散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

諏訪大社御柱祭の上社山出しと山梨県の桜(21)

上社山出し二日目(2)
前宮一之御柱の木落し(2)
土埃がひどいので、朝取り出したままのカメラとレンズの組み合わせのまま。レンズ交換などしたら、カメラもレンズも使い物にならなくなってしまいそうだ。ということで2つのセットを取っ替え引っ替え使い分けた。今回分は次のセットで撮影した分。
Canon EOS M3+EF-S55-250mm f/4-5.6 IS
最初から物凄い土埃が舞っている。今日も大変そうだ。斜面で踏ん張るには、昨日の疲れが抜けていない。我が体調が心配だ。
前宮一之御柱の木落し(2)_1
前宮一之御柱の木落し(2)_2
前宮一之御柱の木落し(2)_3
いよいよ太綱が曳かれた。徐々に御柱が前に迫り出し始める。
前宮一之御柱の木落し(2)_4
ちょっとだけ見え始めたぞ
前宮一之御柱の木落し(2)_5
前宮一之御柱の木落し(2)_6
前宮一之御柱の木落し(2)_7
前宮一之御柱の木落し(2)_8
前宮一之御柱の木落し(2)_9
前宮一之御柱の木落し(2)_10
御柱がよく見える位置にまで引き出されてきた。メドデコに乗り人たちは得意満面のことだろう。
前宮一之御柱の木落し(2)_11
一番前で腰掛けている人は、相当な恐怖心があるのでは。私なら絶対に受けない役目だ。
前宮一之御柱の木落し(2)_12
ここでお決まりのセレモニー。喇叭隊や木遣の人も頑張る。当然、公式のカメラマンも此処が出番と張り切ることだろう。
前宮一之御柱の木落し(2)_13
前宮一之御柱の木落し(2)_14
前宮一之御柱の木落し(2)_15
前宮一之御柱の木落し(2)_16
さあ、いよいよ再開だ。もうすぐ御柱が落とされるぞ。
前宮一之御柱の木落し(2)_17
不用意に御柱が落下しないように後方では追い掛け綱が必死になって踏ん張っているはずだ。見えないところで頑張っている人たちに感謝。
前宮一之御柱の木落し(2)_18
前宮一之御柱の木落し(2)_19
あの赤旗が白旗に変わるまでは木落しは始まらない。そう思っているものの、いつそうなるかと固唾を呑む。
前宮一之御柱の木落し(2)_20
前宮一之御柱の木落し(2)_21
前宮一之御柱の木落し(2)_22
前宮一之御柱の木落し(2)_23
前宮一之御柱の木落し(2)_24
前宮一之御柱の木落し(2)_25
前宮一之御柱の木落し(2)_26
前宮一之御柱の木落し(2)_27
前宮一之御柱の木落し(2)_28
前宮一之御柱の木落し(2)_29
前宮一之御柱の木落し(2)_30
御柱の下側が擦れてすり減っているのがわかるだろうか。これから、急坂を落とされ、再び引きずられた後、川渡しの過酷な運命が待っているのだ。
前宮一之御柱の木落し(2)_31
前宮一之御柱の木落し(2)_32
前宮一之御柱の木落し(2)_33
前宮一之御柱の木落し(2)_34
落下の直前。歯を食いしばって衝撃に耐えようとしている様子が見える。
前宮一之御柱の木落し(2)_35

今回はこのカメラとレンズとの組み合わせでここまで

Comments

こんにちは。 
カメラを気にせねばならぬほどの土埃ですか?
それだけ勇壮なのでしょうね。
上に乗っている人はスゴイですね。
私は怖くて乗れそうもありません。
 
こんにちは。
木に乗っている人たちは誉れでしょうけど
恐怖心もやはりあるでしょううね。
電車の車窓から偶然見られた人は幸運ですね。

ryu
 
AZTAKさま こんにちは
御柱の先頭に乗って頑張っている人は、誉でしょうが、御柱がどんどんせり上がってきて、突然落下するのではないかと恐怖心も並みではないでしょうね。
迫力があります。
この坂を超えるといよいよ最後のクライマックスの川渡りですね。
 
こんにちは。もう画面を見ているだけで鳥肌がたちますね、
本当に怖い少しずつせり出して、一気に下ると思うと、
先頭に乗られている人は勇気がありますね、
ひつぱつている人もどきどきでしょう、あんな大きな、
木と人が下ってくるのですから。
AzTakさん 
こんばんは
ナカナカ落ちませんねえ
ヤキモキします
こんばんは 
イザ、斜面に滑り降りようとする前の緊張感が伝わってきますね。
空中に浮いたような状態の御柱先頭部分に乗っかっている人たちは気持ちが締まる事だと思います。
動きをコントロールするには全体の心がひとつになる事でしょうね。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> カメラを気にせねばならぬほどの土埃ですか?
> それだけ勇壮なのでしょうね。

物凄い土埃でした。防塵防滴仕様の高級機使用の方でもレンズ交換は憚られる感じだったように思いました。

> 上に乗っている人はスゴイですね。
> 私は怖くて乗れそうもありません。

下社の木落し坂は斜度が本当に急で、ブルってしまう感じでした。それに対し、こちら上社の木落し坂は斜度がそこそこでした。ずっとその斜面を見続けたので、恐怖感は多少麻痺したのかもしれません。怖いと思うか思わないか、ギリギリのところでしょう。
怖くても、メドデコが付いている限り、誰かが乗るしか無いのでしょうね。

なお、川渡しの時は前のメドデコのみに乗るようです。後ろのメドデコに乗せない理由は私にはわかりませんでした。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 木に乗っている人たちは誉れでしょうけど
> 恐怖心もやはりあるでしょううね。

前宮一之御柱では確認できなかったのですが、本宮二之御柱ではあの記念撮影の時にメドデコ要員全員の交代がありました。
名誉を担う人は予め決めていたのか、度胸満点の人を指名したのかわかりませんが。

> 電車の車窓から偶然見られた人は幸運ですね。
>
> ryu

本当に落下中のシーンは10秒位ですから、いくら徐行運転のサービスが有っても、タイミング良くは見られなかったと思います。せいぜい今回の迫り出し程度の状態が拝めた程度ではなかったかと。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 御柱の先頭に乗って頑張っている人は、誉でしょうが、御柱がどんどんせり上がってきて、突然落下するのではないかと恐怖心も並みではないでしょうね。
> 迫力があります。

そうですね。こちらも初めての生のシーンを見ているので、興奮しっぱなしでした。斜面に踏ん張っているので、意外に足腰がくたび入れました。
実際に白旗に変わると『Ready』で、指揮者が状況を確認して『Go』の合図になるのです。その瞬間の凄いこと。痺れました。

> この坂を超えるといよいよ最後のクライマックスの川渡りですね。

はい、そういうことになります。これがとんでもなく厳しいものでした。(´Д⊂グスン
Re: タイトルなし 
みこたんさん、こんばんは。

> こんにちは。もう画面を見ているだけで鳥肌がたちますね、
> 本当に怖い少しずつせり出して、一気に下ると思うと、
> 先頭に乗られている人は勇気がありますね、
> ひつぱつている人もどきどきでしょう、あんな大きな、
> 木と人が下ってくるのですから。

あれは、メドデコに乗っている人ばかりが緊張するのではなく、他の関係者も緊張します。
前宮一之御柱はメドデコが正しい状態で落下しましたが、本宮二之御柱はメドデコが傾き、引きずられた人が出たように見えました。また、メドデコから落ちた人も、ですが、其れを次の瞬間には、正しい状態に直しました。みな、瞬間瞬間で何をしなくてはいけないか、叩きこまれているのでしょう。
そんなふうなので、皆が緊張していたんだと思います。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ナカナカ落ちませんねえ
> ヤキモキします

今日から活動再開でした。明日は雨が降っていなければ、菖蒲園に行き、GW中には馬事公苑で馬術競技を見てきます。そうすれば、その次の仕込みもできそうです。
ということで、苦肉の小出し戦略展開中です。
というか、序破急でだんだん展開が早くなっていきます。正直に言えば、撮影ショット数が少なくなります。(^_^;)
Re: こんばんは 
めぐるさん、こんばんは。

> イザ、斜面に滑り降りようとする前の緊張感が伝わってきますね。
> 空中に浮いたような状態の御柱先頭部分に乗っかっている人たちは気持ちが締まる事だと思います。
> 動きをコントロールするには全体の心がひとつになる事でしょうね。

赤旗が白旗に変わる。でも、木落しの指揮者は四囲を厳しく観察します。
仰られる通り、気が一つになったその瞬間に『Go』サインを出すようです。
こんばんは 
いつ滑り降りるのだろう?とやきもきしながら
見ていましたが、降りませんでしたね~~
次回でしょうか?
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> いつ滑り降りるのだろう?とやきもきしながら
> 見ていましたが、降りませんでしたね~~
> 次回でしょうか?

申し訳ありません。次々回になります。その時にはドドーッと行きますので、お許し下さい。
実は私が待っていた時もそんな感じだったのです。赤旗がなかなか白旗に変わらない。その白旗に変わっても何か気配を伺っている感じだ。そんな感じだったのです。
関係者の気があったその瞬間に『Go』サインが出ました。

Body

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月15日(土)は、所属団体の年度総会開催で、私からのアクセスはかなり遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR