散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

諏訪大社御柱祭の上社山出しと山梨県の桜(20)

上社山出し二日目(1)
撮影場所を確保すべく、前宮一之御柱の曳き子の中に紛れ込んだ。
前宮一之御柱の木落し(1)
今回は木下し坂のスロープの突端にたどり着くまでの様子を取り上げる。ものすごい人でごった返している。戻ってもう一度見るというような芸当はできない。記憶に焼き付けるしかなさそうだ。
後方から近づく。盛んに気勢を上げている。朝一番だから、まだまだ元気いっぱいの様子だ。若い人たちは一晩で疲労が回復しちゃうんだ。
後方から近づく_1
後方から近づく_2
後方から近づく_3
後方から近づく_4
後方から近づく_5
後方から近づく_6
後方から近づく_7
後方から近づく_8
必死になって、押し分け掻き分け、御柱の前方に出ることができた。奴凧のような『前宮一』の表示が誇らしく見える。
必死になって、押し分け掻き分け、御柱の前方に出ることができた
前宮一之御柱の喇叭隊。ド派手だなあ。
前宮一之御柱の喇叭隊
この木落し坂のマウンド先端(画面右端)から御柱を落とす。物凄い曳き子の数。誰しも最後まで御柱の様子を見ていたいところだ。
この木落し坂のマウンドから御柱を落とす
御柱は御柱街道から右に入り、スロープを上ってくる。物凄い壮観だ。
御柱街道から右に入り、スロープを上ってくる_1
御柱街道から右に入り、スロープを上ってくる_2
御柱街道から右に入り、スロープを上ってくる_3
斜面の様子
斜面の様子_1
斜面の様子_2
斜面の様子_3
川の向こう側の有料観覧席。相当に遠くて、しかも、斜めから見る感じか。私だったら、…。
斜面の様子_4
斜面の様子_5

ここまでの様子は、斜面下に下りたら再び上がるのが困難なため、撮影は一度きりになる。こんな状況だったと覚えておいてほしい。おそらく、『本宮二之御柱』でも、同様のような状況だったと思われる。

Comments

 
凄い動員力ですね。この祭りの規模の大きさには驚かされます。
これだけの人を集める力のある祭りも多くはないでしょう。
素晴らしい日本の祭り文化だと思います。
 
こんにちは。
祭りの起源は諸説あるようですが
文献にあるだけでも平安時代から面々と続いているなんて
凄いお祭りですね。
古代の出雲大社は50mもあったとされるようで
天を突くような巨木信仰もなるほどですね。

ryu
Re: タイトルなし 
JSKさん、こんばんは。

> 凄い動員力ですね。この祭りの規模の大きさには驚かされます。
> これだけの人を集める力のある祭りも多くはないでしょう。
> 素晴らしい日本の祭り文化だと思います。

そうですね。6年に1度だということも関係しているのでしょうね。これを逃すと、6年待たなくてはいけないと思う気持ちが、人をして会場に足を運ばせるのでしょうね。特に2日目は効率的に目玉のイベントを見ることができるので、人気が高いようです。
何回も行っている方は、どこが見やすい場所かなどがわかっているのでしょうが、右往左往する人がほとんどのようでした。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 祭りの起源は諸説あるようですが
> 文献にあるだけでも平安時代から面々と続いているなんて
> 凄いお祭りですね。
> 古代の出雲大社は50mもあったとされるようで
> 天を突くような巨木信仰もなるほどですね。
>
> ryu

とにかくわかっているのは、非常に古くから、営まれてきたお祭りであるということでしょうね。
GWに行われる上社の里曳きの最終日に新しい御柱は四隅に建てられます。私は、御柱が結界の働きをしているのだと思っていましたが、もう今までの御柱が引きぬかれ、『御柱休め』の状態にあるそうです。
してみると、結界説は違うのでしょうか。よくわかりません。

http://yatsu-genjin.jp/onbasira/topix04/yasume.htm
AzTakさん 
こんばんは
御柱には諸説あるようですが、巨木信仰、自然崇拝などが入り混じったものかもしれません
暴れ者の神様を閉じ込めておく一種の結界であろうと思いますが?
信濃の国から出てはいけない、諏訪から出てはいけない、御柱の枠内から出てはいけない、・・・・カモね
こんにちは。 
どの方向にカメラを向けても人・人・人ですね。
若衆の晴れ舞台ですね。l
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 御柱には諸説あるようですが、巨木信仰、自然崇拝などが入り混じったものかもしれません
> 暴れ者の神様を閉じ込めておく一種の結界であろうと思いますが?
> 信濃の国から出てはいけない、諏訪から出てはいけない、御柱の枠内から出てはいけない、・・・・カモね

建っている御柱は何度も上社本宮で見ていましたが、御柱そのものを曳く機会がめぐってこようとは思いもしませんでした。その機会を与えていただき有難うございます。

それにしても大昔からのお祭りって、凄いものですねえ。
御柱が何を意味するものかの考察。永遠に結論は出そうにないかもしれませんね。それはそれで興味があります。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> どの方向にカメラを向けても人・人・人ですね。
> 若衆の晴れ舞台ですね。l

ものすごい人出でした。若い衆の晴れ舞台です。というか、若い衆の献身的な取り組みがなければ絶対に成立しないお祭りでしょう。こういうものが残っている風土。かなり羨ましく思いました。
こんばんは 
凄い人出ですね~~~
そしてこの斜面、これを滑り降りるんですよね!
僕には到底無理ですね(^^;
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
暫しのご無沙汰の間に
一番のハイライト木落としに突入ですね!
最後から2枚目、3枚目、4枚目が凄いな~!
この俯瞰撮影は見ごたえがありますね♪
川の両岸にもの凄い人ですね!
これから勇壮な一大絵巻が展開されるのでね♪

福島の桜はよかったですよ!
三春は終わっていましたので、
更に北の裏磐梯まで足を延ばしてきました。
夏井川の千本桜は散り進んでいましたが
観音寺川の桜は満開でした♪
仁田沼の水芭蕉も最高でした♪
Re: こんばんは 
土佐けんさん、おはようございます。

> 凄い人出ですね~~~

確かに確かに。

> そしてこの斜面、これを滑り降りるんですよね!
> 僕には到底無理ですね(^^;

それが下社ほどの急斜面ではなく、暫く斜面に突っ立っていると、なんだか自分もメドデコに上がりたくなってくるから不思議です。現実に指名されるわけもなく、指名されてもよじ登る懸垂力がなくて無理ですが、…。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 暫しのご無沙汰の間に
> 一番のハイライト木落としに突入ですね!
> 最後から2枚目、3枚目、4枚目が凄いな~!
> この俯瞰撮影は見ごたえがありますね♪
> 川の両岸にもの凄い人ですね!
> これから勇壮な一大絵巻が展開されるのでね♪

そうなのです。斜面で踏ん張るのはかなり足腰に負担がかかりますが、好奇心が疲れを抑えこみました。(^_^;)

> 福島の桜はよかったですよ!
> 三春は終わっていましたので、
> 更に北の裏磐梯まで足を延ばしてきました。
> 夏井川の千本桜は散り進んでいましたが
> 観音寺川の桜は満開でした♪
> 仁田沼の水芭蕉も最高でした♪

ありがたいことに我が故郷福島を西から東までズズズいーっと見て回っていただいたのですね。今年は来月行くことにしています。何を見ようか、思案中です。

Body

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月3日(月)夜-6日(木)朝は、弘前市に個人旅行中のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR