散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

九品仏浄真寺(3)

この浄真寺開山の珂碩上人は仏像づくりの天才ではあるが、俗事には疎かった。其れを補ったのが、弟子の珂憶。元禄11年に本堂、三仏堂の棟上を行っている。そして、この堂宇及び仏像を活用した『二十五菩薩来迎会』を始めたようだ。
三仏堂と九品仏
三仏堂は世田谷区指定文化財。その中に安置されている木造阿弥陀如来坐像(9躯)は東京都指定文化財。極楽往生の仕方には、信仰の篤い者から極悪人まで9通りの段階があるとされ、「上品上生」(じょうぼんじょうしょう)から始まって「上品中生」「上品下生」「中品上生」「中品中生」「中品下生」「下品上生」「下品中生」「下品下生」に至る。極悪人でも極楽往生ができるようだが、ここで言う極悪人とはどういうものなのだろう。
上品堂
上品上生・上品中生・上品下生の仏像3躯が安置されている。
仏堂外観
本堂と向かい合う位置に立つ。本堂を現世(娑婆)に見立てて、三仏堂を浄土として、二十五菩薩が浄土から迎えに来るといった来迎会が行われるが、この上品堂が浄土と見立てられる。
上品堂_仏堂外観_1
上品堂_仏堂外観_2
外側にある表示のとおり、中央が上品上生、右側が上品中生、左側が上品下生の並び順だ。
上品堂_仏堂外観_3
上品堂_仏堂外観_4
下品堂から見た上品堂
上品堂_仏堂外観_5
上品堂_仏堂外観_6
安置されている3躯の仏像
上品上生仏像
螺髪が真っ青なのが目を引く。手の印の結び方に注意して、各仏像の違いを見ていただきたい。
上品堂_3躯の仏像_1
上品堂_3躯の仏像_2
上品中生仏像
上品堂_3躯の仏像_3
上品下生仏像
上品堂_3躯の仏像_4
中品堂
中品上生、中品中生、中品下生の仏像3躯が安置されている。
仏堂外観
中品堂_仏堂外観_1
安置されている3躯の仏像
看板にあるとおり『平成九品仏大修繕事業』が行われていて、この日は中品上生仏像がご遷座中だった。残念だが、仕方がない。
中品堂_仏堂外観_2
中品堂_安置されている3躯の仏像_1
中品中生仏像
中品堂_安置されている3躯の仏像_2
中品下生仏像
中品堂_安置されている3躯の仏像_3
下品堂
下品上生、下品中生、下品下生の仏像3躯が安置されている。残念ながら前の戸が開いてなかったので、仏堂のみを撮った。
仏堂外観
下品堂_仏堂外観_1
下品堂_仏堂外観_2
二十五菩薩来迎会の様子(2014年)
本堂と上品堂との間に仮設(だが結構しっかりした)の橋が架けられ、そこを往復する。下から見上げた感じは、まさしく天上界での出来事のように見える。
二十五菩薩が浄土から迎えに来るシーン
二十五菩薩来迎会の様子(2014年)_1
二十五菩薩来迎会の様子(2014年)_2
娑婆から浄土に向かうシーン
二十五菩薩来迎会の様子(2014年)_3
二十五菩薩来迎会の様子(2014年)_4
二十五菩薩来迎会の様子(2014年)_5
珂碩上人の御神像がお厨子に乗せられて橋を渡る
二十五菩薩来迎会の様子(2014年)_6
最後は住職が行事を〆る
二十五菩薩来迎会の様子(2014年)_7

せたがや百景 No.98『お面かぶりの九品仏と参道』記事の引用
この浄真寺を特徴づける九品仏や三仏堂などの伽藍配置は開山の珂碩上人と弟子の珂憶(かおく)によって成されました。簡単に書くと珂碩上人が仏像(本尊の釈迦像と9体の阿弥陀如来像)を造り、弟子の珂憶が寺の建設などを行ったといった感じです。
どうも記述を読む限りでは、珂碩上人は仏像を造ったり、住職として仏事などを行う事にかけては天才的だったようですが、寺の経営とか資金を勧請しての建設、お役所の手続きといった事に関してはまるでダメだったようで、見てられないとばかりに行動派の珂憶が協力を申し出て助けていたようです。
仏像に関しては珂碩上人が出家して間もなくの19才の時(1636年)に梵綱経を読んで阿弥陀如来の願摂を覚証し、九品仏の建立を発願したそうです。そして霊巌寺僧侶時代の25才頃から製作に取りかかり、20年後の寛文4年(1664年)にようやく一体目の阿弥陀如来が完成します。
その後は珂憶の資金的な援助があって建立が一気に進み、寛文7年(1667年)に九体の阿弥陀如来像と釈迦像が完成します。その後しばらく越後の村上の泰叟寺に住持する事になり、仏像は深川の霊巌寺に置いていきます。しかし深川は度々水害に遭い、仏像を安置するのに相応しい場所はないだろうかと探しているところに奥沢で寺の募集を行っているのを知ったというわけです。
そして延宝2年(1674年)に仏像を移動し、同7年に珂碩上人も移住し浄真寺を開山します。これで一件落着とはいかず、法律的、珂碩上人の性格的にもちゃんとした堂宇の建立は進みませんでした。
元禄7年(1694年)に珂碩上人は他界します。その直前に河内の寺の住職となっていた珂憶が見舞いに来て、その時に本堂や三仏堂などの堂宇を建てたかった旨を話したそうです。珂憶は珂碩上人の死後その志を引き継いで資金集めや大工の手配などに奮闘し、元禄11年に本堂、三仏堂の棟上を行っています。
堂宇の建設にあたって珂憶は城跡という地形を利用して独特の伽藍配置を行っています。寺伝によれば珂憶式というようですが、まず本郭があった土塁で囲まれている場所を聖域とし、その入り口に仁王門を造ります。結界の入り口といった感じでしょうか。聖域部分は方形でしかも明快な東西の軸線を持っているので、浄土宗の西方浄土の思想を反映した境内造りが簡単でした。
仁王門から見て聖域は西に当るし、本堂から見て三仏堂も西にあたります。その象徴的なのが後述するお面かぶりの行事で、本堂を現世(娑婆)に見立てて、三仏堂を浄土として、二十五菩薩が浄土から迎えに来るといった来迎会が行われます。
また城跡を利用した配置で特徴的なのは参道です。総門から入って途中で左に直角に曲がらなければならないという変わった配置をしているのは、恐らく元々あった城の道を利用したものだと考えられています。城の遺構として考えるならば、山門から仁王門の部分が外郭部分となり、本郭部分に対して屈折しているのも納得です。

Comments

 
写真を見て思ったこと。やはり、東京は、金を持っている。間違いない。整備状況を見れば一発でわかる。
 
おはようございます。
勉強不足と笑われそうですが青い螺髪の仏像は初めて見た気がします。
きっとこの青には深い意味があるんでしょうね。

ryu
 
AZTAKさま こんにちは

台風7号の存在が心配でしたが,関東地方は大きな爪痕もなく通り過ぎたようで何よりでした。
とわいえ、東北地方はこれから通過するようですので、心配ですね。

九品仏浄真寺の存在は知りませんでしたが、近くに立派なお寺があるのですね。
見れば見るほど立派なお寺であることが分かります。
立派な仏像が沢山安置してあり、鐘楼も立派なものですね。
宗派も違い、どうも信仰心の浅い人間には、理解できないことばかりです。
 
AzTak さん、こんばんはー
上品堂はそれぞれ、がっしりとした屋根に白壁に戸も美しい造りですね。
左右の木々の間を歩き進むのも気持ち良さそうです(^-^)

3躯の仏像も保存にお手入れも良くて、上品上生仏像は綺麗で何よりも
悟りあるお顔が大変いいです。
(仏教徒でもないのに僭越なのですが~)

菩薩来迎会(2014年)も御神像が橋を渡るシーンも絵のようですー!

九品仏浄真寺はお堂に仏像もお庭も、お寺としての良い要素で
満たされていますね。
AzTakさん 
こんばんは
そうか、極楽へ行くにも、行き方が有るのかあ
三途の川の船賃?やら、その先の極楽への行き方やら・・・
熊には難しくて行くに行けん
マア、熊程度の悪行なら気にする事も無いかな
Re: タイトルなし 
senri32さん、こんばんは。

> 写真を見て思ったこと。やはり、東京は、金を持っている。間違いない。整備状況を見れば一発でわかる。

東京自体にお金があるかどうかは別として、この寺院は相当に裕福そうに思います。これが京都ならば、間違いなく拝観料をいただくと思いますが、ここではそういうことはありません。しからば、何で収入を得ているのか?よくわかりません。
いずれにしても、宗教法人になっていれば、我々下々の者が苦しむ納税とはほぼ無縁でいられるでしょうから、経営は比較的ラクなのかもしれませんね。それにしても、塵一つなく掃き清められているのは、凄いことだなと思います。
Re: タイトルなし 
> おはようございます。

tgryuさん、こんばんは。

> 勉強不足と笑われそうですが青い螺髪の仏像は初めて見た気がします。
> きっとこの青には深い意味があるんでしょうね。
>
> ryu

私も初めて見た時はびっくりしました。隙間の部分を剃りあげているから青く見えるんだという説明を見たことがありますが、それが正しい説明かどうかはわかりません。もし、わかったら、教えて下さい。
螺髪のことを調べていたら、喜多方のあるお寺で、螺髪の箇所をとって、出征兵士に持たせたのだそうです。不思議な事にその殆どが戦後返納されたということでした。強烈なお守りとなったのでしょうかね。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 台風7号の存在が心配でしたが,関東地方は大きな爪痕もなく通り過ぎたようで何よりでした。
> とわいえ、東北地方はこれから通過するようですので、心配ですね。

東京は、気づかないうちに通りすぎてくれたようです。ご心配いただき有り難うございました。京都の送り火が豪雨の中で行われたようですが、進路のはずの東京が蚊帳の外とは、皮肉なものですね。

> 九品仏浄真寺の存在は知りませんでしたが、近くに立派なお寺があるのですね。
> 見れば見るほど立派なお寺であることが分かります。
> 立派な仏像が沢山安置してあり、鐘楼も立派なものですね。
> 宗派も違い、どうも信仰心の浅い人間には、理解できないことばかりです。

江戸時代のお上の世界はよくわからないことだらけですね。
わからないのは私も一緒ですが、私の方はカトリック信徒です。それでいて、社寺仏閣大好きというのは異常なのでしょうかね。
Re: タイトルなし 
> AzTak さん、こんばんはー

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 上品堂はそれぞれ、がっしりとした屋根に白壁に戸も美しい造りですね。
> 左右の木々の間を歩き進むのも気持ち良さそうです(^-^)
>
> 3躯の仏像も保存にお手入れも良くて、上品上生仏像は綺麗で何よりも
> 悟りあるお顔が大変いいです。
> (仏教徒でもないのに僭越なのですが~)
>
> 菩薩来迎会(2014年)も御神像が橋を渡るシーンも絵のようですー!
>
> 九品仏浄真寺はお堂に仏像もお庭も、お寺としての良い要素で
> 満たされていますね。

そう思います。
戦後すぐは、今は旗の台にある香蘭女学校が校舎を戦火で失ったので、一時的に、この九品仏浄真寺の一画で授業を行っていたようです。本当に懐の深いお寺さんだったんだなあと思います。それにしても、聖書を読み聖歌を歌う礼拝の隣りからは木魚の音が響いてくるという環境は、凄いものだったようですね。
http://www.koran.ed.jp/education/history2.html
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> そうか、極楽へ行くにも、行き方が有るのかあ
> 三途の川の船賃?やら、その先の極楽への行き方やら・・・
> 熊には難しくて行くに行けん
> マア、熊程度の悪行なら気にする事も無いかな

(ΦωΦ)フフフ…、浄土宗の教えはこういうことだということです。いつものようなまじめに暮らせばよいのでしょう。
いつもの様に悪行三昧ではいけないことですが。私は散歩三昧であって、悪行三昧ではないと自分では思っていますが。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR