散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

またもや日本民家園に行ってきた(1)

ネタ切れが迫っていたので、今にも雨粒が落ちてきそうな天候の中、日本民家園に行ってきた。当初は江戸東京たてもの園に行くつもりで居たが、分厚い雲に恐れをなして、急遽行き先変更をした。

(0)原家住宅(市重歴)
日本民家園の他の建物はいずれも江戸以前の建物だが、この原家住宅のみ明治の建物で、瓦葺の屋根となっている。しかし、それで軽く見てはいけない。建築には22年もの長い年月をかけているのだ。
明治44年(1911)4月16日上棟というから、実際に住み始めたのは昭和になってからだろうと思った。ところが、全然違っていたようで、明治24年から22年の歳月をかけて大正2年に完成したとのことだ。上棟までに異常に長い年月を掛けた総ケヤキ造りの豪壮な2階建ての民家なのだ。

(0)原家住宅(市重歴)_1
(0)原家住宅(市重歴)_2
(0)原家住宅(市重歴)_3
(0)原家住宅(市重歴)_4
(0)原家住宅(市重歴)_5
(0)原家住宅(市重歴)_6
(0)原家住宅(市重歴)_7
(0)原家住宅(市重歴)_8
(0)原家住宅(市重歴)_9
(0)原家住宅(市重歴)_10
(0)原家住宅(市重歴)_11
(0)原家住宅(市重歴)_12
(0)原家住宅(市重歴)_13
元の敷地に一部残っている分
(0)原家住宅(市重歴)_14
(0)原家住宅(市重歴)_15
(0)原家住宅(市重歴)_16

今回は、撮影にEOS 7D Mark IIを使用した。まだ、使い慣れていないせいで、『えい、ままよ』とばかりに撮りまくった。パラメータ指定の仕方をよく理解しておらず、シーンインテリジェントオートでストロボ発光禁止にしていなかった。これはちょっといろいろな面でまずかったような気がする。次回から、注意したい。

Comments

お早う御座います! 
新しいカメラで撮られたようですね。
最近のカメラは機能が多くて覚えるのが大変です。
私はカメラに付いてくる取説は見たことはないですが、カメラを買う前にムック本を買って読んでいます。
取説でなくムック本の方が分かりやすい様に思います。

然しお元気ですね~~~色々なところにお出かけになっていて驚きます。
色々なところをご存じのようですが、何か資料をお持ちなんでしょうか?
 
こんにちは。
日本でも集落単位では伝統的な家屋が見られますが
大都市では京都以外は皆無って感じですね。
元々木造だし、自然災害大国だし、戦争はあったし
奇跡的に残った数少ない伝統的家屋を末永く大事に保存して欲しいですね。

ryu
AzTakさん 
こんにちは
総欅造りの民家は、他には無いのでは?
神社仏閣でも、総欅造りは現代では欅材が無くて難しいようです(知り合いの宮大工さんの話、欅が出た、と聞けば仕事を置いといてでも見に行くそうです)
材を求めていたりすると22年位はかかるかもしれませんね。
こんにちは 
総ケヤキ造りの二階建てですか!
凄いな~~ 瓦も立派!
この重さを支える日本建築の素晴らしさに感動します^^
日本民家園 
なんか、どこにでもあるような気がしますけど。登戸にも、確か日本民家園って大学の横にありましたよ。全て、ばらして、移動してきたみたいだけど。
凄い豪邸ですね 
ただただため息をつくばかりです。こんな建物が残っているのですね!!
江戸東京たてもの園は 百年名家でも見ていました。建てた方のこだわりが多すぎて 庶民には理解出来ませんね。
Re: お早う御座います! 
hiro、さん、こんばんは。

> 新しいカメラで撮られたようですね。
> 最近のカメラは機能が多くて覚えるのが大変です。
> 私はカメラに付いてくる取説は見たことはないですが、カメラを買う前にムック本を買って読んでいます。
> 取説でなくムック本の方が分かりやすい様に思います。

高機能のカメラを活かす使い方をしなければいけないとは思うのですが、まずはどんなふうにパラメータを設定すべきか、全体がわかるように整理して提示してくれているものは今のところ見つかっていません。
仕方がないので、自分で、調べて書き残すようにしたいと思っています。ムック本も知りたいところが要領良く書かれておらず、舌足らずな感じです。

> 然しお元気ですね~~~色々なところにお出かけになっていて驚きます。
> 色々なところをご存じのようですが、何か資料をお持ちなんでしょうか?

いまは仕事をしていないので、時間はたっぷりあります。車を所有していないので、基本的に公共交通機関利用で行けるところが中心になります。
以前は歩くのが大好きだったんですが、右膝の靭帯部分断裂で人並み以下になってしまいました。それで空振りするわけにはいかないので、写真が撮れそうなところを下調べして、行くようにしています。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 日本でも集落単位では伝統的な家屋が見られますが
> 大都市では京都以外は皆無って感じですね。
> 元々木造だし、自然災害大国だし、戦争はあったし
> 奇跡的に残った数少ない伝統的家屋を末永く大事に保存して欲しいですね。
>
> ryu

本当はもともと建物があった場所に保存するのが一番なのでしょうが、いろいろな事情があるのでしょうね。そこには残しておけない事情があったようです。其れを川崎市がうまく集めたようです。
それが良かったどうかは別問題として、民家園をスタートさせたからには、うまく運営して長もちさせてもらいたいものです。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 総欅造りの民家は、他には無いのでは?

あるかどうか知りませんが、極めて少ないことでしょうね。

> 神社仏閣でも、総欅造りは現代では欅材が無くて難しいようです(知り合いの宮大工さんの話、欅が出た、と聞けば仕事を置いといてでも見に行くそうです)
> 材を求めていたりすると22年位はかかるかもしれませんね。

明治24年から22年の歳月をかけて大正2年に完成したそうです。その頃でも、ケヤキ材は払底していたのでしょうかね。
確かなことは、かなりの重量級の私が歩きまわっても、重みに耐えかねて悲鳴を上げるようなことはないということです。相当にガッチリと造ってある感じですね。総欅造りの実力の程を垣間見た気がしています。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 総ケヤキ造りの二階建てですか!
> 凄いな~~ 瓦も立派!
> この重さを支える日本建築の素晴らしさに感動します^^

渋谷の旧朝倉家住宅も素晴らしかったですが、あちらは総ケヤキ造りというような無謀なことは考えなかったようです。杉でも何でもうまく使えれば利用したようです。
こちらは『時間がかかっても何でもいいから、とにかく造れ』という大号令がかかったのでしょうかね。凄いものです。

いま、このお屋敷の後には、超豪華で大きなマンションが建っています。いくら2000坪の敷地でも、このお屋敷を残すわけにはいかなかったのでしょうね。ということで、こちらに寄付されたようです。
Re: 日本民家園 
senri32さん、こんばんは。

> なんか、どこにでもあるような気がしますけど。登戸にも、確か日本民家園って大学の横にありましたよ。全て、ばらして、移動してきたみたいだけど。

senri32さんが言及しているものと、同じものだと思いますよ。専修大学の生田キャンパスと隣接した施設ですよね。
各地に古民家が1-2軒と言うのはかなりあるとは思いますが、これだけの規模のものは他には無いと思います。唯一勝てそうなのは、横浜の三渓園くらいなものでしょう。
これ以降に取り上げるものはすべて江戸以前の建物(古民家)です。当時の豪農の生活ぶりを想像できるものになっています。貧農の家屋は朽ち果てて残ってないでしょうね。ということで、なかなか豪勢な施設です。
三渓園の方は、古民家というよりは、由緒ある古い建物が中心です。
Re: 凄い豪邸ですね 
tugumi365さん、こんばんは。

> ただただため息をつくばかりです。こんな建物が残っているのですね!!

本来ならば、まだまだ住み続けることができる建物ではありましたが、そういうことを許さない相続法や地代の高さが、元の敷地に超高級マンションを建設させることになったのでしょう。
ということで100年ちょっとの経年物件でしかありませんが、早くもこちらに寄付されて移ってきたようです。

> 江戸東京たてもの園は 百年名家でも見ていました。建てた方のこだわりが多すぎて 庶民には理解出来ませんね。

江戸東京たてもの園は、ちょうど100年位経過した住宅が多いようです。
こちらの日本民家園は、これ以降登場するものは、全て江戸時代以前の古民家です。つまり、こっちのほうが古い建物が多い感じです。古ければ良いというものではありませんが。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR