散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

五色沼~喜多方~いわき(3)

五色沼自然探勝路(3)
青沼
びっくりするほど綺麗な色だ。
青沼_1
青沼_2
青沼_3
青沼_4
青沼_5
青沼は小さいながら五色沼湖沼群の中でも最も青白色に光っています。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
るり沼から5分。水生植物の群生が見られる。るり沼の水が次に流れてきているのが青沼です。青く神秘的なコバルトブルーの美しい沼です。

柳沼
特徴ある沼がひしめき合っている中で、この柳沼だけはごく普通の沼に見えた。確かに紅葉の季節には美しいことだろうと思うが。
柳沼_1
柳沼_2
柳沼_3
柳沼_4
裏磐梯物産館近くの沼。紅葉の季節にはカエデやウルシで美しく染まる。

五色沼とは五色沼探勝路沿いにある20〜30の沼の総称である。この一帯は国立公園の「特別保護地区(特に厳重に景観を保護する地域)」に指定されている。
コースからは、毘沙門沼をはじめ様々な色をした沼を眺めることができ、1888年の磐梯山噴火のときに流れ落ちてきた大きな岩や噴火後に行われた植林事業で植えられ大きく育ったアカマツを見ることもできる。
コースの道幅が広いので歩き易いが、岩がごろごろしていたり雨の日にはぬかるみができたりするので注意が必要。またコースの一部では植生保護のために木道を設置してある場所があり、狭いところもあるので歩道から外れないよう注意して欲しい。また例年4月下旬までは歩道上に残雪があり、歩きにくい状態である。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
五色沼は実にさまざまな青色を見せてくれます。その中の一つの沼はアシの根元に、酸化鉄の沈殿物が付着し赤みがかってるものもあり、赤沼と呼ばれます。
五色沼の水の色は、水中の微粒子の大きさによります。例えば、大きな微粒子ですと、光のスペクトルが含まれています。アロフェンは主としてアルミニウムや珪酸などからできています。アロフェンは強酸性の水では形成されません。磐梯山の噴火口から五色沼へ流れ出る酸性の水は温泉のアルカリ成分によって中和されます。青沼、瑠璃沼、弁天沼、竜沼、みどろ沼や毘沙門沼はアロフェンのために青白色しています。


昼食休憩
五色沼自然探勝路を1時間強歩きまわり、出発時からずっと不調だった足腰が言うことを聞かない。仕方なく、少し長めの昼食を取ることにした。おあつらえ向きの食事処があった。星野リゾート 裏磐梯レイクリゾート(旧 裏磐梯猫魔ホテル)の5階にある和食レストラン「和楽」だ。
『裏磐梯猫魔ホテル』だったところか。裏磐梯猫魔スキー場に行こうなどと考えていたことがあったが、残念ながら実現しなかった。
昼食休憩_1
5階にある和食レストラン「和楽」からの素晴らしい眺望。あの森を頑張って歩いてきたんだ、などと思いながら見ていた。食事を終えてからも、暫しボーッとしていた。
昼食休憩_2
昼食休憩_3
いくつか選択できるプチバイキングから、和食に合う漬物を中心に頂いた。福島に帰ってきた感じがした。
昼食休憩_4
注文したのは、『川俣軍鶏の親子丼(お椀付き)』。川俣軍鶏はものすごく美味しいので有名なものだ。評判に違わず、コクのある味わいを楽しめた。川俣町の産品としては、この他にシルクも有名だが、朴念仁の私には用のないものだ。
昼食休憩_5

Comments

はじめまして!! 
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
見せていただき、 siawase気分です。
眺めて、心和みました。

ご馳走、・・・・・・。
食べたくなりましたよ。ぜひ、・・・・・・。
 
AZTAKさま おはようございます

五色沼には沢山の沼があり、それぞれが違った景色を表して楽しませてくれます。
沼の水の色が摩訶不思議な色で神秘的です。
なぜか、眺めていると心癒される気がします。
AzTakさん 
こんにちは
川俣軍鶏の親子どんぶり、美味しそうですねえ
先日、名古屋へ行った時には、名古屋コーチンの鍋焼きウドンを頂きました
磐梯地方へ行ったら是非とも川俣軍鶏を頂きたいですねえ
 
こんにちは。
柳沼が普通の沼色なのは毘沙門沼や瑠璃沼とは水源が違うからです。

五色沼は毘沙門沼~桧原湖辺りに散在する大小40あまりの沼の総称ですが、その沼の水源は大きく分けて3つあるそうで、猫魔山方面の川を水源とする『もうせん沼・弥六沼・父沼・母沼・柳沼』グループと、磐梯山の噴火口近くの銅沼(アカヌマ)を水源とする『るり沼、青沼、弁天沼、毘沙門沼』グループと、『赤沼』のように流入口を持たない独立水系の沼だそうです。

また、毘沙門沼や深泥沼では湖底からの湧水もあるので場所により水質が異なるそうです。

ryu
こんにちは 
こんなコバルトブルーの池や沼は見たことがありませんが火山灰の性質によって色が変わるのでしょうか綺麗なものです。親子丼が美味そうです。
 
AzTakさん、こんばんはー
青沼の青白色は、なんとも言えない色を湛えて神秘的に見えます。
どの沼も樹木に囲まれた自然の中で、さらに映り込みでより綺麗ですねぇ。

秋の紅葉のカエデやウルシが染まるのを想像すると、この景色も
とても美しそうです^-^
Re: はじめまして!! 
siawasekunさま、こんばんは。そして、はじめまして。

> 素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
> 見せていただき、 siawase気分です。
> 眺めて、心和みました。

有難うございます。年に一度の故郷訪問なんですが、会津地方は住んでいたところからかなり遠く、虫食い状態でしか行ったことがありません。十分な故郷再訪記事になってはいなくて、ちょっと恥ずかしい限りです。

> ご馳走、・・・・・・。
> 食べたくなりましたよ。ぜひ、・・・・・・。

川俣の軍鶏は美味しいと評判なんですよ。どこにでも美味しいものはあるでしょうが、福島県にもありました。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま おはようございます

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 五色沼には沢山の沼があり、それぞれが違った景色を表して楽しませてくれます。
> 沼の水の色が摩訶不思議な色で神秘的です。
> なぜか、眺めていると心癒される気がします。

それぞれの沼によって、微妙に色が違いましたね。そこが五色沼の魅力でしょう。
個人的には瑠璃沼の一番状態が良い時の色を見てみたかったですが、何時間も粘るわけにもいかず、1-2分で妥協してしまいました。(^_^;)
本当に状態が良い時の写真を大々的にUPし、福島県に行きたいと思う気持ちを掻き立てるべきと思うのですが、やり方が下手な県です。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 川俣軍鶏の親子どんぶり、美味しそうですねえ
> 先日、名古屋へ行った時には、名古屋コーチンの鍋焼きウドンを頂きました
> 磐梯地方へ行ったら是非とも川俣軍鶏を頂きたいですねえ

川俣町は、最上級の絹織物で有名な街です。物凄く薄いシルクで他の産地では真似のできない技術を有しているのでしょう。奥様に買い求めればすごく喜ばれることまちがいなしでしょうが、その分、財布が軽くなってしまうかもしれませんね。
軍鶏の方は、最近、有名にしようと力を入れているようです。味わいが濃い感じがしました。こちらは食べても財布は痛みませんから、是非どうぞ。
一応申し添えますが、川俣町は福島市に隣接する街で、阿武隈高地の辺りの街です。県の面積では岩手県に次いで2番めの面積がありますが、多少の距離ならば、今はスイスイいけちゃいます。ということで、会津の料理人が川俣の軍鶏を使いたいとなれば、それが実現してしまいます。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 柳沼が普通の沼色なのは毘沙門沼や瑠璃沼とは水源が違うからです。
>
> 五色沼は毘沙門沼~桧原湖辺りに散在する大小40あまりの沼の総称ですが、その沼の水源は大きく分けて3つあるそうで、猫魔山方面の川を水源とする『もうせん沼・弥六沼・父沼・母沼・柳沼』グループと、磐梯山の噴火口近くの銅沼(アカヌマ)を水源とする『るり沼、青沼、弁天沼、毘沙門沼』グループと、『赤沼』のように流入口を持たない独立水系の沼だそうです。
>
> また、毘沙門沼や深泥沼では湖底からの湧水もあるので場所により水質が異なるそうです。
>
> ryu

そうでしたか。流石に地元の人は詳しいですね。柳沼がそれまで見てきた沼とは一線を画す感じだとは思いましたが、猫魔からの水でしたか。一度は猫魔でスキーをしたいなどと考えていましたが、実現しない内に爺さんになってしまいました。(^_^;)
そして、赤沼もちょっと違うんですね。
引っかかったところは、それなりの理由がありましたか。う~~ん。
Re: こんにちは 
めぐるさん、こんばんは。

> こんなコバルトブルーの池や沼は見たことがありませんが火山灰の性質によって色が変わるのでしょうか。綺麗なものです。

詳しくは、↓のTGRYUさんのコメントのとおりです。
色鮮やかなのは、流れ込んでくる水に含まれている鉱物資源の色だからなんでしょうね。更に、池の真下からも湧きだしたりしていて、微妙に色が変わるようです。五色というか、幽玄な水の色ですね。

> 親子丼が美味そうです。

ははは、有難うございます。プチバイキングでスイーツなどを選択せずに、漬物を食べる客はあまりいないのかもしれませんね。
福島育ちだなあと自分でも思いました。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんはー

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 青沼の青白色は、なんとも言えない色を湛えて神秘的に見えます。
> どの沼も樹木に囲まれた自然の中で、さらに映り込みでより綺麗ですねぇ。

そうですねえ。あの時は、足腰が猛烈に不調で、よくも写真を何枚か撮ったものだと、自分でも呆れたくらいでした。
落ち着いて良いカメラとレンズとで撮れば、申し分ない写真が撮れるのでしょうね。

> 秋の紅葉のカエデやウルシが染まるのを想像すると、この景色も
> とても美しそうです^-^

多分、そうなんだろうと思います。この五色沼と秋元湖(今回は残念ながらパス)とを見に行く価値は十分にあると思います。
マイカーがあれば、2泊して見落としの無いように回るのがお勧めでしょうかね。
こんばんわ! 
いい景色見て、美味しい空気吸って、うまいもん食べて、お泊りですか? いいですね!

腰だいじょうぶですか? 養生してくださいね。
Re: こんばんわ! 
kazさん、こんばんは。

> いい景色見て、美味しい空気吸って、うまいもん食べて、お泊りですか? いいですね!

アッシー君の都合で、1泊以上はできないんです。其れも必ず1日はいわきにいる日程なので、映画に描かれていた『超特急参勤交代』状態です。ご存じないと思いますが、あの湯長谷藩はいわきで石炭が見つかった一帯を治めていた弱小の藩なんです。今回、その石炭発見の地も見てきました。

> 腰だいじょうぶですか? 養生してくださいね。

最近、腰が良くない以上に脹脛の調子が良くなくて、15分以上歩くと、殆ど例外なく激しくしびれの症状が出ます。
『カーフサポーター』と称するふくらはぎに装着する加圧式サポーターを着用した時は、症状の出方がかなり抑えられるんですが、それでも完全ではなくて、…。かなり困っています。
今週の金曜日に日本三大祭の一つと言われる山王祭の神幸祭が賑々しく行われます。何とか其れを見たいと思っているのですが、こんな状態では、かなり厳しいですね。
 
福島県民です。

青沼、やっぱり綺麗ですね。
行きたくなりました。

旧猫魔ホテルはスキーに行った時宿泊しました。
皇太子ご夫妻が宿泊されたことで、その頃話題になっていました。
また、雅子さまの、屈託なく笑った顔が見たいです。

Re: タイトルなし 
ふくみみさん、こんばんは。

> 福島県民です。
>
> 青沼、やっぱり綺麗ですね。
> 行きたくなりました。

鍛えていらっしゃるから、いつでも大丈夫そうですね。足腰不調の私めは、脂汗をかきました。(^_^;)

> 旧猫魔ホテルはスキーに行った時宿泊しました。
> 皇太子ご夫妻が宿泊されたことで、その頃話題になっていました。
> また、雅子さまの、屈託なく笑った顔が見たいです。

そうでしたか。
雅子さまのご実家は、我が家からすぐのところなんです。ご成婚の時は、上空にヘルコプターがホバリングしていつまでも動かないもので、大変でした。あの笑顔が戻るといいですね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR