散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

諏訪大社御柱祭の上社山出しと山梨県の桜(12)  2016/04/17 22:35追記

上社山出し初日(3)
本宮二之御柱の出発
御柱がやっと動き出した。さあ、やるぞとばかりに皆が張り切った。
本宮二之御柱の出発_1
本宮二之御柱の出発_2
待ち構える本宮二之御柱の喇叭隊
背中を押されるような威勢のよいラッパ吹奏。弛みそうな気持ちに喝が入る。
待ち構える本宮二之御柱の喇叭隊_1
待ち構える本宮二之御柱の喇叭隊_2
待ち構える本宮二之御柱の喇叭隊_3
待ち構える本宮二之御柱の喇叭隊_4

ぐんぐん近づく
案外曳行が長続きした。あっという間に目の前を通り過ぎ、そして遠ざかっていく。
ぐんぐん近づく_1
ぐんぐん近づく_2
ぐんぐん近づく_3
ぐんぐん近づく_4
ぐんぐん近づく_5
ぐんぐん近づく_6
ぐんぐん近づく_7
ぐんぐん近づく_8
ぐんぐん近づく_9
ぐんぐん近づく_10
ぐんぐん近づく_12
ぐんぐん近づく_13
ぐんぐん近づく_14
ぐんぐん近づく_15
ぐんぐん近づく_16
ぐんぐん近づく_17
こんなことも
カメラマンが押されて小川に落ちた。実は私も巻き込まれそうになった。危ない、危ない。そう思っていたのだが、よくみると、落ちたのは、山吹色のコスチューム。喇叭隊の要員だったようだ。う~~ん。
こんなことも_1
こんなことも_2
こんなことも_3
曳き始めの痕跡
まだほとんど擦れていない状態だから、盛大な痕跡が残る。『道路が汚れるじゃないか』と心配する向きもあろう。でも心配ご無用。後方から係りの者が掃除して行く。
誰かのシルエットの足が異様に長い(実際には正反対だとか)。

曳き始めの痕跡

Comments

おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
もの凄い人ですね!
カメラマンと曳き子の両役はお疲れ様でした!
川に落ちなくて良かったですね!
落ちたとしても必死にカメラだけは守らないと・・・
影だけでも記録写真の中にあることは
素晴らしい存在証明です♪
おはようございます。 
ワ~本当にすごいです、柱に乗られている人は、太縄に足を架け、手で持って体を支えておられるのですね、この体制で坂をすべり、川に入られる、けが人が出て当たり前、これからの事に集中されている人たちのお顔が緊張感があって、この中の一員にAzTakさんも居られてお怪我がなくて何よりです。
 
AzTakさま こんにちは
本宮二之御柱も喇叭隊の勇ましい掛け声を合図に曳行が始まりましたね。
大勢の参加者でうっかりすれば、跳ね飛ばされそうです。
AzTakさまもこの中の一人として参加され、シルエットの長い影が何よりの照明になりましたね。
メドデコに掛けられた縄に足をかけ体制を整えながら、川渡りをするのは危険な気がしますが大丈夫なのですかね。
 
こんにちは。
装束だけ拝見しているとまるで鳶職のお祭りのように見えてきます(^_^;)。
威勢のいい心意気はあんがい似ているのかも。

ryu
こんにちは 
凄い人出ですね~~~
こんな中での撮影、大変だったでしょうね!
頑張った甲斐があって迫力ある画が撮れていますね^^
AzTakさん 
こんばんは
昔からこの祭りに怪我人は付き物だったようですが・・・
ケガをしないだけでも良かったと思わなくてはね
出発したばっかりで先は長いなあ
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> もの凄い人ですね!

そうでしたね。すごい人出だとは聞いていましたが、想像していた以上でした。6年に1度のお祭ですから、綱に触りたいと思う人がかなりいらっしゃったようです。

> カメラマンと曳き子の両役はお疲れ様でした!

曳き子の方はサボってばかりでしたが。(^_^;)

> 川に落ちなくて良かったですね!
> 落ちたとしても必死にカメラだけは守らないと・・・

あと10cmほどで私も落ちていた可能性がありました。
多分、老化現象で機敏さが失せているでしょうから、カメラ・レンズがお釈迦になったかもしれませんね。

> 影だけでも記録写真の中にあることは
> 素晴らしい存在証明です♪

(ΦωΦ)フフフ…、顔は出すのがはばかられる酷さですから。これがジャニーズ系ほどだったら、堂々と出すんですが、…。
Re: おはようございます。 
みんこたんさん、こんばんは。

> ワ~本当にすごいです、柱に乗られている人は、太縄に足を架け、手で持って体を支えておられるのですね、この体制で坂をすべり、川に入られる、けが人が出て当たり前、これからの事に集中されている人たちのお顔が緊張感があって、この中の一員にAzTakさんも居られてお怪我がなくて何よりです。

メドデコは限られた若者たちしか上がれませんから。その辺の法被を着用した爺様なんか、近づいたら追っ払われてしまいます。
それほどに危険と隣り合わせなんです。事前に相当な練習を積んできているんだそうですよ。
私はサボりっぱなしの曳き子にしか過ぎません。怪我はしませんでしたが、とにかく強烈な筋肉痛に苛まれました。普段のダラダラ生活が端無くも出てしまったようです。(^_^;)
Re: タイトルなし 
> AzTakさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 本宮二之御柱も喇叭隊の勇ましい掛け声を合図に曳行が始まりましたね。
> 大勢の参加者でうっかりすれば、跳ね飛ばされそうです。
> AzTakさまもこの中の一人として参加され、シルエットの長い影が何よりの証明になりましたね。

大分予定よりも遅れての出発でした。もともと1-2時間遅れても何とかなるゆるゆるのスケジュールなので、焦っているのは事情を知らない私のようなよそ者ばかりだったんでしょうね。

> メドデコに掛けられた縄に足をかけ体制を整えながら、川渡りをするのは危険な気がしますが大丈夫なのですかね。

最大の見せ場です。あの時だけは、非常に上手い乗り手が、指名を受けてその役を果たすのでしょう。万が一落ちてもちょっと水嵩を増やしてある水の中へドボンですから、雪解け水で心臓麻痺を起こさないかぎり大丈夫でしょう。万一に備えて、相当な数のレスキュー隊員がスタンバイしていました。
その他に、褌一つで水に入り、太い綱をたぐるための細い綱を渡したり、氏子総代を籠に乗せて運ぶ役割の人もいます。あれだけは、地元の氏子で若い衆だったとしても、やりたくはありません。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 装束だけ拝見しているとまるで鳶職のお祭りのように見えてきます(^_^;)。
> 威勢のいい心意気はあんがい似ているのかも。
>
> ryu

いなせな江戸のまつり、雅な京のまつり、…。まつりには色々なスタイルがあるでしょうが、こちらはかなり泥臭いまつりといえるのでしょうね。とにかく丈夫なコスチュームが必須のようです。
もともとは農業従事者がほとんどの土地柄だったので、力自慢の人が少なくないのでしょう。力が必要なシーンは随所にあります。都会だと楽をすることを考えがちですが、こちらはそういうことは考えないようです。
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 凄い人出ですね~~~

はい、ものすごい人出で、完全に気後れしてしまいました。

> こんな中での撮影、大変だったでしょうね!
> 頑張った甲斐があって迫力ある画が撮れていますね^^

かなり図々しさがありました。もうちょっと大人しく振る舞わなければいけなかったでしょうね。
土佐けんさんも5月の里曳きか6年後の山出しの撮影を考えられたら如何でしょう。
私は、健全に見る側に回ると思います。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 昔からこの祭りに怪我人は付き物だったようですが・・・
> ケガをしないだけでも良かったと思わなくてはね

落ちたら、カメラとレンズとがお釈迦になったかもと思い、肝を冷やしました。
柔道をやっていた所為か、けがをするという考えはまるでありません。お馬鹿なのでしょうかねえ。

> 出発したばっかりで先は長いなあ

本当にそう思いました。あまり足場の悪いところには立たないようにしようと思いました。

Body

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージボードα
Information from AzTak

8月31日(木)から9月1日(金)は、静岡県掛川市に出かけるために、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR