのこ)等、歌舞伎芝居のために必要なものはほとんど備えています。


以上で『またもや日本民家園に行ってきた』シリーズは終了です。最後までご覧頂きありがとうございました。

Comments

回り舞台 
AzTakさんおはようございます。回り舞台の真下を興味深く見ました。
人力で回すのですね。そばの石垣にも惹かれます。上の役者との連携がうまくいかないとダメですよね。また鬼瓦の(若)の周りの花模様のデザインが素敵でした。
お早う御座います! 
先程まで雷の音が聞こえていましたが、聞こえなくなりました。
今日は1日愚図ついた天気になりそうですね。

回り舞台ですか、昔の人は上手く作りますね。
回す人と上で踊る人の呼吸が合わないと駄目ですね。
AzTakさん 
こんにちは
信州南部の大鹿村の大鹿歌舞伎小屋とほとんど同じ作りですねえ
上手、下手、回り舞台なども良く似ています
大鹿村の小屋では正面二階が楽屋になっており、支度、化粧などをします
興業の時には、役者が顔を覗かせて愛嬌を振りまく事も有ります
そういえばもうすぐに大鹿歌舞伎が始まるのかな
 
こんにちは。
これほど立派な芝居小屋ではありませんでしたが
当町にも昭和30年代までありました。
その頃には芝居興行はほとんどありませんでしたが
映画館の替わりに使われていたのを覚えています。
娯楽の変遷の生き証人ですね。

ryu
こん 
AzTakさんの写真は詳しい解説がついているので、
大変わかりやすく、回り舞台の構造が理解できます、
うらやましいほどお元気ですね。
こんにちは。 
漁村の神社境内こんな舞台があったのですね。
荒波にもまれる漁師さんの安らぎの場だったのでしょうね。
一升瓶を片手に演技を観賞する漁師さんの姿が目に浮かぶようです。
Re: 回り舞台 
> AzTakさんおはようございます。

tugumi365さん、こんばんは。

> 回り舞台の真下を興味深く見ました。
> 人力で回すのですね。そばの石垣にも惹かれます。上の役者との連携がうまくいかないとダメですよね。

聞こえてくる音で、リーダーが合図するのでしょうね。あまり勢い良く回すと、上の役者や大道具が通れたりしないとも限らないでしょうから、適度なスピードでやるのでしょう。あんがい、厳しい力仕事だったかなあと思います。

> また鬼瓦の(若)の周りの花模様のデザインが素敵でした。

若い衆の粋さ加減の発露だったのでしょうか。素敵ですね。
Re: お早う御座います! 
hiroさん、こんばんは。

> 先程まで雷の音が聞こえていましたが、聞こえなくなりました。
> 今日は1日愚図ついた天気になりそうですね。

今日は母の見舞いに行くだけだったので、多少降ってもOKなんですが、明日から1泊2日のバス旅行で、出羽三山の美味しいとこどりをしてくる予定です。できることなら、台風は速度を早めたりしないように願いたいところです。…完全な自己中心の言い分ですね。(^_^;)

> 回り舞台ですか、昔の人は上手く作りますね。
> 回す人と上で踊る人の呼吸が合わないと駄目ですね。

この漁村の若い者だったら、絶対にこの役を指名されたことでしょう。恥ずかしながら、そういう体型なんです。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 信州南部の大鹿村の大鹿歌舞伎小屋とほとんど同じ作りですねえ
> 上手、下手、回り舞台なども良く似ています

志摩半島の漁村から信州の大鹿村まで見学しに行くことなどできにくかったでしょうから、誰か、そういうことに通じた人の指導で作り上げたのでしょうね。船越には、網元な何かをしていたそういうことが好きな遊びに長けた人がいて、その人物が主導してこの歌舞伎舞台を完成させたのでしょか。

> 大鹿村の小屋では正面二階が楽屋になっており、支度、化粧などをします
> 興業の時には、役者が顔を覗かせて愛嬌を振りまく事も有ります
> そういえばもうすぐに大鹿歌舞伎が始まるのかな

それは熊さんもぜひとも取材に行かなくてはいけませんね。その様子をブログで見せてくださいね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> これほど立派な芝居小屋ではありませんでしたが
> 当町にも昭和30年代までありました。

そうですか。それは保存しておけば、今頃はまちおこしの材料になったかもしれませんね。決して楽じゃないとは思いますが。

> その頃には芝居興行はほとんどありませんでしたが
> 映画館の替わりに使われていたのを覚えています。
> 娯楽の変遷の生き証人ですね。
>
> ryu

そうなんでしょうね。短期間に物凄く変化しちゃいましたですね。
Re: こん 
みこたんさん、こんばんは。

> AzTakさんの写真は詳しい解説がついているので、
> 大変わかりやすく、回り舞台の構造が理解できます、

私の勉強ノートで、写真の出来は今一つです。榎木孝明さんのように画才があれば、スケッチで表現したいところですが、そちらの才能は写真以上にありません。(^_^;)

> うらやましいほどお元気ですね。

足腰の不調が出ないように軽い負荷をかけている感じでしょうか。そちらさまは、あの後、だいぶ具合はよろしいのでしょうか?
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 漁村の神社境内こんな舞台があったのですね。
> 荒波にもまれる漁師さんの安らぎの場だったのでしょうね。

そうだったんでしょうね。網元とかがイナセな人だったのかもしれませんね。

> 一升瓶を片手に演技を観賞する漁師さんの姿が目に浮かぶようです。

案外、男衆は役者やいろいろな役に付き、精一杯動きまわり、奥さん連中を慰労する色彩が強かったのかもしれませんね。ホノボノした人間関係が存在したように思いました。
坂 
専大通っている時も、行きの坂に、4年間苦しめられましたからね。気持ちは、わかります。
Re: 坂 
senri32さん、こんばんは。

> 専大通っている時も、行きの坂に、4年間苦しめられましたからね。気持ちは、わかります。

まあ、大学生の頃は体力十分でしょうが、こちらは体力低下傾向が著しい老人ですから。すっと行けちゃう人を尻目にゆっくり行きました。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR