散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

観音崎にて(2)

神奈川県立観音崎公園
ボードウォークから観音崎公園へ向かう
最初は小さく見えていただけ。当然ながら、観音埼灯台も見えていない。
ボードウォークから観音崎公園へ向かう_1
斜面には山紫陽花が自生している
ボードウォークから観音崎公園へ向かう_2
その昔、何に使用したものだろうか?気になっているが、疑問解消には至っていない。
ボードウォークから観音崎公園へ向かう_3
だんだん近づいてきた。
ボードウォークから観音崎公園へ向かう_4
ボードウォークから観音崎公園へ向かう_5
ボードウォークから観音崎公園へ向かう_6
ボードウォークから観音崎公園へ向かう_7
ボードウォークから観音崎公園へ向かう_8
京急ホテルはあんなふうに見える
ボードウォークから観音崎公園へ向かう_9
観音崎公園にて
航行する船舶
昼下がりなので絶対数が少ないのか、大型船の航行はなかった。この程度でも最大級だった。つまらないなあ。それにしてもコンテナをあんなに積み上げて大丈夫なのだろうか?
観音崎公園にて_1
観音崎公園にて_2
この狭い海域でも釣り船は頑張っている。多分絶好の釣り場なのだろう。
観音崎公園にて_3
観音崎公園にて_4
ああいうのははた迷惑なことだろう
観音崎公園にて_5

ちょっと、灯台が見える辺りまで歩くことにする

途中の道筋
石畳なのだ
観音崎公園にて_6
観音崎公園にて_7
こんなものがあった
観音崎公園にて_8
観音崎公園にて_9
観音崎公園にて_10
ヤマアジサイが所狭しと咲いている
観音崎公園にて_11
行基菩薩所縁の洞窟
観音崎公園にて_12
観音崎公園にて_13
観音埼灯台
やっと灯台が見えてきた。3代目ではあるが、初代は日本最古の洋式灯台か。
観音崎公園にて_14
観音崎公園にて_15
観音崎公園にて_16
観音崎公園にて_17
観音埼灯台は、日本の灯台。日本最古の洋式灯台として神奈川県横須賀市、三浦半島東端の観音崎に立っている。白色八角形の中型灯台で、日本の灯台50選に選ばれている。東京湾、浦賀水道を照らし、東京湾海上交通センターとあわせ海上交通が輻輳する浦賀水道航路の安全に寄与している。また日本初の洋式灯台であり、この灯台の着工日を記念して11月1日が灯台記念日に指定された。初代の設計はレオンス・ヴェルニー等が担当したが、大正時代の地震により2度再建され、現在の灯台は3代目にあたる。周辺は県立観音崎公園となっており、自然環境が保護されている。
観音寺跡
此処に観音寺があったから、観音崎と呼ばれるようになったのか。
観音崎公園にて_18
観音崎公園にて_19
西脇順三郎の詩碑
ルナンという学者のことは知らないなあ。詩の内容を考えていたら、完全に足が止まってしまった。
観音崎公園にて_20

今回はこれにておしまい。次回行く時には、走水なども見て回りたい。

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
今度は観音崎ですか!
本当にタフですね!
足腰の痛みは無理を重ねたおかげで
少しは良くなったのでしょうか?笑)
こんなところに無縁仏が眠っているとは・・・
おはようございます! 
腰大丈夫ですか? ほんまタフですね・・・、無理されるとあとからきますよ!

灯台、上まで登れるって珍しいですね~
http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
観音崎灯台を散歩したような気持になりました ジェットボートは・・迷惑でしょうね・・遠くでやってほしい・・こちらでも 時々危ない光景を見かけるので特にそう思いました  素敵な小道ですね 山アジサイがきれいです(*'▽')
 
前回の遠泳について 狭い海域の所を泳ぐには 船にぶつからないか心配していましたが 親切な回答有難うございました。今更ですがAzTakさんのブログで登場のヴェルニー公園は灯台設計者のお名前だったんですね。寂光土にある墓石 上手な言葉が見つかりませんが・・・時間がつながっているのですね。
 
AZTAKさま こんにちは
梅雨のさなかで、天候不順な時期ですが、相変わらず彼方此方と頑張っておられますね。
足腰の痛みは大丈夫ですか、気を付けてください。
観音崎灯台は、初代は日本最古の洋式灯台だったのですね。
現在は立派な灯台が立ち、今でも役目を立派に果たしているようですね。
展望台まで上がれるようですが、ここからの眺めは一望出来て綺麗なことでしょう。
アジサイも沢山自生しているようですから綺麗でしょうね。
AzTakさん 
こんにちは
灯台50選なんてのも有るんですね
観音崎灯台は現役なんですか?
上まで登れる灯台は珍しいかも知れませんね。
行ったら、登ってみたい!
 
こんにちは。
偶然でしょうがNHK『ぶらタモリ』も横須賀編だったのでとても興味深く拝見しました。

ryu
荒崎なんかも隠れスポット 
浦賀すいどうも凄いが、京浜運河はもっと凄い。荒崎なんかも、隠れスポットです。なんもないけど。岩場の海岸沿いに散歩道があります。気分爽快になりますよ。
 
こんにちは

観音崎の長閑な休日の風景、なんだか癒されました。
横須賀方面は未踏の地、行ってみたくなりました。
浦賀水道をフェリーで渡って、東京湾1周とか楽しそうですね。
こんにちは 
ヤマアジサイとガクアジサイ、そっくりさんですね~~
僕には絶対見分けがつきません(^^;
灯台、カッコいいですね^^
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 今度は観音崎ですか!
> 本当にタフですね!
> 足腰の痛みは無理を重ねたおかげで
> 少しは良くなったのでしょうか?笑)

恥ずかしながら、腰には医療用コルセットを装着し、更に脹脛にはかなりキツ目のサポータを装着して、何とかだましだまし歩いています。それでも痺れが出ない訳ではなく、毎日の一定数以上の歩数の積み重ねが必要かなと思っています。

> こんなところに無縁仏が眠っているとは・・・

何度も通っているのですが、今まで気が付きませんでした。もうちょっと行くと、東京湾防衛のために会津藩士が詰めていた時があり、この地で亡くなられた方の墓があるとは聞いています。そういう方の墓なのか、よくわかりません。
潮騒が子守唄代わりになっていいですよね。小学校も中学校も潮騒が聞こえてきたんです。良い子の私めは、引き込まれるように眠っていました。
Re: おはようございます! 
kazさん、こんばんは。

> 腰大丈夫ですか? ほんまタフですね・・・、無理されるとあとからきますよ!

医療用サポータをがっちり装着して、何とか。ついでに脹脛にもサポーターを装着しています。
これ以上はどうしようもありませんが、装着しないよりはマシでも、足の痺れが完全に防止されるわけではありません。なので、時々休んで、屈伸運動などを繰り返しています。

> 灯台、上まで登れるって珍しいですね~

今回は、それほど万全の調子ではないので、真下までは行きませんでした。行けば、それほど高い灯台ではないので、料金の内と割切って、上ります。高所恐怖症なので、生きた心地がしません。なるべき遠くを見るようにして、早々に降りてしまいます。
Re: http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
sonophotoさん、こんばんは。

> 観音崎灯台を散歩したような気持になりました ジェットボートは・・迷惑でしょうね・・遠くでやってほしい・・こちらでも 時々危ない光景を見かけるので特にそう思いました  素敵な小道ですね 山アジサイがきれいです(*'▽')

なるべく他人様の顔が入らないようにしました。これからの季節はかなりの人出です。水着姿の方が多いので、爺さんには多少目の毒気味です。
パワーボートが混み合っているところを減速もせずに通過するのは怖いですねえ。自損事故だけならまだしも、巻き込まれたりしたら、迷惑もいいところです。事故を起こさないとしても、釣りをしている人の大迷惑です。傍迷惑という観念が欠如しているのでしょうか。
Re: タイトルなし 
tugumi365さん、こんばんは。

> 前回の遠泳について 狭い海域の所を泳ぐには 船にぶつからないか心配していましたが 親切な回答有難うございました。今更ですがAzTakさんのブログで登場のヴェルニー公園は灯台設計者のお名前だったんですね。寂光土にある墓石 上手な言葉が見つかりませんが・・・時間がつながっているのですね。

ヴェルニー氏は、すごい人ですよ。横須賀の近代施設建設にほとんど関与しています。いずれ取り上げる横須賀の水源地も。無駄飯食いの西洋人が多かった中で、本当に近代日本の礎を築いてくれた人物だと評価しています。

寂光土にある墓石は、何度も通っている道のそばにありました。気づいてあげられなくて、申し訳ないことでした。今までの分も、お詫びして、安らかに眠られるように祈ってきました。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 梅雨のさなかで、天候不順な時期ですが、相変わらず彼方此方と頑張っておられますね。
> 足腰の痛みは大丈夫ですか、気を付けてください。

あまり自宅にこもってばかりでも、かえってよくないと思い、それなりの装備をして出掛けています。

> 観音崎灯台は、初代は日本最古の洋式灯台だったのですね。
> 現在は立派な灯台が立ち、今でも役目を立派に果たしているようですね。
> 展望台まで上がれるようですが、ここからの眺めは一望出来て綺麗なことでしょう。

それまで浦賀水道を照らしていたすぐ隣の西浦賀の和式の灯台であった燈明堂に代わり、外圧によって造らされた灯台です。明治2年に初点灯されました。
幕末の1866年(慶応2年)、アメリカ、イギリス、フランス、オランダと結んだ「改税条約」(江戸条約)によって建設を約束した8ヶ所の灯台(条約灯台)の一つで、最も早く完成・点灯したそうです。多分、必要度も他とは比べ物にならないくらい高かったのでしょう。

> アジサイも沢山自生しているようですから綺麗でしょうね。

自生しているものですから、種類があるわけではありませんが、勢いはすごいものです。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 灯台50選なんてのも有るんですね
> 観音崎灯台は現役なんですか?

勿論、現役です。『喜びも悲しみも幾歳月』の冒頭に登場する灯台です。いまは、無人化されていますが。

> 上まで登れる灯台は珍しいかも知れませんね。
> 行ったら、登ってみたい!

内部の見学が可能な灯台を『参観灯台』というようです。
ご案内することがあったとしても、私は下でお待ちしています。海抜0mの地点から急な坂道を青息吐息で登り、37mの高さに達し、そこから19mあるようです。つまり、56mも上るということになります。
勿論よく見えます。その分、非常に怖いと感じます。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 偶然でしょうがNHK『ぶらタモリ』も横須賀編だったのでとても興味深く拝見しました。
>
> ryu

昨日放送だったんですね。見落としてしまいました。

横須賀の嘗てのメインは浦賀でした。それが、新政府になってから、横須賀港の辺りが中心に代わっていきました。長いこと、日本海軍の本拠地になっていました。それが、敗戦で、米軍に取って代わられました。それでも、一貫して、海軍の街であったのは、間違いがないことです。
いま、横須賀の歓楽街のメインであるドブ板通りは、沖縄の事件発生を受けて、外での飲酒が禁止されています。ということで、急に火が消えたようになってしまっています。
私が高校生の頃、ベトナム戦争で神経をすり減らした米兵が生命の洗濯にやってきていました。その頃のドブ板通りは物凄く怖いところでした。
Re: 荒崎なんかも隠れスポット 
senri32さん、こんばんは。

> 浦賀すいどうも凄いが、京浜運河はもっと凄い。荒崎なんかも、隠れスポットです。なんもないけど。岩場の海岸沿いに散歩道があります。気分爽快になりますよ。

京浜運河ですか。現役の頃、割と近くのビルに居ましたが、あまり良くは見えませんでした。キリンがいっぱい並んでいるような印象がありますが、そんなにいいですか。その内行ってみましょう。
荒崎海岸は自宅から下は海パン姿で片道1時間ほど掛けて歩いて行きました。一泳ぎして、また歩いて帰ってきました。昔は私も元気だったんですね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

オトーサンさま、こんばんは。

> 観音崎の長閑な休日の風景、なんだか癒されました。
> 横須賀方面は未踏の地、行ってみたくなりました。

のんびりしたいいところだと思います。その手前が走水。日本武尊が登場する土地です。更に、手前辺りになると、これまた絶景がひろがります。

> 浦賀水道をフェリーで渡って、東京湾1周とか楽しそうですね。

そうでしょうね。その時は、どこかで1泊したほうがたっぷり楽しめるかもしれませんね。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> ヤマアジサイとガクアジサイ、そっくりさんですね~~
> 僕には絶対見分けがつきません(^^;

ふふふ、私もよく知りません。ヤマアジサイかなと思っていますが、確認したわけではありません。(^_^;)

> 灯台、カッコいいですね^^

シンプルですが、いいですね。茅ヶ崎沖が震源だった関東大震災で壊れ、今のものは3代目だそうです。それからは、ずっと同じものだそうです。
今回は、崖の下から見上げただけで失礼してしまいました。灯台の真下までいくには、急坂を標高にして40mほど上らなくてはいけませんから。無理をすると、大汗をかいて、息が切れ、なおかつ足腰にダメージが来そうです。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR