散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

目黒雅叙園にて(3)

漁樵(ぎょしょう)の間
展示されているのは、青森のねぶた。本来5mほどあるねぶたの山車。それを天井高わずか3.5mの和室の中に表現する。しかも、展示場所は、釘一本打つことが出来ない文化財である百段階段の『漁樵の間』。凄いプレッシャがあったものと思う。
展示物の性格上、展示物がよく見え、なおかつ、漁樵の間のオリジナルのものも、比較的よく見える。さてどんなであったかは見てのお楽しみ。

ねぶた
テーマは『酒呑童子』。ねぶた界初となる流派を超えた4名のねぶた師による共同作品なのだそうだ。如何だろうか?
ねぶた_1
ねぶた_2
ねぶた_3
欄間の浮彫
欄間には尾竹竹坡原図の五節句が極彩色に浮彫されている。見事な極彩色が剥げかかっているのが残念なところ。
欄間の浮彫_1
欄間の浮彫_2
欄間の浮彫_3
欄間の浮彫_4
日本画
日本画_1
日本画_2
床柱の彫刻
巨大な檜で、精巧な彫刻(中国の漁樵問答の一場面)が施されているそうだ。これも鏝で漆喰を持ってあるのかと思っていたが、彫刻のようだ。まさか、指で触って見るわけにもいかない。
床柱の彫刻_1
床柱の彫刻_2
格天井の作品
菊池華秋原図の四季草花図なのだそうだ。多分、彫刻作品だと思う。
格天井の作品_1
格天井の作品_2
格天井の作品_3
格天井の作品_4

室内はすべて純金箔、純金泥、純金砂子で仕上げられ、彩色木彫と日本画に囲まれた美しさは息を呑むほどの絢爛豪華さです。床柱は左右ともに巨大な檜で、精巧な彫刻(中国の漁樵問答の一場面)が施されています。格天井には菊池華秋原図の四季草花図、欄間には尾竹竹坡原図の五節句が極彩色に浮彫されています。

Comments

 
こんばんは
いつもありがとうございます
ねぶた迫力ありますね実際はどんな感じで見えるか非常に興味津々
です、明日久しぶりに撮影に出かけます
金魚のアクアと兵馬俑の展示に行ってきます
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
今年も行かれたのですね、
目黒雅叙園「和のあかり」展♪
伝統の祭り「ねぶた」も素晴らしいですが、
欄間の浮彫や浮彫、床柱の彫刻に格天井の素晴らしさに圧倒されますね!
やっぱり行かなくてはいけませんかね~汗)
 
こんにちは
まさに芸術ですね。
それをしっかりと綺麗に写真で再現されているのがすごいです。
力強く、それでいて幻想的でありますね^^
 
こんにちは。
すごい迫力ですね!
ホテル内部の豪華さもプラスされてすごく迫力のあるお写真で見入ってしまいました。
実家が近くなので以前から遊歩道はよくわんこたちと散歩してきたのですが、内部を見せていただいたのは久しぶりでした(*´▽`*)
 
こんにちは。
いまでこそ侘び寂びが日本文化の象徴のようになってきますが
かつての寺社仏閣もほとんどが彩色され鮮やかだったとか。
侘び寂びはゆとりがあってこその美意識でしょうね。
一般的には豪華なものに憧れをいだいたんでしょう。

ryu
 
AzTakさん、こんばんはー
欄間の浮彫は立体的で手が込んで見事です。
その下の二枚の日本画は優雅で淑やかな雰囲気が漂っているようです。
朱色の着物姿は女の子の可愛らしさを引き出していて、ノスタルジーでしょうか。

それにしても雅叙園は、大変豪華な所ですね。
お写真は迫力ですー!!
AzTakさん 
こんばんは
よくもまあこんなに集めたもんです!
素晴らしい!
Re: タイトルなし 
> こんばんは

sanbarikiさん、こんばんは。

> いつもありがとうございます
> ねぶた迫力ありますね実際はどんな感じで見えるか非常に興味津々
> です、明日久しぶりに撮影に出かけます
> 金魚のアクアと兵馬俑の展示に行ってきます

私の方は何も考えずにバチバチ撮るだけなので、そこには撮り手の石も糞もあったものではありません。お恥ずかしい限りです。
今日は、EOS 7D markII のパラメータセットの勉強をも兼ねて、都市対抗野球大会に行ってきました。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 今年も行かれたのですね、
> 目黒雅叙園「和のあかり」展♪
> 伝統の祭り「ねぶた」も素晴らしいですが、
> 欄間の浮彫や浮彫、床柱の彫刻に格天井の素晴らしさに圧倒されますね!
> やっぱり行かなくてはいけませんかね~汗)

ぜひ、お出掛けください。下手っぴぃが撮ったのと、ご自身で見られるのとでは感じ方が随分違って見えるかと思います。
こんばんは 
ねぶた、カッコいいですね! ワクワクします^^
床柱の彫刻も素晴らしい~~
こう言う場所で撮影してみたいな^^
Re: タイトルなし 
> こんにちは

八咫烏さん、こんばんは。

> まさに芸術ですね。
> それをしっかりと綺麗に写真で再現されているのがすごいです。
> 力強く、それでいて幻想的でありますね^^

被写体が素晴らしいのが全てでしょう。どうも自分では納得がいかないのです。
いつか、自分でも納得の1枚が撮れるようになればと思っています。
 
ワァ~びっくり
迫力ありますね 

これは毎年開かれるのですか?
この間雅叙園脇の坂道を上って来たばかりなのに
あの近くに知り合いが居るのですよ
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

ブーくんさま、こんばんは。

> すごい迫力ですね!
> ホテル内部の豪華さもプラスされてすごく迫力のあるお写真で見入ってしまいました。
> 実家が近くなので以前から遊歩道はよくわんこたちと散歩してきたのですが、内部を見せていただいたのは久しぶりでした(*´▽`*)

私には『和の灯り』のテーマはかなり重すぎる感じです。
ここで撮ってみたいのは雛人形展なのですが、そちらは撮影可ではないんですよね。今年は撮影可になっていないか、案内をドキドキしながら見るのですが、いつもがっかりし続けています。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> いまでこそ侘び寂びが日本文化の象徴のようになってきますが
> かつての寺社仏閣もほとんどが彩色され鮮やかだったとか。
> 侘び寂びはゆとりがあってこその美意識でしょうね。
> 一般的には豪華なものに憧れをいだいたんでしょう。
>
> ryu

ここは、昭和の初期に当時の金持ち階級の話題になり、常連になってもらうべく、こうした趣向を用意したようです。成金趣味だと思った人はリピーターにならず、なかなかのものじゃないかと思った方は、リピーターになったのかもしれませんね。

本当か嘘かわかりませんが、中華料理の店に行くとおなじみの回る円卓。あれは、ここで始めたものだとか。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんはー

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 欄間の浮彫は立体的で手が込んで見事です。
> その下の二枚の日本画は優雅で淑やかな雰囲気が漂っているようです。
> 朱色の着物姿は女の子の可愛らしさを引き出していて、ノスタルジーでしょうか。
>
> それにしても雅叙園は、大変豪華な所ですね。
> お写真は迫力ですー!!

足腰の状態が良くなくなってから、不用意に転倒し、そのへんのものを壊しはしないかと、何時も心配しています。
百段階段から下りて、コモンスペースの喫茶コーナーに来るとホッとします。こちらも決して馬鹿にしたものではありません。

Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> よくもまあこんなに集めたもんです!
> 素晴らしい!

本当にそうですね。これでモトが取れるまでには相当な期間がかかったことでしょうね。施主の懐具合もすごかったんですね。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> ねぶた、カッコいいですね! ワクワクします^^
> 床柱の彫刻も素晴らしい~~
> こう言う場所で撮影してみたいな^^

夏の間の期間限定のイベントです。残念なのは、撮影可になるのは夏の2ヶ月、このイベントだけなんですよ。

PS.今日都市対抗野球大会の1回戦2試合を見てきました。淀屋橋の会社は相手投手に牛耳られて、完封負けを喫しました。
門真の会社も相手にはかなり打ち込まれ、自分たちは殆ど打てない感じでした。それでも相当に粘りましたが、最後に突き放されて惜敗。山形県勢が本大会に勝ったことはなかったのですが、不名誉な敗戦記録として名前が残ることになりますね。
Re: タイトルなし 
ぴあのさん、こんばんは。

> ワァ~びっくり
> 迫力ありますね 
>
> これは毎年開かれるのですか?
> この間雅叙園脇の坂道を上って来たばかりなのに
> あの近くに知り合いが居るのですよ

毎年開かれてくれるといいですね。昨年と今年と連続して開催されています。百段階段を使用したイベントは1年中行われるのですが、撮影可なのは、このイベントだけです。
目黒駅と雅叙園間をシャトルバスが往復しています。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR